FC2ブログ
2017
09.23

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ 引退

http://tass.ru/sport/4585108

川口悠子アレクサンドル・スミルノフの引退が発表されました。驚きはありませんでした。ついにこの時がやってきてしまったか。そんな気持ちです。

長年に渡りロシアのフィギュアスケート界を引っ張ってきてくれました。ペア大国だったロシアが人材不足に悩んでいた時にロシアの1番手になったのが2人でした。2007年、2008年とロシア勢は世界選手権でのメダルを逃し不振にあえいでいました。そこで2009年の世界選手権でメダルを獲得。2010年のヨーロッパ選手権では当時無敵のサフゾルを破って優勝し、バンクーバーオリンピックの優勝候補として名乗りを上げました。惜しくも4位に終わりましたが、その名前は日本にも知れ渡りました。日本国籍を放棄してまでオリンピックに出場する事に対し「理解出来ない」との声も上がりました。でもそれは、悠子ちゃんがそれだけペア競技に情熱を持っていたという表れです。真似出来ない事だからこそ、畏敬の念を抱くのです。東京開催の2011年世界選手権が東日本大震災の影響で中止になった際は、モスクワで代替開催となった同大会で感動的な「いつも何度でも」を披露。その美しさは心に深く刻まれました。両者ともに怪我が続出するようになり、思いもよらないミスをする事もありました。引退を決めたソチオリンピックのシーズンには、スミルノフの怪我でシーズン全欠という苦渋の決断をせざるを得ない状況に陥りました。現役続行を決めてからは、そのシーズンに滑る予定だった「マンフレッド交響曲」で輝かしい復活を遂げました。なかなかクリーンな成功が出来なかったスロークワドサルコウをコンスタントに成功させ、高いアーティストリーで我々を魅了させてくれました。意味不明扱いされていた「I Finally Found Someone」でさえ、2人の手にかかればロマンティックな作品に仕上がりました。そしてスロークワドループにも積極に挑んでいた2015-2016シーズンに悠子ちゃんがアキレス腱を断裂してからは、復帰はしたもののなかなか思うような結果を残せなくなりました。そして9月22に引退。華やかな去り方ではありませんが、大ベテランの2人が残してきた数々の功績と作品はこれからも語り継がれていくことでしょう。

日本からアメリカ・ロシアに渡り練習を積み、大学も卒業した悠子ちゃん。ペア結成当初は悠子ちゃんに引っ張ってばかりだったのに、頼もしくなり、変な髪形になり、奇妙な青いスーツを着て立派なコーチにもなったスミルノフ。2人とも人間としても本当に素晴らしいです。タイスの瞑想曲、月の光、マンフレッド、Februaryをはじめとする素敵な作品。幼女を追いかける不審者、雄っぱいを露出する不審者マッチョなど数々のネタプロも提供してくれました。

本当に、本当にお疲れ様でした。
2016
12.24

ロシア選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 142.65
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV MOS 139.15
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 129.06
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 128.06
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV S/T 123.90
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 118.24
7 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV SPB 115.46
8 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN MOS 112.91
9 Elizaveta ZHUK / Egor BRITKOV SVE 103.60
10 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN P/C 102.73
11 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 94.00

ペアリザルト
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 220.12
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV MOS 219.19
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 201.91
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 198.79
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV S/T 191.42
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 179.01
7 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV SPB 178.26
8 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN MOS 176.60
9 Elizaveta ZHUK / Egor BRITKOV SVE 161.24
10 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN P/C 154.98
11 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 146.88
WD Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN SPB

ジュク&ブリトコフ
2A-2Tの間にオーバーターンが入りましたけど、ジャンプはよく決まりました。スローもきっちり。リフトの前にしっかりと間を取りました。ポジションチェンジに少し戸惑っていたので、これがよくなるとプログラムにさらに浸れそう。泣きのエレキそしてレクイエムフォードリーム!!!!!久しぶり!

ミシミル
新衣装になりました。昨シーズンからずっと同じ衣装だったので女性がキツくなってしまったのかもしれないですね。3Sの転倒はありましたけど、まずまずまとめられたのではないかと。脚を持ち上げてのスパイラルから入るリバースラッソー、股通しからのグループ3リフトもきれい。シニアに混ざると子供。

ボイコズ
JGPSやファイナルよりもジャンプがよくなっています。そんなに決まる方でもなかったと思うのですけども。3Sは着氷した後の動きまできれいに揃えていました。前半のリフトをグループ4からバックワードラッソーに変えて、アクセルラッソーの後ろにグループ4を移動させましたかね。

エフィコロ
女性のジャンプが両方とも入りませんでした。女性のジャンプ問題は多くのペアが抱えています。優雅な音楽なのにコレオシークエンスでもリフトでも2人ともまったく笑わないのは物足りないので表情ください。

川スミ
悠子ちゃんのソロジャンプは2本ともミスです。2Aは回転が足りていないです。スローループではバランスを崩しました。ソロスピンが合い始めていることや、滑りから復調は手に取るように分かるのですが、あと少し時間が足りなかったのかもしれません。あと1ヶ月2ヶ月あれば・・・。スミルノフの髪型が変じゃなくなって、体操のお兄さんのようになりましたよ。

アスロゴ
3Loは今大会も入れてきましたが残念ながら失敗。3連続は女性のファーストがダブルに。スローがきれいに決まったのと、今大会はリフトがかなりスムースに入っていました。空中で女性の脚が氷と平行になるぐらいまで開くので見ごたえがあります。マルロゴ時代とはまた違ういいリフト。

ザビエン
ザビアコが3Tで転倒です。そろそろスロートリプルアクセルにしてくるかな?と思ったんですけどダブルのままでした。この曲を聴きながら、バーカウンターで男女が駆け引きをしているストーリーがあると思えば、必然性を納得できなくもなくもない。でももっと必然性ください。ソロスピン怖かった。

ストクリ
昔よりスピードがある分、高さのないツイストが恐ろしい。今日も変な落とし方するんじゃないかとハラハラしました。なんとかキャッチ。

タラモロ
モロゾフのジャンプがまた抜けてしまいました。でもタラソワは優しそうだから、バックステージで腹パンとかしなさそう。クワドツイストはかなり抱えてしまって-2~厳しいと-3がつきそう。でもすごく勢いがあって意味不明なプログラムをねじ伏せられていたとは思います。多分国際大会ならタラモロが優勝していたと思います。ナショナルだから格付けを覆すのは難しい。

ストクリはユーロまでにスローを戻せれば世界と戦えます。タラモロは今のエレメンツを磨き上げて、ユーロでは雪辱を晴らして欲しいです。だって今のタラモロめっちゃいいですもん。1位と2位が僅差、3位と4位も僅差。すごい戦いでした。

僕の今の気持ち。

trankovsanoooo.png


2016
11.19

中国杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)131.27
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)128.03 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)120.26
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)115.57
5 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)113.00
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)112.63
7 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)109.99
8 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)92.09

ペアリザルト
1 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)203.76 PB
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)197.96 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)191.54
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)182.02
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)176.38
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)175.53
7 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)173.88
8 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)142.41

マリブロ
スロールッツかフリップは高さが足りません。3Tのシークエンスはファーストが2Tになりましたが、課題の3Sは成功です。グループ3のリフトはきれいに流れていきますが、アクセルラッソーはなかなかスリリングな回転。スローパートの表現は次第によくなっていると思いました。

JJ
ソロジャンプでは男性が2本ともクリーンに、女性が2本とも転倒。昨シーズンは生命の危険を覚えたリフトは安定して回せるようになっていました。それだけで安心。

デラモデル
スローループで転倒、スローサルコウは両足着氷でした。その直後のアクセルラッソーまで失敗してしまったのは予想外。1番点数の比重が高いところですのに。ソロスピンは素晴らしいシンクロでした。ロシアですら失ってしまった美しいソロスピン。ソロスピンの名手になってください。

川スミ
3Tと2A+2Aは堪えました。スローも2本とも降りていいぞいいぞーってところでアクセルラッソーを1回転できないぐらいで落としてしまいました。背中に落としたので大事には至りませんでしたけど、また怪我をするんじゃないかと肝を冷やしましたよ。

ペンジン
2Aはミラーで跳びました。歓声を聞くと成功したと思われます。3Tのコンビネーションは女性がステップアウトでした。中国なのにしっかりと揃ったソロスピンの後は男女の向く方向を変え、ミラーで滑り、シェルブールの雨傘の別の道を歩いていく2人を表現しています。演技が終わってヤンジンの頭を叩くペンちゃん。そういうことしちゃダメなんだぞー!デリケートなんだぞー!

ワンワン
3T-2Tが2T-2Tになり、3Sは転倒です。スローループではステップアウトがありましたし、完璧な出来ではありませんでした。リフトを下ろした後に、股の下をくぐらす振付を入れましたけど、リフトの流れを殺いでしまったので効果的には思えなかったです。シュエハン泣き出しちゃった・・・来週がんばれ来週。

ユージャン
珍しく男性が3Tで転倒です。あのミスらないマシーンがです。プログラムの完成度はスケカナよりかなり上がっていました。息がかなり合っています。なぜこのペアがペンジンよりもしっくりこないかと言うと、女性のラインが美しくてそれを生かすべきなのに、男性も目立ってしまうから。じゃあなぜ男性が目立つのかというと、今までのキャリアの中で、自分が目立たないとペアを成り立たせることができなかったから。だからもう少ししたら落とし所を見つけられると思うんです。

イリモー
ツイストの着氷で詰まり、ソロジャンプは両足着氷、抜け、転倒などミスが続きました。ファイナルが懸かっていて、しかもそれが126点が必要なので緊張感の中でやっていたんだと思います。これはよくないイリモー。モスコビッチさんがSP・LP両方でジャンプ失敗だなんて、きっと氷のせいだな。はい氷極刑。

ユージャンは転倒はありましたがオールレベル4がききました。これでハオくんは3人のパートナーとグランプリファイナルに進出した初めての選手という珍記録を樹立しました。

ここまででサフマソ、タラモロ、ユージャンが確定です。来週は15ポイントのデュハラド、13ポイントのペンジン、9ポイントのワンワンが出場します。デュハラドは4位以内(162.39点以上で5位でも可能性あり)、ペンジンは3位以内、ワンワンは優勝のみでファイナルの可能性があります。NHK杯に出場する残りのペアにはファイナル進出の可能性がありません。セガビロはワンワンが2位以下になった瞬間にファイナルが確定します。デュハラド、ワンワン、タラダニ、ペンジンという並びになった場合は、点数次第でデニフレにも可能性が回ってきます。
2016
10.30

スケートカナダ 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)139.91
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)132.65 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)122.69
4 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)121.73
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)119.42
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)118.35
7 Brittany JONES / Joshua REAGAN(カナダ)97.45

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)218.30
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)202.08 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)190.22
4 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)188.23
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)182.75
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)178.67
7 Brittany JONES / Joshua REAGAN(カナダ)151.68

ジョンレー
3連は女性がきれいに降り、男性は最後が1Tになりました。リフトは回転を方向を変えるタイミングなど丁寧に表現しようというのが見えました。でも、男性がエレメンツを終えるとすぐに次のエレメンツの準備をしているので、表現をする隙がなかったです。誰も寝てはならぬはチョイ下手ボーカルを選ぶのが流行っているのか。

川スミ
女性が3Tで踏ん張れずに転倒。男性が危うく踏むところでした。スローはサルコウもループも入りました。昨シーズンはどちらも4回転だったので、3回転が2回転に見えます。演技がぎこちなく見えましたが、女性が右足をかばいながらリンクから上がりました。痛みが演技に影響を及ぼしたのでしょうね。本当にお疲れ様。

デラモデル
3Sの着氷は堪え、3Tからのコンボが2T-1Tになりました。後半の流れが素晴らしかったです。リフトがスピードに乗って、緩やかにプログラムが終わっていくところでタイミングがピッタリのソロスピン。顔を覆って悲劇的な結末を迎えます。これはいいねー。衣装がすごく変ですけど構成は素晴らしい。なんだ左胸のMは。マッテオのMか?マッテオのMなのか?

aaaaaaaaaaa.png

デニフレ
2人とも3Sが両足着氷になり、繋げたのは1Tでした。すさまじいシンクロ。女性の2Aはシングルになりました。スローはきれいに入りましたし、シーズン序盤ですけど滑り込みができているのがよく分かります。痛々しいサポーターが取れて、ジャンプが戻ってくれば200点台も十分可能でしょう。

イリモー
トリプルツイストとスロールッツで演技を始めます。安定感のあるエレメンツでいい印象を作る狙いがあるのでしょう。今回は残念ながら手をついてしまいました。ソロジャンプはなかなか・・・・・。ヘアカッターのようなポジションのダンスリフトから持ち上げるスターリフトは素晴らしい。シンプルな動きが美しく、身のこなしが自然で、曲の世界に浸らせてくれます。エキシビションっぽい選曲なのに、全然エキシビションではないです。イリは2010年優勝したスケートカナダ以来のメダルが決定しました。

whenyousayyouliveme.png

dancelift.png

デュハラド
スロークワドは転倒、3連はメーガンに乱れが出ました。3連のメーガンのミスがなかなか改善されない・・・でも世界選手権では決めてきそう。なぜならそれがメーガンだからだ。今日はいつもよりエレガントだったよメーガン。いつも見るから当たり前になっているけど、デュハラドのリフト上手だー。ふわっと上がって長距離移動してするんと降りる。今シーズンはリフトの後のダンスリフトの移動距離まで長いです。ラドフォードさんがキスクラでパパとママの後にHola Luisって言ってたから、やっぱルイス・フェネロさんとお付き合いしているんですね。

duhaduha.png

ユージャン
初戦でほぼノーミスというとんでもない人たち。なんですか、すごすぎませんか。ハオくんの主張が強すぎるので、女性の存在感が際立っている状態ではないと思うんです。シャオユーは美しいので、これに合うものを見つけられたときが楽しみ。シャオユーが出汁、ハオくんが醤油。出汁に合う醤油を見つけよう。ツイストで入った得点がとても高かったのでいきなりクワド!?かと思ったんですけど、レベル4で満点でした。つええ。

表彰台の真ん中に乗って記念撮影するとき、ぴょーんって飛び乗るシャオユーかわええ。

pair_20161030073215162.png
おじさん おじさん おじさん
シャオユー メーガン イリ
ladiespodium.png
かわいい かわいい かわいい

おじさんバンザーーーーーーーーーーーイ!
2016
01.21

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ ユーロを欠場

http://www.fsrussia.ru/intervyu/1730-aleksandr-smirnov-ya-napisal-yuko-derzhis-i-ne-rasstraivajsya-v-takoj-situatsii-nelzya-vinit-sebya.html

1月20日のウォームアップ中に怪我をした川口悠子さんは、病院での検査の結果アキレス腱の断裂と診断されました。手術を行うため、ヨーロッパ選手権への出場はできません。しかし世界選手権の出場に関しては"医師の手の中にある"と、まだ欠場は決定していないようです。アキレス腱断裂をして2ヶ月で復帰できるものなのだろうか。

悠子ちゃんはスケート界最年長ということもあり、軽々しく「来シーズン待ってるよ!」とも言えないです。1試合1試合が大事だったはずですし、スローにこだわって今シーズンを戦ってきたのですから。今は手術の成功と、早く健康な状態になってくれることをただただ祈るばかりです。

タラソワ&モロゾフが代表に繰り上がります。めちゃがんばれー。

寝起きで心に釘が刺さるような気持ちだ・・・。
back-to-top