FC2ブログ
2018
01.06

全米選手権 8日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Maia Shibutani, SC of New York
Alex Shibutani, SC of New York 82.33
2 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 79.10
3 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 77.61
4 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 73.18
5 Rachel Parsons, Washington FSC
Michael Parsons, Washington FSC 72.69
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Quinn Carpenter, Washington FSC 69.16
7 Elliana Pogrebinsky, Peninsula SC
Alex Benoit, Skokie Valley SC 66.41
8 Alexandra Aldridge, Detroit SC
Daniel Eaton, Ann Arbor FSC 61.21
9 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 58.29
10 Julia Biechler, SC of Wilmington
Damian Dodge, IceWorks SC 54.53
11 Elicia Reynolds, Ice Line FSC
Stephen Reynolds, Ice Line FSC 40.92
12 Cassidy Klopstock, Centennial 7k SC
Jacob Schedl, University of Delaware FSC 37.16
13 Ashley Bain, North Jersey FSC
Oleg Altukhov, North County FSC 31.17

大会が始まったの5時50分。配信が始まったの6時10分。マンタさん見られなかったよマンタさん。

アルイー
ちょっとぶりのアルイーでの全米であります。アルドリッジがめちゃめちゃうれしそうにしています。コーチは変わらずカメレンゴとクリロワ。楽しい雰囲気がビンビン伝わってきました。アルドリッジは乗りすぎだったぐらい。ケイティ・ペリー通常形態のような見た目でした。イートンは肩幅狭い。イートン痩せました?

マクカー
GPSでは動きのせかせかした部分が目立っておりましたが、それに関しては随分と緩和されたと思います。ツイズルは移動距離を出して美しく。リフトはポーズ美しく決まりました。下ろし方のボトンとした感じは少し気になるかもです。ミッドラインで男性が女性に近づきすぎて、2人の距離が一定ではないのも気になるところ。離れていても距離が一定ならきれいに見えるのですけどね。おそらく自分たちへの要求レベルを高い位置に設定しているのでしょう。なんやかんやと申しましたが、安心して見られるようになりました。

ホワベイ
これだけの胸毛を出せるジャンリュックを世界中の男子ダンサーたちも見習うべきです!聞こえているかディアス!サンバは特に盛り上がりました。手を繋いでのドヤドヤ振付に、小さなリフト風ムーブメント。2人はアメリカの中でも一際小柄なので、このような大きな動きを最後に入れるとウィークポイントがカバー出来ていいですね。

チョクベイ
昨シーズンはSDでやらかしてしまったので、今シーズンはいい演技で終わらせられてよかったです。レビュー前はオールレベル4でしたが、パーシャルもミッドラインもレベル3になったのは厳しい。全米のパネルがレベル3しかくれないという事は、本当に踏めていない証拠です。がんばれー!

ハベドノ
左上カウンターはステップだと大抵のカップルがレビューつくのですが、ハベドノはすんなりとレベル4の評価が降りました。それだけクリーンなのですね。見るからに絶好調でした。でも油断してはいけません。ハベドノは絶好調の時に失敗しやすいのです。remember 世界選手権。今日は男性のキーポイントがとってもらえなかったのと、ツイズルの最後バランス崩しかけました。危ないいいいいい怖いいいいいい。明後日は転倒するなするな。

去年まで選手として全米に出ていたカヌマクがキスクラに参上。

パーソンズ
ふわっふわっと小気味のよさを見せながらも、大きな滑りでグイングインとリンクをかき分けていく様が気持ちいいですね。スローパートのゆったり縦回しリフトや兄のフリーレッグの見せ方も効果的でした。上手いなあ。間延びする箇所が全然ないですもの。ジュニア上がりでこれだけ魅せるだなんて。

シブタニズ
シブタニズも絶好調です。スタートやステップ中のストップの使い方が上手いですよね。そこでキレキレのラテンアメリカンな動きを見せてくれます。その印象プラスで高速のツイズルとローテーショナルなんて、盛り上がらないはずがない。2人の技術と振付師の勝利ですよ。

ポグブノ
今日は7番滑走でエリシア・レイノルズさんがツイズルで2転倒を喫しまして、ツイズル2転倒といえばブノワなので、もちろん過りましたよね。そして無事通過しました。1回の失敗で引退するまで心配されるのでしょう。フランス系の名字というのも大きい。お尻をプリンと出したキュート&キレのある振付から始まるプログラムでして、最初のエレメンツはパターンダンス。キレのある振付から、パターンの足裁きにシャープさを出して流れを作れるときっとさらに素敵になるのでしょうね。せっかくの美脚アピールプロなので、流れが途切れるともったいない。

シブタニズはパーシャルもミッドラインもレベル4なのにパターンのレベルを取りこぼす珍しいミス。ハベドノはレベル3が3つあってもこのスコア。ツイズル普通にレベル取れてなかった!そして国内のPCS評価でチョクベイを上回りました。ついに入れ替わってしまうのか!?上位3組は+2以上、PCS9.00以上しか出ていません。

圧巻の世界最強の選手層でした。
2015
01.31

アレクサンドラ・アルドリッジ&ダニエル・イートン 解散

http://web.icenetwork.com/news/2015/01/30/107948398/aldridge-eaton-announce-split-after-six-years

アメリカのアレクサンドラ・アルドリッジダニエル・イートンが解散を発表をしました。2009年にカップルを結成して6年の間一緒に滑ってきましたが、別々の道に進み2人とも新たなパートナーを探して行くそうです。

今シーズンはマッシモ・スカリと共にマリナ・ズエワのチームに移りましたが、思ったような変化を得られずに抜かれて行って焦りもあったかもしれません。長身の女性のカップルが大成することは、今のルールではなかなか難しいことかもしれません。それぞれにいいパートナーが見つかることを願います。ジュニア時代のロードオブザダンスが一番好きなプログラムです。2人とも濃い顔立ちでカップルバランスもいいと思っていたので残念です。アメリカ国内の選手と組むのか、はたまた海外移籍をするのか。シーズンオフの動向を注目していきますです。
2014
11.15

ロステレコム杯 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)68.86
2 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)64.12 PB
3 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)59.55
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)57.96 PB
5 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)56.90
6 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)54.39
7 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)52.86
8 Rebeka KIM / Kirill MINOV(韓国)46.14

シニカツ
2組のカップルのパッション担当ではない方が組んでしまったため、なんとも物足りないパソドブレとなりました。最後までよく分からなかった。ズエワは彼らを正統派として育てたいのでしょうね。現状はテサモエから個性をしょっぴいた感じのプログラムです。組み立てのカップルにここまで言うのもあれですけど、キャリアはあるので言います。シニツィナの滑りがついて行けていないのは、イリカツの時と変わらないです。スケーティングに関してはこれからですね。でもズエワでいいんか。

イリジガ
パッションイリニフと張り切りジガンシン。シニカツとPCSがかなり出たから、そんなに滑りよくなったのかと思っていたけど、そんなことはなかった。滑り込みの差でしょうか。こちらの方がインパクトがあって分かりやすいプログラムですし。パーシャルのコテコテの振付は好みが分かれるけど、これぐらいやっちゃってもいいですね。普通過ぎるとつまらないし。サヨナラされた方の2人が大きく引き離して上に来ました。高らかに笑え笑え。

キリミノ
エッジがフラット過ぎて、音楽にも合っておらず伸びがなく、よくこれだけの減点で済んだなーと思います。-2をつけられてもおかしくなかったと思います。女の子のエッジが特にフラット、男性はリードできてないです。牛の角で刺されそうなマタドールだ。

ステブキ
ステブキの主導権を握っているのはステパノワらしい。シットツイズル今回はレベル3でした。なかなか4を取れない。パターンダンスの最後に美脚をドヤ見せするのはいいな。この組の武器ですからね。ステップでのフリーレッグも綺麗に見せられたらさらに武器をバンバンアピールできるんですけども。最後はガス欠気味のパソドブレでした。

ホワベイ
パーシャルステップがパターンダンス滑ったと思うぐらい何もなく終わってしまった。ミラーで離れて行くツイズルは多いけど、同じ回転で離れて行くツイズルは多くないから新鮮に映りました。ツイズルの前のムーブメントはもう少し情感を出すことができればいいと思います。2人ともフラメンコをやるには可愛すぎるかな。やっと北米ゾーンになったのにコーチがアンジェリカ。ロ シ ア 人

アルイー
ふぇぇぇぇまたカルメンだよー。ミッドラインは2人の動きがよく合っていました。もう少し距離を詰められれば加点が増えそうです。イートンさんがフラついていたのは気になった。2人とも顔は濃いけど、パッション系よりも明朗なものの方が得意だからなあ。でも一皮剥けるチャンスだからがんばって欲しい。そしてコーチがズエワ。ロ シ ア 人

ペニコラ
スパニッシュなのにスカートがとても短くて逆に新鮮だ。身長が低いからスカートが長いとバランス悪く見えるからかな?ニコラス・バックランドさんの表情すげえええええええ常にメンチ切ってるうううううううううう。ステップ3つやってプログラム終了詐欺された。リフトはリバースラッソーかます勢いだったけど、カーブリフトでした。ギリ肩の下で支えているので違反にはなりません。高さがあってかっこいい。バックランドさんはゴワゴワしていた前髪下ろし止めて、横に流しました。こっちの方がいい。GPSは毎年グダグダなので、今年はいいスタートが切れてよかった。プラトフ・・・ロ シ ア 人

チョクベイ
ペニコラと同じく30cmの身長差があるのにチョクベイの身長差の気にならなさすごい。チョックさんの存在感あってこそか。ミスはミッドラインの最後でのチョックさんの小さなスタンブルぐらいです。GOEがマイナスになるというほどではありませんでしたが、あれがきちんと出来ていれば全ジャッジ+2とか、+3をつけるジャッジが出てきたかもしれない。シーズン最初から存在が安定してる。谷間見せつけがすごいよチョックさん。そしてシュピルバンド。ロ シ ア 人

ロシア人ばっかじゃねえか!!!!!ズロシトが出ててもゴルシコフが増えるだけで、やっぱりロ シ ア 人。ズロシトも元々ロ シ ア 人。ダンス界はロシア人で埋めつくされてる。
Comment:4
2014
11.01

スケートカナダ 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)68.61
2 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)59.62
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)59.29
4 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)57.35
5 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)56.13
6 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)55.35
7 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)52.43
8 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE(カナダ)50.35

パラウェレ
名前長いから略そう。連戦組がまた出てきた。男の子がステップでゴニャゴニャしたけれど雰囲気はよかったです。ちょっとエッジが浅かったかな?カナダジャージ着てると男の子が新聞の営業みたいだった。気の弱そうな振りして契約上手く勝ち取るタイプね。

ウルディア
男性の衣装が前かけのエプロンをしているみたいでした。カフェバー店員アドリア。女性の衣装のスカートがかつてないほどに長くて、尋常じゃないほどのはためき方でした。迫力ありました。空気抵抗すさまじいだろうな。A横向きリフトを引き続き入れております。まだまだシーズン初めで、フリーレッグの上げ方などありとあらゆるところが合っていなくて、調整中なんでしょうね。

モンハリ
うわあ黒い。さすがロシア人。衣装は最高に見所がないけど、しっかりとした滑りでした。パーシャルがよかったし、ノットタッチは2人の動きがピッタリ合っていて、このピッタリさがダンスだよなーって思わせてくれました。ホントなんだよその衣装。FDは男性のスタミナ持つかな?

アルイー
テンポを落としたちょいキモカルメン。前に滑った人たちの衣装が手抜きなので赤いマタドールさんが眩しいです。テンポ落とすから2人は楽しく暮らしましたとさ、めでたしめでたしで終わっていきそうだった。アルイーはシーズン後半タイプだから、現状の足元ガチャガチャで全てを決めてはいけないのだ。にしてもアルドリッジさんは足元厳しかった。

ハベドノ
壊滅的な衣装のダサさに衝撃を受ける。どんな美人が着たとしてもダサい、モード系と言われたとしてもダサい。くびれのないマディソンにとっては致命的なデザインだと言える。演技が全く印象に残らないのはごめんなさい。色気がなさすぎるよう。

パイポー
ポールさんがツイズルで壁に足をガーーーンとぶつける。結構な大ダメージ。パイパーがちょっと上手になってついていけていたのに大きな失敗でした。倒れこむような振付が二箇所あるから転倒したんじゃないかとビビる。FDで挽回よろしくー楽しみだ。

ジガガジ
水道管の修理よりもエアコンの修理の方がいいな。蒸し暑い夏の日にエアコン修理に来る電気屋。うん、エロい。TESが全く取れてないから、ちゃんとレベルとってくれ。せっかくの変なプログラムを堪能しきれないじゃないか。

ウィバポジェ
変な衣装の方々が続いていた中、最後に正統派のマタドールさん登場。2人は元々ツイズルが遅いから脚伸ばしてゆっくり回るツイズルは合っているのかもしれない。まだまだシーズン初めの演技だなあ。タンゴほどのパワーは感じませんでした。

テレビで新体操つけたらまたカルメンが始まった。もういいのおおおおおおおおおおおおおおおおお
Comment:2
2014
08.06

新プロ情報15

プログラム情報を追うのに飽きてきた。大変飽きてきました。

ガブリエル・デールマン
LP:アランフェス協奏曲

ああああああああああああああああああまたスパニッシュかよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおこないだギターのそういうやつやったばっかりじゃAAAAAAAAN

川口悠子アレクサンドル・スミルノフ
SP:タイスの瞑想曲
LP:マンフレッド交響曲(続行)

昨シーズン使うはずだったLPを使います。SPは撮影されていたものをvkで見ました。スミルノフの髪型がおかしなことになっていた。金髪といい、おい嫁!ちゃんと管理してくれよ嫁!

ミハル・ブレジナ
SP:ゲーム・オブ・スローンズ チェロバージョン
LP:フィガロの結婚

なんとあのミハルがプログラムを一新するという一大事。資金は大丈夫なのか!もうアメリカじゃないからか!LPはみんなが待っていたクラシックです。さすがに変なアレンジじゃないですよね?

ユストゥス・ストリード
SP:カンフーパンダ
LP:Kristina från Duvemåla

LPはスウェーデンのミュージカルを使い、ボーカル入りかはまだ決めていないそう。

アレクサンドラ・アルドリッジダニエル・イートン
FD:風と共に去りぬ

ゴッドファーザーではなくて、風と共に去りぬに変えるそう。アメリカダンサーって見切るの早いなあ。

シャルレーヌ・ギニャールマルコ・ファブリ
SD:Farrucas Baile Completo、Gato Montés
FD:ロードオブザダンス、リバーダンス、シークレットガーデン

SDはフラメンコとパソドブレを選択。FDはアイリッシュ攻めの選曲。これ以外にアイルランド知らないよ?っていうね。

半分ぐらいの選手は何かしら発表した気がする。一気にドッと発表して欲しい。
Comment:2
back-to-top