FC2ブログ
2020
01.24

ヨーロッパ選手権 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)184.44 PB
2 Daniel GRASSL(イタリア)168.27 PB
3 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)163.94 PB
4 Artur DANIELIAN(ロシア)162.11 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)157.94
6 Adam SIAO HIM FA(フランス)154.68 PB
7 Deniss VASILJEVS(ラトビア)152.23
8 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)151.05
9 Paul FENTZ(ドイツ)149.60 PB
10 Alexander SAMARIN(ロシア)145.66
11 Michal BREZINA(チェコ)141.48
12 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)141.09 PB
13 Alexei BYCHENKO(イスラエル)140.76
14 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)140.34
15 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)138.18 PB
16 Aleksandr SELEVKO(エストニア)133.23
17 Mark GORODNITSKY(イスラエル)130.63 PB
18 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)127.72
19 Lukas BRITSCHGI(スイス)124.43
20 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)122.85
21 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)121.90
22 Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)121.57 PB
23 Burak DEMIRBOGA(トルコ)107.19
24 Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)106.90 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)272.89 PB
2 Artur DANIELIAN(ロシア)246.74 PB
3 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)246.71
4 Daniel GRASSL(イタリア)244.88 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)237.01
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)232.67
7 Michal BREZINA(チェコ)231.25
8 Paul FENTZ(ドイツ)230.01 PB
9 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)221.09
10 Alexander SAMARIN(ロシア)220.43
11 Adam SIAO HIM FA(フランス)219.89
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)219.03
13 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)218.00 PB
14 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)214.47
15 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)212.57 PB
16 Aleksandr SELEVKO(エストニア)210.68
17 Mark GORODNITSKY(イスラエル)206.83 PB
18 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)194.61
19 Lukas BRITSCHGI(スイス)190.75
20 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)190.54
21 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)189.25
22 Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)188.00 PB
23 Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)177.26 PB
24 Burak DEMIRBOGA(トルコ)173.31

ハイラペティアン
3A 3A-2T 3Lz 3F 3S-1Eu-2S 2A+2A so 3T shaky
前半はサクサクと着氷。3S-1Eu-3Sの予定がサードが入らずでした。終盤の基礎点の低いジャンプでなぜか失敗してしまいました。なんでやねんねんねん。ハイラペティアンがシャルル・アズナヴールでしっとり演じられる日が来るなんて。

オドボルボエ
3F 3Lz-3T 3F-1T 2A-1Eu-2S 3T 3Lo shaky 2A
ミニマムスコアを超えてもらいたかったですが、3Lzまでの構成だと7トリプル構成をミスなく降りなければ厳しいです。抜けや細かな着氷の減点で積み重なって引かれてしまいました。ジャンプが残っているため、ステップシークエンスも体がガチガチになっていました。ようやく終盤のコレオシークエンスで緊張が解けてきたので、ここから演技を再スタートしてほしいぐらいでした。素敵になっているのですけどね。

アダム
4T-3T 3A 4S shaky 4T 3Lz-1Eu-2S 3F-2T 3Lz
!????????悲劇のSPから一転、3連続の最後が3Sにならなかった以外すべて入りました。SP24位の選手がやる演技じゃないぞ。気持ちが入りすぎて暴走しかねないステップシークエンスなのに、力を込めつつもコントロールできていました。カムバックを果たしました。もっとPCS出せよーーー第1グループだからってケチんなよーーーーー。

イラクリ
4T 3T 3A 3Lo 3A-3T shaky 3Lz-1Eu-3S 3F-2T
For my Help by Hayden Calnin
Cold Little Heart by Michael Kiwanuka
ものすごく助けてほしそうな選曲。衣装がビリビリに破れてるから、暖かい洋服を欲しているに違いありません。4T2本が1本3Tになっただけなので、大きな失点ではありません。現状ジャンプ中心ですけど、本人も喜んでいますし、さらに表現で肉付けして良いプログラムに仕上げてもらいたいです。

リトヴィンツェフ
4T-3T 4T 3A ot-2T 3A hd 3Lz 3F-1Eu-3S 3Lo
4Tさんと仲良し、3Aと仲違いの日でした。ハレルヤはカナダの曲だから仕方ないですね。ステップシークエンスの味付けが薄いのがもったいない。もっと濃い振付できるラインを持っているのに。

マヨロフ
3Lz-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 3F 3Lz 2A 3S-2T
マヨロフはSPもLPもミニマムを持っていない状態で今大会挑みましたが、見事に両方クリアしました。LPは3Aを入れていないですが、高さのあるジャンプを見事にノーミスで降りました。3LzまででもGOEで勝負できるものですね。世界選手権行ってこーーーい!

サマリン
4Lz 4T 3Lz-1Eu-3F 3A shaky 3A fall 3Lz+2A 1Lo
SPは衣装替えたのにLPは替わってない。こっち替えろし!SPは戻せし!4Lzで力を使う→4Fで失敗する→体力なくなって4T失敗する これが体系化されていたので、4Fを辞めたのは英断ですね。サマリンは体力切れて露骨にスピード落ちて演技がおざなりにならないところは良いな。ドンマイこんな年もあるさ。

マティアス
3Lz-1Eu-3S shaky 2A 3F 3Lo 2A-2T 3Lz 1S-2T fall
3Aを持っていないため、ノーミスじゃないとミニマムスコアをクリアできませんでした。チェコは世界選手権2枠ありますから、なんとか超えてほしかったです。2シーズン滑っているプログラムだけど、トマシュ・ベルネル先生に似せた普通の編曲で良いと思うんです。

ゴロドニツキー
3A-1Eu-3S 3F 3A 3Lz-3T 3Lo 3F-2T fall 2A
3Aでステップアウトしたので3連続にしてリカバリーしました。淡々とジャンプを降りたので、あまりPCSで評価は受けられませんでした。本来なら出場がなかったのに今大会がんばりました。

フランジパーニ
3A shaky 3Lz fall 3A-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz-3T 3F
謎の3Lz転倒を除けば良いジャンプが多かったです。ステップシークエンスだけ際立って姿勢が崩れるのはなぜなのか。同門のグラスルはプログラム全体で姿勢が前傾気味だけど、フランジパーニはステップ以外は割と普通。キスクラにはファイエラが座っていました。バーバラとカッペちゃんもいるし、イタリアダンスのヨーロピアンメダリスト揃い踏みですね。4ショットください。

グラスル
4Lz 4F 4Lo 3A 3Lz-3T 3Lo-3T 3Lz-1Eu-3S
胸に銃弾撃ちまくり衣装じゃなくなりました。キラキラ夜空衣装。冒頭の4回転3本はすごかったです。ステップシークエンスで露骨にお休みするのは、スピン2つを回り切ってレベルとGOEを取るためでしょう。実際それが功を奏しています。TES11点下がったけど、それでもすごいぞー!

リッツォ
3Lo 4T fall 3A-3T 2Lz 3A 3F-1Eu-3S 3Lz-2T
めちゃくちゃに失敗したわけではないのに、印象に残らない演技でした。ふわふわしているな。もっと重厚感に浸りたいのです。

ビチェンコ
4T 3A-2T 3Lz-3T 3Lo 3A so 2F-1Eu-3S so 2F
前半がとても良かったのに、後半失敗しまくって体力使ってヘロヘロになってしまいました。今日のステップシークエンスのセカセカは質の高いセカセカとは言えなかったです。でも笑顔がかわいいからすべてオッケー。

セレフコ
4T hd 3A-1Eu-2S 3Lo 1A 2Lz-3T 3F so 2A-2T
ジャンプかなり失敗しました。これだけ失敗しても2Aの後ろにコンボ付けてリカバリーするのは偉いです。ストクリの悲劇のノートルダムドパリから5年……。

フェンツ
4T 3A-3T 3Lz shaky 3Lo 1A 3S-1Eu-2F 3Lz-1T
今日も4T決めました。3Lz2本目は1Tを付けて+REP扱いになるのを回避しました。質は良くないけれど、基礎点が下がってしまうよりはいいです。滑りがノーブルだから、このアップテンポの曲に合わない気もしましたが、意外と後半は踊れていました。一桁順位は初めてです。27歳でベストだぜ。

ヴァシリエフス
3A-2T 3A 3Lo-2T 2T 3Lz-1Eu-3S 3F shaky 3Lz
3Aの回転不足や3Tの抜けこそありますが、、かなり良い部類の出来でした。ツイズルからのコレオシークエンスはめちゃくちゃ良かったですし、3Lzやスピンもかっこよく決めてくれました。冒頭~中盤あたりの印象に残らないエレキと助走の時間をどうにかすれば、PCSがもっと出るはずです。

クヴィテラシヴィリ
4S-2T 3A 4T fall 3Lo 4T-2T 3F-1Eu-3S 3F
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおクヴィテラシヴィリが後半失敗しなかった!!!彼は繰り返しのジャンプの片方を失敗しがちなんですよ。これはかなり良いですね。表現がまったく印象に残らないのが玉に瑕ですが、エテリがキスクラにいるから、今日は褒められるに違いない。

ダニエリャン
4S-1Eu-3S 4S 3A so 3Lz fall 3A-2T 3F-3T 3Lo
昨シーズンのプログラムに戻しました。椿姫の方が音楽が明るい分、楽しく滑れるのかもしれません。スピードが出ているのと、成功したジャンプの質が良いので、ジャンプジャンプでも気にならないです。ジュニアとの掛け持ちですしね。思った以上に後半項目が評価されました。クヴィテラシヴィリび表現が物足りなかった反動だろうか。

アリエフ
4Lz 4T 4T-3T 3F 3A 3Lz-3T 3Lo-1Eu-3S
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおアリエフ史上最高ってことで!!!!!スタミナのスの字も浮かばない、マーベラスでアメイジングでブリリアントなスケートをしておりましたよ!この演技できりゃそりゃ泣くぜ?

ミハル
2S 4S fall 4S fall 3Lz 3A-2T 3F 3Lo shaky
優勝できれば、初出場から史上最遅の快挙だったと思うのですけどね。抜けコケコケ+REPで勝負が決まってしまいました。優勝の二文字しか頭になかったのだと思います。リカバリーをして、それを追い続けていました。後半はいつもより良かったんだけどなあ。気軽に「また来年があるよ」なんて言えないです。

ヨーロッパ選手権の男子シングルで久しぶりにロシア国歌を聴きました。良い演技をした選手→台乗りというシンプルなイベントでした。

来年の出場枠
3枠 ロシア・イタリア
2枠 ジョージア・ラトビア・チェコ・ドイツ・アゼルバイジャン・イスラエル

フランスは11ポイント+18ポイントなので29ポイント。ギリギリで2枠を逃しました。こういった状況で、運よく枠をキープ・増やせることはまずありません。そういうものです。
2020
01.23

ヨーロッパ選手権 1日目 男子SP

はーーーい4時間近く書き続けていた感想全部消えたーーー10にアップデートして消えたーーーいきなりエラー吐いてメモ帳閉じられたーーー。

男子SP
1 Q Michal BREZINA(チェコ)89.77
2 Q Dmitri ALIEV(ロシア)88.45
3 Q Artur DANIELIAN(ロシア)84.63 PB
4 Q Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)82.77
5 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)80.44
6 Q Paul FENTZ(ドイツ)80.41 PB
7 Q Matteo RIZZO(イタリア)79.07
8 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)78.27
9 Q Aleksandr SELEVKO(エストニア)77.45 PB
10 Q Gabriele FRANGIPANI(イタリア)76.91 PB
11 Q Daniel GRASSL(イタリア)76.61
12 Q Mark GORODNITSKY(イスラエル)76.20 PB
13 Q Alexander SAMARIN(ロシア)74.77
14 Q Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)74.39 PB
15 Q Irakli MAYSURADZE(ジョージア)74.13
16 Q Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)70.36 PB
17 Q Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)70.04
18 Q Matyas BELOHRADSKY(チェコ)67.69
19 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)67.35 PB
20 Q Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)66.89
21 Q Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)66.43 PB
22 Q Lukas BRITSCHGI(スイス)66.32
23 Q Burak DEMIRBOGA(トルコ)66.12 PB
24 Q Adam SIAO HIM FA(フランス)65.21
25 Illya SOLOMIN(スウェーデン)64.91 PB
26 Kevin AYMOZ(フランス)64.40
27 Peter James HALLAM(イギリス)64.17
28 Maurizio ZANDRON(オーストリア)62.45
29 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)61.35 PB
30 Andrey KOKURA(ウクライナ)58.65
31 Roman GALAY(フィンランド)56.10
32 Michael NEUMAN(スロバキア)53.08
33 Thomas KENNES(オランダ)52.56 PB
34 Conor STAKELUM(アイルランド)48.28
35 Andras CSERNOCH(ハンガリー)47.30

もう書く気力は残っていないのでザッと振り返り。

ミハルは4S-3Tこそ入らなかったですが、ミスのない演技できっちり点数を確保しました。ストレスのない滑りをするので、あっという間に2分40秒過ぎてしまいますね。ジャンプ3本終わって、滑りを見つめていたらいつの間にか演技が終わっていました。キャメルスピンのキャッチミスはドンマイ。文句なしの首位です。

他に調子の良かったと感じたのはビチェンコさんとマヨロフです。ビチェンコさんはレベル4は1つもないけれど、調子の良いときのエネルギーが満ちていて、良いセカセカをしていました。マヨロフはフラメンコの速いリズムをきっちり滑りこなしていました。ステップシークエンスの最後素晴らしかったです。兄からバトンタッチして良いスコアも出せました。

ロシア勢3名。ダニエリャンは普通、アリエフはやや悪い、サマリンはそんなに悪いと思わなかったけどジャンプが決まらない。こんな印象です。アリエフは調子の良いときのSPのスタミナ配分ができていなかったし、最初からスピードが足りなかったので、全体的にふわふわしていました。サマリンは4Lzで失敗したので、4Fを回避して4Tコンボをしたけれど、それを転倒しました。今シーズンは4Tの成功率が芳しくないです。

イタリア勢3名。リッツォは調子が少し上向きになりました。フランジパーニはノーミス。特に3Lzが素晴らしかったです。グラスルは4Loと3Aがアンダーローテーションでした。4Loにコンボを付ける選手が今までいなかったので、非常に珍しいものを見せてもらいました。次は回転が足りますように。

フランス勢にとっては悲劇でした。アダムもエイモズも全ミスでした。特にエイモズは動きのキレもなく、よく8点出たなーというのが正直なところ。ジャッジもなんとかしてSP通過させたかったんだと思います。1枠に減る確率が高いので、来シーズンの出場枠を巡る争いが今から怖いです。アダムがノーミスなら10位以内入れるかな……。

クヴィテラシヴィリは3本目のジャンプ失敗といういつもの流れ。フェンツは調子上向きでした。ヴァシリエフスはシーズン序盤で滑っていたプロの方が好きなのです。世界選手権ではもう一つの方滑りませんか?お願いお願いお願いお願い。

オドボルボーさんは3Aを持っていないながらも、ミスを最小限に止めて美しい情感溢れる演技を披露していました。大技化があまりにも進みすぎた影響で、大失敗をする選手がいるから、逆に3Lzまでの選手がSP通過できるようになりました。

誰が優勝しても初優勝です。フィギュアスケートデスロードはまだ始まったばかり。僕個人としては躓いたスタートでした。Win10エラー吐かないで。
2019
12.29

ヨーロッパ選手権ロシア代表が決定

https://fsrussia.ru/news/4844-sostav-sbornoj-komandy-rossii-na-chempionat-evropy-v-gratse.html

男子シングル
ドミトリー・アリエフ
アルトゥール・ダニエリャン
アレクサンドル・サマリン
補欠
マカール・イグナトフ
アンドレイ・モザリョフ
ピョートル・グメンニク

女子シングル
アンナ・シェルバコワ
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
補欠
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ
アナスタシア・グリアコワ

ペア
アレクサンドラ・ボイコワドミトリー・コズロフスキー
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン
補欠
アナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ
アリーナ・ペペレワ&ロマン・プレシュコフ
アポリナリア・パンフィロワ&ドミトリー・リロフ

アイスダンス
ヴィクトリア・シニツィナニキータ・カツァラポフ
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
補欠
アナベル・モロゾフ&アンドレイ・バギン
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン
ソフィア・シェフチェンコ&イゴール・エレメンコ

順当に表彰台の選手が派遣されます。補欠はシニアの年齢の選手から順番に入っています。シニツィナ、フロロワ、サムソノフはジュニア年齢なので、ヨーロッパ選手権には出られません。

女子とペアは表彰台独占が期待されているでしょうし、男子とアイスダンスも複数メダルが望まれているはずです。男子は2枠しかない世界選手権代表の座も懸かっています。ペアも3枠目が替えられてしまうかもしれないですし、自分の未来のためにも結果を出さなくてはいけません。ハードな世界だぜ。
2019
12.27

ロシア選手権 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Artur DANIELIAN Moscow 177.70
2 Dmitri ALIEV Saint Petersburg - Komi Republic 173.63
3 Alexander SAMARIN Moscow 172.06
4 Makar IGNATOV Saint-Petersburg 160.58
5 Daniil SAMSONOV Moscow 159.33
6 Vladimir SAMOILOV Moscow 159.30
7 Anton SHULEPOV Saint-Petersburg 156.59
8 Sergei VORONOV Moscow 154.21
9 Andrei MOZALEV Saint-Petersburg 152.21
10 Petr GUMENNIK Saint-Petersburg 150.02
11 Ilya YABLOKOV Moscow 147.95
12 Andrei ZUBER Saint-Petersburg 147.74
13 Egor MURASHOV Moscow 146.80
14 Leonid SVIRIDENKO Saint-Petersburg 144.18
15 Andrei LAZUKIN Saint-Petersburg - Samara Region 137.53
16 Vladislav KATICHEV Republic of Mordovia - Saint-Petersburg 112.08

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV
Saint Petersburg - Komi Republic 260.98
2 Artur DANIELIAN Moscow 253.42 
3 Alexander SAMARIN Moscow 252.74
4 Makar IGNATOV Saint-Petersburg 249.46
5 Andrei MOZALEV Saint-Petersburg 240.55
6 Daniil SAMSONOV Moscow 240.21
7 Petr GUMENNIK Saint-Petersburg 238.08
8 Anton SHULEPOV Saint-Petersburg 237.76
9 Sergei VORONOV Moscow 233.82
10 Andrei ZUBER Saint-Petersburg 225.77
11 Ilya YABLOKOV Moscow 223.81
12 Andrei LAZUKIN Saint-Petersburg - Samara Region 223.09
13 Leonid SVIRIDENKO Saint-Petersburg 222.79
14 Egor MURASHOV Moscow 221.80
15 Vladimir SAMOILOV Moscow 220.73
16 Vladislav KATICHEV Republic of Mordovia - Saint-Petersburg 181.39
WD Gleb LUTFULLIN Saint-Petersburg

ヤブロコフ
4T shaky 3Lo 3A-1Eu-3S 3F 4T df-2T 3Lz-3T 3A
冒頭の4Tは回転不足の着氷ながらも堪えました。スピードもトランジションもほとんどありませんが、ジャンプで大きな失敗がなかったのは大きいです。ロシアナショナルだから点数出ますもん!

ムラショフ
4T hd 3Lo 2T 3A df 3F-3T 3A-1Eu-3S 3Lz-2T
3Aは軸が大きく曲がりました。両足着氷にできたのが不思議なぐらいの曲がり方です。男らしい滑りも見せてくれました。

サモイロフ
4Lz 3A 4S shaky 3Lo 2S 3Lz-3T 3F-1Eu-2S
非常に大きなジャンプを降りられる選手です。冒頭の4Lzきれいに決まりました。4Sも前のめり着氷になりましたが高さは素晴らしかったです。3Aが2本入っていないので、2本目の4Sも決めたかったですね。トレードマークのI字スピンも見せてくれました。いやーーーしかし、ジャンプ以外は大雑把だったな。

ダニエリャン
4S-1Eu-3S 4S 3A ot 3Lz 3A-3T 3F-2T 3Lo
これが第1グループの演技……世界一の第1グループだぜ。冒頭の3連続が素晴らしかったです。国際大会でも+3が狙えそうですね。難しい入りからの3Aでターンが入ってしまいましたが、国内なので0ぐらいで済むでしょう。ワルツのリズムめちゃくちゃ無視した滑りだったけど、これだけジャンプを決めてスピードを出して滑れば気にならないです。まだジュニアですしね。

ヴォロノフ
3T 3A ot 3A-3T 3Lo 3Lz shaky 3Lz-2T-2Lo shaky 3S-2T
4Tは3回転にしたようです。でもこの構成で予定通りなわけはなく、3Tと3Aと3Lzが2本ずつになりました。2本目の3Lzはノーバリューです。コレオシークエンスはとてもエネルギッシュで体力面ではまったく問題なし!ヴォロノフさんまだまだやれる。

サムソノフ
3A-1Eu-3S 4Lz fall 4F fall 1A 3Lz-3Lo 3F-3T 3Lz
難しい種類の4回転2本の構成です。回転は足りていないけど、今シーズンのこれからの派遣に関係ない大会だから挑めてよかったです。ロシアジュニア選手権では守りに入ることも必要ですしね。コンボ3つがクリーンに入ったのは大きいです。連続で転倒しても流れを切らさないのは力がある証拠です。

サマリン
4Lz-1Eu-3S 4F fall 4T 3A 3A fall 3Lz-3T 3Lo
4Lzのステップアウト誤魔化し系オイラーから3Sは成功ということで。転倒であったり着氷が流れないものが多くて、上手く着氷をまとめて曲想を邪魔しないようにしたところもあったのですけどね。ミスが多すぎました。ジャッジは9点台を並べて国際大会に送り出したかったでしょうね。

ラズーキン
3Lz hd 4T-2T 2A 4T fall 3F-1Eu-3S ot 2Lz 3F so
今大会も決まらなかった。上手くいかない大会がずっと続いています。3Aまででまとめてみてもいいのかも。

アリエフ
4Lz 4T fall 4T shaky-2T 3F 3A 3Lz-3T 3Lo-1Eu-3S
4Lzは成功しました。加点もたくさんもらえます。体力の切れる地点が少し遅くなっていました。3Aの前ぐらいで切れたので今日は良い方だと思います。ステップシークエンスの転倒はもったいなかったけれど、アリエフとしてはかなり良い出来の部類ではないでしょうか。

シュレポフ
3F 3Lz-3T 3A-2T 2A 3A 3Lz df-1Eu-3S 3Lo
最後回転不足になってしまったのが残念ですが、転倒や抜けがない演技は素晴らしいものです。カメラワークが最悪で何をしているか分かりにくかったです。4回転がないプログラムなので、もう少しトランジションを増やしてくれれば嬉しいです。でも増やすともっと回転不足が増えそうなので、やっぱりいいです。よくがんばりました。

モザリョフ
4T ot 4T hd-2T 3Lo 3A-3T 3A fall 3Lz-1Eu-3S 2F
抜群の安定感を誇るモザリョフでも転倒させてしまう恐怖の空間。それがロシアフィギュアスケート選手権男子シングル。誰もこの魔物から逃れることなんてできない。編曲がとんでもないプログラムとして定評がありますが、コレオシークエンス分時間が伸びたので、30秒プラスされて間延びがとんでもない恐怖のプログラムが完成しました。伝説になりそうだ。

グメンニク
4S so 3A 4S fall 3S-2T-2Lo 3Lz-3T 3Lz-3Lo 3F
グメンニクもっと良い4Sを降りられるはずなのですが、ステップアウトだったり回転が足りなかったり上手くいかなったです。後半はコンボを畳み掛けるのですが、スピードが落ちてくるので、音楽と合わなくなりリズムも悪い。おまけに回転も足りないので、ジャンプの順番を入れ替えてもいいのかな?と思います。グメンニクもスタミナ問題なあ。

イグナトフ
4S so 4T 3A so 3F-3T 3Lz-3T 3Lz-1Eu-2S 3Lo
ジャンプは悪くなかったです。ジャンプのプログラムなのでジャンプを降りなければいけません!グランプリシリーズよりは体力が持っていたので安心しました。

トップ3が表彰台に上がれず、SP4位のアリエフが優勝、SP13位のダニエリャンがLP1位で2位、SP8位のサマリンが3位となりました。ダニエリャンはシニアのミニマムスコアも持っているので、ユーロとワールドに出ようと思えば出られます。派遣が気になりますね。

ロシア選手権の平常運転だった。
2019
09.28

JGPクロアチア杯 2日目 アイスダンスRD・ペアリザルト・男子リザルト

おはようせかい。

アイスダンスRD
1 Maria KAZAKOVA / Georgy REVIYA(ジョージア)65.97 PB
2 Sofya TYUTYUNINA / Alexander SHUSTITSKIY(ロシア)64.34 PB
3 Emmy BRONSARD / Aissa BOUARAGUIA(カナダ)59.63 PB
4 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)58.55 PB
5 Nadiia BASHYNSKA / Peter BEAUMONT(カナダ)58.41
6 Natalie TASCHLEROVA / Filip TASCHLER(チェコ)57.94
7 Svetlana LIZUNOVA / Alexander VAKHNOV(ロシア)57.05 PB
8 Molly CESANEK / Yehor YEHOROV(アメリカ)55.46 PB
9 Katarina DELCAMP / Ian SOMERVILLE(アメリカ)53.01 PB
10 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)52.87
11 Katerina BUNINA / Artur GRUZDEV(エストニア)51.76
12 Emily ROSE BROWN / James HERNANDEZ(イギリス)51.52
13 Sofia VAL / Linus Colmor JEPSEN(スペイン)49.36 PB
14 Emily BRATTI / Mathieu COUYRAS(フランス)48.67 PB
15 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)43.36
16 Jeongeun JEON / Sungmin CHOI(韓国)39.59 PB
17 Ekaterina KUZNETSOVA / Daniel BRYKALOV(アゼルバイジャン)37.06 PB

チュチュニナ&シュスティツキー
名字で略せないカップル。チュチュシュスはュが多すぎて噛む。ソフィアレかな。パターンダンスのところってちょっとしたイチャイチャなので、表情作って微笑んでほしいのですが男性に余裕がないです。ジャズピアニストではなくピアノの発表会に出た小学生の表情です。でもその初々しさもかわいいものです。

エミー&アイサ
パターンダンスはNNNNとYNNN、ダイアゴナルステップはレベル2というなかなかのレベル獲得状況であります。レベルに反してエネルギッシュな演技には魅せられました。女性は演技中歌いっぱなしでした。キャバレーのプログラムなので歌う演技でも納得できます。ポポモズのRDの衣装のせいで、かわいい衣装でも手抜きに思えてきます。女性は点数を受けて笑顔のまま「うーーーーーーーーーーん」と唸りました。前述の通り基礎点がね……。

タシュラーズ
YouTubeの動画の音声途中から切れた!僕は「音楽がなくても表現できてる!」と言えるほどの感受性は持ち合わせていないので、音楽がないと困ります。ミッドラインステップが終わって音声復活。巴里のアメリカ人は恋愛映画だけど、兄妹カップルなのでダンスの部分を強調して演じているのでしょうね。そんなに兄妹っぽくないし、妹の方が強そうだし気にならないです。レベル4が1つもなかったのが点数に響きました。

カザレビ
前回も思いましたが男性の顔の圧が強くてモニターから飛び出してきそう。取って付けたようなローテーショナルリフトの編曲笑える。もうちょっとがんばれよ!!!実力は抜きん出ているので、優勝しなかったらズッコケますよ。ちなみにカザレビはジョージア初のJGPSのアイスダンスメダリストなのです。カザレビは銀メダルばかりなので、ジョージア勢は今までアイスダンスで優勝したことがないということです。そもそも20年以上のJGPSの歴史でメダリストがエレーネ・ゲデヴァニシヴィリしかいなかったのです。優勝もゲデ子が2005-2006シーズンにしたっきりです。優勝すればジョージアのスケート界に新たな1ページが刻まれます。

ゴルベロ
ラトビアのときとまったく印象が違います。今回はツイズルでスタンブルしなかったのもありますけど、表情が柔らかく、幸せに満ちたカップルが踊る様子が想像できるからですね。前回の演技観れば分かりますけど、顔カッチカチですから。6シーズン出場してきたジュニアグランプリの集大成なのでいい内容で終えてもらいたいです。

セサネク&イェホロフ
女性は戦中の映画から飛び出してきた系ダンサーですね。エミリー・サミュエルソンみたい。パターンダンスを終えて、大きな滑りを見せてから素敵なローテーショナルリフトに入りました。女性はリフトされるのが上手ですね。男性がツイズルでめちゃくちゃ失敗してフィニッシュしたのが残念。ツイズルで失敗したからシュピルバンドチームだと思ったけどキリアコフチームでした。

バシンスカ&ボーモント
JGPチェリャビンスクのロシア勢全種目表彰台独占を阻んだメープルの神。第1セクションのツイズルで女性がスタンブルしかけました。してはいないのでマイナス評価はありませんが、低調な評価でした。ホールドチェンジが多くて難しいんだろうなあ。ティータイムフォックストロットで、歌詞に"お茶"が出てくる曲をチョイスするのはオシャレですね。エレメンツの質はそこそこですが、巧みな編曲や構成で見栄えのするプログラムです。

リズノワ&ヴァフノフ
The time of my lifeに変なビート入ってるううううう。嫌だけどこれはルールだから仕方ない。パターンダンスの第2セクションではセパレーション違反がついてレベルが下がりました。最後のツイズルで男性の体が女性の手が離れてしまったからかな?ゲレイロの振付じゃないのはよかったけど、ゲレイロの母ちゃんの振付もそんなに……だった。

このままの順位でフィニッシュすると、カザレビのJGPF進出が確定します。デイヴィス&スモルキンのJGPF進出も確定するため、残り1枠ということになりますね。チュチュニナ組が優勝してカザレビが2位だと、デイヴィス&スモルキンのJGPF進出が絶望的になります。カザレビはFDで87.19出して2位になればデイヴィス組を上回れますから。

ペアLP
1 Iuliia ARTEMEVA / Mikhail NAZARYCHEV(ロシア)117.39 PB
2 Diana MUKHAMETZIANOVA / Ilya MIRONOV(ロシア)113.88 PB
3 Annika HOCKE / Robert KUNKEL(ドイツ)95.57
4 Anna SHCHEGLOVA / Ilia KALASHNIKOV(ロシア)93.04
5 Alina BUTAEVA / Luka BERULAVA(ジョージア)90.78 PB
6 Huidi WANG / Ziqi JIA(中国)86.79
7 Yuchen WANG / Yihang HUANG(中国)85.56 PB
8 Chloe PANETTA / Benjamin MIMAR(カナダ)84.93 PB
9 Kateryna DZITSIUK / Ivan PAVLOV(ウクライナ)84.90 PB
10 Isabelle MARTINS / Ryan BEDARD(アメリカ)83.13 PB
11 Patricia ANDREW / Zachary DALEMAN(カナダ)77.97 PB
12 Sofiia NESTEROVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)77.85
13 Letizia ROSCHER / Luis SCHUSTER(ドイツ)75.48 PB
14 Federica ZAMPONI / Marco ZANDRON(イタリア)73.79 PB
15 Tereza ZENDULKOVA / Simon FUKAS(スロバキア)63.71

ペアリザルト
1 Iuliia ARTEMEVA / Mikhail NAZARYCHEV(ロシア)179.83 PB
2 Diana MUKHAMETZIANOVA / Ilya MIRONOV(ロシア)177.58 PB
3 Annika HOCKE / Robert KUNKEL(ドイツ)156.31 PB
4 Anna SHCHEGLOVA / Ilia KALASHNIKOV(ロシア)149.67
5 Huidi WANG / Ziqi JIA(中国)146.98
6 Alina BUTAEVA / Luka BERULAVA(ジョージア)142.05 PB
7 Kateryna DZITSIUK / Ivan PAVLOV(ウクライナ)133.96 PB
8 Chloe PANETTA / Benjamin MIMAR(カナダ)133.60 PB
9 Yuchen WANG / Yihang HUANG(中国)132.76 PB
10 Patricia ANDREW / Zachary DALEMAN(カナダ)126.01 PB
11 Isabelle MARTINS / Ryan BEDARD(アメリカ)121.07 PB
12 Sofiia NESTEROVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)119.65
13 Letizia ROSCHER / Luis SCHUSTER(ドイツ)116.56 PB
14 Federica ZAMPONI / Marco ZANDRON(イタリア)114.20 PB
15 Tereza ZENDULKOVA / Simon FUKAS(スロバキア)100.82

シェグロワ&カラシニコフ
3Tw 3T so 2A 3FTh 3LoTh hd
3Tはステップアウト。2Aは着氷はしたものの、LPでも回転不足でした。音楽とエレメンツのタイミングがまったく揃っていないところが多々あります。だからアラジンのような分かりやすい曲でよかった。曲が助けてくれますから。

ワンジア
3Tw 2A-2T so 3FTh fall 2S 3STh so
コンビネーションで女性がステップアウト。中国伝家の宝刀スロージャンプは両方失敗。さらにペアスピンに入れずノーバリューと大きなミスを犯しました。ツイストとリフトでは多くの加点を得ました。

ホッケ&クンケル
3Tw 3S so 2A+2A 3LoTh df 3FTh fall
ツイストを明後日の方向に投げました。女性が落下しなくて何よりです。アクセルラッソーの天空串刺しポジションは美しいのに、リフトが止まっているから迫力不足かつGOEでほとんどプラスないのが惜しいです。表彰台が決まったからか、ファイナルが決まったからか順位が出てホッとしていました。

ムハミロ
3Tw 3Lz-2T-2T 3LzTh 3F shaky 3STh
3Lz-2T-2T見事に着氷しました。スロールッツを降りた際の女性の表情は猛獣でした。コケるかああああい!という強い表情です。3Fは男性がオーバーターン、女性がシェイキーランディングで仲良くちょいミスでした。最後まで力強い演技だから間延びしてなくていいぞ~。

アルナザ
3Tw 2A-1Eu-3S 3T 2FTh 3LoTh
元々スローフリップは2回転予定だったようです。基礎点ではムハミロに劣っているのにGOEで圧倒しました。JGPFで表彰台に立つ準備はできていますね。

ジュニアグランプリファイナル進出者
1 アポリナリア・パンフィロワ&ドミトリー・リロフ(ロシア)1位+1位
2 ユリア・アルテメワ&ミハイル・ナザリチェフ(ロシア)2位+1位
3 クセニア・アハンテワ&ヴァレリー・コレソフ(ロシア)2位+1位
4 ディアナ・ムハメジャノワ&イリヤ・ミロノフ(ロシア)3位+2位
5 アニカ・ホッケ&ロバート・クンケル(ドイツ)3位+3位
6 アリーナ・ペペレワ&ロマン・プレシュコフ(ロシア)3位+4位

次点はアメリカのケイト・フィンスター&バラージュ・ナジでした。今年もロシアまみれだわーい。

男子LP
1 Andrei MOZALEV(ロシア)157.59 PB
2 Sihyeong LEE(韓国)144.82 PB
3 Artur DANIELIAN(ロシア)141.71
4 Shun SATO(日本)141.28 PB
5 Stephen GOGOLEV(カナダ)140.34
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)132.33 PB
7 Adam SIAO HIM FA(フランス)131.99
8 Mark GORODNITSKY(イスラエル)126.45
9 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)117.19
10 Aleksa RAKIC(カナダ)111.96
11 Basar OKTAR(トルコ)103.71
12 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)102.98
13 Luc MAIERHOFER(オーストリア)99.18
14 Andrey KOKURA(ウクライナ)97.00 PB
15 Daniel MARTYNOV(アメリカ)95.29 PB
16 Edward APPLEBY(イギリス)92.09
17 Arnau JOLY(スペイン)87.48 PB
18 Vassil DIMITROV(ブルガリア)84.17 PB
19 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)75.44 PB
20 Matteo NALBONE(イタリア)71.72 PB
21 Mozes Jozsef BEREI(ハンガリー)67.57
22 Lilian BINZARI(モルドバ)66.06
23 David SEDEJ(スロベニア)66.02 PB
24 Marko PILIAR(スロバキア)55.30 PB

男子リザルト
1 Andrei MOZALEV(ロシア)236.44 PB
2 Artur DANIELIAN(ロシア)223.82 PB
3 Shun SATO(日本)219.69 PB
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)212.86 PB
5 Stephen GOGOLEV(カナダ)212.46
6 Sihyeong LEE(韓国)211.58
7 Mark GORODNITSKY(イスラエル)192.56
8 Adam SIAO HIM FA(フランス)192.16
9 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)190.51 PB
10 Basar OKTAR(トルコ)170.45
11 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)165.95
12 Aleksa RAKIC(カナダ)164.53
13 Luc MAIERHOFER(オーストリア)152.73
14 Andrey KOKURA(ウクライナ)149.73 PB
15 Daniel MARTYNOV(アメリカ)145.02 PB
16 Edward APPLEBY(イギリス)144.33
17 Vassil DIMITROV(ブルガリア)134.79 PB
18 Arnau JOLY(スペイン)131.86 PB
19 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)126.25 PB
20 Matteo NALBONE(イタリア)123.14 PB
21 Lilian BINZARI(モルドバ)109.66
22 Mozes Jozsef BEREI(ハンガリー)108.66
23 David SEDEJ(スロベニア)99.79 PB
24 Marko PILIAR(スロバキア)94.78 PB

第3グループ開始の午前2時に起きる予定が午前6時。それはもう爽やかな目覚めでした。

アダム
4T-2T 3A so 4S 4T-2T 3Lz 3A shaky 3S
仕上がりは不十分に思えるけど3クワド降りちゃうんだな。コンボに3Tを付けていないので、この構成が完成型ではありません。フランス男子だけど3Fきれいに踏み切れるのに入れないのは、3クワドで助走を入れる時間がないからでしょうか。後半プログラムがパンパンに見えますし。滑り込み出場でよくがんばったよ。

ゴロドニツキー
3A-1Eu-3S 3F 3A 3Lz-3T shaky 3Lo 3F fall 2A shaky
突然跳ぶ3Aが2本とも入った!突然失敗ゼロ!簡単に踏み切るから僕でも跳べそうな気がしてきます。後半3項目でインタープリテーションの評価だけ下げられているのは「表現してくれ」というジャッジからのメッセージ。月の光は愛のメッセージ。オーストリアジャッジだけはインタープリテーションの評価が高い。

シヒョン
3Lz-3T 3A 3F 3Lo 2A-3T 3Lz 2A-1Eu-3S
美しいタノコンボから。今回は回転大丈夫でした。というかどのジャンプにも回転不足もロングエッジもないクリーンプログラムでした。このメンツに囲まれてLP2位は価値があります。3A1本でもクリーンプログラムを目指せばクワド持ちに対抗できるのです。韓国勢は毎回のように回転不足&エッジエラーなし、コンボ全消費の重要性を説いてくれます。

フランジパーニ
4T fall 3F-3T 3A-1Eu-2S 3Lo 3A so 2Lz so 3S
僕が前回苦言を呈した適当なバイオの曲表記が直ってない。おいイタリア連盟!!!申請し直せ!!!!!手が美しく伸びているのに足が雑に開いていたり、足をかっこよくクロスさせているのに手がブラブラしていたり、上半身と下半身の連携が取れておらずタンゴの世界に浸れないです。ブノワよ、今一度振付の指導を!ブノワはアイスダンサーなんだから気になるだろ!

佐藤
4T so 4T shaky-2T 3A 3A-3T 3F 3Lo-1Eu-2S 3Lz
4回転でミスはありますが、まずまずの3Aを揃えて踏み止まりました。表現面は前回よりもよかったと思います。ジュリエットへの思いを募りに募らせて、ジュリエット(仮死状態)の眠る墓に走っていました。若さとは走ることである。愚かで美しい。

ゴゴレフ
3A 4S 3F-3T 1Lo 1Lz 3A-2T 3Lz-1Eu-3S
衣装がグレーから赤&黒に変更されました。予定通りに回ったジャンプはプラスのジャンプばかりでしたがまさかの連続抜けで10点以上飛んでいきました。これがなければ2位になれていた確率が高いです。しょうがない!ドンマイドンマイ。大技決まってるし、カナダ選手権で全部決めれば問題なし。

ダニエリャン
1S 3A-3T 3Lz so 2A 3A 3F-1Eu-3S 3Lo-3T
マッハ3の助走をつけて4Sが抜けました。悲しい抜け。前回は緊張でガチガチになって自爆してしまったので、今回はそれがなくまとめられたのが収穫です。グラディエーターなんて合いそうにないのに合っているからノーミスの演技が観たいです。

トルガシェフ
3A df 4T 1F-3T 3F 3Lz fall 3Lo 3Lz-2T
3Aは両足???いや、ランジ?ランジ着氷?新手の失敗で斬新でした。4Tはクリーンに見えてアンダーローテーション。惜しかったです。ステップシークエンスではいいキックを見せてくれました。実写版キャプテン翼だな。ジャンプは決まらなかったけど、やっとPCSがいい評価を受けられました。これが正当な評価なのだ。

モザリョフ
4T so 4T-3T 3Lo 3A-2T 3A 3Lz-1Eu-3S 3F
冒頭の4Tはステップアウトです。それ以外のジャンプはクリーンに着氷しました。安定感があります。ステップシークエンスでバテてしまい、コンビネーションスピンの足換えでフラつくミスがありました。ロシアの的はやはりスタミナ。モザリョフは派遣運に恵まれなかったけど見事に連勝を達成しました。強かったです。

今回の結果でモザリョフ、鍵山、サムソノフ、佐藤までがジュニアグランプリファイナル確定しました。残り2枠です。候補は2位2位で暫定5位のダニエリャン、1大会目1位のグメンニク、1大会目3位のグラスルとヤブロコフです。グメンニクは3位以内で確定。グラスルとヤブロコフは優勝で確定します。ダニエリャンとしては同じロシアのグメンニクが順当に優勝してくれるのがありがたいです。1大会目4位のマリニンが優勝して、グラスルとヤブロコフが2位3位で、グメンニクが5位以下に落ちるというパターンで進出者が変わりますが、あまり現実的とは言えませんね。

ゴゴレフもトルガシェフもジョセフもJGPFに出られないとは想像できなかったなあ。露露露露日日になるのか、露露露日日伊になるのか。

表彰式の国旗掲揚はノーマルモードでした。オンドレイネペラのようにはいかないのだな。

kouiunoiiyone.png
こういうのいいよね


back-to-top