FC2ブログ
2015
12.25

アルトゥール・ガチンスキー 引退

http://tass.ru/sport/2554183

本人のコメントが出てしまったから「迷ってるんじゃないか、連盟の勘違いじゃないか」という現実逃避が不可能になってしまった。

「僕は長い間怪我に苦しめられ、足踏みをしてきた。でも前に進まなければならない。ここでキャリアを終わらせて、新しい道に進む。決めるのは難しいことじゃなかったよ。健康が許すなら、もっとやりたかったよ。」

なんて悲しいコメントなんでしょう。これからはショースケーターやコーチングの道に進むそうです。ロシアは今、若いコーチがたくさん活躍しているので、がっちゃんの姿をキスクラで見る日もそう遠くはないかもしれません。小さな頃からミーシンの秘蔵っ子として非常に有名で、シニアに上がってから1枠しかない世界選手権の代表に選ばれ、モスクワで銅メダルを獲得。翌シーズンのユーロではプルシェンコと1、2フィニッシュ。しかし、その後の世界選手権あたりから体調不良や怪我が増えてきました。タラソワのところに移り、フットワークがよくなり、これからの活躍を楽しみにしていました。そこでの怪我でした。本当に心苦しい。さようならチャリーン。髪が長くてストレートが似合うと思います。がっちゃん、僕はストレートが似合うと思いますよ。
2015
12.24

アルトゥール・ガチンスキーが引退か?

http://www.rg.ru/2015/12/24/chempionat.html

モンハリとストクリの欠場の情報を調べていたら、がっちゃんの話も出ていました。するとそこには「ガチンスキーは11月末に連盟にやってきて、9月からの怪我が治らないから、アマチュアスポーツから離れる」との文が。うお・・・・・。今はショーに出ているので、試合に出ない間の食い扶持を見つけたのかと思っておりました。

ロシアなので、どこぞがインタビューしてくれるということを期待して、今は「引退か?」ということにしておきます。怪我で、若くて能力のある選手が引退に追い込まれるのは悲しい。
2015
07.23

新プロ情報14

ケイトリン・オズモンド
SP:ラヴィアンローズ(続行)
LP:タンゴメドレー(続行)

昨シーズン使えなかったプログラムをそのまま使います。今シーズンは3Loを構成に組み込むそうです。苦手な種類のジャンプを入れられるようにしないと勝負できない時代です。

アディアン・ピトキーエフ
SP:Pain、Appassionata

SPのテーマは1組の男女。不安や疑念を持っていた女性が次第に心を開いていく様子を表現するらしいです。ふしぎなおどりはなさそうなテーマ。いけます?

ヴィクトリア・シニツィナニキータ・カツァラポフ
SD:白鳥の湖
FD:Io Ci Saro

なんかもう曲見るだけで「これはやっちまったかな・・・・・」と思わずにいられない。イリカツ時代に使ったばかりなのに白鳥の湖と、昨シーズン彼と彼らが思い出に残る演技をしたIo Ci Saroを使うなんて。いちスケートファンから見れば正気とは思えない。イリニフたんへの挑発か?

アルトゥール・ガチンスキー
SP:Straight to Memphis

LPと同じくマキシム・スタビスキーの振付です。がっちゃんは今シーズンの選曲はどちらも難解で演じられるのか不安になってくる。今シーズンこそ開花でよろしく。

ハビエル・フェルナンデス
SP:マラゲーニャ
LP:Guys & Dolls

SPはアントニオ・ナハロの振付です。振付中の映像見ましたけど氷の上を靴で歩きながらやっているんですね。あまり踊りメインのプログラムになっていないといいです。LPはミュージカルではなくて映画を使うっぽい?なるほど全然知らないやつだ。SPとエキシがスペイン被りしたから闘牛士エキシ封印されたりして。

ダニエル・サモーヒン
LP:シャーロック・ホームズ

出てないぞ出てないぞクイーン出てないぞ。安定して今シーズンも増えてきたロミジュリも出てないぞ。
Comment:2
2015
06.06

新プロ情報5

ジェイソン・ブラウン
SP:Love Is Blindness

What can i say other than...the dynamic duo is back at it again!!!! First day, second hour!!! Not bad....#7k #great gatsby #2016short

Posted by Rohene Ward on 2015年5月28日

ブラウンのSPはロヒーンがフェイスブックで振付風景をあげてくれています。ええのか?華麗なるギャツビーの曲を使っています。音源はこのリミックスのようです。 http://www.amazon.com/Love-Blindness-Jazz-Age-Mix/dp/B00C89GSAW ステップの密度がキチガイのそれである。

And we have come to a finish with the short!!! The basic skeletal of program...more enhancements to come! !!! He thought river dance was hard....bahahahahahaha!!!

Posted by Rohene Ward on 2015年6月1日


ペニー・クームスニコラス・バックランド
FD:ミューズメドレー(続行)

不完全燃焼の今シーズンの大変評判のよかったフリーをキープします。シュピルのところに移っても振付師は変えないで欲しいです。SDはどうなるでしょう。

アレクサンダー・ジョンソン
SP:トランス
LP:The Christ Trilogy、Parce mihi, Domine、In the act of Creation

大事なことはいつも背景が目に痛いブログで発表してくれるジョンソンさん。プログラムをうすーく発表してくれました。SPは中東の雰囲気のある曲で振付がカタリナ・リンデンとクリストファー・ディーン。LPの振付はトム・ディクソンです。こちらはクラシカルな雰囲気になりそうです。多分僕好みっぽいやつだ。

ティナ・ラーベティモシー・コレト
SD:シンデレラ

ノルウェー初のダンスカップルのSDはシンデレラ。今シーズンの課題曲はシンデレラなのかな。プロコフィエフとディズニーのと、実写のと散るかな。

http://www.ifsmagazine.com/articles/32786-russian-skaters-prepare-for-new-season

タチアナ・フレイドさんのIFSの記事には振付師情報がたくさん。

アルトゥール・ガチンスキー
LP:Balada de la trompeta

がっちゃんのLPの曲を聴いてみたら変なのだった。リンク貼っているので聴いてみてください。今度こそがっちゃん飛躍のシーズンに・・・・・。振付はマキシム・スタビスキーだそう。

ティファニー・ザホルスキージョナサン・ゲレイロ
FD:ノクターン、ボヘミアンラプソディー

音源のことは書いていないけれど、インストゥルメンタルとあるのでフィギュアスケートではよく使われるヴァイオリンアレンジのあれかな?移籍についても書かれていましたが、フランス連盟がリリースしてくれないんですね、さすがですね。でもフランスもロシアもどっちもどっちですから。カンガルー国かイギリスへの移籍はないかー。

ラジオノワのLPはモロゾフ、ソトニコワはSPは新しくするそうな。またタマラ・モスクビナのチームにはコンスタンティン・ベズマテルニフとアルトゥール・ミンチュクが入るそうで。ベズマテルニフはよかったなあ・・・・・本当に。しみじみ。

ア サ イ ン ま で あ と 1 0 日
Comment:7
2015
02.04

ユニバーシアード 1日目 男子SP

貴重なミニマムぶっ壊し大会ユニバーシアード。隔年開催じゃなくて2シーズン連続になっちゃったユニバーシアード

男子SP
1 Q KOZUKA Takahiko(日本)77.15
2 Q GACHINSKI Artur(ロシア)73.78
3 Q SONG Nan(中国)73.48
4 Q LIEBERS Peter(ドイツ)73.23
5 Q GORSHKOV Gordei(ロシア)66.31
6 Q RAYA Javier(スペイン)65.89
7 Q LAM Ronald(香港)65.20
8 Q LIU Jiaxing(中国)61.18
9 Q PONSART Romain(フランス)59.15
10 Q WALKER Stephane(スイス)59.00
11 Q HINO Ryuju(日本)58.92
12 Q KASKA Pavel(チェコ)56.44
13 Q VIRTANEN Valtter(フィンランド)55.23
14 Q KVITELASHVILI Moris(ロシア)55.07
15 Q KOLL Manuel(オーストリア)54.74
16 Q SPIEGL Ondrej(スウェーデン)54.22
17 Q ZANDRON Maurizio(イタリア)54.13
18 Q BJORK Marcus(スウェーデン)53.10
19 Q ARTAN Engin Ali(トルコ)51.52
20 Q RAKIMGALIEV Abzal(カザフスタン)50.91
21 Q MONTOYA Felipe(スペイン)49.32
22 Q IONIAN Mario-Rafael(オーストリア)48.27
23 Q LEUNG Kwun Hung(香港)47.84
24 Q FORGO Kristof(ハンガリー)46.89
25 DYMOWSKI Kamil(ポーランド)46.20
26 PARRY-EVANS Charles(イギリス)45.35
27 PAPP Bela(フィンランド)44.82
28 KARPUK Anton(ベラルーシ)43.61
29 DEMIRBOGA Ali(トルコ)41.86

公式ストリーミングが気まぐれ&音ズレが激しくて頭がクラクラしておりました。会場がサーカスのテントみたいなところで、テントの入り口からビュービューと風が入ってきておりました。1950年代かな?

こづが首位。4Tと3Aが転倒ですが、オールレベルで後半の3-3に成功して1位に。全て6.50以下にまとめている厳しいジャッジもおりました。こづはあまり調子がよくなかったようなのですが、ワールドまで2ヶ月弱不安になります。がっちゃんは3T 3Lz-2T 3Aの構成で73点も出てむしろよかった。レベル取りこぼしまくってもいましたが加点はなかなかもらえているようで。逆にナンソンは4T-3Tを降りているのに同じく73点台に留まっているという。加点が少なすぎるのかあ。一番演技内容が気になる選手です。

ド朗報なのがハビエル・ラヤさん。ここまでずっとクリアできなかったSPのミニマムをついについにつにクリアいたしました。35点なので、これで来シーズン1点上がったとしてもまだ大丈夫。さああとはLPを取るだけですよ。これさえ取っちまえばワールド出られます。ジャンプ抜けるな抜けるな抜けるな。

数少ない演技を見られた選手ウォーカーさんは3Aは転倒してものの、どうにか2つのジャンプは成功させております。依然として調子が戻っているわけではないですがユーロよりはいいからよかった。ドルジさん試合に出て来ましたが少しPCSが低めに出ております。

他のカテゴリーのエントリーを見ていたらコシモロのエントリー名が「KOSIGINA E / MOROSHKIN N」になっていました。スパイか何かでしょうか。明日の日程はペアSPと男子LPの2つです。
back-to-top