2018
03.24

世界選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)150.50
2 Wakaba HIGUCHI(日本)145.01
3 Satoko MIYAHARA(日本)135.72
4 Bradie TENNELL(アメリカ)131.13
5 Carolina KOSTNER(イタリア)128.61
6 Loena HENDRICKX(ベルギー)128.24 PB
7 Alina ZAGITOVA(ロシア)128.21
8 Gabrielle DALEMAN(カナダ)125.11
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)124.81
10 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)124.47
11 Mirai NAGASU(アメリカ)122.31
12 Mariah BELL(アメリカ)115.25
13 Laurine LECAVELIER(フランス)113.44
14 Nicole SCHOTT(ドイツ)112.29
15 Hanul KIM(韓国)110.54
16 Viveca LINDFORS(フィンランド)106.05
17 Elisabetta LECCARDI(イタリア)98.04 PB
18 Kailani CRAINE(オーストラリア)97.51
19 Eliska BREZINOVA(チェコ)94.77
20 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)93.84
21 Dasa GRM(スロベニア)92.08
22 Alexia PAGANINI(スイス)91.80
23 Ivett TOTH(ハンガリー)86.24

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)223.23
2 Wakaba HIGUCHI(日本)210.90
3 Satoko MIYAHARA(日本)210.08
4 Carolina KOSTNER(イタリア)208.88
5 Alina ZAGITOVA(ロシア)207.72
6 Bradie TENNELL(アメリカ)199.89
7 Gabrielle DALEMAN(カナダ)196.72
8 Maria SOTSKOVA(ロシア)196.61
9 Loena HENDRICKX(ベルギー)192.31 PB
10 Mirai NAGASU(アメリカ)187.52
11 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)186.85
12 Mariah BELL(アメリカ)174.40
13 Nicole SCHOTT(ドイツ)174.13 PB
14 Laurine LECAVELIER(フランス)173.23
15 Hanul KIM(韓国)170.68
16 Viveca LINDFORS(フィンランド)166.23 PB
17 Kailani CRAINE(オーストラリア)154.41
18 Eliska BREZINOVA(チェコ)153.14 PB
19 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)153.03
20 Alexia PAGANINI(スイス)149.66
21 Elisabetta LECCARDI(イタリア)149.17 PB
22 Dasa GRM(スロベニア)144.51
23 Ivett TOTH(ハンガリー)136.87

ダビンは靴の問題で棄権となりました。怪我をする前に棄権するのも勇気です。結果的に自分にプラスになるでしょう。

パガニーニ
3Lz fall 3F fall 3Lo-2T 3Lo 3S 3T-2T-2Lo 1A
SPロミジュリLPオペラ座。清く正しいアメリカ女子の選曲。転倒から始まってよく立て直しました。非常にモロゾフなプログラムでございました。上手くできずにしょんぼり。

レッカルディ
3Lo so 3F 2A-3T 3S-2T 3S 3T-2T 2A
ジャンプの回転不足が目立つ演技に思えたのに速報からあまり点数が下がっていないことに驚きました。優しいの?2晩経って優しいパネルになったの?エッジワークはフラットですが、アピール力はありました。最後はお腹にナイフを刺して自害。

クレイン
3Lz 3F 3Lz-2T 3Lo-1Lo-3S 3Lo 2A 2A so
押してもいつものスピードが出ていないように見えます。もっとワチャワチャ滑り、賑やかなプログラムと調和していますのに疲れが見えました。速報からTESが13点下がる。

イヴェット
3Lz-2T 3F 2Lo 3Lz fall 2T-1Lo-1S 3S+2A 2A
得点源のはずの3Lzの回転が足りないです。抜けのミスも痛かった。コレオシークエンスのスパイラルポジションをキープしきれず足を下ろしてしまったのももったいない。コーラス入りステップは今日も最高におもしろかった。

グルム
3Lz 3F 3T hd-1Lo-2S 2A-2T 3T ot-2T 1A 2F
ややミス。中盤の音楽がBGMになっていて、3曲目のボーカル入りになると元気を取り戻す。流行りのタイプのプログラムだけど演じるのは難しそう。

ベルたそ
3Lz so 3Lo df 3S 2A-3T 3F-2T 3Lz-1Lo-2S 2A
後半立て直しました。3Lzと3Tと3Sを2本ずつ跳ぶと思ったけど、最後の3S予定を2Aに変更しました。途中で構成を変更したりして、表現に気を配る余裕は見られませんでした。コレオシークエンスが淡白に。

ルカヴァリエ
3Lz so 3F ot 3S 2A-3T 3Lo-2T 3Lz-1Lo-2S 2A
後半にリカバリーを入れて点数取ってきました。その代わりにスピンが荒れました。衣装の早替えはどの会場でも盛り上がります。2Aフィニッシュは音楽の終わりになんとか間に合いました。ご近所の国だからか歓声大きめ。

ブレジノワ
3Lz 3F 1Lz 2A-3T 3T fall 2A-1Lo-2F 2S
せっかく3Lzが安定してきたのに抜けるとは。ステップではかなり足にきて音楽から取り残されました。スピンがフィニッシュに間に合わずでした。それでも時間内に収まったのでディダクションは転倒の分だけ。

ハヌル
3Lz 2A 3F-2T-2Lo 3Lo 3Lz-2T 2S 2A-2T
3Lz-3Tと2A-3Tがそれぞれ単独に。後半の3連続を前半に持ってきたので、後半に3Tのコンボを持ってくるかと思いきやそんなことはなく、2Tが3本になり最後の2Tがキックアウトに。点数発表を祈るように待っていました。枠の不安もあったのだと思います。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T so 3Lo fall 2F tano 3Lz df 3F fall 2A-2T 2A df
ほとんどのジャンプで失敗。ほろ苦い世界選手権デビューになりました。

ヴィヴェカ
3Lz-3T hd 3F 3S-2T 2A 3Lz fall 3S hd 2A-1Lo-2F
後半にジャンプを詰め込むのが流行りなので、ヴィヴェカのように終盤にコレオシークエンスとステップを連続させるのが新鮮です。みんな同じだとつまらない。何か今までと違った印象を受けました。彼女背が伸びたんですね。だから見栄えが一気によくなりました。

ルナヘン
3Lz tano 3F tano-2T tano 2A 3F tano 3S-2T tano-2Lo tano 2A-2Lo 3S
左上カウンターさんオールグリーンの素晴らしい内容です。片手タノは手を伸ばさないパターンですが、格納が上手なのでシェーっぽくはありません。兄と同じ。スピンもステップもコレオシークエンスも質が高いです。スパイラルのポジションの取り方、これも兄と同じ。成長期なうでこれだけ跳べるのでまだまだ伸びていくでしょう。パフォーマンスとインタープリテーションで8点台!!!

トゥルシンバエワ
3Lo 3Lz shaky 3F 3S-3T tano 1A 2A-3T tano-2T tano 3S-2T tano
シェイキーランディングになった3Lzは回転が足りていません。後半の2A-3Tが1Aになったのでリカバリーを入れて失点を最小限に。ジャンプを成功すると気持ちが乗って、動きが大きくなります。いつものトゥルシンバエワの滑りが戻ってきました。

ショット
3F 3T-3T 3F fall 3S-2T-1Lo tano 3Lo 2A 2A-2T tano
3Fの2本目で転倒したので+REPに。冒頭の3Fをコンビネーションにした方がTES面では得策ですが、曲想表現の面では絶対ソロジャンプの方がいい。だからこの構成を支持します。3Fでザッ!と音楽の世界に引き込むんです。

テネル
3Lz-3T 2A 3F 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
すべてのジャンプを降りました。ジャンプの高さが少し落ちてきました。3Fと後半の3Tがアンダーローテーション判定となっています。これが一時的なものなのか、それともこのまま徐々に跳べなくなってしまうのか。若さと勢いを生かせるシンデレラはシニアデビューにはいいプロ。来世金持ちの家の美少女に生まれ変わったらシンデレラ滑ろっと。

ミライ
2A 3F-3T 3S 2A-3T-2T 3Lz-2T 3F 3Lo
3Aは回避。アンダーローテーション3本と3Lzのeマークで技術点は下がってしまいましたけど、やりきったことを涙が物語っています。

新葉
3S 3Lz-3T 2A 3Lz-3T 3Lo 2A-2T-2Lo 3F
冒頭は3Sに変更して正解ですね。高い質でランディングしました。3Lz-3Tの回転は疑いようがないです。完璧です。ジャンプをすべて降りられると、かっこいいステップとコレオシークエンスも映えるってもんです。転倒するボンドはボンドじゃないですもの。世界選手権の代表に選ばれて心ない声をかける者もいました。その批判をふっ飛ばしましたよ。おーーーい!アンチ息してる?

オズモンド
3F-3T 2A-3T so 3Lz 3Lo 3F 3S-2T-2Lo 2A
つええええええええええええええ。2A-3Tの着氷から心を乱さなかったです。勝負を決めたのは後半の3Lo。スリーターンから見事に決めました。+3の取れるジャンプです。ジャンプ1本で普通の選手の2本分のGOEを稼ぐので、そりゃTES伸びるわ!という話。悪が堂に入っています。体を突き破って得体のしれない生物が出てきそう。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 3Lo 3F tano-1Lo-3S tano 3Lz fall 2A tano-2T tano 2A tano
柔らかさ、包容力、母性を感じられる素敵な演技でした。転倒が1本あり、そこだけが残念。タノを付けていない3Loが最もGOEが高いという。ソツコワは普通にジャンプ降りた方が絶対点数出やすいと思うんですけどね。この衣装緻密なデザインでお値段張りそう。アンダーローテーションが4本あり悲しい表情に。回転不足がなければもう1つ上の順位でした。

デールマン
3T-3T 2Lz 3F shaky 3Lz-2T-2T 3Lo 2A ot 3S shaky+2A
3T-3Tパーフェクト。ジャンプの着氷でミスが続きました。スローパートの穏やかな滑りや、音楽に合わせた激しい振付など、演技後半の表現面では昨シーズンよりパワーアップしています。

宮原
3Lo 3Lz-3T 3F 3Lz shaky-2T-2Lo tano 2A-3T 2S fall 2A
3Loと3Lz-3Tの助走でさえ、フリーレッグをサイドに伸ばして少しでもリンクを広く使おうという意思が見えました。ステップシークエンスの終わりとともに、ポワポワポワーーーっと青い海が浮かんできます。3Lzの着氷が2本とも詰まり気味でした。なんとか着氷。3Sが2回転になり転倒、単独の2Aはいつもより流れが出なかったです。3Sや回転不足はまた来シーズンまでの宿題です。

ザギトワ
3Lz fall 2A-3T fall 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz-3Lo fall 3S 3F tano 2A
気持ちを立て直せないまま次のジャンプがやってきます。そしてまた失敗してしまうという、このプログラムの最大の欠点が丸見えになる演技でした。

カロリーナ
2Lz 3F-2T 3F 3Lo 3T 1A df 3S fall
ザギトワのミスもあり、パーフェクトに滑れば優勝という場面でした。本人もそれは心の片隅にあったでしょう。ミスの連鎖でコレオシークエンスやステップでも硬さが見られ、スピンもいつものような回転速度ではなかったです。

来年の出場枠
3枠 カナダ・日本・ロシア
2枠 イタリア・アメリカ・ベルギー

日本3枠復帰!今年の年末は心臓を木端微塵にせず全日本を見られそうです。乱切りぐらいで済みます。ロシア女子は5位と8位で3枠キープギリギリでした。ロシア女子の存在も絶対的ではないという証拠です。自分の力を出しきれば勝てないなんてことはないのです。

新葉にはGOEで±0が2つあるだけであとは+のみです。宮原は1本目の3Lzと3連続の2Loがアンダーローテーションでした。テネルは回転不足に加え、両3Lzにアテンションがついたのも点数に響きました。カロリーナにはコレオシークエンスで+1をつけたジャッジがいます。ステップで+2だったジャッジも3人います。カロリーナのステップで+2なんて、実質+1か±0です。調子が悪いと判断されています。ザギトワは3Tでダウングレード、3Loと3Sがアンダーローテーション。2人のジャッジが9点台に乗せていません。

オリンピック後の世界選手権らしいと言えばらしい結末になりました。ミスの少ない選手が勝つ!という驚きのない順位。オズモンドは45年ぶりのカナダ女子の優勝です。カナダのスケート界ちょっとは盛り上がれ!新葉と宮原でダブル表彰台も素晴らしい。日本女子の未来は明るい。注目度が男子に呑まれていたけれど、これで巻き返せるはず。
2018
03.22

世界選手権 1日目 女子SP

シーズン終わっちゃうね早いね。

女子SP
1 Q Carolina KOSTNER(イタリア)80.27 PB
2 Q Alina ZAGITOVA(ロシア)79.51
3 Q Satoko MIYAHARA(日本)74.36
4 Q Kaetlyn OSMOND(カナダ)72.73
5 Q Maria SOTSKOVA(ロシア)71.80
6 Q Gabrielle DALEMAN(カナダ)71.61
7 Q Bradie TENNELL(アメリカ)68.76
8 Q Wakaba HIGUCHI(日本)65.89
9 Q Mirai NAGASU(アメリカ)65.21
10 Q Loena HENDRICKX(ベルギー)64.07 PB
11 Q Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)62.38
12 Q Nicole SCHOTT(ドイツ)61.84 PB
13 Q Viveca LINDFORS(フィンランド)60.18 PB
14 Q Hanul KIM(韓国)60.14
15 Q Laurine LECAVELIER(フランス)59.79
16 Q Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)59.19
17 Q Mariah BELL(アメリカ)59.15
18 Q Eliska BREZINOVA(チェコ)58.37 PB
19 Q Alexia PAGANINI(スイス)57.86 PB
20 Q Kailani CRAINE(オーストラリア)56.90
21 Q Dabin CHOI(韓国)55.30
22 Q Dasa GRM(スロベニア)52.43
23 Q Elisabetta LECCARDI(イタリア)51.13
24 Q Ivett TOTH(ハンガリー)50.63
25 Larkyn AUSTMAN(カナダ)50.17
26 Xiangning LI(中国)50.06
27 Nicole RAJICOVA(スロバキア)49.87
28 Amy LIN(中華民国)49.31
29 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)48.99
30 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)48.71
31 Elzbieta KROPA(リトアニア)46.53
32 Natasha MCKAY(イギリス)45.89
33 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)45.25
34 Gerli LIINAMÄE(エストニア)45.14
35 Isadora WILLIAMS(ブラジル)42.16
36 Antonina DUBININA(セルビア)41.40
37 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)35.78

ゲルム
3F 3T-2T 2A
3Fをクリーンにランディング。3T-3Tのファーストで詰まったので2Tに。こんなゆったりプログラムだったかな?と思っていたら、デッデッデッデッとエアロビ風音楽が始まりました。そうそうこのプログラム。点数に喜んでいるのか喜んでいないのかよく分からないリアクション。

ハヌル
3Lz-3T 3Lo 2A
3本のジャンプノープロブレム。スピンも滑りも安定しています。さらに情感を乗せられるようになるとPCSが伸びてくるでしょう。まだまだ少女です。

シャンニン
3F-2T 3Lz fall 2A
イタリアでニューシネマパラダイス。3Lzで転倒しました。少しずつジャンプの安定感を欠いてきているような・・・無理せず3-3を入れないのは正解だと思います。

マッケイ
3Lo-2T 3S 2A
スピンとステップのレベルを取りこぼすところにビチェンコ魂を感じるけれど関係はまったくない。ジャンプの難易度は低いですが、彼女は安定感ありますね。と思ったらTESが下がってしまった。江戸っ子みたいなスケーターだからおもしろいのに。宵越しの銭は持たなさそうなのに。

レッカルディ
3F 3S-3T so 2A
3S-3Tを力技で持っていきました。母国開催ですからこれぐらいやらないとな!アーティスティックタイプスケーターなので、その世界に浸っていると突然曲がぶち切れて終了。さすがユーロ。キスクラのゼレンカは短髪だと判別できないから髪を伸ばすべき。

ヴィヴェカ
3T-3T 3Lz 2A
うおおおおおおおおおお!?3本とも成功!!!!!フィンランド女子が実力通りの力を出すとこれほどまでに美しいなんて。しかもクリスティーぬになりきっていましたよ。ヴィヴェカの男前な部分が覆われて、女優になっていました。3Lzの着氷で男前溢れてたけど見なかったことにしましょう。

クチヴァルスカ
3T-2T 3S fall 2A so
ジャンプの回転速度がかなり落ちていますし、スケーティングの勢いもなくなっています。回転不足も深刻なので、上位と戦うには厳しい状況。それでも笑顔は失わない。

オーストマン
3Lo-2T tano 3F fall 2A
3Fの安定性を欠いているので、スピンステップのレベルを揃えなければならないのですが、取りこぼしが目立ちました。カナダ女子っぽくない・・・。She is the cutest アバズレ I've ever watchedでした。ハマりプロだ。

クロパさんの3T-3Tめちゃんこきれいでビビった。

クレイン
3F 3Lo-2T 2A
予定構成の3Lo-3Loは回避して今回も安全策に。転倒してしまうとSP通過が厳しくなる恐れがあるので正解でしょう。

ブレジノワ
3T-3T 3Lz 2A
難しい時期を乗り越えてジャンプの質が上がるという。若い時よりきれいになるなんてスゴー。女は22歳からだな!輝かしい美貌、質の向上したジャンプ、取りこぼししない!これは大きい。これまでのベストが52点で、いきなり6点も更新しました。「私の点数高すぎっ?」の表情。とても嬉しそうです。さいたまワールド以来のSP通過。腕の使い方が兄と同じである。

パガニーニ
3T-3T 3Lo 2A
質のいいジャンプでまとめました。指先まで美しい演技でした。コンビネーションスピンでのフィニッシュが音楽とズレたのだけが残念ですが、ズレてもレベルをきっちり取りにくる根性に花まる。

テネル
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lz-3Tの高さが絶好調の時よりは出ていない印象。でもしっかりと+1をもらえる質です。3Loと2Aは問題なしです。ここまでなかなかスピンで魅せられる選手がいなかったので、テネルのフリーレッグがピンと伸びたレイバックスピンを見ると安心します。「ああ~~~アメリカ女子見てんな~~~」感。

ルカヴァリエ
3T-3T 3Lz 2A
体を絞ったでしょうか。顔回りがスッキリして見えます。大事なところでジャンプを失敗してしまったので、特に後半の3Lzが決まってよかったです。3Lz後のスパイラルで足の方向を空中でチェンジするのですが、それが女性の気持ちの変化を表現しているようで、何とも言えない味わいです。いけない恋に身を任せてしまいそう・・・みたいな。レイバックのキャッチフット姿勢はブレることなく、音楽の終わりとともにほどけていって素敵でした。鳥肌ゾワザワです。ルギャックさんが旗振って応援。

ショット
3F 3T-3T 2A
170cm前後の長身に見えるのが不思議でしたが、顔が小さいんですね。高さのある3Fを跳ぶ選手ですけども、今日は流れも出ていました。いい3F。3T-3Tバランスを崩しましたが、それでも降りられる強さ。大人の女性の演技が続いて僕は嬉しい。中堅・ベテラン選手がその年齢でしか醸し出せない世界を作る。これが女子シングルを見る大きな理由です。ジャンプだけ見たければロシアジュニア見ればいい話ですから。

ルナヘン
3Lz tano-3T shaky 2A 3F tano
今日はジャンプ抜けなかった!!!兄ヘンが出場しないので、今大会は順位競争ないです。スタミナにも問題がなく、最後まで芯の通った強い女性を演じきりました。つええええええ。ミスが続いてSPのベストがなかなか伸びなかったですが、全部揃えられたのでいきなり6.5点もベストを更新しました。

コンスタンティノワ
2A 3Lz tano-3T fall 3F tano
世界ジュニアから10日。メドベージェワの欠場で急遽繰り上がって大変でした。後半に3Lz-3Tと3Fを入れているので、基礎点としては大きいですが、この試合間隔では難しかったでしょうか。3Lzも3Tも3Fもアンダーローテーションでした。滑りの大きさは評価されている模様。ジュニアよりもシニアの大会でPCSが高くなる。ロシア女子あるある。

イヴェット
3T-3T df 3Lz 2A so
3T-3Tで両足着氷、3Lzは回転不足で着氷、2Aはステップアウトとジャンプに苦しんだ演技です。女子選手には滑りにくいプログラムだろうに・・・SP通過ギリギリのところで・・・ああ・・・地元のレッカルディが通過決まって場内が盛り上がってるのが切ない。

デールマン
3T-3T 3Lz 2A
ジャンプきれいに降りました。レベルの取りこぼしてTESは伸ばしきれなかった部分があります。それでもPCSはこれまでで最高です。トランジションやステップでの身のこなしが女性らしく、柔らかくなっていて、カルメンの奔放さを表現するのに最適でした。高いPCSにも納得出来る演技でした。髪のラフなまとめ方がすごく似合っています。朱色の垢抜けない衣装のことは忘れておきますね。

ライチョバー
3Lo-2T 3Lz fall 2A
3Lo-3Tのセカンドは2Tに。3Lzは回転不足となりまさかの転倒でした。得意な種類のジャンプなんですけどね。演技が終わってガックリした笑顔も美人。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
3Lzの着氷で一呼吸置くのに3Tをきちんと回転できる。何度見ても不思議。3Fは少し高さが足りませんでした。エッジをインに倒すのに慎重になっていたように思います。おかげでエッジの方はめっちゃ大丈夫でした。と思ったら3Lzも3Tも3Fもアンダーローテーションだったでござる・・・おおおおお・・・・・・。

トゥルシンバエワ
3S-3T tano 3F 2A
3Lz-3Tの予定を3S-3Tにしました。そうなるとソロジャンプは3Lzにすると予想しましたが、こちらは予定通りの3Fです。回転不足でしたが、まずまずまとめました。

ミライ
2A 3F-3T 3Lo
最強構成ではなく、得意な種類のジャンプでまとめた安全策に出ました。3Tはアンダーローテーションではなくダウングレードの評価。3Aを跳ぶ選手なので、2Aが1回転に見えるほど軽いです。助走が長いのでその分はトランジションの評価に響いていますが、全体的な評価が上がってきました。

ベルたそ
3Lz-1T 3F 2A
軸が傾いたりステップアウトしてもジャンプの回転不足を受けない選手ですが、さすがに1回転になってしまうとどうしようもない。3Fの軸が傾きまして、2本のジャンプがクリーンでなくなると演技に与える印象は大きいです。ピョコピョコ跳ねるコケティッシュなベルたそがかわいいのに、それが堪能できないのですよ。今回はポンサールも出場してるからがんばれ。

新葉
2A 3Lz-3T fall 3F
2Aエアリーーーーーーー3Lz-3Tがあああああああああああああああああああああああああああああうううううううう。回転は足りているのですけどね。3Fは落ち着いて着氷。日本のフォーフォー隊がきちんと盛り上げてくれて、場内のお客さんとも一体になりました。PCSは4項目で8点台。もうちょっとくれよとも思いますが、ノーミスで後半のステップお祭り騒ぎレベルに踊る時に比べると勢いがなかったので、このぐらいかなあ・・・。ここから逆転!!!

カロリーナ
3F-3T 3Lo 2A
息を呑む演技でした。breathtaking performanceっちゅうやつですね。もうね・・・これはすごい。今日はミーシンとローリーと一緒です。ローリーと世界選手権にくるといい演技できるのかな。4年前もよかったですもの。これはもう歴史に残る演技ですよ。10.00が並んでも異論ないです。会場にいたらマサイ族ぐらいジャンプしてスタオベしますよ。

ザギトワ
3Lz-3Lo shaky 3F tano 2A
完璧ではない3Lz-3Loでも回転が足りている。脅威の存在です。点数発表で場内が沸いたのはカロリーナのSP1位が継続されたからでしょう。衣装が白鳥から黒鳥へと変化しますが、地味なのでタイミングが分かりにくいという。ザビエンといい、ロシア選手の衣装チェンジはどうしてこうも分かりにくいのか。フランス人ぐらい派手にやっていいんですよ?

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 2A tano
厳しいテクニカルパネルとなると不安になってしまうソツコワのジャンプ。荒川さんが口ごもるようにジャンプのコールするから不安が増幅。その結果・・・・・回転は認定されました!!!!!怖かったああああああああああ。コーチにも心配だったのでしょう、点数発表で安堵の表情です。

オズモンド
3F-3T 3Lz shaky 2A so
3F-3Tの流れは完璧とまではならず、+2というジャンプでした。もちろん平均よりは遥かに上です。+3の時は着氷で膝を使って流れを出せます。3Lzは着氷で乱れ、2Aでステップアウト。ミスの連鎖するオズモンドのよくないパターン。出だしで足をブラーンとさせるだけで「今日はつまんないな・・・」という女性の姿が浮かんできて、パリの街を歩くうちに楽しくなった!というストーリーを容易く描けます。

宮原
3Lz-3T 3Lo 2A
3Tの回転不足はパネルが厳しくなくても取られてしまうでしょう。3Loは軽々です。怪我前の質を完全に取り戻しました。スピンに関してはオリンピック以上によかったと思います。回転速度もポジションの美しさもありましたし、悲哀を込めたり、強さを表現したり、曲によって性格をきちんと反映させられました。これが日本女性の美なんやで~~~~~。PCSで全項目9点台!しかもオズモンドより上ですよ。1つ壁を破りましたね。

トップ5は厳しいパネルでもオールレベル4。トップ選手はどんな大会でも強いのですよ。カロリーナは圧巻でした。空気を支配しました。このアリーナをカロリーナ・コストナーという国の領地にしていいぐらいですね。回転不足が厳しく取られる大会でした。逆にこの大会で認定されれば、他の大会でもOKってことですよ。宮原もオリンピックの個人戦でのジャンプを跳べば問題ないでしょう。枠は2人が力を出せば間違いなく3枠取れますから、頭からポイーってしてればいいと思います。

今日はカロちゃんに始まりカロちゃんに終わる。
2018
02.23

ピョンチャンオリンピック 15日目 女子リザルト

女子LP
1 MEDVEDEVA Evgenia(ロシア)156.65
2 ZAGITOVA Alina(ロシア)156.65
3 OSMOND Kaetlyn(カナダ)152.15 PB
4 MIYAHARA Satoko(日本)146.44 PB
5 KOSTNER Carolina(イタリア)139.29
6 SAKAMOTO Kaori(日本)136.53
7 SOTSKOVA Maria(ロシア)134.24
8 CHOI Dabin(韓国)131.49 PB
9 TENNELL Bradie(アメリカ)128.34
10 KIM Hanul(韓国)121.38 PB
11 CHEN Karen(アメリカ)119.75
12 NAGASU Mirai(アメリカ)119.61
13 TURSYNBAEVA Elizabet(カザフスタン)118.30
14 HENDRICKX Loena(ベルギー)116.72
15 RAJICOVA Nicole(スロバキア)114.60
16 CRAINE Kailani(オーストラリア)111.84 PB
17 SCHOTT Nicole(ドイツ)109.26
18 MEITE Mae Berenice(フランス)106.25
19 DALEMAN Gabrielle(カナダ)103.56
20 LI Xiangning(中国)101.97
21 PELTONEN Emmi(フィンランド)101.86
22 PAGANINI Alexia(スイス)101.00
23 TOTH Ivett(ハンガリー)97.21
24 WILLIAMS Isadora(ブラジル)88.44

女子リザルト
1 ZAGITOVA Alina(ロシア)239.57 PB
2 MEDVEDEVA Evgenia(ロシア)238.26
3 OSMOND Kaetlyn(カナダ)231.02 PB
4 MIYAHARA Satoko(日本)222.38 PB
5 KOSTNER Carolina(イタリア)212.44
6 SAKAMOTO Kaori(日本)209.71
7 CHOI Dabin(韓国)199.26 PB
8 SOTSKOVA Maria(ロシア)198.10
9 TENNELL Bradie(アメリカ)192.35
10 NAGASU Mirai(アメリカ)186.54
11 CHEN Karen(アメリカ)185.65
12 TURSYNBAEVA Elizabet(カザフスタン)177.12
13 KIM Hanul(韓国)175.71 PB
14 RAJICOVA Nicole(スロバキア)175.19
15 DALEMAN Gabrielle(カナダ)172.46
16 HENDRICKX Loena(ベルギー)171.88
17 CRAINE Kailani(オーストラリア)168.61 PB
18 SCHOTT Nicole(ドイツ)168.46
19 MEITE Mae Berenice(フランス)159.92
20 PELTONEN Emmi(フィンランド)157.14
21 PAGANINI Alexia(スイス)156.26
22 LI Xiangning(中国)154.43
23 TOTH Ivett(ハンガリー)150.43
24 WILLIAMS Isadora(ブラジル)144.18

パガニーニ
3Lz-3T 1A-1Lo-3S 3Lo-2T 3T 3Lo 2Lz tano 2A
オリンピックで3Lz-3Tを入れて回転不足なく降りられてます。すぎょい。-1Lo-3Sと3Loがアンダーローテーションでした。2Aの回転はギリギリですが堪えました。後半のスタミナ切れが響いたでしょうか。オペラ座プロで変なじゃない音源ってだけで素晴らしい。

ルナヘン
3Lz tano 3F tano-2T tano 2A 3F tano 3S-2T tano-2Lo tano 2A-2Lo shaky 3S
よくタノりました。トゥジャンプにレビューが付きまくっていたのでヒヤりとしましたがスローで見ると全然余裕でした。ユーロほどのほとばしった演技ではありませんが、第1グループとは思えない

メイテ
2A 3F shaky 3Lz-2T 3Lo 2A-3T 3Lz fall 3S
右膝にサポーターを巻いての演技。今シーズンは3Lzの成功率が芳しくなく、昨シーズンのジャンプと比較して幅が小さくなっていると感じます。このプログラムには手拍子必須だから、観客気合い入れて!

ハヌル
3Lz-3T 2A-3T 3F so 3Lo 3Lz 3S 2A-2T-2Lo
ステップアウトした3Fを除けばGOEがプラスのジャンプばかりです。とてもいい流れで、コレオシークエンスが乗っていたので、ABBAの別の曲が脳内でカットインしてくる事もなかったです。マニマニマニ.....センキューフォーザミュージック.....

シャンニン
3F-2T 3Lz-2T 3F 3Lz 2A-1Lo-3S df 3T 2A
後半のジャンプはコンビネーションの2A以外全てアンダーローテーションの評価でした。忍び寄る成長期。ガリガリをキープするのではなく、筋力を付けてマイペースでやってくれよ。

イヴェット
3Lz shaky-2T 3F 3Lo 3Lz fall 3T-1Lo-3S 3S+2A 2A
転倒からよく立て直しました。何度聞いても編曲がおもしろい。バテている状態でのトンデモ編曲は曲負けしてしまうので辛い物があります。トンデモ編曲レベルになると、調和じゃなくて承伏させる勢いがないと。

トゥルシンバエワ
3Lo 3Lz fall 3F 3S-3T 2A-3T tano 2A-2T tano-2T tano 3S
転倒とアンダーローテーションが1つずつありましたが、後半はスピードのあるいい演技でした。お母さんが涙ぐんでいて、キスクラでは娘以上に喜びを表現していました。ここのところジャンプが不調に陥っている娘を鼓舞する意味合いもあったと思います。

ペルトネン
3T-3T hd 3Lz fall 3Lo-2T 2A-1Lo-3S 2Lo 1F 2A
高さのある3Tから3Tでお手付き、高さのある3Lz転倒。ジャンプの高さを生かせない・・・初期のポンちゃんか。ステップでのエッジさばきと表現は素晴らしい。成功したジャンプが2つしかないのに、気持ちを切らさないのがすごい。

クレイン
3Lz-2T tano 3F 3Lz 3Lo-1Lo-3S 3Lo 2A-2T 2A
心配だったルッツフリップのエッジは大丈夫でした。回転不足は2本。四大陸選手権から改善してきました。うるさいプログラムを演じるだけのエネルギーがありました。今大会もムーランルージュプロがいくつかありました。このプログラムでは野心に溢れた主人公の姿を演じているため、クレインのキャラクターにピッタリです。パーソナルベストが出て、本人が嬉しそうで何よりです。過去の世界選手権よりもいい順位になり、大満足の結果でしょう。

ショット
3F 3T-3T 3F hd 3S ot-2T 3Lo shaky 2A 2A-2T
2本目の3Fが単独になり、最後の最後でリカバリーしました。計算出来ています。常にバタバタと滑るのではなく、ゆったりと片足で滑るパートもありの大人の表現を見せてくれました。コレオシークエンス謎のノーバリューからの結局点数カウントされるという。

ライチョバー
2A-3T 3F 3Lz-2T 3Lz 3Lo-2T-2Lo 3Lo 2A
2A-1Lo-3Sではなく2A-3Tを入れました。3Sが苦手なので外したのは理解できますが、まさか3Tを付けるとは予想だにしていませんでした。だって今まで1回もやってませんよ?彼女の3Fで今日ほどきれいに入った物はなかったです。ものすごく軽く着氷しました。むしろ得意な3Lzの方で2本ともアンダーローテーションという。いい演技でした。前回はオリンピックで24位だったので大躍進です。ジュニアにギリギリまで残ったベテラン選手が、地道に経験を積んで、新しい技を習得して大舞台で成功するのは嬉しいです。ジュニアで出遅れても(ロシア以外では)活躍出来るお手本です。

イサドラ
3Lz shaky-2T tano 2A-1Lo-2S 3F 3Lo 3Lz fall 1S 2A-2T df
3Lz-3Tや2A-1Lo-3Sなどの予定していたジャンプが入らず、その他にもジャンプのミスが続きました。この内容ではさすがに悔しそうです。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 3Lo 3F tano-1Lo-2S tano 3Lz tano 2A tano-2T tano 2A tano
3F-1Lo-3Sの最後が2Sになっただけで、ジャンプがクリーンに入りました。エッジエラーも回転不足もありません。左上カウンターがグリーングリーンで気持ち良かった。タノを付けても付けなくても大してGOEが変わらないのがなあ・・・。男子を見れば分かりますが、スピードに乗って高さと幅出せば点数出ますもん。GOEの加点基準形骸化してますもん。

カレン
3Lz 3F 2A-1Lo-3S 3Lz-2T tano 3Lo fall 3S so 2A
回転不足がジャンプに大きく影響しています。シーズン前半から体は絞っていますがそれでも難しい。成長期の前から回転不足がありましたしね。根本的にジャンプを改良しないと今後戦えなくなるのかも。コンビネーションスピン、レイバックスピンの軸と回転速度はハイパー。コレオシークエンスでも沸かせました。

テネル
3Lz-3T 2A 3F 2A-3T so 3Lz so 3Lo-2T-2Lo 3S
ステップアウトしたジャンプはいずれもアンダーローテーション。回転不足をグリッと出来ないタイプなのかも。そういう自分不器用ですからタイプ好き。2つ回転不足でもTES65点は強い。まだいかにもアメリカ女子!という雰囲気で止まっているので、彼女にしか出せないカラーを出せるかが重要になります。

デールマン
3T-3T ot 3Lz fall 3F so 3Lz fall 3Lo fall 2A-2T 2S+2A
近年稀に見る大遭難。悪夢です。オーサーがジャンプ転倒を身悶えながら見守る横で、バーケルがナイスミドルっぷりを発揮。リベンジは世界選手権で。

ダビン
3Lz 3F 2A-3T 3Lo 3Lz-3T-2T 3S-2T 2A
緊張感が伝わってくる冒頭のジャンプが単独に。後半に2T1個付けられたらいいかな?ぐらいで見ていたのですが、まさか3Lz-3T-2Tにして成功させるとは。今大会はノーミスの演技を続けてPCSの評価をグッと上げました。

ミライ
A 3F-3T 3S 2A-3T-2T 1Lz 3F 3Lo-2T
3Aがワルツジャンプに。加点を含めると10点を取れるので大きな失点です。3Lzが1回転になってしまったのも痛い。それでも笑顔なんですよ。もちろん悔しさはあるでしょうけど、楽しんで滑ろうという気持ちも見えました。そして「ああ、ミライがオリンピックに出られてよかった」と心から思いました。

宮原
3Lo 3Lz-3T 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S 2A
ほら!宮原知子大復活祭り本番はオリンピックにやってきたじゃないですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!回転不足なし!オールレベル4!ギンギン冴えわたるぜ、滴るぜ、滾るぜ表現力。宮原知子大先生の称号は、ここぞという時にやってくれるから授与したのです。これは大先生ですわ。

カロリーナ
3Lz 3F so 3Lo 3T 2A-1Lo-3S 2A 3S-2T
今大会は3Fにそっぽを向かれました。まさかの裏切りである。3Fはブルータス。回転不足が3連続の真ん中だけだったのが救いです。日程が厳しかったのか、絶好調という滑りではないです。なぜならステップの加点が満点ではないからです。

坂本
3F-3T 3S 3Lz 3F-2T tano 2A-3T-2T tano 3Lo so 2A
3F-3Tはカメラの角度が悪かったのか質が分かりにくかった・・・チッ。3Lzはeマークが付けられました。幅や流れはよかったのですがね。基礎点が下がってしまいます。そして僕の大好きな3Loでステップアウト。クリーンな演技なら間違いなくパーソナルベストでカロリーナの上に来ていたでしょうし悔しいでしょう。

ザギトワ
3Lz 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz-3Lo 3S tano 3F tano 2A
3Lz-3Loのリカバリーは見事。最初のジャンプは失敗とはいかずともザギトワとしては完璧な質ではありません。そして単独の2Aの軸が傾いたので、予定していたようなGOEは得られなくなります。パフォーマンスとインタープリテーションは高く出ましたが、コンポジションは意図的に低く付けられています。「売れるバランスちゃうやんけ」のメッセージですね。

オズモンド
3F-3T 2A-3T 3Lz so 3Lo 3F 3S-2T-2Lo 2A
3Lzからボロボロと崩れてしまうのがオズモンドでしたけど、3Loで立て直したのが大きかったですね。そこからもギリギリの着氷ではなく、ガンガンいいジャンプを積み重ねていきました。本当に強くなった。アッパレだ!

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz tano 3F tano 3Lo 2A tano-2T tano-2T tano 3S tano-3T 2A tano
3F-3Tを前半に持ってこなければいけないほどの状態だったのか・・・と思います。怪我明けという事に加えて、成長期も影響したでしょうね。女子は4カテゴリーの中でも特殊で、タイミングが悪ければ勝てない。実力があれば勝てるわけではないです。これが1年後なら、ひょっとしたらザギトワはメダルさえ取れないかもしれない。そんな競技。そこで結果を残し続けるメドベージェワは規格外です。演技後の涙には心を揺さぶられました。

ミシェル・クワンでもイリーナ・スルツカヤでもユナ・キムでもメダルの輝きが1つ下の物になるのがオリンピック。女子選手の4年は重い。だから「次のオリンピックでメダルを!」は言いません。世界選手権は言う。

ザギトワとメドベージェワは、ロシアからやってきた人々がことごとく金メダルを逃し、国全体からのプレッシャーは尋常ではない物だったでしょう。2人のメンタル素晴らしい。オズモンドは3Lz降りれば155点に乗ります。また楽しみが増えました。

オリンピック終わるううううううう。エキシビションは日曜の9:30からね。寝過ごしちゃダメですよ。去りゆく者たちを見送るのですよ。

自分の心の中のメダル予想答え合わせ
団体戦 はずれ はずれ あたり
ペア はずれ あたり はずれ
男子 はずれ あたり あたり
アイスダンス はずれ はずれ はずれ
女子 あたり あたり はずれ
予想センスなかった。誰を予想したかは秘密。

オリンピックなのにエキシビションの出演者が上位5名確定じゃない・・・・・信じられないありえない。
2018
02.21

ピョンチャンオリンピック 13日目 女子SP

そだねー。

女子SP
1 Q ZAGITOVA Alina(ロシア)82.92 PB
2 Q MEDVEDEVA Evgenia(ロシア)81.61 PB
3 Q OSMOND Kaetlyn(カナダ)78.87 PB
4 Q MIYAHARA Satoko(日本)75.94 PB
5 Q SAKAMOTO Kaori(日本)73.18 PB
6 Q KOSTNER Carolina(イタリア)73.15
7 Q DALEMAN Gabrielle(カナダ)68.90
8 Q CHOI Dabin(韓国)67.77 PB
9 Q NAGASU Mirai(アメリカ)66.93
10 Q CHEN Karen(アメリカ)65.90
11 Q TENNELL Bradie(アメリカ)64.01
12 Q SOTSKOVA Maria(ロシア)63.86
13 Q RAJICOVA Nicole(スロバキア)60.59
14 Q SCHOTT Nicole(ドイツ)59.20
15 Q TURSYNBAEVA Elizabet(カザフスタン)57.95
16 Q CRAINE Kailani(オーストラリア)56.77
17 Q WILLIAMS Isadora(ブラジル)55.74 PB
18 Q PELTONEN Emmi(フィンランド)55.28 PB
19 Q PAGANINI Alexia(スイス)55.26 PB
20 Q HENDRICKX Loena(ベルギー)55.16
21 Q KIM Hanul(韓国)54.33
22 Q MEITE Mae Berenice(フランス)53.67
23 Q TOTH Ivett(ハンガリー)53.22
24 Q LI Xiangning(中国)52.46
25 AUSTMAN Larkyn(カナダ)51.42 PB
26 NIKITINA Diana(ラトビア)51.12
27 RUSSO Giada(イタリア)50.88
28 OESTLUND Anita(スウェーデン)49.14
29 KHNYCHENKOVA Anna(ウクライナ)47.59
30 MAMBEKOVA Aiza(カザフスタン)44.40 PB

八木沼さんが「降りた後も流れがあります」を何度言うかカウントしようとしたけれど演技に集中出来ないから断念。本来の目的を見失うところだった。あぶねえ。

テネル
3Lz-3T fall 3Lo 2A
3Lz-3Tで転倒。GOEで-2.1点、転倒で1.0点、本来取れるであろうGOEが1.0点ぐらいあるので、これだけで4点ほどは失ってしまいます。いつもの3Lzより流れがなかったので、3Tを着氷するだけの勢いが作れませんでした。転倒とレイバックスピンの取りこぼし分がそのまま団体戦のスコアから引かれた形。

イサドラ
3Lz-2T tano 3Lo 2A
オリンピックシーズンへの帳尻合わせ力ハンパないイサドラ。ルカニンがオリンピックのキスクラにおるよ。ノーミス&パーソナルベストでとても嬉しそう。目線がずっと下を向いているのがもったいない。

フニチェンコワ
2A 3T-3T fall 3Lz fall
衣装の左袖がめくれ上がると、赤い部分が露わになります。水仕事をしても手荒れしなさそう。男性に抱きしめられている女性を表現しているのかも。転倒が2本あると点数は伸びないですね。

ニキティナ
3Lz-3T 3F 2A
Soldier Of Love・・・愛の戦士。戦士なのに鎧を纏わないとは。ドイツ選手だったら迫害されるところですよ。力強さの感じる演技でした。ガッツポーズも出ました。3Tと2Aでアンダーローテーションを取られたので、速報から5点下がりました。

ハヌル
3Lz-3T shaky 3Lo 2A
3Tと3Loのアンダーローテーションは演技中の通常速度でも分かってしまう感じでした。緊張もあったでしょうし、こんな事もありますわな。

オストランド
2Lz 3T-3T shaky 2A
ユーロでのアルゴットソンの崩れ方は目立ちましたが、オストランドもなかなかでした。そこから調子が上げられなかったでしょうか。スウェーデンに関しては「次のオリンピックでリベンジ」の言葉はねえ・・・。2度目になると急に選考基準が厳しくなるから易々と言えないです。

シャンニン
3F fall 3Lz-2T 2A
3Fで転倒したので、後半の3Lzでリカバリーです。転倒だなんて珍しい。3Lzがアンダーローテーション判定でした。人によっては付けないかな?ぐらいのレベルでしたが、今回のパネルは容赦ないです。

パガニーニ
3T-3T 3Lo 2A
予定構成にあった3Lz-3Tは回避し、3T-3Tで手堅く決めました。ステップでのスタンブルがもったいなかったです。連続ツイズルを多様するとエレメンツを印象的に見せる効果があります。ただ、ツイズルがスムースにトラベリングしないので、ややクドいかなという面も。

マンベコワ
3S-2T 3T 2A
3Sはアンダーローテーション、3Tはダウングレードとなりますが、オリンピックにふさわしいエスニックな音楽を楽しんで滑っているように見えました。インタープリテーションで6.00もらえました。頭の飾りが脳波測定するヘッドギアに見える。

ペルトネン
3T-3T 3Lo fall 2A
親子3代で1968~1980(おじいちゃん)、1994~1998・2006~2010(お父さん)、2018のオリンピックに出場。おじいちゃんとお父さんはアイスホッケー選手。ステップは素晴らしかったです。滑りはもちろんですが、表情も頭の使い方もかっこよかった。3項目が7点台に乗りました。そりゃ出るよ。エレガントなC3POみたいな衣装。

オーストマン
3S-3T fall 3F 2A shaky
美貌が眩しい。そんじょそこらの人がやったら、カット中に美容師が突然死したと思われる髪形。3Tがアンダーローテーションで転倒でした。女性らしさが前面に出て素敵なプログラムなのですけどね。

メイテ
3F hd-2T 3Lo 2A
3Tを付けられなかったので、これ以上リスクは冒せないと踏んだのか、3Lzを3Loに変更して確実に成功させました。キャリアのある選手がSPしてもおかしくない状況ですしね。手拍子煽っても、観客のスキルが高くなかった。このプログラムのステップは手拍子込みで、メイテのボルテージが上がっていくのを見るのも楽しみのひとつなので残念。

クレイン
3F 3Lo-2T 2A tano
ルッツフリップの両方でエラーが付きがち。今日はレビューなく3Fを決めました。3Lo-3Loは回避しました。3Loの助走のスピードがあまりなかったので、3Loを付けても回転は足りなくなる確率が高かったです。手堅くSP通過。

イヴェット
3T-3T 3Lz df 2A tano
3Lzは両足着氷でダウングレード。ガクンとTESを取りこぼします。2Aを残し、ステップでは徐々に足が動かなくなっていきました。そこから2Aをタノ付きで降りたのは見事でした。あのすげえ編曲のカルメンがお茶の間に放送される・・・ゴクリ。

ルッソ
3F 3S fall 2A
3Fの回転が認定されています!!!!!!!!せっかく片足で立てましたのに2Tを付けられなかったため、ステップ不足でマイナス評価に。3Sは回転しました。進藤さんが「3Sは点数にならない」と言っていますが、このTESカウンターの仕様が欠陥なだけで、3回転ジャンプなら基礎点はもらえます。ピアノの音色に合わせた前衛的ステップからのフィニッシュだったので観客がポカーン。

ルナヘン
3Lz tano-3T 2A 1F
兄ヘンがルーナって呼んでるからルナヘンに変えよう。ジョリヘンのままなのは初期の名残。大舞台で3Lz-3Tに挑戦。3Tがアンダーローテーションですが、3Lz-2Tよりも基礎点は上ですからナイスです。3Fが抜けたので自分に怒り。

ショット
3F 3T-3T 2A
安定性を欠いていた3Fと仲直り。3T-3Tはいつも通り力で抑え込みました。はい技あり。水鳥さんムーブメントからクリーンな2A。今日はショットらしい大人の女性の演技でした。ドイツペア陣応援(太鼓も鐘もなし)。

ライチョバー
3Lo-2T 3Lz 2A
3Lo-3Tは入らなかったですが、きれいに演技をまとめました。途中から八木沼さんの咳で演技に集中出来ないの何の。いきなり連続で咳が始まったから気管に入っちゃったな。気の毒に。

坂本
3F-3T 3Lo 2A
フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!レイバックスピンはフリーレッグはそれほど美しいわけではないのに、なぜか癖になります。重い曲想を反映しているのが大きい。GOEで+3の評価を受けるのも頷けます。ジャンプは何も問題ないです。今日はコンビネーションスピンでもレベル4が取れて、オールレベル4の素晴らしい内容でした。

ミライ
3A fall 3F-3T 3Lo shaky
3Aは堪え切れずに転倒。練習を見ていた由希奈はんが、間のお話コーナーで「3A以外のジャンプは大丈夫だった」との話の通り、3F-3Tは冷静に決めました。ジャンプの助走とエレメンツ前後に待ちがあって、どうしてもPCSが出にくくなるので、ミライはジャンプを決めるしかない。

デールマン
3T-3T so 3Lz 2A
こんな髪形だったっけ?→こんな髪形でした。満点3T-3Tでまさかのステップアウトです。2A1本分に相当するスコアが無くなります。3Lzはステップから直ちに!といった感じで、スピードにも乗っていましたし加点モリモリ。この衣装での演技を見て、前の朱色のドレスがどれだけカルメンを邪魔していたかが分かります。

カレン
3Lz hd 3Lo-2T tano 2A
3Lzに付けられなかった2Tは3Loの後ろに。インタープリテーションはさすがの高評価でした。アラベスクスパイラルでは、客の反応はそこそこだったので、韓国人のツボが分からない。デススパイラルで沸くいぶし銀だから、もっと人間離れした事しないといけないのかも。

トゥルシンバエワ
2Lo 3S-3T 2A
ソロジャンプが0点になったので、トゥルシンバエワでもコンビネーションを失敗すればSP落ちの危機でした。回転不足なく切り抜け、LPに繋ぎました。ステップは前半部分で足がもつれかけるような動きがありました。カルメンでずっと忙しないと、カルメンちゃんに日常ドタバタコメディっぽく映ります。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
団体戦では3Lzの回転がギリギリでした。今日は余裕を持って降りられています。3Fのエッジはきれいにインサイド踏み切り。オールレベル4の素晴らしい内容でした。またもやパーソナルベスト更新です。ベースメイクが白すぎて頭皮との色の差が。

インタビュアーが坂本に「男子でもいい結果だったので、女子も期待されますね」なんて無神経な言葉をかけました。「羽生選手と宇野選手に刺激を受けました!絶対にメダルを獲ります!」とでも言ってほしかったのでしょうか。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lo 2A tano
3F-3Tの流れが団体戦ほどではなかったですが、その分2Aがクリーンに入りました。3Loは完璧です。さすがのメドベージェワでも緊張があったのか、団体戦よりも硬さが見られましたが、スコアの上ではさらに伸ばしてきました。

宮原
3Lz-3T 3Lo 2A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおドキドキしたあああああああああ3Lz-3Tのスロー映像画面に穴空くほど注視しましたよ。これで回転不足だったら頭の中で暴動起こしますよ。小さな体をカバーするために、一歩一歩を大きく歩んでいました。それはきちんとPCSにも表れました。宮原知子祭りじゃーーーーーーーい!ほれワッショイワッショイ!ワッショイワッショイ!

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A
3F-3Tらくらく。3Lzの軸ぐいいいいいいいいいんからの普通に着氷。レビューは3Lzのエッジの問題でしょうが、アテンションもeマークも付きませんでした。安定したもんよ。居酒屋で頼む揚げだし豆腐ぐらい間違いないプログラム。

ザギトワ
3Lz-3Lo 3F tano 2A
GOEがメドベージェワクラスになったのだから、当然TESがグングン伸びるはずです。スピンを1つ残してTESカウンターが40点に到達し、満点のコンビネーションスピンで5点プラスして勝負あり。メドベージェワとのTESの差はほぼ基礎点の差という形。そりゃ歴代最高出す他ないですよ。ドーピングの抜き打ち検査で練習出来なかったぐらいでは全く揺るがない。

カロリーナ
3F-2T 3Lo hd 2A
3F-3Tは安全策を取って2回転にしました。ステップは安定の満点。ザギトワの勢い半端ない演技からの高低差で耳キーンなりました。この幅こそがこの競技のおもしろいところ。このスポーツってホント謎。不思議スポーツ。わーい。

ソツコワ
3Lz fall 3F tano-3T tano 2A tano
見た目が大人っぽいのでロシア勢ではベテランに見えますが、メドベージェワより誕生日が遅い(スケート年齢は同じ)なので、まだまだ若いのです。3Fでリカバリーしましたが、3Tがアンダーローテーションに。その後のステップの勢いが殺がれ、全体的な完成度も上げられなかったです。最後の最後に魔物がやってきた。

PCSの順位はメドベージェワ>カロリーナ>ザギトワ>オズモンド>宮原(ここまで9点台)>ソツコワ>デールマン>坂本>カレン>ミライ(ここまで8点台)でした。

ザギトワは2Aに+1が2つありました。あとは+2と+3だけの世界です。メドベージェワには10.00が6つです。ザギトワのPCSがここまで伸びますと、LPではさらに伸びるでしょうし、メドベージェワは10.00を出すしかないです。それが出来ても勝つのは難しいかもしれません。それほどまでにザギトワの安定感が驚異なのです。

3位争いですが、ノーミスが150点まで伸びてくるオズモンドにガチンコで勝つのは難しい。坂本と宮原はノーミスでハイパープレッシャーをかけるしかないです。そういった意味で、4位5位になって、オズモンド前の滑走になったのはよかったのかもしれません。

もうオリンピック終わっちゃいますよ!
2018
02.12

ピョンチャンオリンピック 4日目 団体戦女子LP

女子LP
1 ZAGITOVA Alina(ロシア)158.08 PB
2 NAGASU Mirai(アメリカ)137.53 PB
3 DALEMAN Gabrielle(カナダ)137.14
4 KOSTNER Carolina(イタリア)134.00
5 SAKAMOTO Kaori(日本)131.91

ミライ
3A 3F-3T 3S 2A-3T-2T 3Lz-2T 3F 3Lo
ついに3Aきたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああどりぇええええええい!オリンピックで成功なんてストーリー的に出来すぎてる。映画化します?苦手な3S軸怖かったけど戻した!回転不足取れるなら取ってみろ!回りすぎてるわ!というようなジャンプさんたちでした。絶叫、ガッツポーズ、リッポンの涙、パーソナルベスト。はい、やはり映画化ですね。

坂本
3F shaky 3S 3Lz 3F-3T 2A-3T 3Lo 2A-2T-2T tano
3Fを回転不足で着氷したため、3Tに繋げられませんでした。こういったスピードガンガンタイプの選手はグリっとするのが得意ではないですね。後半に3F-3Tでリカバリー。2A-3Tに付けられなかった2Tもリカバリーです。世界最高の3Loも入りました。前半は硬さが見られたので、個人戦を前にして空気に慣れる事が出来てよかったのではないかと思います。

デールマン
3T-3T 3Lz 3F 3Lz-2T-2T tano 3Lo 2A 3S+2A
後半の3Loだけアンダーローテーション判定でしたけど、後半に崩れなくなりました。世界選手権でメダルを獲る前から、前半だけなら世界選手権メダリストクラスでしたから。PCSはSPでの宮原の少し下ぐらい。

カロリーナ
3Lz 3F-2T 3Lo so 3T 2A-1Lo-3S 2A 3S-2T
黄緑を見た一般人の反応が知りたかったのに・・・チッ。いや、まだ個人戦で着る可能性がある。こい・・・黄緑こい。今回は3Lz成功しました。どうして復帰前よりも質が上がっているのか不思議である。3連続の1Lo-3Sと単独の2Aがアンダーローテーションでした。3S大丈夫だと思ったのですけどあらあ・・・。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo 3Lz 3S 3F 2A
タノ省略。はい強いーーーーー。PCSの出方がどうなるんだろうと注目していましたが、9点台揃えてきました。スケーティングスキルよりもトランジションが高いです。すげえ。ザギトワにここまでPCSが出ると、メドベが1つのジャンプでシェイキーランディングになったら、それでメダルの色が変わります。ヒリヒリするーーー。

1位 カナダ 63
2位 OAR(ロシア)58
3位 アメリカ 53
4位 イタリア 49
5位 日本 44

早くもカナダとロシアの順位が確定。
back-to-top