FC2ブログ
2018
09.15

JGPカナダ 2日目 ペアSP・女子リザルト・アイスダンスリザルト

ペアSP
1 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALLIAMOV(ロシア)65.22
2 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)63.92
3 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)54.78
4 Sarah FENG / TJ NYMAN(アメリカ)52.17
5 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI(日本)51.55
6 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)47.42
7 Patricia ANDREW / Paxton FLETCHER(カナダ)44.83
8 Chloe PANETTA / Benjamin MIMAR(カナダ)41.05
9 Yuchen WANG / Yihang HUANG(中国)39.62
10 Camille PERREAULT / Bryan PIERRO(カナダ)38.74
WD Hilary Elizabeth ASHER / Luthra NISHCHAY(インド)

スピンは各自でが流行のJGPカナダ。行きすぎた個人主義が招いた社会問題だ。

ミシガリ安定です。ミスのない演技でした。リフトの流れがやや停滞気味だった感はありますが、それほど大きな失点というわけでもありません。パンリロは前回失敗してしまったのでそのリベンジ。冒頭のツイストは余裕のあるキャッチで素晴らしかったです。男女の技術差は気になりましたね。男性の方が上手いので、タイミングがズレて男性が先走っているように見えることも。ロシア第三の矢はクバルタロワ&スヴィアチェンコ。2Aで女性がアンダーローテーション評価&転倒となりました。スローサルコウの前はスライディングさせるムーブメントからきれいに成功しました。スピンはものすごく各自でした。男女のスピンの形に違いが見えましたね。岡部さんなら「ちょっと気になるんですけど」と解説しそう。

ロシア帝国に続くのはアメリカのサラ&TJ。アメリカ名物エレガントペア男子です。しなやかフラメンコでした。リク・ミュラー&SHOW-YA イチハシは5位に。メダル圏内に入っています。特に2Aがよかったです。2人のタイミングがピッタリ合っていました。これがシングルから転向組の力です。最後2つのエレメンツ、ソロスピンとステップがレベル2と1になりました。スピンは各自で回転でした。もったいない失点ではありましたが、点数を見て男性が喜んでいたので、これでOK。よし、表彰台に上ってくれええええええい!

女子LP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)130.49
2 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)126.13
3 Rion SUMIYOSHI(日本)119.89
4 Young YOU(韓国)111.19
5 Jihun TO(韓国)104.22
6 Gabriella IZZO(アメリカ)101.72
7 Yuna AOKI(日本)99.43
8 Sarah-Maude BLANCHARD(カナダ)95.41
9 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)90.70
10 Alison SCHUMACHER(カナダ)88.16
11 Hannah DAWSON(カナダ)84.29
12 Marina PIREDDA(イタリア)81.66
13 Alizee CROZET(フランス)80.79
14 Siyang ZHANG(中国)74.18
15 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)73.42
16 Hiu Ching KWONG(香港)72.81
17 Eugenia GARZA(メキシコ)66.20
18 Yu-Hsun LIN(台湾)65.56
19 Diane Gabrielle PANLILIO(フィリピン)60.32
20 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)58.34
21 Lucy Sori YUN(オーストラリア)56.77
22 Thita LAMSAM(タイ)56.36
23 Kelly Elizabeth SUPANGAT(インドネシア)56.01
24 Kim CHEREMSKY(アゼルバイジャン)54.04
25 Hui Jeen TAN(マレーシア)47.21
26 Nicola KORCK(ニュージーランド)46.09
27 Xin Yi LOKE(シンガポール)38.12
28 Cristina Mikaela VLASSOV RODIGUINA(アルゼンチン)31.82

女子リザルト
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)195.56
2 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)190.69
3 Rion SUMIYOSHI(日本)174.96
4 Young YOU(韓国)171.85
5 Jihun TO(韓国)164.96
6 Gabriella IZZO(アメリカ)159.86
7 Yuna AOKI(日本)154.24
8 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)147.53
9 Sarah-Maude BLANCHARD(カナダ)146.08
10 Hannah DAWSON(カナダ)138.31
11 Alizee CROZET(フランス)131.49
12 Alison SCHUMACHER(カナダ)130.14
13 Marina PIREDDA(イタリア)121.77
14 Siyang ZHANG(中国)119.85
15 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)115.91
16 Hiu Ching KWONG(香港)109.85
17 Eugenia GARZA(メキシコ)104.55
18 Yu-Hsun LIN(台湾)102.33
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)94.89
20 Thita LAMSAM(タイ)92.16
21 Diane Gabrielle PANLILIO(フィリピン)89.51
22 Kim CHEREMSKY(アゼルバイジャン)89.44
23 Lucy Sori YUN(オーストラリア)87.79
24 Kelly Elizabeth SUPANGAT(インドネシア)82.91
25 Nicola KORCK(ニュージーランド)73.59
26 Hui Jeen TAN(マレーシア)70.24
27 Xin Yi LOKE(シンガポール)63.20
28 Cristina Mikaela VLASSOV RODIGUINA(アルゼンチン)52.49

シェルバコワが優勝で全カテゴリーで最初にJGPF進出を決めました。4Lzはアンダーローテーションで転倒です。ディダクション1の分を引くと3.31点もらえます。これは2Aの基礎点3.30点とほぼ同じ。だからアンダーローテーションになるぐらいなら挑戦する価値はあります。回りきれるなら絶対やった方がいいです。3Sはタノ付きで、出はスパイラル。これは過剰ですね。3Fには2本ともアテンションが付きました。

タラカノワはプログラムを変えました。"エレキ月光"になりました。こんな音源どこから拾ってくるのか。前のプログラムはスカスカだったので、音源はさておき変えてよかったです。ノーミスに近い出来でガッツポーズも出ました。取りこぼしがあるので、まだ点数を伸ばす余地はあります。最後のアップライトスピンの回転速度よかった。こういったシンプルに速いスピンはなかなか見られません。アイスダンスのコレオエレメンツが3つという時代になりました。男女シングルにもコレオスピンを導入してほしいんですよね。だってフリースケーティングと言いながら、スピンのルールガチガチなんですもん。

3位に入ったのは住吉でした。SP7位からの逆転です。3F-3Loを決めました。後半の3F-3Tのセカンドがアンダーローションでしたが、それを除くと加点ばかりでした。今シーズンSPでは単独でフリップを跳ばなくてはならないので、3Fからのコンボが得意な彼女にとってはアンラッキーでした。その逆風があってのメダルは素晴らしい。コレオシークエンスのドラマティックな振付が印象的でした。命を削って踊る雰囲気が出せていました。青木は3Lz-3Lo成功させました。トリプルジャンプが抜けるミス3つで、基礎点が10点なくなりました。最後は疲れが見えました。この"ピアノ協奏曲"の構成、ミキ・アンドウっぽい。

韓国勢はヨンユーが4位、ジフンが5位。ジフンは3本ミスをしながらも、格上のヨンユーよりも高いPCSをもらいました。しかも7点台乗っています。ノーミスだったらもっと高くなるはずです。オーバーな演技が持ち味で楽しませてくれます。日本人の"蝶々夫人"はこれほどドラマティックにはならないので、別の風味があって楽しい。ジャパニーズカレーライス美味しいけど、インドカレー&ナンもたまにはいいねって感じ。

アメリカのイッツォは僕が好きなタイプですね。サーシャ、シズニーー、ベベたん、レイチェル、アンジェラ、ミラーが好きな僕にとってはすごくいい。彼女の体のしなやかさたまらないです。LPの青衣装も素敵でした。おそらく彼女の衣装屋のセンスが好きなんですね。

カナダのブランシャールは、将来筋肉美女に成長する可能性を秘めています。ケベコワだし、すでに背中に筋肉美女の前兆があります。楽しみだなあ。

アイスダンスFD
1 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)100.95
2 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)90.37
3 Ksenia KONKINA / Alexander VAKHNOV(ロシア)87.58
4 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)85.19
5 Loicia DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)84.60
6 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)84.25
7 Miku MAKITA / Tyler GUNARA(カナダ)81.31
8 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)79.66
9 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)66.02
10 Chloe Dan TSOI / Long You Zimou WANG(台湾)62.75
11 Xizi CHEN / Jianing XING(中国)58.27

アイスダンスリザルト
1 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)166.52
2 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)149.39
3 Ksenia KONKINA / Alexander VAKHNOV(ロシア)147.92
4 Loicia DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)142.96
5 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)141.55
6 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)138.13
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)135.78
8 Miku MAKITA / Tyler GUNARA(カナダ)127.80
9 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)104.49
10 Xizi CHEN / Jianing XING(中国)98.63
11 Chloe Dan TSOI / Long You Zimou WANG(台湾)97.99

ラジュラガ貫禄の優勝。1位2位の組み合わせとなります。6組が2大会合計320.32以上のスコアかつ、1位2位の組み合わせでラジュラガの上にこない限り、JGPF進出が確定します。つまり、1位1位の組み合わせのカップルが出た時点でラジュラガは一抜け決定です。それには1大会目150点前後のカップルが、世界ジュニア選手権で優勝できるクラスのスコアを出さないといけないので、実際は確定しているようなものです。演技は安定感がありました。特に心配するようなところはありません。ラガが歯を見せて笑っているよ。100点はさすがに嬉しいらしい。

カルポフがコレオステップ前の振付でウッキウキなのに笑いが止まりません。明日遠足に行く小学生ぐらいのウキウキ。"Cry me a river"が掻き消させるウキウキ。コンヴァフはスケーティングスキルはイワネンコ組より高いですが、2人のコンビネーションはやはりいまひとつ。レベルの取りこぼしやリフトの出のスタンブルが響きました。コンビネーションリフトは力で上げていたので、落とさなかっただけよかった。

さあさあバテてきましたよ。ふーーーーー!
2017
12.07

ジュニアグランプリファイナル 1日目 ペアSP・男子SP・女子SP

ナゴーヤジャパーン。

ペアSP
1 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)60.81 PB
2 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)60.26
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)59.51
4 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)59.47
5 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)57.28 PB
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)55.92

ガオシエ
3Tw 3LoTh 2Lz
ちうごく伝統の投げ技は余裕。2Lzはどうにか降りられました。しかし踏み切りがインサイドになっていたと思います。エッジが浅いのは、特にペアのジュニアの女子選手にとっては共通の課題です。ペアらしさを兼ね備えたペアなので今後に期待。

ボイコズ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
ツイストのキャッチの余裕さと着氷姿勢の美しさが際立ちました。スローループは飛距離は十分でしたが、上手く回転出来ずに転倒となりました。伸びやかなエッジワークを見せようという意図が見える演技でした。

ポルソポ
2Lz 3Tw 3LoTh
ツイストはキャッチがあまり美しく決まらなかったです。高さは十分でした。ステップでのミラーの動きが、男女のエッジの深さにかなりの差があり、軌道が丸っきり別に見えてしまいました。スローループのランディングの伸び素晴らしい。デススパイラルはしっかりと男性の腰が落ちており、回転速度にも問題はなく、いい実施となりました。

アレウィン
3Tw 2Lz tano 3LoTh hd
スローループのお手付きはありますが、貫禄と風格を見せ付ける演技でした。デススパイラルは男性のポジションも女性のアーチも決まっていました。ここはニーナ先生のチームなのでペアスピンが心配になるところではありますが、アップライトを最後に持ってこない戦略!これは有能。ウィンザーが「かーちゃんとーちゃんブレンダン!」とメッセージ。ブレンダン・ケリーさんのポジションたけえ。

パンリロ
3Tw 2Lz 3LoTh
スタート位置に着く直前にハラリと落ちるお下げのリボンを解雇し、ポニーテールにリボンを巻き付けました。リボンは欠かせないらしい。他ペアほどの飛距離はないですが、スローはしっかりと着氷。カントリーらしさ溢れる楽しいステップとマジ意味不明な高難易度のワンハンドリフトも決まりました。

パブホディ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
本日最高峰のツイストでした。エレメンツの前後の工夫はもちろんの事ですが、ミステリアスな音楽に絶妙な配置がなされています。ステップからの2Lzの流れとか、プログラムの構成がシニアっぽいです。転倒はありますがPCSが1位評価なのも当然と言える内容でした。

点数の出方が妥当も妥当も妥当なので何も突っ込みどころがないです。

男子SP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)81.33 PB
2 Alexey EROKHOV(ロシア)78.39
3 Mitsuki SUMOTO(日本)77.10 PB
4 Makar IGNATOV(ロシア)75.78 PB
5 Camden PULKINEN(アメリカ)70.90 PB
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)64.73

トルガシェフ
3A so 3Lz 3F hd-2T
3Aは恐る恐るの助走でした。前向いたまま長く助走していましたけど、恐怖心が煽られそう。3Fの後ろの2Tはコンビネーションとして認められずに+COMBOの扱いとなります。ステップはフラットな部分が少なく、きれいに流れていって気持ちがよかったです。スピン2つの間でスタンブルしたのが、演技の印象をプラスにするのを阻害しました。

イグナトフ
3A 3Lz 3F-3T hd
ジョシュ・グローバンという選曲も、LPの無蹂躙スクリャービンからもロシアを感じない。北米っぽい。顔を見ればロシアだなーと思うけど、別の国の代表と言われても信じそう。目元がブランドン・フレイジャーに似てるからかな。クリーンな3Aから入って、お手付きはあるものの演技をまとめました。ステップの最終盤、3F-3Tに気持ちがいったのか、動きが緩んでしまったのが惜しい。

須本
3A 3Lz 3F-3T
3Aをここぞという時に決めてくれました。スーパーメンタルマンか!演技中に少しですが笑顔が出るようになってきました。もっと!もっと笑うんだ!感情の表し方が素直になり、表現で伝わる物が大きくなってきました。よき!

プルキネン
3A 3F ot-2T 3Lz
散髪してトーテムポールの最上部のような髪形に。3Aはいつもの氷を串刺しにする着氷。3Fはフリーレッグのタッチを免れ2Tに繋げました。脳内でシブタニズがフォローしてくれるステップは感情豊かに。でも後半で逆回転するところでバランス崩していました。苦手のスピンはチェンジキャメルのチェンジフットでバランスを崩しました。フライングシットはポジションチェンジで急激にスピードが落ち・・・なかった!練習を積んだ成果が表れたのでしょうね。

クラスノジョン
3Lz 3A 3F-3Lo
攻めの構成を見事成功。演技後半のリズミカルな3F-3Loは盛り上がります。チェンジキャメルの上向きポジションの気だるさが、そこからアップテンポになるプログラムのスパイスになっていました。スイカの塩みたいな物。当然1位。

エローホフ
3A 3F-3T 3Lz
力強くも優しい3Aの着氷。フライングシットもチェンジキャメルもきれいに入れなかったのがもったいない。トラベリングもありましたし、今日はスピンに苦労しました。ふいにスッと滑る様が、仄々とした空の下歩いている時に、遠くの灯台から照らされたような、そんな感覚にさせてくれました。

トルガシェフ以外はPCSが1点以内に集まって横並びです。ジャンプを決めた選手が表彰台に乗るよ!

女子SP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)73.25 PB
2 Alena KOSTORNAIA(ロシア)71.65 PB
3 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)67.90 PB
4 Rika KIHIRA(日本)66.82 PB
5 Daria PANENKOVA(日本)65.65
6 Sofia SAMODUROVA(ロシア)65.01

紀平
2A tano 3F-3T 3Lz tano
微動だにしない回転軸のレイバックスピンでスタート。3Lzは直前のステップが不十分なので、タノを付けても加点が伸びていません。これだけで1点の差がついてしまうので、ステップは大事です。所作が美しかった。

タラカノワ
3F-3T 3Lz tano 2A tano
衣装のヒラヒラの隙間に手を入れてからスタート。意味不明だぜ。チョクトーからタノ付きでスパイラルイグジットのこれでもかとてんこ盛り3Lzは迫力がありました。盛りすぎで血糖値上がるわ!動きが洗練されてくると、もっとPCSが伸びるのでしょうね。

パネンコワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A tano
明日15歳。中3なのにSPもLPも選曲が絶望的である。暗いぜ。めっちゃタノる族なので、せかせか成分は前の2人よりも高め。振付も結構ワイルドにこなす派なので、さらにせかせかして見えます。緩やかなパートが作れたらいいなー。

コストルナヤ
3F-3T tano 3Lz 2A
ネームバリュー抜きでシットスピン系統で+2以上を並べられる数少ない選手です。質パネエ。1つしかないタノが効果的でした。ジャンプのチェック姿勢ですら表現出来ていて、穴がないなと思います。僕がジュニア初期のうちに好きになるロシア選手はハードな怪我しちゃうか身長伸びすぎちゃうから、薄めの期待に留めておこう・・・。ジュニアの歴代最高を更新しました。

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A
イスラエルのプログラム。時事プロか!この「え?あたしこの曲日常的に聴いてるし、毎年お祭りで踊ってるよ?」感は何なんでしょうね。もうちょっと出てもよかったなーと思うPCSですけど、かと言って他の選手を低くしろとも思えないし、同じレベルの選手が集まると困る。きっとジャッジはもっと困る。

トルソワ
3F tano-3Lo 3Lz tano 2A
6人の中では一番見た目が子供。でもマダムみたいなプログラムを滑る。ジャンプに高さがありますし、なんと言っても流れが素晴らしいです。リプ~メドベでエテリが作り上げた、ジャンプの流れ評価の採点傾向に上手く乗っかっているなと思います。さきほどコストルナヤが更新した歴代最高をさらに更新。ザギトワの歴代最高が70.92だったんですよ。このスコアがいかに高いかと申しますと、シニアに入っても歴代14位。アシュリー、デールマン、ソツコワ、三原のパーソナルベストよりも高いです。もうシニアじゃん!

6人全員が名字も名前もAで終わる。紀平もロシア人みたい。ロシアに挟まれているから、オセロならひっくり返る状況ですね。トルソワとコストルナヤが抜けた形になりました。紀平はここから挽回出来るでしょうか。失う物はないのでガンガンいきませう。サモドゥロワの3Lzがアテンション評価で-0.2の評価になった以外は、±0.00以上のエレメンツしかない激熱の展開。ソチでのジュニアグランプリファイナルを思い出す楽しさ。

ジュニア1年目 トルソワ・コストルナヤ・タラカノワ
ジュニア2年目 紀平・パネンコワ・サモドゥロワ
ジュニア3年目(シニア1年目)

シニア年齢の選手が1人もいないのを見ると、ロシアの早熟っぷりが分かりますね。
2017
09.08

JGPリガ杯 1日目 女子SP・ペアSP・男子SP

女子SP
1 Daria PANENKOVA(ロシア)66.65 PB
2 Alisa FEDICHKINA(ロシア)63.48
3 Emmy MA(アメリカ)59.92 PB
4 Alison SCHUMACHER(カナダ)55.64 PB
5 Yuhana YOKOI(日本)55.19 PB
6 Rika KIHIRA(日本)55.05
7 Hyun Soo LEE(韓国)54.64 PB
8 Ashley LIN(アメリカ)54.57
9 Anastasiia ARKHIPOVA(ウクライナ)53.54 PB
10 Viveca LINDFORS(フィンランド)46.47
11 Sophie ABRAMS(イスラエル)44.51 PB
12 Polina ANDREJEVA(ラトビア)43.63 PB
13 Ilayda BAYAR(トルコ)42.91 PB
14 Nastasya EREMINA(エストニア)42.37
15 Anna LITVINENKO(イギリス)41.92 PB
16 Klara STEPANOVA(チェコ)41.11 PB
17 Arina SOMOVA(ラトビア)39.22 PB
18 Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)38.69 PB
19 Dora NAGY(ハンガリー)38.35 PB
20 Lizaveta MALINOUSKAYA(ベラルーシ)37.80 PB
21 Anete LACE(ラトビア)36.85 PB
22 Ellen YU(ノルウェー)35.33
23 Greta MORKYTE(リトアニア)35.08
24 Katie PASFIELD(オーストラリア)35.02
25 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)34.67 PB
26 Kristin Valdis ORNOLFSDOTTIR(アイスランド)33.18 PB
27 Haley YAO(中華民国)33.03
28 Cassandra JOHANSSON(スウェーデン)32.95
29 Natalia PAULIN(メキシコ)32.61 PB
30 Kristina ISAEV(ドイツ)30.46
31 Kim CHEREMSKY(アゼルバイジャン)28.59
32 Diane Gabrielle PANLILIO(フィリピン)27.50 PB
33 Thita LAMSAM(タイ)27.29
34 Aneeta LINGAM(マレーシア)25.98 PB
35 Hiu Yau CHOW(香港)24.11 PB

フェディチキナ
2A 3F-3T 3Lz
大人になったネコチキナ。スタイルが大人だー。眉毛の描き方が強い。ジャンプは元々低いので回転が心配になりますが、今日は大丈夫に見えました。ロシアの流行が前後に工夫を入れまくるというものなので、それと比べると準備動作が目立つでしょうか。滑りはよくて直線的でないリンクの使い方はきれいでした。スピードはもう少しかな?というところ。明日は・・・ララランドwwwwwううううううううと見せかけて、実は今週観ておいたのですよ。これでニワカストーリー考察できるぜ。

パネンコワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A tano
生命力に溢れた元気な夢やぶれて(表情は悲しげ)。3週連続でチームエテリからの出場です。別キャラが出てきてどうしてこんなにも強いのか。ジャンプはもちろん後半にまとめられています。同じチームの幼女達よりは少し背もあるので、あまりセカセカ滑っている感じはないです。眉毛が太いからすぐ覚えられそう。ありがたい。

スウェーデンのカサンドラさんはレイバックスピンでの反りがヴィッキー・ヘルゲソンさんより硬い。伝統を受け継いでいるのですね。

アプヒポワさんジャンプは低いけど、表現は洗練されていて素敵だった。大人になったらどうなるのか・・・ゴクリ。

アシュリーリン
2A 3F-3T 3Lz
2Aは幅があります。3F-3Tはどちらも回転が怪しげでした。りっぽんぽんの振付らしいので、立ち止まる際に一歩踏み出すタメが完全にりっぽんプロのそれです。ぜひ立ち止まる所見てみてください。りっぽんプロは女子との相性いいですね。これからもどんどん振付して欲しい。ビールマンが速いのでラストが盛り上がりました。

ヴィヴェカ
3F so 3Lz fall 2A
ジャンプがおうふ・・・ネーベルホルン杯の代表ですが、替えられかねないですね。

シューマッハ
3Lz 3F-2T 2A
名前がかっこいい。欧米系の名前ですがアジア系の選手です。ですから、カナダ筋肉の法則は適応外です。I Want to Hold Your Handのプログラムなので、もう少し表情に柔らかさが出れば素敵になりますが、ゆったりとした曲調にマッチした滑りでした。ポーカーフェイス系女子。

ヒュンソー
3F-2T tano 3Lz 2A
韓国女子が鼓童という大変珍しい選曲。韓国の右翼と左翼にいじめられない?大丈夫?くのいちのような衣装でして、少女であることを利用して敵の城に乗り込む感はありましたですね。滑りがよくなると、サササササッ・・・忍び足っぽさが出るのでござるが。韓国女子は3Lzだけではなく全体的に滑りの強化をお願いしたいでござるね。

オーストラリアのパスフィールドさんは、ジャンプは得意ではないけれど、笑みを絶やさず楽しそうに滑っていました。こういった選手は応援したくなります。かわいいブラックバード。

紀平
2A 3F so 3Lz fall
メイクも指先の動きも表情もすべてが垢抜けてきて、センタリングが素晴らしいスピンなど素晴らしいところはたくさんありましたのに、ジャンプ・・・。ミスで10点以上失っていますね。2つミスしてPCSトップなのはさすがですね。当然とも言えます。スケーターとしてすごく成長しています。

ルタイが金髪に染めている。色気づいたか!

lutaing.png

ゆは菜
3F ot-3T 2A 2Lz
6分練習で3-3転倒していたので、それを考えればよかったですね。3Lzは慎重にいきすぎたのか、高さもそれほど出ず2Lzになりました。ジャンプ自体の質はいいので、ジュニアだとプラスがたくさん並びそうです。スピードは出ていましたが、ゆは菜さんにしてはそれほど動けていなかった気がします。衣装は本郷ドゥソレイユの色違いのようです。

エミー
3Lz 3F-2T tano 2A
美しいジャンプでした。長身でほそっこいので、優しい演技なのかなと思ったんですけど、まったく違いましたね。ガンガン踊って、姿勢もバキッ!と決めるタイプのスケーターでした。そしてリンクから上がって待ち構えていたのはピーター・ヨハンソン。ボストンのチームでした。力強さとエレガントさを同居させる、このチームの生徒っぽいなと納得いたしました。いい演技でしたし、PCSも高評価を得られました。

日本の2人最終グループ入りできました。よかったーーー。今回のジャッジは僕好みの採点の仕方でした。いいところをドカーーーン!と高評価するジャッジが多いようです。

最後のベラルーシちゃん豹柄で攻めすぎ。強い。

ペアSP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)56.12
2 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)55.99 PB
3 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)55.44
4 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)52.64 PB
5 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)50.15
6 Kseniia AKHANTEVA / Valerii KOLESOV(ロシア)46.26
7 Cleo HAMON / Denys STREKALIN(フランス)45.12 PB
8 Anastasiia SMIRNOVA / Artem DARENSKYI(ウクライナ)44.25 PB
9 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)41.21 PB
10 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI(日本)40.08
11 Edita HORNAKOVA / Radek JAKUBKA(チェコ)39.82 PB
12 Greta CRAFOORD / John CRAFOORD(スウェーデン)38.88 PB

アレウィン
ソロジャンプは2Lzおっとっと。スローループは両足着氷でした。ステップ中にウィンザーが近づきすぎてしまって、ウィンザーの踵とエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさんのトゥが引っかかってしまいました。もったいない。ちょっと動きがバラバラしていた印象。それでも上手いんですけどね。

りくしょー
ダブルツイストに余裕が生まれている!2Lzはクリーン。グループ3リフトは腕を伸ばしきるまでに時間を食いましたがなんとか。あれで伸ばした後に曲がってしまうとダメなんですよ。そこは大丈夫。スローループは転倒ですが、3回転にできたのは進歩ですね。一歩一歩。動きは揃っているので、もう少しディープエッジで滑れるといいなと思います。

アハコレ
昨シーズン見たはずだけど覚えていないペア。さすがロシアのツイストでして、高さが段違いです。もちろんトリプル。スローループはスリップするように転倒。直後に2Lzでしたが、タノを入れてきれいに。タランテラの楽しいプログラムでしたが、そのランランな動きを表現するためのスキルがまだ身についていないように思いました。先生がシゼロン風味。

パンリロ
コールされてスタート位置に着くときにリボンが外れて落下。それをリンクサイドに持っていってから演技スタート。演技中におさげのもう片方のリボンも外れ、こちらは落下のディダクションがつきました。スローループは幅があって美しく。グループ3のリフトは、女性が逆さまの状態でブレードを持つ難しいポジションでした。落下したら大事故必至。

ボイコズ
なかなかダサい音源のサラバンドでした。うんうん、やはりロシアクオリティーだな。ツイストはきれいに、降ろしてからの脚の伸びは昨シーズンと変わらず美しいです。スローループは転倒。表現力に課題があるペアですが、ステップがここまで滑ったペアでは1番だったと思います。技術の高さをPCSに換算していくザビエンコースに乗るかもしれない。

ロックリー&プロホノウ
ブルーベイカー夫妻の生徒です。ふんわりと上がったツイストが見事。男性の方がエレガント担当に見えました。すごく柔らかで温かみのある雰囲気を帯びています。これがロック兄仕込み!ペアスピンの男性のアップライトポジションは手で支えずに両脚で女性を挟み込むヘンテコなポジションでした。見たことなくて驚き。

ウォルシュ&ミショー
ツイストは大丈夫。カナダらしい低さだけど大丈夫。スローループは高さが出ていません。軸が曲がりましたが足をつくに留めました。よく転倒しなかったもんだ。ステップは離れて滑っているときはいいのに、手を繋いだ途端に動きがカチーーーンと停止しました。とても苦手そうです。ペアスピンのシットポジションめちゃ速。

ペアSPはエレメンツの縛りが厳しいので、1番差がつきにくいですが、LPだとジャンプの選択が自由になるので順位の変動がありそうです。最終グループはロシアジュニア選手権のようにはならずでした。

男子SP
1 Ivan PAVLOV(ウクライナ)67.17
2 Makar IGNATOV(ロシア)64.95 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)63.95
4 Mitsuki SUMOTO(日本)63.25
5 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)61.35
6 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)60.95
7 Corey CIRCELLI(カナダ)59.28 PB
8 Kai Xiang CHEW(マレーシア)59.10 PB
9 Maxim NAUMOV(アメリカ)57.64 PB
10 Maxence COLLET(フランス)56.27 PB
11 Isaak DROYSEN(ドイツ)55.06 PB
12 Yuto KISHINA(日本)54.93
13 Jaeseok KYEONG(韓国)54.27 PB
14 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)51.03
15 Yakau ZENKO(ベラルーシ)49.51
16 Mihhail SELEVKO(エストニア)49.28 PB
17 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)49.03
18 Kims Georgs PAVLOVS(ラトビア)47.72 PB
19 Josh BROWN(イギリス)45.81
20 Darian KAPTICH(オーストラリア)43.71
21 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)43.22
22 Nikita MANKO(カザフスタン)42.65 PB
23 Daniels ROSCIKS(ラトビア)38.84 PB
24 Evan WRENSCH(南アフリカ)38.72 PB
25 Samuel MCALLISTER(アイルランド)37.03
26 Igors TATARINOVS(ラトビア)34.35 PB

マヨロフ弟が生え際もマヨロフフォローしてる!!!うおおおおおおおおおおおおお。でもほそっこい。

ナウモフ
3A fall 3F-1T 3Lz
シンコワ&ナウモフの息子。ほんとアメリカ男子は非西欧白人が多い。キャメルスピンは回転速度はともかく、ポジションの決め方が素晴らしい。脚をビーーーーーンと回転がブレるぐらいに張ってアピールしておりました。ロシアっぽさなし!!!コーチは両親なのに不思議。親となのに英語で喋ってる。そういう教育方針?

コーリーなんとかくん
3F-3T 3Lz 2A
謎名字。みんな大好きハレルヤ。今週末に15歳になりますがすでに180cm。体がとても動かしにくそうで、フルパワーで動けていないように見えます。動かせるだけの筋力がつくのが楽しみです。

セレフコ
3T-3T 3Lz fall 2A
セレフコ兄弟の弟。兄より繊細。3Lzは痛そうな転倒。競技プロでは珍しいアダム・ランバートでした。もっと力強さが出てくればいいのですが。この衣装背中側が素敵です。オシャレ衣装。

木科
3A df 3Lz 3Lo fall
得点源となる後半の3Lo-3Tが入らずでした。初戦ではステップで忙しなく動いているように見られましたが、転倒があったのにも拘らず、今日はしっかりと音に合わせて滑られていたのではないかと思います。

須本
3A shaky 3Lz 3F so
3Aは足をついてしまいましたが、着氷は片足です!3Fの着氷でミスして3Tはつけましたけど、足をついてしまったのでコンボとして3Tはカウントしてもらえません。イーグルなどのトランジション入れながらの助走が自然&滑らかである上に、いつの間にかトップスピードに乗っているという非常に気持ちのいいスケーティングを見せてくれました。コンボなしで63ってことはクリーンなら70近く出ますよ!衣装は青みがかったベストからグレーのスーツ衣装に。衣装も大人に近づきました。

サヴォシン
3A 3Lz tano 3Lo-3T
前2つのジャンプはいまひとつでした。3Lo-3Tはクリーンです。キャメルスピンの入りを失敗したのはもったいなかったです。ステップでリンクの使い方がとても大きくて、思いっきりもよかったです。少し粗さはありますけどね。彼のプログラム全般に言えることですが、ハイライトが見えないんですよね・・・。ジャンプの質がよくないので、ジャンプ以外にハイライトを持ってこないと、淡々とエレメンツをこなして終わってしまう。だからPCSが伸びない。須本の後というのも滑りの差が見えやすかったです。

ヒワタシ
2A 2Lz 3F-3T
ジャンプが・・・。クリムキンイーグルから入って3Lz決まればよかったんですけどね。存在感抜群のイナバウアーや、180度以上開くバレエジャンプなどロヒーンらしい印象的な振付が散りばめられていました。ジャンプ・・・ジャンプ・・・。「ダメでした」と一言。コンポジションの高さはさすが。まだ逆転圏内だぞー。

イグナトフ
3A 3Lz 3F df-2T
3Aはきれいに、3Lzはなんとか、イーグルからの3F-3Tで崩れました。フライングシットスピンのはずがシットポジションを取れずにアップライトスピンになって終わってしまいました。コンビネーションスピンの儚げな表現含めいい面もあっただけに、取りこぼしがもったいないです。

カイシャンは3Lo-3Loのセカンドは足りないけどがんばった!ものすごいパーソナルベスト更新しました。

マティアス
3F-3T 2A 3Lz
背が5cm伸びた。刈り上げた。同じ年齢のときに兄のイジーが同じ顔で背も小さかったので、急激な成長は予想できました。ジャンプをまとめて、スルスルときれいに滑り、ステップの音の取り方なんかもテンポが速いのによくできていました。ガッツポーズも出まして、これは66ぐらい出るなと思ったんですけど、PCSがめちゃ低い。はああああああああああああちゃぶたいひっくり返すぞオラアアアアアアア!

wa-i.png

トラって顔かっこいいんだなと10年ぐらい見てきて初めて気付いたよ

パブロフ
3A fall 3F-3T 3Lz
3Aは転倒したけど、これはシニアですわ。でもそんなにPCSもらえてないのは演技が地味だからかもしれない。でもいいんです。僕はそんな地味上手いのがパブロフのよさだと思います。髪形が普通になってよかった。昨シーズンのツーブロックは忘れましょう。緊張と弛緩が、まさにMr. and Mrs. Smithなわけですよ。夫婦で殺し合う映画ですんで。最終滑走でついに女子1位のパネンコワを超えるスコアが出ました!よっ男!

サヴォシンは3Aがアンダーローテーションでした。GOEはマイナス評価が多いです。極端に低くつけたジャッジはおらず、6.50以下でまとまっています。マティアスはフライングシットがレベル2で、あとは3、3、4。PCSもシンプルに低評価。かなしみ。点差が大きくないので、LP次第です。サヴォシンは結果次第ではファイナルを逃すかもしれません。

2つ前のエントリーで出した、グランプリファイナル出場者予想アンケート。未回答の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
back-to-top