FC2ブログ
2009
10.24

ロステレコム杯 女子SP

女子SP
1 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)57.94
2 Alissa CZISNY(アメリカ)57.64
3 Miki ANDO(日本)57.18
4 Alena LEONOVA(ロシア)6.78
5 Ashley WAGNER(アメリカ)55.16
6 Mao ASADA(日本)51.94
7 Amelie LACOSTE(カナダ)51.82
8 Oksana GOZEVA(ロシア)51.08
9 Katarina GERBOLDT(ロシア)42.64
10 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)42.30
11 Jenna MCCORKELL(イギリス)40.94
12 Annette DYTRT(ドイツ)36.76

上の順位の選手から。

ジャンプが全部きまりました!
セベスチェンはまた髪型を変えて、衣装もピンクの明るいものにしました。とても28歳とは思えません。いきなりリベルタンゴになる変な編曲をのぞき素晴らしかったです。ルッツきれいだった。このままいい調子で五輪まで持って行ってほしいです。

シズニーはゾロのステキなプログラム。紅色の衣装がとっても似合っていました。アクセルでステップアウトしましたが、それでもスパイラルやスケーティングはステキでした。おそらくどれかのジャンプで回転不足をとられているのではないかと思います。

美姫さんはモツレクでした。胸に十字架をかかげ、とても似合っている衣装だったと思います。3-3とフリップの構成でしたが、セカンドのループと単独のフリップは回転不足だったのではないでしょうか。まだまだプログラムの滑りこみが不十分で、彼女の持ち味であるステップの迫力も欠けていたように思います。フィニッシュは音楽の盛り上がりと相まって、ラスボス感まんてんでした。

レオノワはロシアンフォークで、ロシア国旗色の衣装で登場。3F-2Tで少しミスがありましたが、ルッツの後にものすごいホップをして、はつらつさを前面に押し出す演技で観客を見方につけました。地元ということで、彼女にとっては高いスケーティングスキルが出ていたと思います。

ワグナーはOnce upon time in Americaでした。ジャンプはすべてきれい。たぶんルッツだと思うんですが、バレエジャンプ→イーグルからの流れがきれいだった。レイバックスピンやフライングシットはいつもの彼女ではなく、回転速度もいまいちでレベルも取りきれていなかったんじゃないかな?と。お辞儀がお上品でかわいい。

真央は最初のジャンプがおそらく2A<になり、最後のアクセルがキックアウトされてしまったのではないかと思います。むらむらが昔、SPでこのミスをしてしまったと思うのですが、あまりにもリスキーな構成ですよね。演技の最初から元気がなく、がちがちでした。すべてのジャンプに高さや幅がなく、スピンの回転もいつもより遅かった。日本人の自分から見ても、とてもプラス評価がつくエレメンツがあるようには見えませんでした。
彼女はこの五輪シーズンという最大のプレッシャーの中で押しつぶされているんだと思います。演技を楽しめていないし、笑顔もほとんど見ることができない。リンク上でも外でも常にマスコミがつきまとい、精神的にも肉体的にも限界なのでは。
日本のスケートファンは真央の演技が見られるっていうだけで嬉しいから、マスコミの言うことやアンチや一般人の言うことなんて全然気にしてほしくない!真央の思うようにスケートをやってほしい!と強く思います。ファンは真央の笑顔が見られればいいんですよ。1位じゃなくてもメダルなんて取らなくても。もっとスケートを楽しんでください。お願いします。
彼女の気持ちを考えると、心が痛くて涙が出てきました。

ラコステとゴゼワは見てないです。

ゲルボルトは2本フリップを跳んだように見えたんですが、どちらかをルッツで申請しているのでしょう。ちょっとせこくないか?(笑)

ギマ子さんは3-1になってしまった以外はミスがなくステキな演技に見えたのですが、あまりにも点数が低すぎてビックリでした。たしかにスケートはちょっと雑だったけど、それでもあんまりじゃないかな?と。去年のNHK杯でキスクラで満面の笑みで手を振ってくれたことを覚えています。ギマ子さんがんばって!

マッコーケルは2Lzで腹打ちみたいな転倒をしていまいました。すごく痛そうでした。今回はコーチはいないみたいで、今度はケビンさんがキスクラにいました。夫婦2人3脚でがんばって!ステップはすごくかっこよくてステキでした。
ふうふ

ディトルトはフリップで体が一回転してしまうほどのすごい転倒をしてしまい、サルコウも転倒がありました。スケーティングがとてもきれいだし、スパイラルもスピンもよかった。大好きな腕で支えるビールマンもしてくれたし。明日はジャンプがきまりますように。
Comment:4  Trackback:0
2008
10.27

スケアメ女子の感想

森下やっけ?あの実況アナウンサーうるせぇな。
ディトルトのときに、「やっと」ジャンプが成功しました。て言ったのに腹たった。

それに松岡、6分練習でヨナがループの入りでコケた時の喜び様・・・・・
ホンマにイライラする。やつらは、キャスター、局アナとしての心得がなさすぎる。
悔い改めよ。

スザンナ・ポイキオ
久しぶりにポイキオ見た。
先シーズンはケガもあったし、レピスト、キーラ、バハマーとフィンランドの過酷な代表争いに負けてもた。フィンランドは順位よりもスコアを優先するそうですね。SBの高い順に派遣みたいな。
ジャンプも大きいミスはなかった。スケートがやっぱりきれい。
ラフコンの最後の「ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん、てんてけてん♪」のとこいいわ。
みどりもアルベールヴィルで使っとったやつですね。

アネット・ディトルト
序盤のジャンプミスは残念だった。
あいかわらずかわいいですよね。
ワールドで見て惚れてしまいましたよ。
彼女はビールマンするときに、フリーレッグを手で支えてたんですが、今シーズンからやらなくなった?残念でしょうがないです。

キミー・マイズナー
衣装の色があまりにも合ってない。
ルッツがあいかわらず決まりませんね。
コンビネーションも入れられんかったし、点数も伸びませんでした。
練習では調子はまずまずだったし、スピンもスピードあったんですけどね。
ステップを踏むときのエッジも浅くてビックリしました。スピードも無かったから残念。

レイチェル・フラット
「海」ですね。
中野さんが先シーズンのプログラムで、これをやろうとしてやめたんですよね。もったいない。
ジャンプを手堅く決めてきたという印象です。ただセカンドジャンプがすごく低いですね。
若干、体が丸くなった印象でした。
プログラムを作り上げる力は見事で、プログラムが1つのストーリーになっていました。
かっこいい。

ミライ・ナガス
ジャンプが全体的にグダグダ。
回転不足は実に6回でした。
ステップでも転倒してしまいました。
イマイチ、スピンもいつものようにキレイに回れてなかった感じでした。
持っているものがいいだけに残念です。

中野友加里
良かった。
構成を落としたもののキレイなプログラムでした。
衣装も見慣れれば悪くないです。全体的に青いなーって思っていたら、胸のところに小さなピンク色の花みたいなやつがあって、それがアクセントになってて、かわいらしさアップでした。
前半の発狂(笑)シーンから、後半は彼を助けハッピーエンドという流れ。
中盤のバレエのステップは・・・・・・まぁいいと思います。
もっともっと滑り込んでほしいです。
正直言って、悲観視されていたファイナル出場ですが、見えてきましたね。

安藤美姫
3T-3Loに挑戦したものの回転不足でした。
SPに比べて、ややスピード感にかける演技だったうように見えました。
スパイラルのミスは惜しかったですね。右肩を痛めてから、逆の方向で無理矢理足を持っているので安定しないんでしょうね。ミスが多いし、グラつきも目立ちます。
最初のジャンプ以外はキレイに決まっていたし、最後のコンボなんかはとてもキレイでした。
中野さんと比べるとよく分かりませんでした。
なんか押しが弱かったです。

キム・ヨナ
すごすぎでした。
ループのミスはあったものの、全体的にスピードもキレもすごかった。
最初のコンボはSPと比べると、ランディングに流れがなかったです。
サルコウはいつも、キレイとは思えないのですが、なぜか加点ついてるんですよね。今回は普通でしたけど。
コンボスピンでミスがありましたね。ステップでステップの合間に、上半身の動作がおろそかになってしまっていたのも残念だった。
素晴らしい選手だからこそ、ミスも目立ちます。
今回の点数から換算すると、130~135点ぐらいはノーミスだと軽く出そうですね。
中国ではどんな演技をするんでしょうか?


これでスケアメ終わってしまいました。
なんか、あっという間で拍子抜けです。
次戦はスケカナですね。日本時間では土曜日の明け方です。
楽しみで仕方ないです。
Comment:6  Trackback:0
2008
10.26

スケートアメリカ 女子SP

www

1 Yu-Na KIM(韓国)69.50
2 Miki ANDO(日本)57.80
3 Yukari NAKANO(日本)57.46
4 Mirai NAGASU(アメリカ)56.42
5 Rachael FLATT(アメリカ)54.92
6 Kimmie MEISSNER(アメリカ)54.90
7 Annette DYTRT(ドイツ)48.32
8 Susanna POYKIO(フィンランド)47.82
9 Yan LIU(中国)46.96
10 Mira LEUNG(カナダ)45.74
11 Tugba KARADEMIR(トルコ)41.26

予想できんかったわけじゃないけど、ここまでとは思いませんでした。
スケアメは毎年、採点がすごい厳しいですから。

ヨナがぶっちぎりで1位。
正直なところ、LPでコケようが優勝ですよね。

あとは転倒や回転不足のことでしょう。
誰かがビックリ神演技とかしてくれると思ったのですが・・・・・
WebTVで見ようと思っても、僕クレジットカード持ってないので見れないんですよね。
おとなしく、ようつべ上がりでも見ますかね。

中野さんの評価が高くなっているのは嬉しかったです。

マルケイは棄権ですかね?



Comment:3  Trackback:0
2008
10.18

カールシェーファーメモリアル 女子最終結果

LP
1 Caroline KOSTNER(イタリア)93.07
2 Elena GLEBOVA(エストニア)87.09
3 Annette DYTRT(ドイツ)86.78
4 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)81.44
5 Tamar KATZ(イスラエル)80.60

最終順位
1 Caroline KOSTNER(イタリア)143.66
2 Elena GLEBOVA(エストニア)138.98
3 Annette DYTRT(ドイツ)138.67
4 Tamar KATZ(イスラエル)127.39
5 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)119.03

カロリーナ優勝したけど・・・・スコアがジュニアです。
スコア表見てわかるのは、ルッツもフリップも全てミスしてるとこですね。
というか-評価じゃないジャンプが2つしかないです。
ルッツが跳べないカロリーナ=不調ということなんですが、得意なフリップまで跳べないとなるとさすがにキツいですよね。
もうプレゼンテーションに完全に助けられてます。

グレボワが2位です。GPシリーズ派遣2つとれてよかった。
グレボワは加点がとにかくつかないんですよね。
ジャンプはキレイだけど、素人が見ても壊滅的に高さがない。
スピンは速いんだけど、ちょっとぶれるし。
なんか固い・・・・・
がんばってほしいな。

大好きなディトルトが3位。
結構年齢は上のほうだけど、せっかくシングルにカムバックしてきたんだから、がんばってほしいです。NHK杯も応援にいきますしね!
かわいいなぁ。
カロリーナと練習場所同じだったような・・・・・


Comment:0  Trackback:0
2008
10.16

カールシェーファーメモリアル 男女SP

男子SP
Samuel CONTESTI(イタリア)74.48
Nobunari ODA(日本)72.51
Tomas VERNER(チェコ)62.19
Martin LIEBERS(ドイツ)56.73
Igor MACYPURA(スロバキア)55.29

女子SP
1 Elena GLEBOVA(エストニア) 51.89
2 Annette DYTRT(ドイツ) 51.89
3 Caroline KOSTNER(イタリア) 50.59
4 Tamar KATZ(イスラエル)46.79
5 Katherina HADFORD(ハンガリー)39.48

コンテスティすごいよね。
イタリアの1番手もこれでチェンジなんでしょうか?
ノブナリのポイントがイマイチ。低得点の意味が分かりません。
トラは悪いトラが出ました。調子が悪いのが、今だけだといいのですが・・・・
ブレジナは棄権です。

女子、点数がちゃんと表示されていません。
SPの結果とリザルトページでむちゃくちゃです。
イマイチぱっとしないんですよね。
コストナーはルッツとフリップ転倒でした。
アイスドーム組しっかりしておくれ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top