2017
09.03

JGPオーストリア杯 3日目 男子リザルト・女子リザルト

男子LP
1 Camden PULKINEN(アメリカ)137.46 PB
2 Egor MURASHOV(ロシア)132.78 PB
3 Luc ECONOMIDES(フランス)124.71 PB
4 Mark GORODNITSKY(イスラエル)120.62 PB
5 Evgeni SEMENENKO(ロシア)120.20 PB
6 Basar OKTAR(トルコ)117.16 PB
7 Conrad ORZEL(カナダ)114.51
8 Nika EGADZE(ジョージア)113.96 PB
9 Nik FOLINI(イタリア)112.79 PB
10 Radek JAKUBKA(チェコ)111.56 PB
11 Sena MIYAKE(日本)110.91
12 Ryan DUNK(アメリカ)109.86 PB
13 Jonathan HESS(ドイツ)109.21 PB
14 Geon Hyeong AN(韓国)102.56 PB
15 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)99.31 PB
16 Luc MAIERHOFER(オーストリア)98.82
17 Nurullah SAHAKA(スイス)95.90
18 Mate BOROCZ(ハンガリー)85.66 PB
19 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)82.72 PB
20 Nikolaj Molgaard PEDERSEN(デンマーク)73.08 PB
21 Anton SKOFICZ(オーストリア)51.48 PB

男子リザルト
1 Camden PULKINEN(アメリカ)203.80 PB
2 Luc ECONOMIDES(フランス)190.59 PB
3 Egor MURASHOV(ロシア)186.76 PB
4 Basar OKTAR(トルコ)181.43 PB
5 Mark GORODNITSKY(イスラエル)177.19 PB
6 Evgeni SEMENENKO(ロシア)175.80 PB
7 Conrad ORZEL(カナダ)172.74
8 Sena MIYAKE(日本)172.69 PB
9 Ryan DUNK(アメリカ)170.71 PB
10 Nik FOLINI(イタリア)169.49 PB
11 Radek JAKUBKA(チェコ)167.34 PB
12 Jonathan HESS(ドイツ)166.55 PB
13 Nika EGADZE(ジョージア)160.52 PB
14 Luc MAIERHOFER(オーストリア)153.00 PB
15 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)152.69 PB
16 Nurullah SAHAKA(スイス)150.92
17 Geon Hyeong AN(韓国)146.86
18 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)124.26 PB
19 Mate BOROCZ(ハンガリー)120.76
20 Nikolaj Molgaard PEDERSEN(デンマーク)111.81 PB
21 Anton SKOFICZ(オーストリア)87.38 PB

ムラショフ
3A 2A 3Lz-3T 3Lz-2T-2Lo 3F so 3S 3Lo-3T 2A
本来第2グループで滑るような選手ではないので、いい意味で浮いています。ジャンプはほとんど降りられました。着氷が流れないのでプラスはもらえにくいでしょうが、回転が抜けないの大事。シャツ衣装でお腹見せるの好きなの?見せたがりなの?跳んで歩いて跳んで歩いてでしたけど、楽しいスティービー・ワンダープログラムでした。最後別の足されていましたけども。さすがロシア。

セメネンコ
3A fall 2A-3T 3Lz 3Lz-3T-2Lo 3F 3Lo 3S-2T 2A
脚の長いお子様。お子様ドンファン。力技で踏み切るあたりは女子選手を見ているようでした。また年齢を重ねて筋力がつくと変わってくるでしょうか。3S-2Tの後に掬い上げライクな振付を入れられるのはミーシン門下ならでは。14歳だけどすでに板についています。色気はもちろんありませんが、堂々と滑っていたのが好印象です。

ゴロドニツキー
2A 3F-2T 3Lz-3T 3Lo 3Lz 3S shaky 3F 2A-1Lo-2F
3Aはありませんが予定していたものはほとんど入りました。マイケル・ブーブレと双璧を成す、マストボーカルのジョシュ・グローバン。1曲での構成なので淡々としがち。ジョリヘンとかみたいにそれなりにシニアでも結果を出しているようなクラスではないと演じるのは難しい。

ライアン・ダンク
3Lz td 2A 3Lo 3S 3T shaky 3F shaky 3Lz hd 3Lo-2T shaky
着氷が堪えきれない。エレガントな動きを見せたい。そのために最適なくるみ割り人形のパドドゥを選んだという意図は理解できます。しかしながら、印象的な動きをメインに組むがあまり、ジャンプやスピンとの繋がりが薄く、プログラムが何度もブツ切りになってしまっているのです。繋がりを意識した構成にできると、動きがきれいだから素敵になりそうなのに。

オーゼル
3A 4T fall 3A-2T 3Lo df 2T-3T so 2A-1Lo-3S 3Lz 3F so
彼はジャンプの選手なのでジャンプが決まらないことには・・・。3A2本入れたのは見事でした。キャメルスピンでの崩壊ももったいない。トランジションやステップでの情感がほぼなかったので、そこがジャンプより残念だったかも。情感出てこい・・・陶酔するのだ・・・。

三宅
3A 3Lz 2A df 1Lz 3Lo 3Lz-3T fall 3S shaky 2A
3Aを着氷し、3Lzを堪えました。抜けた3Lzを後半でリカバリーしましたが、ミスが続きました。ステップでは息も絶え絶えといった様子で。まず試合で3A成功させたのは収穫。次は残りをまとめられるようにがんばれー。ステップは死にそうな表情ではなくて、ドヤ顔でよろしく。

プルキネン
3Lz-1Lo-3S 3A so 3F-3T 3A ot-2T 2A 3Lo 3F shaky 2A
別れの曲やらピアノ協奏曲やらショパンの有名な曲ごった煮。荒れる着氷でしたが転倒はありません。曲が終わってしまってから2Aを跳ぶ斬新な演技でタイムバイオレーション。尺!!!フィンランドに時々いる日本人っぽい顔。村田って感じ。

エコノミデス
3A ot 3Lz-1Lo 3Lo 3S-3T so 3Lz-1Lo-2S so 3F 2A-2T 2A
コンビネーション4回。本人としては3Lz-1Loでフェンスに近づきすぎたので取り返したかったんでしょうね。ボーカルの存在感大きすぎるところとか、3曲も使って急展開つけすぎるところとか、上体の振付が賑やかだけど足元がお留守なところとか、完全にフローラン・アモディオさんでした。黒魔術を使って体を乗っ取ったのでしょう(名推理)。

オクタル
3A fall 3Lz ot-2T 3F-3T so 3Lz shaky 3Lo-2T-2Lo fall 3S 3F 2A
SPではブノワ・リショーのミステリアスな世界観をクールに演じられていたんですけど、LPではジャンプに気を取られすぎて表現面が疎かになりました。そこは点数には反映されていますね。メダルはなりませんでしたが4位も立派。だって去年は18位と14位ですもん。しかもトルコからですよ。

プルキネンは戻ったらスピンの練習するらしいです。弱点なのでぜひ&ぜひ。ロシア選手の逆転あるで!とは言ったもののまさか本当に表彰台に乗るとは。14位から3位ですもん。今週もミスをする選手が多かったですが、本来こうですから!過去2シーズンが異常だっただけですから!慣れるな慣れるなー。

女子LP
1 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)130.00 PB
2 Eunsoo LIM(韓国)121.55 PB
3 Mako YAMASHITA(日本)116.55
4 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)106.76
5 Starr ANDREWS(アメリカ)99.35 PB
6 Moa IWANO(日本)94.05 PB
7 Angelina HUANG(アメリカ)92.42 PB
8 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)90.61
9 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)89.82
10 Polina USTINKOVA(スイス)89.05 PB
11 Loena HENDRICKX(ベルギー)83.77
12 Silvia HUGEC(スロバキア)82.20 PB
13 Alessia TORNAGHI(イタリア)78.63 PB
14 Julie FROETSCHER(フランス)78.46
15 Kristen SPOURS(イギリス)76.77
16 Ji Yun LEE(韓国)75.37 PB
17 Stefanie PESENDORFER(オーストリア)75.23 PB
18 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)73.23
19 Lara ROTH(オーストリア)71.57
20 Sophia SCHALLER(オーストリア)67.33
21 Julia LANG(ハンガリー)66.95 PB
22 Maya GORODNITSKY(イスラエル)63.91 PB
23 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)63.43
24 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)61.05 PB
25 Caya SCHEEPENS(オランダ)53.72
26 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)49.94
27 Amelia SADLER(オーストラリア)48.93
28 Mariami MESHVELIANI(ジョージア)47.07 PB
29 Elisavet MULDER-STOUPAKI(ギリシャ)35.05 PB

女子リザルト
1 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)196.68 PB
2 Eunsoo LIM(韓国)186.34 PB
3 Mako YAMASHITA(日本)181.04
4 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)160.75
5 Starr ANDREWS(アメリカ)159.28 PB
6 Moa IWANO(日本)147.99 PB
7 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)144.78 PB
8 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)140.77
9 Loena HENDRICKX(ベルギー)135.54
10 Angelina HUANG(アメリカ)134.10 PB
11 Polina USTINKOVA(スイス)133.56 PB
12 Silvia HUGEC(スロバキア)128.69 PB
13 Kristen SPOURS(イギリス)125.31
14 Alessia TORNAGHI(イタリア)124.51 PB
15 Julie FROETSCHER(フランス)120.96
16 Stefanie PESENDORFER(オーストリア)117.92 PB
17 Lara ROTH(オーストリア)113.05
18 Ji Yun LEE(韓国)112.03 PB
19 Sophia SCHALLER(オーストリア)111.94
20 Guzide Irmak BAYIR(トルコ)111.72
21 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)106.88
22 Julia LANG(ハンガリー)103.56 PB
23 Maya GORODNITSKY(イスラエル)103.31 PB
24 Caya SCHEEPENS(オランダ)90.63
25 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)89.80
26 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)83.34 PB
27 Mariami MESHVELIANI(ジョージア)80.95
28 Amelia SADLER(オーストラリア)76.35
29 Elisavet MULDER-STOUPAKI(ギリシャ)56.07 PB

スロバキアのフゲッチさんのピンク衣装素敵・・・襦袢の色味以外完璧かよ。

ロエヘン
3Lz fall 3F tano-2T tano-2Lo tano 1A 3Lz fall 3F fall 2A-1T 3S-2T tano
タノ転倒タノ転倒タノ転倒。今まではタノっても軽さで楽々跳べていたものが難しくなりました。スピードの乗り方はさすがでした。濃い目のメイクをするとジョリヘンから少し離れます。

ダスティヒ
3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-3T 3Lo 3F fall 2A
タノった3Fで転倒。インタープリテーションやコンポジションが伸びませんでした。ジャンプの安定感では他のドイツのスケーターより上なのですが、アピール力ではシニアのパイセンには勝てない部分があります。

岩野
3F-3T 3Lz 2A-3T 2A 3F so 3Lo-2T-2Lo 3S
雪の妖精のようにエアリーで素敵な滑りだったんですけども、ジャンプの回転が目に見えて足りないですね。セカンドジャンプは両方ともですし、3Fや3Loも足りない。ジュニアのこの時期で大きな問題なので根本的な改善が必要です。

グバノワ
3Lz-3T 3Lz fall 3Lo 2A 3F-2T 2A 2S fall
2本の転倒。最後は3Tでもつけてリカバリーしようとしたんでしょうか、力みすぎてしまったのでしょう。緩急をつけた滑りが美しくて魅せられるのに、本当にジャンプが。今シーズン彼女を見ることはこれ以降あるのでしょうか。

オストランド
3Lz shaky 2F 3Lo 3T-3T so 2A-1Lo 3S<< 2A-1Lo-3S
これだけジャンプで崩れてしまったのに、フェンス寄りすぎで入れられなかったコンボをリカバリー入れて成功させるガッツが素晴らしい。長めのイーグルも見せられました。トゥルシンバエワの忙しないイェントルに慣れているので、ゆったりに見えました。

アンドリューズ
3A df 3F-3T 2A 1F 3Lz+2A 3S-3T-2T tano 3Lo df
ダウングレードですが3Aを入れてきました。その他にも回転不足は目立ちますが、スカッと気持ちのいいジャンプもいくつか。ホイットニー・ヒューストンの歌声がBGMになって、映画のエンディングでキャラクターのその後を紹介しているみたいになっていました。白いギランギランの衣装は襦袢の具合も非常によくて、彼女にピッタリ。

ユンスー
3Lz-3T 3F 2A hd 3Lo 3Lz 3S-2T-2Lo 2A-2T
2Aの軸が大きく傾いて3Tがつけられなかったので、最後に2Tをつけてリカバリー。ジャンプの大きさに迫力がありました。ブラウンが昔つかったズンドコタンゴ→オブリビオン→リベルタンゴの組み合わせでした。リベルタンゴは蛇足の気がしなくもないけれど、前半2つの表現素敵でした。3Fの着氷から体をよじらせてセクシーにアピール。女性ボーカル入りのオブリビオンにピッタリの切ない表現。そりゃ点数も出ますわ。

山下
3Lz-3T-2T 3F 3S 3Lz-3T 2A fall 3Lo-2T 2A
2Aが苦手なのか他の種類のジャンプと上がり方がまるで違います。後半の3-3の回転不足などミスはありますが爆発力のある滑りでした。SPよりも音楽に入り込めていて繊細さも感じられたので、こちらの方が好みです。PCSはユンスーおより全項目上の評価でした。これは納得。SPでユンスーが上だったのも納得。

タラカノワ
3Lz tano-3T 3Lz tano-1Lo-3S 3F-2T tano 3Lo 3F 2A 2A
ジャンプの前後の工夫はさすが。3Fがそれほど得意ではないのか、これに関しては助走をしっかりととって、タノや出の工夫もありません。後半に6本のジャンプが入っているので忙しなさはありますが、前半に滑ったステップなどは一歩の大きさが違いますね。グングン進みますね。

タラカノワはジャンプもそうですけどレベルを取りこぼしていません。山下はアンダーローテーションが3つとられました。岩野は3Fが両方eマーク判定で、8本のジャンプに回転不足。これは点数出ませんね。

joshiyadeshikashihonmani.png

okunigara.png
おくにがらがでるわらいかた
syourinomai.png

カンデン・プルキネン。関西電力の省略形であり、なんでんかんでん感もある。いい名前だ。

次週はペアも始まります。出場人数どえらいです。初日は11時間!わーーー一緒にくたばりましょう。
2016
12.25

ロシア選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA MOS 153.49
2 Alina ZAGITOVA MOS 146.95
3 Maria SOTSKOVA MOS 145.51
4 Anna POGORILAYA MOS 142.17
5 Elena RADIONOVA MOS 139.05
6 Anastasiia GUBANOVA SPB 133.92
7 Stanislava KONSTANTINOVA SPB 131.85
8 Sofia SAMODUROVA SPB 126.87
9 Alisa FEDICHKINA SPB 125.61
10 Elizaveta TUKTAMYSHEVA SPB 125.35
11 Valeriia MIKHAILOVA MOS 120.83
12 Serafima SAKHANOVICH SPB 116.16
13 Alena LEONOVA SPB 114.07
14 Alisa LOZKO SPB 112.53
15 Anastasia YATSENKO PER 108.87
16 Ekaterina GUSEVA SPB 107.62
17 Natalia OGORELTSEVA SPB 102.21
18 Anastasia KOLOMIETS LEN 93.69

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA MOS 233.57
2 Alina ZAGITOVA MOS 221.21
3 Maria SOTSKOVA MOS 219.90
4 Anna POGORILAYA MOS 215.62
5 Elena RADIONOVA MOS 209.24
6 Stanislava KONSTANTINOVA SPB 200.19
7 Anastasiia GUBANOVA SPB 197.26
8 Elizaveta TUKTAMYSHEVA SPB 194.52
9 Sofia SAMODUROVA SPB 192.16
10 Alisa FEDICHKINA SPB 189.57
11 Valeriia MIKHAILOVA MOS 180.73
12 Serafima SAKHANOVICH SPB 175.53
13 Alena LEONOVA SPB 174.67
14 Alisa LOZKO SPB 170.93
15 Anastasia YATSENKO PER 164.61
16 Ekaterina GUSEVA SPB 160.66
17 Natalia OGORELTSEVA SPB 159.69
18 Anastasia KOLOMIETS LEN 137.93

オゴレルツェワ
3Lo-3Lo 2A-1Lo-3S 3Lz tano 3Lz tano-2T 2F 1T<< 2A
衣装に梅の花がついています。おや、もう春かな。セカンドループの回転不足があれど、前半とても調子がよかったですが最後の方でジャンプの抜けが2つありました。3Tが1Tに抜けて回転不足というのはなかなか見ない失敗です。ハーフトゥループ?

サハノヴィッチ
3F-1Lo-3F 3Lz 2A so 3S-3T fall 2A fall 3Lo tano 3S-2T tano
男子で3F2つの3連続を入れるメリットがないのでやる人がいない。女子でしかやらない。サハノヴィッチだけが黙々とやっているエレメンツなのです。始まりはよかったのに苦手な2Aから少しずつ乱れが。転倒した3Tは回転が足りないです。カメラに抜かれた人は母ノヴィッチ?

ロスコ
3Lz 3F 2A-3T-2T 3Lo 3S df 3F+2A 3Lo-2Lo
ジャンプの回転が足りないところはありますが、それでも予定したものがほとんど入りました。ジャンプに集中しているように見えたので、それが解消されていくと彼女の素晴らしい表現力が爆発しそう。ステップの清清しさたるや、カバンを放り投げて街中行進したい感じ。

ミハイロワ
2A-3T 3Lz 3Lo-2T 2A-1Lo-3F 3F 3Lo 3S
ABBAの曲いい曲ばかりだけど、深夜の懐かしのCD全集っぽさがめっちゃ出てました。背中の星も絶妙に古臭くて曲にピッタリ。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T 3Lz-1T 2A 3F-3T-2T tano 2A 3S
そうだここにもジュリエットさんが。エッジグイグイ倒しジュリエット。シニアで30秒伸ばさなければいけないので、最後の音楽の間延びがすごかった。あああ・・・これで私たちの愛は永遠よ後追って死ぬ・・・・えーーーでもどうしよっかなー死ぬ・・・いや待てよ・・・やっぱ死ぬわグサッ。みたいな。

レオノワ
3T ot-3T 3Lz fall 1A 3F-2T 3F shaky 3S 2A-2T-2Lo
赤ちゃんが死んでしまって、我を失う母親を演じているのでしょうか。3Loをぬくようになったので、さらにTESが出にくいことに。そんなに不得意なイメージもなかったのですが。

サモドゥロワ
3Lz tano 3Lo 3F-1Lo-3S 2A-3T 3F 3Lz-2T 2A
ジャンプが絶好調です。セビリアの理髪師かどうかはさておき、こういったジュニアから出てくる選手はまずスピードを出してジャンプを降り、存在感をジャッジや観客に印象付けるといったことが重要ですね。

フェディチキナ
3Lo 3Lz-3T 3F-2T 2A 3Lz-1Lo-3S 3S 1A
2Aの質と最後の抜けがあんまりかな?というところはありました。3Lzのエッジは大丈夫だったでしょうか。滑りがよくなっているのは、今の身長でどうやって滑ればいいか分かったということでしょうし、ロシアジュニアまでもっとよくなるはず。

コンスタンティノワ
3Lz-3T 3F tano-1Lo-3S 1Lo 2A-2T tano 3Lz tano 3F tano 2A
3Lz-3T 3Lzで後半に入る予定だったのをスルーして、後半のまあまあいった位置に3Lzを加えました。ジャンプ8本と判断されなかったのですね。3Lo1本抜けてこのスコアは立派です。グバノワよりPCS高いとは。世界ジュニア代表はすんなりとツルザギグバでいかんかもなあ。

ラジオノワ
3Lz 3F-3T shaky 3Lz-1Lo-3S 3Lo hd 2A 3Lo-2T 2A
3Lzをクリーンに降りたのになぜか3F-3Tというコンボにする謎・・・いやこれは謎ではないかも。3Fでeマークがつく可能性があるし、3Tのコンボをつけてもあまり加点が得られない。それならば一箇所に集めて、加点を取れるところで取ってしまおうという作戦。これは賢い。泣くほどだったというのは、今シーズンの状態から見て、これだけできたのが嬉しかったんでしょうね。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3F 2A 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T tano 3Lo 2A
ポゴリラヤのフライングのときの手の動きってアチョー!って感じじゃないです?さっき見たリュージュもアチョー!ってしてたから、この2人はアチョー族。他のアチョー族も募集しています。3-3のセカンドがあまり流れなかったけれどマイナスはつかないぐらい。完璧ではないけれどまとめますね。顔の怖いコーチ嬉しそうだったのに、点数発表で全然喜んでない。TES70割りましたし、完璧ではなかったですもんね。

リーザ
2A 3T-3T tano 3F fall 3Lz-2T 3Lo 3Lz fall 3S+2A tano
めっちゃいいスタートでしたのに転倒2回は厳しい。ナショナルなので加点もめちゃもらえるでしょうし、この2つで9点ぐらいは取りこぼしているでしょう。なかなか思ったようにはいかないですね。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz tano 3Lo 3F tano 2A tano-2T tano-2T tano 3S-3T-3T 2A tano
3S-3T-3Twwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww跳ぶなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwコケたらどないすんどいやwwwwwいやコケても多分勝てますけどね。すごすぎ in the heaven.余剰ジャンプは切られるというルールを生かしての表現・・・リスキーだけどこれからやる選手いますかね?

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3Lo 3F-1Lo-3S 3Lz 1A-2T tano 2A
メドベの衝撃から抜け切らないままソツコワの演技が始まってしまいました。髪の毛横にピロピロ出て寝坊したみたいになってますよ。もうちょいきれいに。回転不足怖い師匠ですが3-3や3-1-3は大丈夫そう。どこの妖精さんかな?っていう清らかさ。汚いものが生きていてすみません。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz tano 3S 3F tano 2A
はいノーミスううううううううううwwwwwwwwwwwwwwwwwwはいエテリ大勝利いいいいいいいいいいいいいいいいTES77点って何ですか?やヴぁい。さすがに緊張でグデグデになるんじゃないかと思いましたけど、ジュニア選手はここで緊張しても派遣に関係ないからしないですよね。やるだけだ。

ということで銀河点に突入したメドベさんが優勝です。アテンションのついたルッツにもマイナスがつきませんでした。3S-3T-3Tの最後はアンダーローテーションの判定です。一応判定はしてくれるらしい。優しい。10点は9個つきました。ザギトワとソツコワは回転不足なし。ポゴリラヤはeがついたのと3連の最後がアンダーローテーション。209点で5位ってどういうこと・・・?裏世界選手権作ってそこに派遣するしかないですね。
2016
12.10

ジュニアグランプリファイナル 2日目 アイスダンスリザルト・女子リザルト

今日はジュニアは2つだけ。

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)95.59 PB
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)94.29
3 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)89.74
4 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)88.59
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)86.04
6 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)81.35

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)162.50
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)161.87
3 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(ロシア)153.47
4 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)149.98
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)146.12
6 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)140.64

シュピスミ
JGPS実況テッドが言うにはステップが両方レベル2だったようです。それがTESが伸び悩んだ要因ですか。今日は滑り出しがあまりよくなくて、グッとスピードが出なかったです。後半のダイアゴナルになってもその印象は拭えずでした。女性の体がコンパクトに折りたたまれたローテーショナルは素敵。スピードと勢いがあってこそのかわいいタランテラなんだよなー。

アンルイス
アバチキナの美しさを称えるために存在するプログラム。フレンチツイズルは無事にクリアいたしました。トランジションで男女が向きを変えながらスピードを出していって、そのままステップに入るのかと思いきや、それはただのトランジションで、仕切り直しでステップに入ります。漕ぎ漕ぎじゃなくて、技術でステップ滑るぜというのはソウル感じます。

カレポノ
数ヶ月見ない間にカレイラさんの顔が大人になっている。ポノマレンコのツイズルはいつものやつでした。ファビアン・ブルザコーチにツイズルは教われないだろうし困ったものだ。最後まで動きが大きくてよかったです。ファビアンはオシャレなセットアップにレザーの靴。やだやだ変なTシャツとスニーカーじゃないとやだー。

マクカー
今回もツイズルでミスが出ました。今シーズンはずっとミスが出ています。動きが上手く噛み合わなくて、忙しい音楽に追われるままに演技が終了。不完全燃焼。

ロボドロ
男性の技術に合わせたプログラムですが、女性が上達したからこれもすごくよくなりました。グングンスピードが出て、マラゲーニャらしいマラゲーニャだけど、コテコテのスパニッシュというわけでもなくて、熱を感じるような。彼らのプログラムになりました。

パーソンズ
最終滑走の乳首透けてる兄。雨音が入っている曲なので、雨に降られてシャツが濡れ手しまったと好意的に解釈することができます。ツイズルもスピンもリフトもホールドもそうですけど、パーソンズは姿勢がかっちり決まっているので清潔感があります。健全だから小学生にも見せられます。SDでロボドロとPCSの差があったので負けると思いましたが、ほとんど同じようなPCSが出て、TESの差で勝ちました。ジュニアに出始めの2012年ぐらいの踏み潰されそうだった兄からは想像もできない結果。

ロシアVSアメリカはアメリカの勝利でした。全カテゴリーロシア優勝はならずでした。なお全組コーチはロシア人。世界ジュニアでもトップ3の戦いは続きます。アメリカはまず全米のジュニアクラスでどちらが優勝するかですね。ジャッジ受け良さそうなのはパーソンズです。マクカーはSDがどうなんだろう・・・というのが正直なところ。ロシアジュニアは3番手にどの組が入るかといったところですが、ロシアジュニアって大抵有力カップルが大チョンボして1組落ちちゃうので、シュピスミも安全圏とは言えないです。ミスったらアカンぞ。

女子LP
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)136.51 PB
2 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)133.77 PB
3 Rika KIHIRA(日本)120.38
4 Kaori SAKAMOTO(日本)111.85
5 Elizaveta NUGUMANOVA(ロシア)111.74

女子リザルト
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)207.43 PB
2 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)194.07
3 Kaori SAKAMOTO(日本)176.33
4 Rika KIHIRA(日本)175.16
5 Elizaveta NUGUMANOVA(ロシア)170.08

ヌグマノワ
3Lz fall 3F fall 3Lo-3Lo 2A 3S tano-2T tano 2A-3T-2T tano 3S
最初のジャンプ2本で躓きましたが、後半は上手く立て直しました。彼女の両手タノはとても美しいです。こういうタノなら大歓迎。前半のジャンプを成功できていれば気持ちも乗っていたことでしょう、今日は華やかさが少し足りなかったです。

紀平の応援のときに日本鉢巻のおっちゃんいた。川スミの応援時々してる外国人のおっちゃんだ。

紀平
3A<< fall 3Lz-3T 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo tano 3S 3Lz
3Aは半回転足りずに転倒。3Lzの軸が斜めになった後に根性で3Tをつけました。どうやら回転も足りているようで、女子でこんな力技ができるとは。スローパートでの2A-3T素敵。シニアのプログラムだと3Sと3Lzの間にコレオシークエンスが入るのでしょう。それも見てみたかったです。ミスはありましたが多くの人に「ああ紀平も全日本で見たかった」と思わせる演技でした。ヨカタヨヨカタヨ。

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T 3F fall 3Lo ot 2A-2T-2T
3F-3Tがいつもの質ではなかったです。+2じゃなくて0や+1になりそうです。後半の3Fと3Loのミスも痛かったです。3Loは+2が取れるので、今回の減点と本来取れる点数を考えると、これだけでも2点近い点数を失うことになります。伸びやかなスケーティングはステップでも発揮されていて印象に残りました。SPの差でここまで1位に踏みとどまりました。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T 3Lz-3T-2T tano 2A 3F tano-2T tano 2A 3S
表現とスケーティングに優れた選手です。表情もこれでもかというぐらいに作っています。でも大人びた印象は、男子ジュニアのそういった選手ほどは受けません。ジャンプのチェック姿勢から、足を下ろす動作やスピンの入りなど所々でジュニアっぽさが見えてしまうからです。天賦の才というよりは、やろうとしてやっているなって感じ。7点台後半のPCSが並びまして、女子ジュニアでは史上初めて130点の壁を突破しました。超えられそうで誰も超えられなかった。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz tano 3S 3F tano 2A
うほほほほほほwwwwwwwwwwwwwwww全部降りたwwwイカついwwwwwプログラムうんぬんよりとにかくジャンプがすごいです。後半7本スポポポポンと入れました。グバノワの歴代最高をすぐさま更新し、合計得点での歴代最高を一気に12点更新して200点の壁を突き破りました。ぴゃああああああああああwwwww技術の大勝利。速報ではTESが76点台だったので、140点近くまで出す力があるということです。

ザギトワは3Loがアンダーローテーションでした。+2がたくさんのプロトコルとなっています。グバノワはマイナスがひとつもありません。坂本は3Lzにeマーク、3Fにアンダーローテーションがつきました。あぶねえ。さてと、そろそろメディアは坂本が1番手だということを認めないか?ジャーナリズムしようぜ。世界ジュニアには誰が出るかなー。

zagigin.png

ladiespodipodi.png

hitos_20161210022014523.png

dancepodipodi.png


2016
10.09

JGPブラエオン・シュベルター杯 3日目 ペアリザルト・女子リザルト

これにて7戦しゅーーーーーりょーーーーー。

ペアLP
1 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)111.22
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)106.93
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)96.87 PB
4 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)95.92
5 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)94.90 PB
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)89.81
7 Yue HAN / Yongchao YANG(中国)87.06 PB
8 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)86.51
9 Ami KOGA / Spencer Akira HOWE(日本)85.96
10 Gabriella MARVALDI / Daniel VILLENEUVE(アメリカ)84.82
11 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)84.65 PB
12 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)82.85 PB
13 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER(アメリカ)81.23
14 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)68.64 PB
15 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)65.92
16 Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN(イスラエル)65.81
17 Jessica ROTONDO / Ryan DODDS(オーストラリア)51.44 PB

ペアリザルト
1 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)173.32
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)165.51
3 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)155.26
4 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)152.45
5 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)143.92 PB
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)138.19
7 Yue HAN / Yongchao YANG(中国)137.53 PB
8 Ami KOGA / Spencer Akira HOWE(日本)135.29
9 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)134.45 PB
10 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)134.03
11 Gabriella MARVALDI / Daniel VILLENEUVE(アメリカ)131.37
12 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)129.31 PB
13 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER(アメリカ)127.16
14 Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN(イスラエル)106.94
15 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)105.05 PB
16 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)103.43
17 Jessica ROTONDO / Ryan DODDS(オーストラリア)79.69 PB

オガバル
2Aのシークエンスのファーストで女性が両足、3Sも女性が両足着氷でした。スローループは最初から2回転、スローサルコウは両足着氷。エレメンツが決まりません。他のエレメンツもこなしている感が強いです。

ウォルシュ&ミショー
スロージャンプもソロジャンプもきれいに成功しました。このペアはジャンプよりもリフトを落とさないか心配なのですが、大丈夫でした。ただ、落下のリスクを低くするために出るときは慎重に下ろすために、流れを犠牲にしています。それにより加点は得られなくなると思います。ジュニアペアでボーカル入りのしっとり曲を丸々使って、エキシビションっぽくならないのはすごいなと思います。

あみスペ
2F-2Tをランディング。スローサルコウもがんばりました。リフトの前の助走はたっぷり取りますが、歩幅がきれいに揃っているのは印象がいいです。後半のスローループは軸が曲がっていたので降りられないです。コレオシークエンスのダンスリフトがとても美しかったです。あきらのエレガンスが発揮されておりました。この衣装は夫婦で田舎に移住してそば屋をやっているようだ。

amispe.png

ハンヤン
3T-2Tは成功しましたが3Sが両足で、スロー2本も上手くいきませんでした。スロートゥループで女性が痛そうな転倒をしましたが、男性が優しく気遣っていました。無理やり立たせないのか!後半の表現がお留守になっていたので、そこは前の週よりよくなかったです。

フォレスティ&スフォルツァ
ソロジャンプで女性が転倒。男性はいつもより質のいいジャンプを降りていただけにもったいなかったです。スローは両足2本とも両足着氷。くるみ割り人形にしては淡々としすぎていたような気がします。そして黒の衣装でいいのだろうか。

乳首弟組
3Sでの男性の転倒はありましたが、スローがクリーンに入りまして、リフトの失敗もありませんでした。まあ安定したものですよこの組は。SPと同じようにスケーティングスキルが高いです。トランジションよりコンポジション、インタープリテーションが低い変な組。だってプログラム変ですもの。

ボイコズ
序盤のソロジャンプは決まりましたが、トリスタンとイゾルデのおなじみゴクゴクプハーの箇所で入れるリフトのスピードに急激にブレーキがかかりました。これは前もだったと思うので、慢性的な問題かな。SPのフラメンコと比べるとエレメンツに集中していて、物足りなかったです。

ウスボロ
陰と陽で言うと陰のペアで、男性の感じからもこういった暗いプログラムが似合うので極めていって欲しいです。リフトがいまひとつだったり、デススパイラルの出で足をついたり、ダンスリフトのスムースさがなかったり、課題はたくさんあります。1つずつクリアしてくれー。

ミシミル
乳首弟組と同じく珍妙なメドレーを2年連続で滑りますが能力が高いことは分かるんですよね。エレメンツの準備動作の少なさは最終滑走で演技するとよく分かりますし、エレメンツの後にもイーグルだったりの工夫を入れますから。3連が少々乱れたぐらいで、今回もいいい演技です。文句なしの優勝です。

ファイナル進出者は
アナスタシア・ミーシナ&ウラジスラフ・ミルゾエフ(ロシア)1位+1位
アナ・ドゥシュコヴァー&マルティン・ビダージュ(チェコ)1位+2位
アリーナ・ウスティムキナ&ニキータ・ボロディン(ロシア)2位+3位
アミナ・アタハノワ&イリヤ・スピリドノフ(ロシア)2位+4位
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)2位+4位
エカテリーナ・ボリソワ&ドミトリー・ソポト(ロシア)3位+3位

以上の5ロシア1チェコとなりました。男子と同じくロシア攻めですが、きっとおもしろいから普段見ない人もファイナルだけは見ましょう!突っ込みどころいっぱいありますよ。

女子LP
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)129.14 PB
2 Yuna SHIRAIWA(日本)122.06
3 Yuna AOKI(日本)113.13 PB
4 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)113.06 PB
5 Eunsoo LIM(韓国)109.38
6 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)99.25 PB
7 Sarah TAMURA(カナダ)96.69 PB
8 Nina OUELLETTE(アメリカ)94.92 PB
9 Lutricia BOCK(ドイツ)86.85
10 Holly HARRIS(オーストラリア)86.71 PB
11 Chiara CALDERONE(イタリア)85.19 PB
12 Shuran YU(シンガポール)84.76 PB
13 Yi Christy LEUNG(香港)84.18 PB
14 Annika HOCKE(ドイツ)84.00
15 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)82.38
16 Hyang Mi RO(北朝鮮)82.17 PB
17 Amanda STAN(ルーマニア)80.50 PB
18 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)79.50 PB
19 Valentina MATOS(スペイン)77.72 PB
20 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)75.21
21 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)74.61
22 Sophia SCHALLER(オーストリア)74.59
23 Lu ZHENG(中国)72.61
24 Julia BATORI(ハンガリー)70.68 PB
25 Silvia HUGEC(スロバキア)70.56 PB
26 Sofia DEL RIO(メキシコ)68.29 PB
27 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)65.56
28 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)65.41
29 Federica MAGNIFICO(スイス)65.04 PB
30 Haley YAO(中華民国)62.46 PB
31 Agnieszka REJMENT(ポーランド)59.27
32 Tania MARGARIDO(アンドラ)57.20 PB
33 Linden VAN BEMMEL(オランダ)55.99 PB
34 Mara WAGNER(ルクセンブルク)52.66 PB
35 Abigail SAMUELS(南アフリカ)50.27 PB
36 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)43.06 PB
37 Aina Sorfina MOHD AMINUDIN(マレーシア)42.77 PB

女子リザルト
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)194.57 PB
2 Yuna SHIRAIWA(日本)176.66
3 Eunsoo LIM(韓国)173.21 PB
4 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)172.06
5 Yuna AOKI(日本)169.60 PB
6 Sarah TAMURA(カナダ)149.40 PB
7 Lutricia BOCK(ドイツ)145.55
8 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)144.98 PB
9 Nina OUELLETTE(アメリカ)141.50 PB
10 Yi Christy LEUNG(香港)135.25 PB
11 Holly HARRIS(オーストラリア)134.89 PB
12 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)132.88
13 Annika HOCKE(ドイツ)131.37
14 Chiara CALDERONE(イタリア)130.80 PB
15 Shuran YU(シンガポール)130.12 PB
16 Hyang Mi RO(北朝鮮)125.22 PB
17 Valentina MATOS(スペイン)120.76 PB
18 Amanda STAN(ルーマニア)120.11 PB
19 Sophia SCHALLER(オーストリア)118.57
20 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)118.08 PB
21 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)117.96
22 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)117.92
23 Julia BATORI(ハンガリー)110.31 PB
24 Lu ZHENG(中国)109.38
25 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)108.84
26 Silvia HUGEC(スロバキア)106.69 PB
27 Sofia DEL RIO(メキシコ)103.67 PB
28 Federica MAGNIFICO(スイス)100.59 PB
29 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)99.16
30 Haley YAO(中華民国)98.84 PB
31 Agnieszka REJMENT(ポーランド)91.10
32 Tania MARGARIDO(アンドラ)86.61 PB
33 Linden VAN BEMMEL(オランダ)86.35 PB
34 Mara WAGNER(ルクセンブルク)78.47 PB
35 Abigail SAMUELS(南アフリカ)75.10 PB
36 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)68.99 PB
37 Aina Sorfina MOHD AMINUDIN(マレーシア)66.25 PB
WD Diana NIKITINA(ラトビア)

ダスティヒ
3Lz-2T tano 3F-2T tano 3Lz 2A-1Lo-3S 3Lo shaky 3F 2A
ダスティヒさんというのか。幼女時代の面影を残しておらず170cmになってしまったので、ジャンプ大変でしょうけど、今日はよく降りました。感涙&ガッツポーズで本人も満足の出来だったことでしょう。

オーストラリアのハリスさんは正統派幼女でありました。軽さで跳んでいるので、これがどうなりますことか。ドイツのホックさんはジャンプこそ決まりませんでしたが、エレメンツの配置がいいです。髪形・衣装も素敵ですし、こういう選手が伸びてきてくれると嬉しいです。魅せる演技。

クリスティー
3Lz-2T tano 3Lo fall 3F 1A<< 3Lz 3S fall 2A
アメリカ出身ではなくて香港出身のちゃんと香港さんです。振付はリャザノワのようです。3Lzの安定感が素晴らしかったです。繊細な演技でした。いいものを持っている選手なので、いつか四大陸やワールドにも出場してきて欲しいです。リュン・・・リュン・・・ミラたんを思い出す名字。

タムラ
3Lz-2T 3S 2A 3Lo 3Lz fall 3S-2T-2Lo shaky 2A
3Sの質がとてもよかったです。エッジ系ジャンプの高さが出せる選手なんですね。姿勢や両足滑走の問題はこれから改善していくとして、いい演技だったと思います。メープルの民たちも客席から奇声を上げた甲斐があるってもんですよ。

ウコロワ
3Lo 3Lz-1Lo-2S 3S-2T 2T 2A 3Lz fall 1A
今日はいいウコロワさんになると思いましたのに、後半崩れました。ザヤザヤの恐怖も過ぎりましたがそれはありませんでした。上背があるので、巨匠とマルガリータの強い音楽にも負けません。ペースはゆっくりだけど着実に上手くはなっているはず。

ボック
3Lz-1Lo-3S 2Lo 3F<< so 3F so 3Lz fall 2A-3T 2A
今週はとても伸びやかに滑っていたボックさんですが、ジャンプが決まりません&回転が足りません。これにて週刊ボックさんの旅は一旦終わりを迎えるわけですが、ボックさんはいつもあなたの心の中にいます。ボック先生の次回作にご期待ください。

白岩
3Lz-3T 3S 2A 2A-3T 3Lz 3F 3Lo-2T-2Lo
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんがんばったあああああああああああああああああああああああああ追い詰められたこの展開で全部降りたああああああああああああああ!!!ボーカルが消えてからの低い姿勢からの振付とランジからの3連は痺れるぜ。衣装のビラビラは消滅しました。邪魔そうだけどおもしろかったのに。

atashiya!!!!.png

青木
3Lz-3Lo fall 3S 2A ot 3Lz 3F 3Lo 2A-2T-2Lo
3Sのランディングで脚を後ろにピンと張ってから次の動きに行くのが雰囲気あっていい。ステップの1つ1つの動きに色がついてきまして、体の向きを変えるときも、本当に誰かを探しているような、迷っているような表情を作っているんですよね。ジャンプには依然として苦労は見えるのですが、表現面とスケーティングで急激な成長を見せていて驚かされました。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T 3Lz-3T-2T tano 2A 3F-2T tano 2A 3S
スケーティングがとてもよくて、音楽に合わせた動きの変化に長けている選手です。芯のある動きが出来るようになると、さらに素敵になると思うんですよね。例えば振付に合わせて動くのも常に体をグネングネンに動かすので、叙情的かというと、そこまでは到達していない。まだまだ少女の動き。これで女性らしさが増すと、またPCSが上がりますよ。今日がジュニア初の129点台、さらに上の130点台も見えてきました。

テッドが194点クラブにようこそと言っていましたが、こうなっているからです。ジュニア歴代2位3位5位6位が194点台で、このジュニアグランプリで出ました。
2 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)194.57
3 Alina ZAGITOVA(ロシア)194.37
5 Rika KIHIRA(日本)194.24
6 Polina TSURSKAYA(ロシア)194.02

ユンスー
3Lz-1T 3F 3Lo fall 2A-3T hd 3Lz-2T-2Lo 3S 2A
今ジュニアグランプリ初の日露以外のメダルのチャンスでしたが、残念ながら抜けと転倒が出ました。細い選手ですが、ジャンプに高さや幅が出るので体が大きくなってもある程度跳べそう。

コンスタンティノワ
3Lz-3T 3Lz tano 3F-1Lo-3S 2A fall 3Lo tano 3F fall 2A-2T
128点台を出さないとファイナルに進めないというなかなかハードな状態でしたが、複数のミスが出てしまいました。2Aは豪快に高さが出る風なのにきちんと回れないというか、おかしなジャンプになってしまうんですね。スピードビュンビュンのスケーティングは評価されていますが、僅かに及ばず台落ちに。

メダルの内訳
露日日
露日露
日日日
露露露
日日露
露露日
露日韓

ロシアが5大会優勝でメダル10個、日本が2大会優勝でメダル10個、韓国が1つという結果になりました。ユンスーすげええええええええええええええええええええええええええ!

ファイナル進出者は
アナスタシア・グバノワ(ロシア)1位+1位
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)1位+1位
紀平梨花(日本)2位+1位
坂本花織(日本)2位+1位
アリーナ・ザギトワ(ロシア)1位+3位
本田真凜(日本)2位+2位
となりました。またロシアと日本です。

joshiyade.png

opairpair.png

byabye.png


こんな気持ち

若人たちの戦いは始まったばかりだぜ!


2016
09.04

JGPチェコスケート 3日目 女子リザルト・男子リザルト

女子LP
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)122.08 PB
2 Rika KIHIRA(日本)118.73 PB
3 Alisa LOZKO(ロシア)102.18 PB
4 Yuna AOKI(日本)99.19 PB
5 Hanul KIM(韓国)98.17 PB
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)94.91 PB
7 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)89.34
8 Diana NIKITINA(ラトビア)87.16
9 Heloise PITOT(フランス)80.58 PB
10 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)80.54 PB
11 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)80.34 PB
12 Elzbieta KROPA(リトアニア)79.05 PB
13 Alicia PINEAULT(カナダ)78.55 PB
14 Lutricia BOCK(ドイツ)77.70
15 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)77.03
16 Amanda STAN(ルーマニア)76.50 PB
17 Natalie KRATENOVA(チェコ)74.91 PB
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)67.91 PB
19 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)65.57
20 Sophie Davida ABRAMS(イスラエル)63.28 PB
21 Emma JANG(中華民国)61.99 PB
22 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)61.50 PB
23 Lara ROTH(オーストリア)58.17
24 Jiayin LI(中国)56.64 PB
25 Priscilla June CHAU(香港)49.95 PB
26 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR(アイスランド)49.88
27 Alua MUKHAMETKALIYEVA(カザフスタン)46.82 PB
28 Agnieszka REJMENT(ポーランド)45.44
29 Komila FARADJAEVA(ウズベキスタン)42.01 PB
30 Yekaterina TYAN(カザフスタン)33.90 PB

女子リザルト
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)185.59 PB
2 Rika KIHIRA(日本)185.51 PB
3 Alisa LOZKO(ロシア)162.28 PB
4 Yuna AOKI(日本)155.79 PB
5 Hanul KIM(韓国)149.25
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)148.82 PB
7 Diana NIKITINA(ラトビア)139.61
8 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)128.96 PB
9 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)125.89
10 Alicia PINEAULT(カナダ)125.21 PB
11 Heloise PITOT(フランス)124.86 PB
12 Lutricia BOCK(ドイツ)124.58
13 Elzbieta KROPA(リトアニア)122.36 PB
14 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)121.23
15 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)113.65 PB
16 Amanda STAN(ルーマニア)113.01 PB
17 Natalie KRATENOVA(チェコ)111.52 PB
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)104.96 PB
19 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)100.74
20 Lara ROTH(オーストリア)99.70
21 Emma JANG(中華民国)96.31 PB
22 Sophie Davida ABRAMS(イスラエル)95.63 PB
23 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)95.14 PB
24 Jiayin LI(中国)88.22 PB
25 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR(アイスランド)78.36
26 Agnieszka REJMENT(ポーランド)75.43
27 Priscilla June CHAU(香港)70.86
28 Alua MUKHAMETKALIYEVA(カザフスタン)70.86 PB
29 Komila FARADJAEVA(ウズベキスタン)66.71 PB
30 Yekaterina TYAN(カザフスタン)50.49 PB

ピノール
3Lz fall 2A-2T fall 3S so 3Lo 3T-3T fall 3S-1T 2A
3つすべてのコンビネーションの回転を始めるタイミングだったり、足をつくところがおかしかったです。ああああああああミスるううううううううで、案の定失敗してしまう。素敵なヴァイオリン音源のサムデリでエレガントスタイルでした。ジュニアですがすでにカナディアン女子の貫禄あります。

ウコロワ
3Lo td 3Lz 3S-1Lo-2S 2T 2A 3Lz 2A-2T
回転不足が怖いジャンプの数々。3Lzは一応2本降りられました。後半は前半よりきれいに入れられたのに、コンボをつけなかったから0.7掛けになってしまってもったいない。ステップ中のウィンドミルがデカくて迫力がありました。さすがは173cm。巨匠とマルガリータはロシア選手の課題曲ですが、この選曲をするところから、ロシアン魂を失っていないことが分かります。あとは変な音源と衣装ね。

エロイーズ
3Lz-2T 3Lo 3Lo fall 2A-2T 2A so 3Lz fall 2F ot-2Lo
タガメに体液吸われて死にかけているオタマジャクシのようなものが描かれている衣装。ジャンプの種類がめちゃ偏っています。トリプルを増やせないと厳しいです。曲名がピエロと記してあるので、元気のなかったピエロさんが、舞台の上で躍動する様を演じているのでしょうか。3Loが繰り返しになりましたが、その分のコンボを後半で取り戻したのは賢いです。

ボック
3Lz fall 3Lo 3F-2T 3F ot 3Lz fall 2A-2T 2A
3Lzは同じようなミスになりました。軸を調整する力も残っていなさそうなほど細いです。エッジに乗せる体重もないのか、ステップはエッジが浅かったですし、後半のアップテンポな音楽にまったくついていけませんでした。これは痩せすぎだと思います。17歳とは思えません。

ハンガリーさん
3T 3Lo-2T 2A so 1A 3Lo fall 3S-1Lo-2F hd 1S-2T
大きな3Tからいい感じで演技が始まりました。ジュニアでYo Soy Mariaを使うのはどうかと思いますが、このハンガリーさんは随分と大人っぽいから選ばれたのかもしれません。スタミナあるのはいいことです。

ハヌル
3Lz-3T 3Lo 3F so 2A-3T 1Lz 3S 2A-2T-2Lo
3Fはエッジがアウトになっていました。やはり韓国女子はルッツにスキルを全振りしている。と思ったのに何もついていなかった。韓国バイアスがかかっている。脳みそを空にして見なければ。ロミジュリでフランスのミュージカルのやつを使う選手が最近少なかったので喜んでいたら、違う曲が混ざって殺戮ジュリエットに変わってしまいました。あの殺戮ソングをネットで探したら、ロミジュリとはまったく関係ない処刑からの逃走シーンが出ましたよ。別の映画とは知ってたけど、ここまで関係ないとは。

滑走順がSPの順位の逆になった最終グループ。これはグランプリシリーズでしょうか。

ニキティナ
3Lz-3T 3F 3Lo ot 2A-2T 2Lz 2A-3T fall 3S
出だしは素晴らしかったですが、狙ったところで3Tのコンボが入れられず、焦ってしまったのでしょうか。アリスインワンダーランドでしたが、心なしか映画のアリス役のお嬢さんに似ている・・・似てないか。ジャンプの間のトランジションが極端に薄いのと、体の動きもジャンプの助走に集中しすぎてしまい、ワンダーランドではなく、超現実世界でした。

ウェッセンバーグ
3Lo 2F 2A-2T 2A 2S 3T-2T-2Lo 3S so
エッジジャンプが得意そうなのですが、抜けが残念でした。3Loや2Aは間違いなくプラスが得られる高さと流れのあるジャンプでした。アメリカ女子の伝統に逆らっています。コントロールできるようになるといいなー。

青木
3Lz fall 3S 2A-2T 3Lz-3Lo df 3F 3Lo shaky 2A ot-2T-2Lo
ステップ中のバレエジャンプめちゃ好き。いいアクセント。3Lz-3Loが冒頭に入らなかったので後半に入れましたが、成功とはなりませんでした。失敗してもコンボ消費しきったのはえらいです。あーーーーー彼がおらんとアカーーーンどうしようもあらへーーーアラモアナーーーの歌詞のとこでコンビネーションスピンをやっているのは、歌詞を反映していて素敵だと思いました。僕がこの曲を歌いながら1人でレミゼごっこをやっているのバレたからこの選曲にしたんだ。きっとそうだ。

ロズコ
3Lz fall 3F tano 2A-1Lo-3S 3Lo ot 3F tano+2A 3Lo tano-2Lo 3T
3Lzさんは転倒の上、エッジも変わっていました。ジャンプの回転不足が多い選手なので、タノさんをする前にきちんと回ることを優先して欲しいです。少々ジャンプに難があっても、スピンで押しきってしまう反則フィニッシュ。ランビ=シズニー戦法と呼ばれています。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T fall 3Lz-3T-2T 2A 3F-2T tano 2A 3S
3-3にミスが出ましたが、ジュニアデビューシーズンの選手なのにかなりスケーティングがいいです。ゆっくり見せるところでもっさりしない。もっさりしないから立ち止まって振付をおこなうところにお休み感が出ない。こういった選手は長い目で見守っていきたいです。身長伸びたらスケーティングにグライドが出て、さらに素敵になりそうです。

紀平
3A<< fall 3Lz-3T 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo so 3S 3Lz
うわああああああああああああああああああああああ怖いいいいいいいいいいいい3A前向きでコケるの怖いいいいいいいいいいいいいいい。試合の中で成功させるというのは大変です。3Fの高さが出なかったので失敗するかと思ったのですが、3つ目まで繋げたのはえらいです。2Tの基礎点分ほどの失点で済みます。夢の8トリプルもお預けになりました。彼女は表現力もあるし、姿勢も美しいですから、ジャンプだけの選手ではありません。2戦目も期待できます。あまり気負いすぎないで。

kihira.jpg

現在の女子のメダルはロシアと関西がデッドヒート。来週はエクストリームオシャレ港町横浜開催です。ロシアが3連勝するのか、日本が盛り返すのか、イェリムが食い込むか。

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)155.38
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)148.50 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)134.74 PB
4 Ivan PAVLOV(ウクライナ)134.47
5 Mitsuki SUMOTO(日本)129.41 PB
6 Joseph PHAN(カナダ)127.40 PB
7 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)121.57 PB
8 Kevin SHUM(アメリカ)119.43 PB
9 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)115.56 PB
10 Lukas BRITSCHGI(スイス)109.49 PB
11 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)108.16 PB
12 Samuel TURCOTTE(カナダ)106.02 PB
13 Tangxu LI(中国)102.68
14 Glebs BASINS(ラトビア)101.11 PB
15 Se Jong BYUN(韓国)99.59
16 Radek JAKUBKA(チェコ)97.91 PB
17 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)97.58 PB
18 Ryszard GURTLER(ポーランド)81.56 PB
19 Daniil ZURAV(エストニア)81.22
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)80.77 PB
21 Chih-Sheng CHANG(中華民国)79.71 PB
22 Daniel TSION(デンマーク)75.64 PB
23 Samuel MCALLISTER(アイルランド)67.44 PB
24 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)54.44 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)232.83 PB
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)223.60 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)207.64 PB
4 Ivan PAVLOV(ウクライナ)199.38
5 Mitsuki SUMOTO(日本)193.13 PB
6 Joseph PHAN(カナダ)189.78 PB
7 Kevin SHUM(アメリカ)178.92 PB
8 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)178.38 PB
9 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)169.67 PB
10 Lukas BRITSCHGI(スイス)163.03 PB
11 Samuel TURCOTTE(カナダ)162.04 PB
12 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)155.75 PB
13 Se Jong BYUN(韓国)155.75
14 Glebs BASINS(ラトビア)152.91 PB
15 Tangxu LI(中国)149.31
16 Radek JAKUBKA(チェコ)148.26 PB
17 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)146.00 PB
18 Daniil ZURAV(エストニア)132.93
19 Ryszard GURTLER(ポーランド)129.10 PB
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)122.35 PB
21 Chih-Sheng CHANG(中華民国)120.71 PB
22 Daniel TSION(デンマーク)113.65 PB
23 Samuel MCALLISTER(アイルランド)106.39 PB
24 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)88.55 PB

マスリアンコ
3Lo-2T 3F 3T 3Lo 3S 3T-2T 2A-1Lo-2S 2A
月の絵の入った夜空衣装のマスリアンコさん。どこかにありそうマスリアンコ。岐阜にある老舗の和菓子屋にありそう磨擦餡子。ものすごく繊細な味がしそう。予定していたジャンプがすべて成功したのでいい演技になったのではないでしょうか。LPのパーソナルベスト77点からいきなり108点に。これはすごい。

マティアス
3F 3Lz 3Lo 2A 1Lz 3T-3T 2A-2T-2Lo fall 3S
ジャンプが高い。失敗はありますが、2Loの転倒の仕方までかわいいという反則。ピンクパンサー、トマシュ・ベルネルさん。なぜハチマキを持ってきていないのですか?本日ってやらないとダメですよ。それにしてもよく動いて気持ちがいい。のびしろがいっぱい。

kodomo_20160904031034bda.jpg

タルコット
3S-3Lo 3F-2T tano-2Lo tano 1Lz 2A 3Lo fall 3F 3T 2A-2T tano
ショーン・ソーヤーさんの衣装に布が酷似している衣装。振付のよしみで衣装屋を紹介されたのでしょうか。彼のタノジャンプは、ダブルジャンプでも高さを出しているので、あまり嫌らしさなくていいと思います。プシゲレの常軌を逸した衣装のSDやナタリーの茎タイツが過ぎるシルクドゥソレイユプロでした。バテて投げやりっぽくなっちゃうのはいかん。

スイスくん
3Lz-2T 3Lo 3Lz fall 2A 3F-2T 3S 3T hd 2A-1Lo-2S
大きなミスは3Lzの転倒1つに留めました。アーティストは演じやすいですし、耳残りも非常にいいので観客が乗りやすいです。だから乗れなかったときの演技たるや。彼は細かい振付は入れていません。細かい振付を入れてこなせなくなるぐらいなら、大きく音楽を捉え、それを完璧にやろうという。そういった意図が振付から感じられました。そしてそれは成功しました。

イジー
3Lz fall 2A 3F 3T-1Lo-3S 3Lz ot-2T 3Lo ot-2T 3Lo 2A
月光~マキシムのピアノ曲~ロックオペラのベートーヴェンのやつ。これはなかなかの編曲でした。これもトマシュ・ベルネルさんが振付をおこなったのでしょうか。これはデコピンしたい。兄もジャンプの質いい。兄弟揃って3-3苦手なのは、ファーストが高すぎるのが原因かもしれません。ベルネルさん頼むよ。

otona.jpg

セジョン
3Lz 3F fall 2T df 3Lz-2T 3Lo hd 2S-2T 2A-1Lo-2S 2A hd
加点を得られそうなジャンプが見当たりません。不調の演技でした。2T3本になっていますねえ・・・。ノートルダムドパリだし、ここで提案なのですが、背中に大きな十字架を背負ってみるのはどうでしょうか。斬新なアイディア。

シャム
2A 3Lz-3T 3Lo-2T-2Lo 3F 3Lz 3Lo 3S 2A-1T
サウンドオブサイレンスの前に、博士と彼女のセオリーを入れていたのですが、バイオの曲欄に入っていないんです。これはきっとまさーちゅーせっちゅ工科大学の秀才だから、嫌らしくなると思って入れなかったんですね。ジャンプはほぼきれいに。きれいにまとまりすぎ、大人しすぎな気もする。メッセージ性(があるかは知らないけど)を込めた静かめな曲の中で、もっと強く出るところがあれば、その1つメッセージを一層強調できたりするんじゃないかなーーーと思ったりもします。んーーーまあよくわかんねえや。

須本
2A 3T 3S 3Lz-3T 3F-2T 3Lo 2A 3Lz-2T-2Lo
後半に基礎点の高いジャンプをまとめました。ベートーヴェンさんの悲愴を変ないじりなして、さっきメチャクチャにされたベートーヴェンさんも草葉の陰で喜んでいるよからのスクリャービンの悲愴でガクッとするはず。こういうクラシックの方が似合いますもんね。意外と後ろの方の項目の評価も悪くない。

oyendan.jpg

パブロフ
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lo-1Lo-2S 3Lz-2T 2A 3F 2A
ディカプリオが「Huh」てめっちゃ言う映画のプログラム。映画の内容をそれしか覚えていないという。パブロフさんはワイルド系統にシフトしていく途中なのでしょうか。いい仕上がりになったらいいなあ。

ジョセフ
3Lz 3A fall 2A-1Lo-3F so 2A-3T 3Lz-2T tano 3Lo 3T 3S hd
主人公の繊細さと彼の繊細な滑りがマッチしていると思います。船上でラリパッパなバカ騒ぎをするであろうところは、もう少し思いっきりよくやって欲しいです。誰にでも好かれるプログラムですね。後半がすごくいいんです。沈みゆく船と共に・・・ブクブクブク・・・って。

アリエフ
4T-2T 4T 3A 3F 3A-1Lo-3S 3Lz-3T 3Lo 2A
おぴょぴょぴょぴょwwwwwwwwwwwwwwwwwwww初戦でこの内容wwwwwwwwwwwww膝くる3Fを続行してくれてよかった。あれがないと生きていけない。後半の3Aから疲れが出まくっていましたが、どうにか堪えました。スタミナがんばれスタミナ。仮面の男死にそうでしたよ。

nekonoBF.jpg

サヴォシン
4T fall 3A-2T 2S 3Lz 3A 3F-2T tano 3Lo tano 2A-1Lo-3S
アリエフの後に滑ってしまうと、より一層滑らなく見えてしまいます。普通に見たらきれいに滑っているのですけどね。アリエフが盛り上がる曲だったので、サヴォシンの演歌・歌謡曲感も増幅されました。

クラスノジョン
4Lo fall 3S 3F 3A-3T 3A 3F-2T-2Lo tano 3Lz-3Lo 2A so
ロシア人がアメリカ所属でカウボーイのプログラムを滑り、ロシア人と競い合うという展開。4Loは残念でした。ジャンプの質のよさに加えて、スケーティングも大幅に向上し、改善の成果がSPだけに留まらなかったことを証明しました。演技の終盤はお疲れモードで少し荒かったですが、でも全体を見れば素晴らしかった。本人が嬉しそうだからOKです。アイスネットワークのプロフィールを見たら、ご両親の職業がお医者や研究職っぽかったので、多分いいとこの子なんでしょうね。英語は普通にしゃべれてました。子供のとき周りの子はコンボで3Tやってたけど、僕は3Loやってたーだって。テッドに3Aをとても褒められるノジョン。

tednozhon.jpg

アリエフは冒頭の4Tがアンダーローテーション、3連の1Loがダウングレードで3Sがアンダーローテーション。コンビネーションスピンがレベル2だったので、165点を出せる力はあります。チャレンジャーシリーズにでも出れば170点も見えますね。出せ出せ。クラスノジョンの4Loはダウングレードした。サヴォシンは1位3位なのでファイナル世界最速確定ならずでした。

RUSSIA_20160904031103678.jpg

digitalagain.jpg

来週はいよいよ横浜!日本に選手たちがやってきますよ。このブログの訪問者は関東の方が2/3なので、現地観戦される方もいらっしゃると思います。楽しんできてくださいね。前のめり禁止!香水や柔軟剤の使いすぎに注意!演技後の拍手とフォーは盛大に!OK?
Comment:10
back-to-top