2017
05.03

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマヌス 引退

http://www.ice-dance.com/site/cannuscio-mcmanus-move-on/

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマヌスが引退を発表しました。今後はコーチ、振付師として活動していくそうです。カップルを結成して9年が経ち、彼らが想像していた以上の活躍が出来、夢にまで見た全米選手権の表彰台にも立てたと語っています。しかしながら、今シーズンは練習が結果に結びつかず、もう1年続ける価値があるかどうか考えるようになったそうです。特に金銭的な面のことが大きかったともあります。

マリパトに指導を受けたこともありますが、ミシガンやモントリオールのアイスダンス界のメインストリームとは異なったアプローチで、アイスダンスのおもしろさを伝えてくれたカップルでありました。アメリカでは珍しいジュニア時代から組み続けて競技を続けてきたカップルでもあります。2014-2015シーズンの大ブレークで名前は大きく知れ渡りました。カペラノが同じシーズンに死の舞踏を滑りましたが、カヌマクの方が人気だったのではないかと思います。あと10年経っても、死の舞踏を忘れることはないでしょう。昨シーズンには、ユーロの伝統ベートーヴェン蹂躙プロを巧みに構成し、全米選手権の表彰台に上りました。素晴らしいキャリアです。

マクマヌスはカヌーシオのお姉さんと婚約しているので、これからも2人は仲良くやっていくことでしょう。


2016
11.26

NHK杯 2日目 アイスダンスSD

本大会のメインイベーーーーート!

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)79.47 PB
2 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)75.60
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)72.00
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)68.85
5 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)65.41
6 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)59.92
7 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)58.21
8 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)52.66
9 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)49.37

かなクリはクリスの膝の怪我で欠場となりました。今やかなクリは世界の舞台には欠かせないカップルの1組に成長したので、膝さん早く元気になってください。

マリロマ
かわいいマイコー。サスペンダーのぶっとさや、ネクタイの短さからも可愛さが増幅されます。演技から見ても、そんなに2人とも大人っぽい演技は目指していないのかな?とは思います。

パパシゼ
キーポイント1のスリーターンの後に気持ち悪いぐらいに滑りが伸びていきます。ううううううううううレベルの違いがえげつないいいいいいいいいいい。今日は非常にパパダキスの調子がよかったと思います。シゼロンより目立っていました。バランスを崩していたのか、崩すような振付だったのか分からない。だって上手すぎるから。

シニカツ
今日は!!!!!なんと!!!普通!!!!!うおおおおおおおおおおおおおお!男性に放置されないダンス。スローでフリーレッグ上げるところ映すと、男性だけつま先ビーーーンと張ってるところを見ると、そこにまで気を配る技術差があるんだなと感じます。ヴォルコフとカツラの並び久しぶりすぎる。カツラの「ありがとう」スキルレベル3 GOE+2。

ホワベイ
みんなのジャンリュック。胸毛男子から胸毛男子、そして胸毛男子へと繋がる滑走順。僕はこのプログラム結構好きなんです。他のプログラムほど突発的な編曲ではないし、ジャンリュック上手いし、ジャンリュックだし、ジャンリュックだし。変な挨拶かわいかったー。

テサモエ
パターンダンスのキーポイント2でフェンスに近づきすぎました。でもミスしてませんよーな、余裕の表情でジャッジにアピールするスコットがさすが。ツイズルはいつもの・・・なミス。現役後期からちょいちょいミスするようになったから、大事な試合では決めてください。テレビで見るとすさまじく上手い。現地で見たら内臓飛び出るほど上手いはず。

Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 9.36 9.25 9.68 9.46 9.61
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 37.62 9.39 9.25 9.43 9.46 9.50
評価がほぼ横並びですので、ジャッジの好みとその日の調子よりけりですね。

カヌマク
連戦です。先週はどうしちゃったんだろう・・・という滑りでしたが、今週の方が元気に滑っていました。でも勢いは昨シーズンには及ばないです。カヌーシオさんの眉毛の形が不思議。端っこの形整えてる途中に滑走時間が来てしまったようだ。

えみマリ
スピードでいうと他のカップルと比較すると劣る部分はあるんですけど、その分きっちりと動きを揃えようというのが見て取れました。滑走順シャッフルって恐ろしいシステムだ。

カペラノ
足ピーーーーンリフトおもしろい。ブギウギになった途端に示し合わせたように手拍子を始める観客すげえ。まばらに始まるんじゃなくて、一気に全力手拍子でしたよね?これはレベル4ですわ。今シーズンのラノッテは重曹で洗ったかのようにスッキリしているんですけど、この明るい雰囲気に合っていると思います。ここにきてスケーティングスキルの評価が辛辣に。

カリスポ
本日2人目のタンクトップ。板金塗装の仕事が終わって、高校時代のツレと公園でバスケやってますみたいな雰囲気がいい。すごく滑るわけではないんですけど、カリスポはバランスが抜群にいいので、力以上に素敵に見えます。コーチがテクニカルスペシャリストなので、レベル取りもしっかりしていますしね。

テサモエがそっと歴代最高を更新してのSDでした。ミッドラインがレベル4は強いです。パーシャルがレベル3でした。パパシゼはパーシャルがレベル2、ダイアゴナルがレベル3でした。これがテサモエと同じレベルでもちょっと届かない。テサモエがスケカナより上げてきたので、このような結果に。ツイズルでガタガタになる可能性もあるので、まだ順位は分かりません。カペラノはキーポイント2でタイミング違反が取られました。世界チャンピオンはやっぱり上手です。フランスジャッジとカナダジャッジがプロトコルで張り合ってる。かわいい。
2016
11.18

中国杯 1日目 アイスダンスSD

地獄の眠気フランス杯を超え、カメラワークと音響最悪の中国杯へと移ってきました。ふーーー!天井カメラふーーー!

アイスダンスSD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)73.78
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)73.23
3 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)72.09
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)70.24
5 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)60.13
6 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)58.57
7 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)53.43
8 Linshu SONG / Zhuoming SUN(中国)53.20
9 Hong CHEN / Yan ZHAO(中国)51.54
WD Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)

シブタニズ
ステップのレベルの取りこぼしがありましたが、動きは悪くないです。格別よくもないです。スケアメは初見だったので、エッジが少し深くなっていたことへの素直な感動を覚えたのですが、チョクベイ、テサモエ、パパシゼと出てくるとどうしてもインパクトが足りないです。どうしてアレックスは結婚式の二次会っぽい衣装なんだろう?とか。

カヌマク
ボニーとクライドをボツにして出来上がったプログラムがおなじみハーレムノクターンと、ヒップホップ踊るリッツの夜でした。カヌマクって立ち止まってダンスで魅せるタイプではないし、コレジャナイ感が出てしまうし、もっと流れるようなプログラムの方がいいと思うのですけれど。動きが重め。

カリスポ
2人の足が近い位置で次々と方向転換をして、柔らかくパターンダンスに入ります。演技始まってすぐから美しいです。ヒップホップはトランジションの部分を持て余したような印象がありました。カリシェクさんの衣装が途中でチェンジしますが、チェンジ前も後もオシャレじゃないのが素晴らしい。

ステブキ
ゴージャスリフトからスタート。ステパノワのファーストツイズルが危なかったぐらいで、いい演技でした。このおかしな音源を組み合わせた編曲もクセになってきましたし、派手派手な構成にしてPCS稼いでやろうという戦法は成功したようです。8.39 8.39 8.79 8.68 8.82 こうですからね。

ポルイスまさかの棄権とは一体。

チェンジャオ
ペンジャンのいつぞやのSP衣装みたいな色の組み合わせ。スケーティングがんばれー。しゃん男さんがコーチです。

ソンスン
ビヨンセメドレーでした。ブルースとヒップホップではなく、これはビヨンセメドレー。短いFDといった感じ。楽しいポップスの演技。

ワンリウ
中国2組の次に登場したナショナルチャンピオン様。動きの大きさや派手さ、タメや表情などさすがでした。シーユエの顔が外れてジャッジの頭にかぶりつきそうでしたもん。キスクラ担当大臣がどうしてノヴァクなんでしょう。アンジェリカから頼まれたとか?

ウィバポジェ
ツイズルで2人ともフラフラと。間のダンスはおもしろいしけど、なんだろうこの奥歯にほうれん草がはさかった感じは。間のダンスとフィニッシュは観客に大ウケでした。美女大好きチャイニーズ。

シニカツ
ブルースの始まりはいい感じ。カツラのリードも出来ています。ツイズルは回転がピッタリとは言えませんが暴走はしなくなっていました。ツイズルかけっこは終了かー。スケーティングスキルは高いのに、後半の項目でステブキに差をつけられたのは、ブルースとスウィングの演じ分けがいまひとつで、ふわっとしすぎだったからでしょうか。女性の動きが特にそうでした。カツラまた体が大きくなって木こりみたいになってきました。エキシビションで泉に斧落とす木こりと女神プロやろうぜ。

シブタニズはパーシャルでレベル2になったのが痛かったです。ステブキとシニカツは基礎点が同じだったので、実力でステブキが上に行ったということですね。FD次第でまだまだ分かりません。ウィバポジェは今大会で優勝が必要ですが、まずは第一関門クリアです。
2016
01.23

全米選手権 7日目 アイスダンスSD

第2ラウンドいきましょう。

アイスダンスSD
1 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 75.14
2 Maia Shibutani, SC of New York
Alex Shibutani, SC of New York 74.67
3 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 71.10
4 Anastasia Cannuscio, University of Delaware FSC
Colin McManus, SC of Boston 63.12
5 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 63.02
6 Danielle Thomas, Detroit SC
Daniel Eaton, Ann Arbor FSC 57.98
7 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 54.57
8 Charlotte Maxwell, Arctic FSC
Ryan Devereaux, Pittsburgh FSC 51.18
9 Alissandra Aronow, Arctic FSC
Collin Brubaker, All Year FSC 47.24
10 Alexandra Aldridge, Detroit SC
Matthew Blackmer, Detroit SC 46.16
11 Kseniya Ponomaryova, Skokie Valley SC
Oleg Altukhov, North County FSC 39.66
12 Elicia Reynolds, IceWorks SC
Stephen Reynolds, IceWorks SC 35.91
13 Tory Patsis, Skokie Valley SC
Nathaniel Fast, University ISC of San Jose 35.59
14 Gabriela Morrell Zucker, All Year FSC
Andrejs Sitiks, University of Delaware FSC 30.20

アロノウ&ブルーベイカー
久しぶりに2人の演技を見たのですけど、あれ上手くなってないです?特にパーシャルがよかったです。ツイズルは女性がブレードを掴み損ねて足をボトンと落としてしまい回転できずに0点になりました。ぱだんぱだんとラヴィアンローズというロシア人みたいな組み合わせでした。そして最後の最後にもう1度ぱだんぱだん。この最初に戻るっていうの今シーズン多いですね。

ダニエルズ
パターンパーシャルはレベル3でした。イートンはアルドリッジさんと組んでいるときに比べてほっそりとしたような。動きもリフトも軽快すぎて笑ってしまった。組み立ての頃は女性との技術力の差が露骨でしたけど、全然気にならなくなりました。パターン出てからのピョンピョンピョコーンって振付がかわいい。

ホワベイ
ホワイエクさんのドレスが薄いピンクになりました。若々しさを感じない色味。前のやつでいい気が。パーシャルでリンクの右端でキリアンホールドになったとき、後ろに倒れかけなかったでしょうか。気のせいか?ジャンリュックのヒゲが増量されて、売れないゲイの詩人みたいになってきた。おもしろいけどプログラムとは壮絶にかけ離れている気がする。でもいいよ。

シブタニズ
ピンクの人と白い人が続きます。マイアのリボンドラミちゃんみたいだ。でも似合う不思議。パーシャルも含めてオールレベル4でした。ファイナルよりもスールスルスルスルと滑っていって、全米だから点数出るんでしょ?って感じではありませんでした。実際はそうなのかもしれないけど。でも本当によかった。ひでおがごく一般的な髪型に落ち着いてしまった。

マンタ&ジョンソン
ゾンビシンデレラおつ。そういうコンセプトなのかは知らないけど、見るの2回目だけどこのプログラムやっぱいいなあ。ちょっと前半に気合入りすぎて、パターンとかは割と普通だったりはするんですけど、最初のインパクト大切ですもの。

カヌマク
マンタさんたちの次の滑走でシンデレラ。こちらはきちんと人間なので、これは生前の思い出かな?でも油断しているとフィニッシュのジャーーーーーン!で笑う。そうだこれがあったんでした。クッソおもしろい。ジャーーーーーン!じゃねえよ!って。ミラーツイズルがきれいに入りました。きれいにまとめるのって難しいですね。男性の身長が高すぎるということもあるんですけど、後半前傾姿勢になりっぱなしなのは気になりました。

アルブラ
ツイズルが・・・・・スピンになっている。ブラックマーはペアからの転向なので、そのシーズンにラベンスバーガーワルツなんて当たったのが不運としか。パターン2は歩いているみたいな形になっていました。セカンドツイズルは男性がトラベリングせずにスピンに。パターンが2と1、パーシャルが2でしたけど、アルドリッジさんがもんんんんんんのすごく喜んでいたからそれでいい。順位・点数を残すだけが試合じゃない。自分の満足できるものができるかどうか、楽しめるかどうかも大事ですもん。

チョクベイ
ベイツさんが蝶ネクタイになりました。普通にかっこいいというね。このプログラムこんなによかったっけ?と思いました。多分GPSのときは黒い瞳のことを引っ張りすぎていたんだと思います。でもそれを抜きにしてもすごくスッキリしていい感じになったと思います。やっぱうめえよチョクベイって。なんやかんやでアメリカだと圧倒的に上手かった。SDと露骨に技術の差は出るもんだ。パーシャルが1つレベル3でした。

batessan.jpg

ハベドノ
ハベドノがどんどん素敵になってしまって寂しい。FDではイジりますよ?イジりますけど、でもこのまま垢抜けすぎないいい塩梅をキープしてください。衣装はママメイドじゃなくなるのは、それはそれで寂しいからこれでいいのかも。パーシャルのレベルが3になったのが上位2組との差でした。まだレベル4つけてもらえるあれじゃないか。マディソンの表情をキャプるのがお決まりみたいになっている。べ、別にあんたのことなんて好きでもなんでもないんだからね!

madison_20160123072210913.jpg

nininbaori.jpg
ににんばおり的な行為 with ジャージ


マクスウェル&デブロー
名前は見たことあるけど演技は見たことなかったカップル。結構ベテランなんだな。アダムスファミリーでした。腕にチュッチュする振付は共通なんですね。マクスウェルさんのマダム感半端ないけど、これはマダムを演じなければいけないからマダムで正解です。濃厚なルックスのカップルでした。

シンデレラがたくさんいました。バレエ音楽もたくさんでアメリカンは保守的だなあと。ま、コーチはロシア人なんですけどね。どうしてロシア人でもロシアに住むロシア人とは趣味嗜好がこうも違うのか。ロシアのロシア人は変なやつ見つけてくるのに。

チョクベイとシブタニズの差がほとんどないのでシブタニズに優勝の可能性はあります。なんてたってあのプログラムですからね、ひょっとしたらシブタニズが勝つ確率の方が高かったりして?3位と4位以下の間がかなり開いたので、ここは動かなそう。注目は4位争いです。カヌマクが僅差でホワベイより上にきました。これはすごいぞ、こーーーれーーーはーーーすごいぞ。たぎるわー今年の全米のダンスおもしろいわー女子とペアにミスが多かったから余計に。この感じで男子も行こう。
2015
11.29

NHK杯 2日目 アイスダンスSD

誰だよ、ドア係の國分紫苑ちゃんみたいな人って思ったら本人でした。

アイスダンスSD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)68.08
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)66.57 PB
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)66.19
4 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)61.96
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)61.00
6 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)55.21 PB
7 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)53.44 PB
8 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)43.61

くまモンパーカーのおじさん見たことあるな・・・幾度となく。

かなクリ
パターンダンスはタイミング違反がとられました。哉中ちゃんは野口くんがずっと低かったし、クリスにはキャシーがずっと高かったので、お互いに身長差の不慣れというのは演技に影響したかもしれません。マーチはとても楽しそうで、表現もよかったと思います。でもホールドを組むと男女の技術差が見えてしまいますね。まだまだこれから。

えみマリ
えみちゃんのフリーレッグが迷子になるなど、小さなミスが続いてしまいました。でもプログラムの楽しそうな雰囲気は伝わってきました。オリビエが優勝したNHK杯ってもう8年前なんですね。8年前て。誕生日おめでとうって言われてた覚えがああります。

カヌマク
ローテーショナルリフトは重みが・・・すみません感謝祭なのに急遽来てくださって。パターンダンス2がレベル1になってしまいました。素人でも分かるスロー映像でのキーポイントのフラットなエッジ。スローで全部キーポイント流そうぜ。パーシャルは少しお疲れな感じ。でも変曲で笑っちゃってフィニッシュ。

ボブソロ
ドレスが白になりました。こっちの方が僕は好き。このドレスもスカートヒラヒラさせるためかスリットというか、それのための切れ込みが入っています。ロシアのスカート神になるのかボブロワ。オリンピックシーズンに、腰が引けまくっていたおかしなホールドは止めたようです。ソロビエフはもっともっと滑られると思うんですけど、今日はパッとしなかったかな?

ステブキ
もうすぐスターウォーズ公開じゃないですか?んでブキンの衣装が茶色じゃないですか?もしかして・・・もしかして・・・チューバッカ意識してます?元々髪の色茶色ですし、全身茶色にしてチューバッカ感出す作戦ですよね?頭痛があったとは思えないぐらいがんばっていました。演技終了後はしんどそうにしていました。ステパノワさんガリガリだし、脚長いし、顔も小さいのに、お胸があって寸胴じゃない。世の中とは不公平なものですね。

ペニコラ
パターンのレベルは取りこぼしましたが、バックランドの滑りがいちいちディープエッジなのが気持ちいい。スローで見ているとクームスのエッジがフラット寄りに戻ってきてしまうのに対し、バックランドはずっとディープなのをキープできているのが分かります。生え際が進行するごとにディープになる。

ハベドノ
ボーカルが強くなるにつれて、脚のスウィングを大きくさせていく工夫が見られました。歌詞と音楽の性格をよく捉えていました。マディソンの美しいインサイドエッジの滑りと、それを支える堂上の安定感のある滑り。パーシャルの最後に、2人がフリーレッグをそろえて、ゆったりと見せる。エリック杯だけではなく、本当に上手くなっているではありませんか。ハベドノが上手になっちゃうなんて・・・煮ても焼いてもどうにもならない男前こと堂上に頼りがいが出てきた。押しても引いても垢抜けなかった美人のマディソンに影が生まれた。ネタキャラにはし続けますが。

シブタニズ
しっとりの後に楽しい演技。ジャッジ席の前で顔芸しまくった演技しているなんて、気がつきませんでした。4回連続のスーパーツイズルには観客が沸きました。シブタニズはゆったりとした動きが得意でしたが、今シーズンはクイックな動きができるようになったから、そのゆったりが際立つようになったのかもしれない。八木沼さんじゃないけど、メリハリって大事ですから。基礎点が昨シーズンより2点下がったので、実質パーソナルベストみたいなものです。リラックマを叩き落すシュピルバンドはいない。

実況の浅井僚馬さんは、ミヤケンの言葉をきちんとフォローして、実況アナウンサーの鑑のような方だ。素晴らしい。

シブタニズとハベドノはファイナル確定と考えて、ボブソロが2位になるか3位以下になるかです。ボブソロが2位ならシニカツのスコアを上回るのでファイナル確定。3位であればシニカツがファイナル確定で、パイポーが7位で拾われます。ステブキは2位に上がってもファイナルには行けません。

キャシーのスケート教室にきていた子供っちは「将来の夢・・・スケート選手かな。真央ちゃんみたいな選手」と言っていました。 これを「将来の夢・・・スケート選手かな。マディソン・チョックさんみたいな選手」って言ってくれたらおもしろかったのに。
back-to-top