FC2ブログ
2020
01.09

世界選手権 女子シングルのミニマムスコアが変更

https://www.isu.org/inside-isu/isu-communications/communications/23319-isu-communication-2302/file

ISUコミュニケーション2302で、世界選手権女子シングルのミニマムスコア変更が発表されました。規定では大会のエントリー締め切り45日前までに通達すればいいということになっています。

今回の通達により、ミニマムスコアはSPで29.00が30.00に、LPで49.00が51.00に引き上げられました。

代表が決定していない国を含めて、現在ミニマムスコアをクリアしている選手がいるのは以下の国です。

3枠
ロシア
カザフスタン(トゥルシンバエワのみクリア)
日本

2枠
アメリカ
韓国
カナダ

1枠 25人
アルメニア(ガルスチャン)
オーストラリア(クレイン)
オーストリア
アゼルバイジャン(リャボワ)
ベラルーシ(サフォノワ)
ベルギー(ルナヘン)
ブルガリア(フェイギン)
中国(ホンイー)
チェコ(ブレジノワ)
エストニア(キイバス)
フィンランド
フランス
ジョージア(ウルシャゼ)
ドイツ(ショット)
イギリス
香港(クリスティー)
ハンガリー(イヴェット)
イタリア
ラトビア(クチヴァルスカ)
オランダ(ヴァンティエル)
フィリピン(ペルティケト)
ポーランド(クラコワ)
スウェーデン
スイス
デンマーク(ソレンセン) 今シーズンの試合に未出場。ユーロもエントリーなし。

カザフスタンが1枠だけ使用し、ソレンセンが出場回避だとすれば、合計で37人が出場することになります。このタイミングでの引き上げは、ISUがエントリー数抑制を図り、その対象になってしまった選手が存在することを意味します。それがこちらの3人です。

ユリア・ザウター(ルーマニア)
ISU European Championships 2019 23/01/2019 29.86
Warsaw Cup 2018 21/01/2019 50.21

ダーシャ・グルム(スロベニア)
ISU World Championships 2019 20/03/2019 32.80
ISU CS Golden Spin of Zagreb 2018 08/12/2018 50.88

ヴァレンティーナ・マトス(スペイン)
Open d'Andorra 2018 28/11/2018 29.86
Open d'Andorra 2018 28/11/2018 51.06

エントリーが43人になるとウォームアップのグループが1つ増えるので、今のうちに保険を掛けて削っておいたのでしょう。以前からあった規定なので理解はできるけど、あまり健全とは言えない気がします。現在ミニマムスコアをクリアしている選手のリストを見て点数を設定し直したはずですし、X選手を無理矢理外そうと思えば外すことができてしまうわけです。逆に引き下げて、Y選手を意図的にねじ込むこともできますが、より多くの選手にチャンスが与えられるのは引き下げの方だと思います。ミニマムスコアの引き上げはシーズン終了後だけにしてほしいです。ザウターさんもグルムさんもマトスさんも、他のミニマムスコアを持っていない選手も全員クリアして45人ぐらい世界選手権に出ればいいよ!
2020
01.06

宇野昌磨 四大陸選手権代表を辞退

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/01/06/kiji/20200106s00079000286000c.html

宇野昌磨の四大陸選手権辞退が発表されました。年明けから練習拠点を海外に移し、ステファン・ランビエールの指導を受けるためとのことです。ポジティブな理由での辞退なので安心しました。全日本選手権以上の調子で世界選手権で演技を披露してほしいです。4-3入りますように。コンビネーション消費しきれますように。ジャンプスルーしませんように。キスクラでランビエールにお説教されませんように。

四大陸選手権には2015年から出場を続け、5位→4位→3位→2位→1位で見事な階段順位アップを果たしていたので、もう上がりようのない今年はどうなるのか楽しみにしていました。正解は"辞退"でした。

補欠第1位の友野一希が繰り上がりで出場することになります。開催時期は1ヶ月後なので、準備期間もありますね。ワールドスタンディングのポイント確保して来シーズンに繋げましょ繋げましょ。
2020
01.04

ヨーロッパ選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111953.htm

男子シングル
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Maurizio ZANDRON AUT 2
3 Vladimir LITVINTSEV AZE 3
4 Alexander LEBEDEV BLR 4
5 Larry LOUPOLOVER BUL 5
6 Matyas BELOHRADSKY CZE 6
7 Michal BREZINA CZE 6
8 Aleksandr SELEVKO EST 7
9 Roman GALAY FIN 8
10 Kevin AYMOZ FRA 9
11 Adam SIAO HIM FA FRA 9
12 Morisi KVITELASHVILI GEO 10
13 Irakli MAYSURADZE GEO 10
14 Paul FENTZ GER 11
15 Peter James HALLAM GBR 12
16 Andras CSERNOCH HUN 13
17 Conor STAKELUM IRL 14
18 Alexei BYCHENKO ISR 15
19 Daniel SAMOHIN ISR 15
20 Gabriele FRANGIPANI ITA 16
21 Daniel GRASSL ITA 16
22 Matteo RIZZO ITA 16
23 Deniss VASILJEVS LAT 17
24 Davide LEWTON BRAIN MON 18
25 Thomas KENNES NED 19
26 Sondre ODDVOLL BOE NOR 20
27 Dmitri ALIEV RUS 21
28 Artur DANIELIAN RUS 21
29 Alexander SAMARIN RUS 21
30 Michael NEUMAN SVK 22
31 Nikolaj MAJOROV SWE 23
32 Illya SOLOMIN SWE 23
33 Lukas BRITSCHGI SUI 24
34 Burak DEMIRBOGA TUR 25
35 Ivan SHMURATKO UKR 26

出場国はほとんど変わっていません。前年優勝者がいるスペインからの出場がゼロなのは寂しいです。なんですくんを見てスケートを始めた子がいたとしても、2030年ぐらいにならないとユーロ出場に至らないでしょうね。ハビエル・フェルナンデス長期政権が終わったので、今年は新しいチャンピオンが誕生することになります。優勝候補筆頭はケヴィン・エイモズ。対抗としてはロシア勢とイタリア勢です。ユーロに強いビチェンコさんの活躍も楽しみです。イスラエルは2枠ありますが、国内選手権で優勝したゴロドニツキーの派遣がありませんでした。それでいいのか?ミリュコフはせっかく移籍したのに国内で負けてしまったのですね。ミハル・ブレジナさん13年連続13回目の出場。紅白常連の中堅演歌歌手みたいだ。

女子シングル
1 Anastasiya GALUSTYAN ARM 1
2 Olga MIKUTINA AUT 2
3 Ekaterina RYABOVA AZE 3
4 Viktoriia SAFONOVA BLR 4
5 Loena HENDRICKX BEL 5
6 Alexandra FEIGIN BUL 6
7 Hana CVIJANOVIC CRO 7
8 Eliska BREZINOVA CZE 8
9 Klara STEPANOVA CZE 8
10 Eva Lotta KIIBUS EST 9
11 Linnea CEDER FIN 10
12 Emmi PELTONEN FIN 10
13 Jenni SAARINEN FIN 10
14 Maia MAZZARA FRA 11
15 Mae Berenice MEITE FRA 11
16 Lea SERNA FRA 11
17 Alina URUSHADZE GEO 12
18 Nicole SCHOTT GER 13
19 Natasha MCKAY GBR 14
20 Ivett TOTH HUN 15
21 Alina IUSHCHENKOVA ISR 16
22 Alessia TORNAGHI ITA 17
23 Angelina KUCHVALSKA LAT 18
24 Aleksandra GOLOVKINA LTU 19
25 Niki WORIES NED 20
26 Ekaterina KURAKOVA POL 21
27 Julia SAUTER ROU 22
28 Alena KOSTORNAIA RUS 23
29 Anna SHCHERBAKOVA RUS 23
30 Alexandra TRUSOVA RUS 23
31 Antonina DUBININA SRB 24
32 Ema DOBOSZOVA SVK 25
33 Dasa GRM SLO 26
34 Valentina MATOS ESP 27
35 Anita OSTLUND SWE 28
36 Alexia PAGANINI SUI 29
37 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 29
38 Sinem KUYUCU TUR 30
39 Anastasia GOZHVA UKR 31

39人エントリーなので、昨年より1グループ増えます。製氷も1回増えます。日本人を寝かせてはくれないのだ。おなじみの選手が出場していません。ロリーヌ・ルカヴァリエはコカイン使用の疑いがあり、4年間の出場資格停止の可能性があります。これが真実であれば非常に残念なことです。ドイツ勢は怪我が多発しています。ダスティヒもヴァインツィアールも怪我で国内選手権をスキップしました。ヴィヴェカ・リンドフォースは腰の怪我でシーズン前半スキップです。ニコル・ライチョバーの名前がありませんが、彼女はスロバキアの財務省で仕事をしているそうで、夏もアメリカに戻らなかったので練習はしていないようです。夏時点のインタビューを読む限りでは、引退はまだする気はないそうです。職業欄に"経済アナリスト"と書いてありましたけど、まさか財務省だったとはね。現役スケーターとしては史上最高レベルのエリートだ。ヤシェム姉妹は引退してしまったし、ヨーロッパはすっかり代替わりしてしまいました。優勝争いはロシアの3人娘です。5回ぐらいコケないと表彰台から落ちないでしょうね。また順位がくるくる入れ替わるのかな。4位争いとなるとリャボワ、ペルトネン、サーリネン、メイテ、ショット、トルナーギ、パガニーニ、復活できるか?のルナヘン。イタリアは2枠に増やしてください……足りない……マジで枠が足りないの。

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA KORDEIRU CRO 2
3 Cleo HAMON / Denys STREKALIN FRA 3
4 Coline KERIVEN / Antoine PIERRE FRA 3
5 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 4
6 Annika HOCKE / Robert KUNKEL GER 4
7 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 5
8 Ioulia CHTCHETININA / Mark MAGYAR HUN 6
9 Anna VERNIKOV / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 7
10 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 8
11 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 8
12 Daria DANILOVA / Michel TSIBA NED 9
13 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 10
14 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN RUS 10
15 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 10
16 Laura BARQUERO / Ton CONSUL ESP 11
17 Dorota BRODA / Pedro BETEGON MARTIN ESP 11
18 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET SUI 12
19 Sofiia NESTEROVA / Artem DARENSKYI UKR 13

昨年はたった11組しか出ていなかったので、かなり増えることになります。フランス、ドイツ、ハンガリー、イスラエル、オランダ、スイス、ウクライナ、スペインが新たに出場を決めました。非常に喜ばしいニュースです。ヴァネシプがシプレの例の件(どうなるか分からないしデリケートなことなので、この表現で)なのか、国内選手権もエントリーしませんでした。フランス連盟がシプレの味方をしているし、アメリカ国内のことなので、最終的にどうなるのか分からない。アメリカ国内なら報道が出た時点で人生終わるでしょうね。ロシア勢の表彰台独占が濃厚ですが、デラモデルがどれだけ仕上がっているかに懸かっています。デラモデルは今年メダルを手にできないと、ストノボやザビエンが戻ってくればもっと難しくなると思います。調子が上がっていることを祈ります。ツィーグラー&キーファーは母国開催ですし、当大会の広告塔になっているので過去最高の順位に入ってほしいです。5位いけるぞ!自力でエキシいけるぞ!

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 1
2 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI BLR 2
3 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS BUL 3
4 Natalie TASCHLEROVA / Filip TASCHLER CZE 4
5 Yuka ORIHARA / Juho PIRINEN FIN 5
6 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON FRA 6
7 Evgeniia LOPAREVA / Geoffrey BRISSAUD FRA 6
8 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 6
9 Maria KAZAKOVA / Georgy REVIYA GEO 7
10 Katharina MUELLER / Tim DIECK GER 8
11 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 9
12 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 9
13 Emily MONAGHAN / Ilias FOURATI HUN 10
14 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 11
15 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 11
16 Aurelija IPOLITO / J.T. MICHEL LAT 12
17 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 13
18 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 14
19 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 14
20 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 15
21 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 15
22 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 15
23 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 16
24 Olivia SMART / Adrian DIAZ ESP 16
25 Victoria MANNI / Carlo ROETHLISBERGER SUI 17
26 Nicole KELLY / Berk AKALIN TUR 18
27 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 19

ズッコケない限りはパパシゼが優勝します。出せる点数が違います。パパシゼは5連覇を達成しているので、今年優勝すれば連覇の単独記録を樹立しますし、優勝回数の歴代最高タイ記録にも並びます。歴史に名を残すときがやってきました。2位争いはギニャファブ、ステブキ、シニカツの3組です。ロシアは1番手争いも楽しみです。ギニャファブはシーズン途中で新しくしたRDの滑り込みができていることを祈ります。スペインは国内選手権でスマディアが勝利しました。2組それぞれが個性をアピールできる良いプログラムを持っています。こちらも1番手争いが楽しみです。スペインも3枠獲れそうですね。使いきれるかは分からない。カリスポはGPSでの完成度が低かったので、ユーロでは研ぎ澄まされたダサさを見せてもらいたいです。これら3組とフィアギブで5位争いになりそうです。フィンランド代表は国内選手権優勝のオリピリです。新しいカップルながら確かな存在感を見せています。トゥルヴェルは女性の怪我で試合に出られていません。オリピリには力を発揮してもらいたいです。フランスはマリロマが国内選手権で4位に終わり、連続出場が止まりました。あのプログラムではさすがに厳しかったです。良いところを見つけるのが難しかった。研鑽を積んで来シーズンお会いしましょう。てか、あれはコーチ陣の責任だな。今大会は期待のジュニア勢も登場します。カザレビやタシュラーズがどれぐらいのランクに入るのか興味があります。シニアで活躍するのは本当に大変です。

全米選手権と重なるので地獄日程になります。おそらく自律神経がイカれるので、今から体調を整えておきましょう。僕はユーロの前半グループは諦めようと思います。
2019
12.31

クリス・リード 引退



アイスダンス日本代表のクリス・リードがYouTube上で引退を発表しました。以下文字起こし。

みなさん、クリス・リードです。お久しぶりです。

みなさんの中には、ここ数年、僕がどこで何をしているかと思っていたことでしょう。何が起こったのだろう、と心配していた人もいると思います。

でも今、僕は日本に来て幸せです。特に、この関空リンクのオープニングをキャシーと一緒にすることができて幸せです。

2018年の8月、突然僕のパートナーシップが終わってしまいました。でも、僕の目標である日本のアイスダンスを新しい世界レベルに持って行くことは、まだ強くあります。

新しいパートナーを探し、トレーニングをしている間、若いスケーターたちを教えるチャンスがありました。スケーターたちが上手くなるのを毎日見ていて、新しい目標が見え始めました。

この新しいリンクのオープニングで、木下グループ、そして関西大学に感謝しています。そして、僕の目標である日本のアイスダンスを新しい高いレベルに持って行くことができます。

2006年から僕をサポートしてくれた日本連盟に感謝します。そして木下社長、木下グループの大きな絶え間ないサポートに心から感謝します。今の僕があるのは皆さんのサポートがあったからです。

そして僕の家族に感謝します。嬉しいときも、辛いときも、僕を後ろからサポートしてくれたので、今日の僕ができました。

そして、たくさんのファンの方々。みなさんがいつも応援してくれたので、僕はいつもみなさんの前で演技するのが好きでした。みなさんのスケーティングに対するエネルギー・喜びが、僕にいつも良い演技をしようと大きな力をくれました。

もう氷の上で演技をできないことは、とても寂しいです。でも、これからはキャシーと一緒に、氷の上ではなくリンクサイドから、生徒さんたちをコーチすることに喜びを感じることを楽しみにしています。みなさん本当にありがとうございました。
------

昨年夏の哉中ちゃんとの突然のカップル解散後、選手としての音沙汰がありませんでしたが、この年末に引退発表となりました。引退後は関空アイスアリーナで、姉のキャシーや高橋成美ちゃんと共にコーチをしていくそうです。関空アイスアリーナは、カップル競技の選手育成にも力を入れるそうなので、日本代表だった3人が指導した選手が、世界に羽ばたいてくれる未来を楽しみにしています。

クリスは姉のキャシーとともに、長年日本代表としてがんばってくれました。膝の怪我に泣かされて、順風満帆な競技人生とは言えなかったかもしれません。でも、ここぞというときにやってくれる男で、サポーターを巻きながら戦ったオリンピック最終予選のネーベルホルン杯では、無事にソチの代表権を勝ち取りました。キャシーが引退してからは哉中ちゃんとカップルを結成し、結成わずか3シーズン目でアジア勢初の四大陸選手権表彰台、3度目のオリンピック出場、世界選手権アジア勢最高順位など素晴らしい功績を残しました。

クリスの演技で一番好きなものは、2012-2013シーズンのビートルズメドレーです。ビートルズの曲をメドレーにすると、フィギュアスケートでは滑りにくかったり、違和感があるのが普通なのに、リード組のメドレーは本当に素敵だったんです。国別対抗戦……良かったよなあ。僕の中で、ビートルズメドレーを滑るスケーターは、すべてリード組の完成度と比較されています。

若いスケーターたちは、怪我に負けず3大会のオリンピック出場を経験したクリスから、技術的な面だけでなく精神的な面でもたくさんのことが学べると思います。振付師として腕を磨いたキャシーとともに、日本のアイスダンスを新しい次元に、高いレベルに押し上げてください。こちらこそ本当にありがとうございました。
2019
12.29

ヨーロッパ選手権ロシア代表が決定

https://fsrussia.ru/news/4844-sostav-sbornoj-komandy-rossii-na-chempionat-evropy-v-gratse.html

男子シングル
ドミトリー・アリエフ
アルトゥール・ダニエリャン
アレクサンドル・サマリン
補欠
マカール・イグナトフ
アンドレイ・モザリョフ
ピョートル・グメンニク

女子シングル
アンナ・シェルバコワ
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
補欠
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ
アナスタシア・グリアコワ

ペア
アレクサンドラ・ボイコワドミトリー・コズロフスキー
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン
補欠
アナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ
アリーナ・ペペレワ&ロマン・プレシュコフ
アポリナリア・パンフィロワ&ドミトリー・リロフ

アイスダンス
ヴィクトリア・シニツィナニキータ・カツァラポフ
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
補欠
アナベル・モロゾフ&アンドレイ・バギン
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン
ソフィア・シェフチェンコ&イゴール・エレメンコ

順当に表彰台の選手が派遣されます。補欠はシニアの年齢の選手から順番に入っています。シニツィナ、フロロワ、サムソノフはジュニア年齢なので、ヨーロッパ選手権には出られません。

女子とペアは表彰台独占が期待されているでしょうし、男子とアイスダンスも複数メダルが望まれているはずです。男子は2枠しかない世界選手権代表の座も懸かっています。ペアも3枠目が替えられてしまうかもしれないですし、自分の未来のためにも結果を出さなくてはいけません。ハードな世界だぜ。
back-to-top