2017
10.15

JGPエーニャ/ノイマルクト 3日目 男子リザルト・女子リザルト

男子LP
1 Matteo RIZZO(イタリア)151.94
2 Andrew TORGASHEV(アメリカ)136.53
3 Vladimir SAMOILOV(ロシア)134.09 PB
4 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)133.00
5 Tatsuya TSUBOI(日本)132.46 PB
6 Daniel GRASSL(イタリア)126.12 PB
7 Ivan PAVLOV(ウクライナ)122.24
8 Sihyeong LEE(韓国)121.99
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)121.06
10 Egor MURASHOV(ロシア)115.81
11 Gabriel FOLKESSON(スウェーデン)107.22
12 Eric LIU(カナダ)105.39 PB
13 Maxence COLLET(フランス)103.54
14 Aleksandr SELEVKO(エストニア)102.86
15 Young Hyun CHA(韓国)101.01 PB
16 Jan KURNIK(チェコ)99.00
17 Luke DIGBY(イギリス)94.42 PB
18 Luc MAIERHOFER(オーストリア)93.11
19 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)91.64 PB
20 Marco ZANDRON(イタリア)90.44
21 Tomas Llorenc GUARINO SABATE(スイス)87.83 PB
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)82.46
23 Kai JAGODA(ドイツ)78.85 PB
24 Samuel MCALLISTER(アイルランド)75.55
25 Brian LEE(ニュージーランド)72.07 PB
26 Mauro CALCAGNO(アルゼンチン)63.84 PB
27 Evan WRENSCH(南アフリカ)61.15

男子リザルト
1 Matteo RIZZO(イタリア)229.18 PB
2 Vladimir SAMOILOV(ロシア)211.74 PB
3 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)206.28
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)205.56
5 Tatsuya TSUBOI(日本)198.44 PB
6 Ivan PAVLOV(ウクライナ)188.95
7 Daniel GRASSL(イタリア)188.04 PB
8 Egor MURASHOV(ロシア)181.35
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)181.02
10 Sihyeong LEE(韓国)176.16
11 Gabriel FOLKESSON(スウェーデン)157.61
12 Eric LIU(カナダ)157.57 PB
13 Maxence COLLET(フランス)157.41
14 Jan KURNIK(チェコ)155.30
15 Aleksandr SELEVKO(エストニア)151.95
16 Young Hyun CHA(韓国)151.36 PB
17 Luc MAIERHOFER(オーストリア)142.91
18 Luke DIGBY(イギリス)136.26 PB
19 Marco ZANDRON(イタリア)134.67 PB
20 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)131.66
21 Tomas Llorenc GUARINO SABATE(スイス)130.70 PB
22 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)129.22 PB
23 Kai JAGODA(ドイツ)118.73 PB
24 Samuel MCALLISTER(アイルランド)114.15
25 Brian LEE(ニュージーランド)107.94 PB
26 Evan WRENSCH(南アフリカ)101.84
27 Mauro CALCAGNO(アルゼンチン)99.59 PB

グラゼル
3A df 2A 2A 3Lz-3T 3F-1Lo-3S 3Lo 3Lz-2T 3F
アクセルばかり跳ぶからこのままアクセル攻めになるのかと。後半に点数を稼げるコンビネーションをまとめました。着氷はシェイキーとまではいきませんが、流れはないので加点はもらえないでしょうけど、しっかりと堪えました。シルクドゥソレイユなので、股関節どないなっとんねんスピンがよく映えます。

トルガシェフ
4T fall 3Lz hd 2A 3F-3T 3Lo td 3F-1Lo-3S so 3Lz-2T shaky 2A
雄大なスケーティングと着氷の荒れたジャンプの皆さん。とても雄大だったので、あまり助走という感じはしませんが、ロクサーヌの曲調にはそれほど合わなかったかなと。クラシック曲で滑る方がマッチするスケーティングです。ファイナル進出が望めるスコアはギリ出せましたが・・・。

パブロフ
4T shaky 3A hd 3A so 3F-2T 3Lz-3T 2A 3Lz-1Lo-3S 3Lo
4Tを1本にしました。片足着氷は出来ました。3Aの着氷ミスや3Lz-3Tの回転不足など、点数は取り切れなかったです。ステップの表現が昨シーズンと比較すると曖昧になっており、表現に必要な影が消え去っていました。頭の中でジャンプに意識が集中しすぎでしたかね。

壷井
3Lz-3T 3A fall 3F 3Lo-2T 3Lz 2A-1Lo-3S 3Lo 2A
あああ・・・なんて心穏やかに見られるジャンプなのでしょう。3Aは娚グレードでの転倒ですが、残りは美しいジャンプばかりでした。3Lzと3Loは特に素晴らしかったです。前回118から今回は132。頑張りました。

サモイロフ
2S 4S-3T 3A so 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T 3F fall 2A 3S td
ロシア人ってCaruso好きですよね。2本目の4Sはきれいに入りました。3Aが1本で、繰り返し跳ぶジャンプが4Sと3Sという変わったチョイス。サルコウ大好きマン。いくつかのミスはありますが、ジャンプが大きいので加点はしっかりもらえるでしょう。胴長衣装で公開処刑にならないのすごい。

ヒワタシ
4T so 3A so 3Lo 3S 2A 3Lz 3Lz-1Lo-3F hd 3F
ロヒーンが鬼のような振付にするからステップの終盤足にきて、1つ踏めなかったでしょうか。見ている分にはビックリ箱な多彩な演技ですけど、滑る方は大変。少し復活してから、2本目の3Lzの前から再び足にきて、スピードダウンしました。トランジション、コンポジションが秀でていて見応えのあるプログラムです。ラストオブモヒカンなんて絶対に合わなさそうなのに滑りこなしています。全米に大きな期待が持てます。

リッツォ
3Lz-3T 3A-2T 3Lz 3A 3F-1Lo-2S 3Lo 2A 2A
ラスボスうううううううううううううううううううううう開運なんでも鑑定団んんんんんんんんんんんんんんん先週は3Lzと3Aを同じ踏み切り場所で2本ずつ失敗してファイナル圏外に落ちていきましたのに。イタリアで、年齢的に最後のジュニアグランプリの試合で優勝という最高の締めくくりです。ロンバルディア、ジュニアグランプリと地元で好調なので、ナショナルもいけるか?ファイナルでも見たかったぜ。

ファイナル進出者
1 Alexey EROKHOV(ロシア)
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)
3 Camden PULKINEN(アメリカ)
4 Mitsuki SUMOTO(日本)
5 Makar IGNATOV(ロシア)
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)

まさかアメリカが最多議席を占めるとは。名前だけを見るとロシア人ばかりに見えますけども。須本は全日本ジュニアと全日本に挟まれて大変だとは思いますが、日本開催なので幾分マシですかね。補欠はジョセフ、エコノミデス、サヴォシンの順番。その次がヒワタシ、リッツォというシリーズになりました。

女子LP
1 Sofia SAMODUROVA(ロシア)125.52 PB
2 Alena KOSTORNAIA(ロシア)124.43
3 Rika KIHIRA(日本)119.09
4 Young YOU(韓国)117.28 PB
5 Nana ARAKI(日本)116.43
6 Ye Lim KIM(韓国)115.42 PB
7 Hanna HARRELL(アメリカ)96.54 PB
8 Alison SCHUMACHER(カナダ)96.33 PB
9 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)94.00
10 Yi Christy LEUNG(香港)89.14
11 Elisabetta LECCARDI(イタリア)86.92 PB
12 Sofiia NESTEROVA(ウクライナ)86.19
13 Lara Naki GUTMANN(イタリア)82.24 PB
14 Sofia SULA(フィンランド)79.51
15 Kristen SPOURS(イギリス)77.47
16 Oceane PIEGAD(フランス)76.91 PB
17 Annely VAHI(エストニア)75.30
18 Lucrezia GENNARO(イタリア)73.04
19 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)72.74
20 Amy LIN(中華民国)70.02
21 Caya SCHEEPENS(オランダ)69.21
22 Sophia SCHALLER(オーストリア)66.21
23 Ana Sofia BESCHEA(ルーマニア)65.64 PB
24 Aneta JANICZKOVA(チェコ)64.19
25 Marusa UDRIH(スロベニア)59.28 PB
26 Katarina KITAROVIC(クロアチア)56.47
27 Elisa YEDID(メキシコ)51.48 PB
28 Marion PAPKA(南アフリカ)51.33 PB
29 Nicola KORCK(ニュージーランド)49.68
30 Elisavet VOULGARI(ギリシャ)41.60 PB
31 Nicole Victoria MOTTCHOUK(アルゼンチン)30.96 PB
32 Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)26.13 PB

女子リザルト
1 Sofia SAMODUROVA(ロシア)192.19 PB
2 Alena KOSTORNAIA(ロシア)192.15
3 Rika KIHIRA(日本)185.81
4 Nana ARAKI(日本)181.00
5 Young YOU(韓国)177.70 PB
6 Ye Lim KIM(韓国)167.64 PB
7 Hanna HARRELL(アメリカ)152.41 PB
8 Alison SCHUMACHER(カナダ)148.76 PB
9 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)142.94
10 Elisabetta LECCARDI(イタリア)140.24 PB
11 Yi Christy LEUNG(香港)138.05
12 Sofiia NESTEROVA(ウクライナ)135.57
13 Lara Naki GUTMANN(イタリア)130.61 PB
14 Kristen SPOURS(イギリス)124.36
15 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)117.28
16 Sofia SULA(フィンランド)116.08
17 Annely VAHI(エストニア)115.43
18 Oceane PIEGAD(フランス)115.42 PB
19 Lucrezia GENNARO(イタリア)114.87
20 Amy LIN(中華民国)109.83
21 Caya SCHEEPENS(オランダ)104.29 PB
22 Sophia SCHALLER(オーストリア)102.55
23 Ana Sofia BESCHEA(ルーマニア)95.44 PB
24 Aneta JANICZKOVA(チェコ)92.75
25 Marusa UDRIH(スロベニア)92.49 PB
26 Katarina KITAROVIC(クロアチア)91.52
27 Elisa YEDID(メキシコ)81.74 PB
28 Marion PAPKA(南アフリカ)80.88 PB
29 Nicola KORCK(ニュージーランド)77.29
30 Elisavet VOULGARI(ギリシャ)64.86 PB
31 Nicole Victoria MOTTCHOUK(アルゼンチン)46.35 PB
32 Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)40.64 PB


イェリム
3Lz tano-3T 3Lo tano 3F tano 2A-3T 3S tano 3Lz tano 2A-2T-2Lo shaky
ジャンプ後半7本は止め、冒頭に3Lz-3Tと3Loを持ってきました。1曲で滑り切るプログラムですので、後半がジャンプばかりだとバランスが悪くなります。3Lzにコンビネーションをつけようとしていたので、本来はもっときれいにまとまるはず。安定してハイスコアを出しているのに、日露戦争に掻き消される・・・。

レッカルディ
2A-3T 3Lz 3F fall 3Lo 3T ot-1Lo-3S fall 3S-2T 2A
イタリア人の蝶々夫人でした。彼女の表現を堪能するにはジュニア尺では物足りません。早くシニアで滑るんだ!かっこいいコーチはゼレンカなのか!元コーチ欄見て気がつきました。サラサラヘアーはどこへ行った。

シューマッハ
3Lz 2A-3T 3F-2T 3Lo-2T-2Lo 3F shaky 3Lo fall 3S fall
前回はめちゃ転倒&めちゃ回転不足が取られてかなり苦しい演技でした。今回は前半はとてもいいジャンプを降りられたのに、後半でバタバタと崩れました。朗らかな表情で滑るだけで印象変わるよ!

ハレル
3F-3T fall 3Lz tano-2T tano 3Lo 2A-1Lo-3S fall 3Lz tano 3F fall 2A
タノでの転倒が2本。合計3本転倒したのに悲壮感漂わせないバネのある動き。黒い瞳と打って変わって、陽のラテンプログラムでした。黄緑モップ衣装はダンサーも見習いましょう。

ヨンユー
3Lz-3T 3S 3Lo tano 3F tano 3Lz 2A-3T fall 2A-2T-2Lo
ジャンプのプログラムで助走が目立つ部分があります。しかしながら、要所要所ではきちんと音を拾って、パイレーツオブカリビアンの世界を構築していたので、助走が雰囲気を損ねていたとまでは言えないです。前回同様熱心なファンがついている事からも期待の大きさが分かりますが、じっくり育っていってー。

荒木
3Lz-3T 3Lo so 2A 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S
爽快なドリルッツOK。3Loは少し回転が足りずに降りてきてしまったのでステップアウトしました。素早い上体の動きと、ヌルヌルと滑る足元が上手く噛み合った悠久の歴史ロマン感じるステップから、回転安定のヘアカッター入りレイバックのフィニッシュが素敵。

コストルナヤ
3Lz 3F-3T tano 3F-2T-2T 3S-3T 3Lo 2A 2A
ノーミスのクリーンプログラムです。今週はSPよりもLPの方が完成度が高かった!先週のSPと今週のLPを合わせたら最高。もっと出ると思ったらそうでもなかった。僕はじんわりと感動していて、「これは132ぐらい出ますえ・・・さすがですわ・・・」と思っていたのに。戦犯はフリップか!

紀平
3A so 2A-3T so 3F tano 3Lz-3T 3Lo 3Lz tano-2T-2Lo 3S
ああああああああああああああああああああああステップ2転倒はああああああああああああああああああ失敗出来ないから硬くなってしまったでしょうか。軸の動かないレイバックスピンがトラベリングした事からも、本来の彼女ではないと分かります。転倒が響いたかな・・・。うおおお・・・なんとかファイナルに滑り込んだ。

サモドゥロワ
3Lz tano 3S tano 3Lo tano 3Lz tano-2T-2Lo 2A-3T tano 3F tano+2A 3F tano
よくタノり&降りました。サモドゥロワは大人びていて音楽に憑依出来るの強みがある一方で、エテリ軍に比べると「ジャンプいくよー」感は出てしまいます。緻密なトランジションも世界の流行りになりつつあるので、点数を伸ばせる余地はありますね。サモドゥロワ英語インタブがんばる。

インタブ見ると、昌磨にも英語インタブ受けて欲しい。

ファイナル進出者
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)
2 Sofia SAMODUROVA(ロシア)
3 Alena KOSTORNAIA(ロシア)
4 Daria PANENKOVA(ロシア)
5 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)
6 Rika KIHIRA(日本)

ひええええ・・・ロシア帝国。次点は山下、荒木、ユンスーとなりました。

露露日
露韓日
露日米
露日露
露日露
露日露
露露日

このメダルの内訳からもロシア大正義が分かります。無傷の全勝ロシア勢、日本勢は全大会で表彰台、ユンスーとエミーが1つずつメダルというシリーズでした。

来週にはシニアのグランプリシリーズが開幕します。怪我持ちの選手が心配だったり、引退へのカウントダウンが始まったり、国内選手権羅ラッシュがあと2カ月だと考えると。あーーーやだやだ。怖い怖い。

otyame.png

lastselfie.png


2017
10.14

JGPエーニャ/ノイマルクト 2日目 女子SP・アイスダンスリザルト

女子SP
1 Alena KOSTORNAIA(ロシア)67.72
2 Rika KIHIRA(日本)66.72
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)66.67 PB
4 Nana ARAKI(日本)64.57 PB
5 Young YOU(韓国)60.42 PB
6 Hanna HARRELL(アメリカ)55.87 PB
7 Elisabetta LECCARDI(イタリア)53.32 PB
8 Alison SCHUMACHER(カナダ)52.43
9 Ye Lim KIM(韓国)52.22
10 Sofiia NESTEROVA(ウクライナ)49.38
11 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)48.94
12 Yi Christy LEUNG(香港)48.91
13 Lara Naki GUTMANN(イタリア)48.37 PB
14 Kristen SPOURS(イギリス)46.89
15 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)44.54
16 Lucrezia GENNARO(イタリア)41.83
17 Annely VAHI(エストニア)40.13
18 Amy LIN(中華民国)39.81
19 Oceane PIEGAD(フランス)38.51 PB
20 Sofia SULA(フィンランド)36.57
21 Sophia SCHALLER(オーストリア)36.34
22 Caya SCHEEPENS(オランダ)35.08
23 Katarina KITAROVIC(クロアチア)35.05 PB
24 Marusa UDRIH(スロベニア)33.21 PB
25 Elisa YEDID(メキシコ)30.26 PB
26 Ana Sofia BESCHEA(ルーマニア)29.80 PB
27 Marion PAPKA(南アフリカ)29.55 PB
28 Aneta JANICZKOVA(チェコ)28.56
29 Nicola KORCK(ニュージーランド)27.61
30 Elisavet VOULGARI(ギリシャ)23.26 PB
31 Nicole Victoria MOTTCHOUK(アルゼンチン)15.39 PB
32 Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)14.51

ハレル
3F-3T tano 3Lz fall 2A
好きなスケーターがサーシャ・コーエンだけあって黒い瞳の音源が同じ。いや、編曲までまるっきり同じ。音源2曲だから意識しないとこの編曲にはならないのですよ。2Aはこれぞディレイドジャンプといった質でした。ちゃんと一番上に上がってから締めて回る。気持ちいい。元体操選手だけあって背筋がビシッとしてかっこいい。

コストルナヤ
3F-3T tano 3Lz 2A
今週も安定した滑りでした。彼女は後半にジャンプを詰め込んでもセカセカしては見えないので、リラックスして見られます。PCSが意外と爆発しなかった。ちょっとあっさり目な演技だったと言えばそうだったかも。2選手続けてで僕の好きなプログラムの編曲してくれてありがたい。

紀平
2A tano 3F-3T 3Lz tano
3Lz降りて、おそらく先生から奇声が飛びました。うんうん、やっぱり濱田先生は奇声上げてナンボですね。ジャンプの素晴らしさはさる事ながら、紀平のいいところはスピンですね。日本女子で一番安定感があると思います。後ろの看板を見てもトラベリングがない事が分かります。特にレイバックスピンは微動だにしていません。靴の裏にネジがついていて、氷の下から電動ドリルでギュイーーーンって回しているみたい。

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A
音楽の世界に入り込むのが得意で、「私この曲滑って3年目ですけど?」感を出すのが上手。どのプログラムでもそういった雰囲気に見えます。だからこその毎度のインタープリテーションの評価なのでしょうね。声かわいい。

荒木
3F-3T 3Lz 2A
ヘアカッタースピンすげー。回転が速すぎて逆に遅く見えるという。レイザーラモンHGの腰振りと同じ。ドリルッツ素晴らしい。ステップ中のダブルツイズルからのちょい溜めーのもう1回転ツイズルがオシャレ。

レッカルディ
3Lz 3T-3T 2A
次世代のジャダ・ルッソさんこと。ジャンプの回転がギリギリなので、試合によって点数が乱高下しそう。172cmもあってコントロールは大変でしょうけど、魅せますねえ。背は高くとも、まだまだあどけなさは残ります。女性らしさを身につけたら、どのようなアーティストになるおでしょう。

イェリム
3F tano-3T 3Lz hd 2A
3F-3Tのセカンドは回転が少し足りません。タノルッツは迫力がありましたが手をついてステップアウトに。首が前方へ突っ張っているように見えるのと、がに股気味なのが気になるところ。

ヨンユー
3F-3T 3Lz 2A
ジャンプにミスはありません。韓国女子のドヤドヤ表現力のためにあるような曲Don't Rain On My Paradeでした。上位4名と比べるとスピードであったり、トランジションで課題は見えます。韓国女子はソヨンもダビンもユンスーもそうですが、JGP1年目はしっかりと名前を売り、2年目に結果を残すというパターンが多いです。ヨンユーも今は安定したジャンプで名前を売る時期です。

コストルナヤは3Lzがアテンション判定。トップ3はステップは揃ってレベル3でした。上位勢がほとんどミスをしない熱い展開です。特にトップ3はPCSが横並びで痺れます。漫画の月刊誌ならLPだけで8カ月費やすでしょうね。

アイスダンスFD
1 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)87.94 PB
2 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)85.34
3 Alicia FABBRI / Claudio PIETRANTONIO(カナダ)78.73
4 Ellie FISHER / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)78.29 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)76.76
6 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK(アメリカ)72.46 PB
7 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)72.09 PB
8 Loica DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)69.61 PB
9 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)68.95
10 Mathilde VIARD / Renan MANCEAU(フランス)62.39 PB
11 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)61.87 PB
12 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)56.07
13 Adelina ZVEZDOVA / Uladzimir ZAITSAU(ベラルーシ)55.80
14 Cindy-Lilli ZIMMERLI / Volodymyr NAKISKO(スイス)50.98 PB
15 Karolina Elizabeth CALHOUN / Michael Albert VALDEZ(ブラジル)45.95 PB
16 Malene NICHITA-BASQUIN / Jaime GARCIA(スペイン)45.57 PB
17 Lucy BURTON / Thomas INGALL(チェコ)45.03 PB

アイスダンスリザルト
1 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)149.01 PB
2 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)146.78 PB
3 Alicia FABBRI / Claudio PIETRANTONIO(カナダ)136.01 PB
4 Ellie FISHER / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)133.38 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)130.48
6 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK(アメリカ)125.30 PB
7 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)123.83 PB
8 Loica DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)116.72
9 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)115.18
10 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)107.07 PB
11 Mathilde VIARD / Renan MANCEAU(フランス)100.44 PB
12 Adelina ZVEZDOVA / Uladzimir ZAITSAU(ベラルーシ)97.74
13 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)93.79
14 Cindy-Lilli ZIMMERLI / Volodymyr NAKISKO(スイス)87.39 PB
15 Karolina Elizabeth CALHOUN / Michael Albert VALDEZ(ブラジル)84.14 PB
16 Malene NICHITA-BASQUIN / Jaime GARCIA(スペイン)79.82 PB
17 Lucy BURTON / Thomas INGALL(チェコ)76.72 PB
WD Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)

ファブピエ
ファーストツイズルはゆったりですが、ロクサーヌの緊迫感を表現するにはゆったり回転の方が適していますね。ここでスルスル回られてもおもしろくない。冒頭にボーカルを持ってきて一気に注目を集めて、その迫力を最後までキープ。かっこよかったー。低身長という圧倒的な不利を跳ね飛ばした見事な滑りでした。メダルが決定して2人とも涙。

ポリヴァク
SDと同じだけど、FDの方が圧倒的にハマっている黒鳥バサバサローテーショナルリフト。今シーズンのお気に入りエレメンツのひとつです。素晴らしい表現とポリシュチュクの衣装。そしてひどい編曲。演じるパート絞ってーーーーー。

ウシャネク
シンプル高速ツイズルやツイストローテーショナルリフトなど、エレメンツのインパクトで言えばジュニアカップル一の2人。SDではポリヴァクに軍配が上がりましたが、高いパフォーマンスとインタープリテーションでFDではPCSで上にきました。ジュニアのFDでTES40点超えは素晴らしい。

ファイナル進出組
1 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)
5 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)
6 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)

ポイントランキング8位までがロシアなので、とにかくロシアでした。カレポノとラジュラガがいてくれたおかげでアンバランスにならずにすんだー。ロシアの4組は別々の先生の生徒です。被りなしです。上手い具合に分かれたもんだ。
2017
10.13

JGPエーニャ/ノイマルクト 1日目 アイスダンスSD・男子SP

音も映像も不安定。

アイスダンスSD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)61.44 PB
2 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)61.07 PB
3 Alicia FABBRI / Claudio PIETRANTONIO(カナダ)57.28 PB
4 Ellie FISHER / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)55.09 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)53.72
6 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK(アメリカ)52.84 PB
7 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)51.74 PB
8 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)49.83
9 Loica DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)47.11
10 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)46.23
11 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)45.20 PB
12 Adelina ZVEZDOVA / Uladzimir ZAITSAU(ベラルーシ)41.94 PB
13 Karolina Elizabeth CALHOUN / Michael Albert VALDEZ(ブラジル)38.19 PB
14 Mathilde VIARD / Renan MANCEAU(フランス)38.05 PB
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)37.72
16 Cindy-Lilli ZIMMERLI / Volodymyr NAKISKO(スイス)36.41 PB
17 Malene NICHITA-BASQUIN / Jaime GARCIA(スペイン)34.25
18 Lucy BURTON / Thomas INGALL(チェコ)31.69

ルイス&バイ
男性の演技力に課題を感じます。ただ滑っているだけだと美しい。でもそこに腕の振付が入るとやらせている感が。女性はそんな事はないんですけども。大きなミスはありませんが、デビューイヤーから5位辺りで安定してしまっています。

ファブピエ
名前だけを見ると完全に地元のカップル。しっとり&まったりのプログラムです。身長差があるとサンバでガーーっと押し切って、リフトぶん回し戦法がとれます。でも2人はたった4cm差なので、それは難しい。だからこういったホールドを組んでしっとりと滑るチョイスがベストですね。いいスコアにガッツポーズが出ました。

ポリヴァク
タイミングはズレズレなものの、勢いのあるツイズルでした。パターンダンスが終わってからストップする振付があります。ここで明確にチャチャとサンバの変化がありました。ノットタッチまでのトランジションは2人が常に手を触れており、パーシャルステップのような雰囲気。流れに必然性があります。

ウシャネク
少々ホールドが崩れていようが、個性とエレメンツの質でカバーしてしまう2人。クラシカルなスタイルが好きな方にはハマらないでしょうが、ダンスに興味を持ってもらえるきっかけになりそうな飛び道具。武器でいうと鎖鎌。男女の移動距離が随分と違うので、女性の背が160cm前後になり、技術バランスが取れてくるといいなと思います。トランジションはポリヴァクより高評価でした。

18組滑ったのに12組分しか動画がない・・・さすが不安定。

男子SP
1 Vladimir SAMOILOV(ロシア)77.65 PB
2 Matteo RIZZO(イタリア)77.24 PB
3 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)73.28
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)69.03
5 Ivan PAVLOV(ウクライナ)66.71
6 Tatsuya TSUBOI(日本)65.98
7 Egor MURASHOV(ロシア)65.54 PB
8 Daniel GRASSL(イタリア)61.92
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)59.96
10 Jan KURNIK(チェコ)56.30 PB
11 Sihyeong LEE(韓国)54.17
12 Maxence COLLET(フランス)53.87
13 Eric LIU(カナダ)52.18 PB
14 Gabriel FOLKESSON(スウェーデン)50.39
15 Young Hyun CHA(韓国)50.35 PB
16 Luc MAIERHOFER(オーストリア)49.80
17 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)49.20
18 Aleksandr SELEVKO(エストニア)49.09
19 Marco ZANDRON(イタリア)44.23
20 Tomas Llorenc GUARINO SABATE(スイス)42.87 PB
21 Luke DIGBY(イギリス)41.84 PB
22 Evan WRENSCH(南アフリカ)40.69 PB
23 Kai JAGODA(ドイツ)39.88 PB
24 Samuel MCALLISTER(アイルランド)38.60
25 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)37.58
26 Brian LEE(ニュージーランド)35.87 PB
27 Mauro CALCAGNO(アルゼンチン)35.75 PB

ムラショフ
3A hd 3F shaky-3T 3Lz
先生が違うのにコフトゥンっぽく見えるのは、踏み切りの癖が強いからでしょうか。体の傾け具合がそれっぽい。今回も背&腹見せ。

リッツォ
3A 3F-3T 3Lz
この1カ月で4度目のリッツォ。4度目ともなれば新しく思う事は特にありません。今回は先週よりもリラックスをして滑れていました。ジャンプの質もいいです。ジャンプの準備動作を少なくする事が今後の課題でしょうか。さあ問題は明後日のスタミナ。1日休みがあるから大丈夫かな?優勝してもファイナルには届かないので、他選手のファイナル進出を阻む立場に。

ヒワタシ
3A shaky 3Lz 3F-3T
3Aがプチ帰宅。クリーンなランディングではありませんが、回転は足りていたので1つクリア。3Lzもクリーンとはいえないですけど一安心の演技でした。イナバウアーは今日もかっこいい。足首折れそうなレフトインの傾け具合が鋭すぎてかっこいい。

トルガシェフ
3Lz 2A 3F ot-2T
3F-3Tが3F-2Tになりました。基礎点の減少が約3点で、元々取れるはずだったGOEと失点分のGOEで約1.5点ですから、前回の点数からちょうどそれがなくなったぐらいです。3Aが入れられないと、ノーミスで滑らない事には勝負が出来ません。

グラゼル
3A fall 3F-3T 3Lz tano
かわいいチャップリン3Aで転倒。彼はこのリンクで練習しているようですし、モチベーションは人一倍あるはずです。

パブロフ
2A 3F-3T 3Lz
3Aにはならずとも、要素抜けではないのでプラスはもらえそうです。コンポジションがもう少し出てもいい気はしますが、他選手の項目と比較すると妥当と言わざるを得ない絶妙な位置。

サモイロフ
3A 3F-3T 3Lz
クリーンクリーン&クリーンな演技でした。ジャンプを失敗する気配が微塵も感じられませんでした。ジュニアラストイヤーだけあって大人ですね。場違いなレベルで大人。I字スピンのフィニッシュは迫力ありました。サモイロフもプルシェンコの生徒だったとは、結構手広くやってるのね。

ザンドロン弟驚異の192cm。シングルで、しかもジュニアでこの身長でジャンプ跳べるものなのですね。顔がふくらはぎより細そう。

壷井
3Lo-3T 3Lz 2A
3Lzはフリーレッグを引くのが少し遅れましたが、きれいに降りられました。TESもPCSも前回とほぼ同じです。もっと出てもいい気がするけど、比較するとやはりこれぐらいが妥当なのはパブロフと同じ。

ファイナル進出争いですが、ムラショフは最低2位が必要なのでかなり厳しい情勢。ヒワタシは2位だと152.94を出さなければならないですから、それよりも優勝の方がありえます。トルガシェフは2位以内か、3位で134.37を出せばいけます。ファイナル争いに関係のないサモイロフとリッツォが1、2になったのは、現在ポイント5位のイグナトフにとってはありがたい状況です。この順位のままフィニッシュですとイグナトフが確定です。そしてトルガシェフはLPで123.01を出せば4位でもファイナルに行けます。
2017
10.08

ジャパンオープンの感想

パディントンとの癒着。

女子
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)152.08
2 Mai MIHARA(日本)147.83
3 Alina ZAGITOVA(ロシア)145.28
4 Mirai NAGASU(アメリカ)134.69
5 Marin HONDA(日本)133.41
6 Karen CHEN(アメリカ)116.32

ミライ
3A df 3F-3T 3S 2A-3T-2T 3Lz 3Lo-2T 3Lo
3Aは両足ですが回転が認定されました。どのパネルでも1兆パーセント回転は認定されるでしょう。3点近くGOEで引かれても3F分ぐらいは点数がもらえるので美味しいです。3F-3Tは厳しいパネルなら3Tにアンダーローテーションをつけると思います。苦手な3Sもそうですし、コンビネーションジャンプも着氷が流れるようになりました。24歳にしてジャンプの質が向上しているではありませんか。アメリカ女子が皆不安定な状況で、ミライが一番安心して見ていられるかも。オリンピック代表実は堅かったりして。

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3F so 3S 3Lo 2A-1Lo-2S
3Fにつけられなかったコンビネーションを最後に持ってきました。最後のジャンプが1Aにならなかった!やったー。このプログラムは流れ重視でノーミスありきになっています。JOで8点ちょいなので、GPSだと7点台中盤の評価になるのではないかと。日本勢の新葉、三原、本郷と比べて薄味に感じます。関西の出汁は薄く見えて塩分多いから、腎臓痛めつけるプログラムに仕上げてくれ!ラジオノワのトゥーランドットまで・・・いやそれ以上に。一見薄く、実は濃くね。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T tano 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz tano 3S tano 3F tano 2A
2A-3Tのセカンドが少しつんのめったぐらいで、ミスしないですね。じゅんじゅんが2Aの前のターンをカウンターと説明していましたが、両方ともブラケットじゃないか?ツイズル、ループの次に覚えやすいから覚えましょう。うんしょって、出っ張るように踏むのがブラケットですよ。{←こんな形になるって説明されるけど、トレースなんて素人に分かるわけないだろはっ倒すぞ!と思っている人は、「うんしょはブラケット」と覚えてください。なんですビチェンコに挟まれたザギトワが誘拐されてるように見えるキスクラ。コミュニケーション不能のチームに見えて、ビチェンコさんがウクライナ人だから大丈夫なんだなこれが。

カレン
3Lz-3T< 3F衣装をギラギラとさせています。今シーズンもパッションさせるのですね。来シーズンはジプシーミュージック滑りそう。回転の足りていた3回転が2本だけのアンダーローテーション祭りに。成長期大変だ。

三原
3Lz-3T 2A 3F 2A-3T 3Lo 3Lz-2T-2Lo 3S tano
衣装の変化に気がつくじゅんじゅん。肩紐にヒラヒラがつきました。素敵になってよかったー!3Sで両手を上げて降りた時に、板垣さんが「加点が見込まれます!」と語気を強めて言ったの笑ってしまいました。ノーミスのクリーンプログラムでした。5番ジャッジはメドベよりも高いPCS評価です。2人目の大先生?ここぞという時にやってくれる大先生なの?

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz! tano 3F tano 3Lo 2A tano-2T tano-2T tano 3S tano-3T 2A tano
プログラム2個目。前のプログラムは確実にハイスコアが狙えますけど、路線が似通っていた(実際はそれぞれあるんだけど)ので、これぐらいチャレンジしてくれた方が嬉しい。メドベはストーリーテラーですし、及第点ではあると思うんですけど、何でしょうね。DOIで滑ったので滑り込めていない事はないんですけど、魔性・狂気・ヒステリックさ・カラカラの喉が愛を欲する切迫感が足りないかな。美しさの裏に秘める物を表現して欲しいのに、美しさで収まるんですよ。来月18歳ですからね、まだまだ子供だ。最強スケーターがどう調理するのか2月まで楽しみが増えました。点数は出ますよ?当然9点台が並びますけど、点数だけでは測れない事はありますもの。

男子
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)189.47
2 Nathan CHEN(アメリカ)178.46
3 Shoma UNO(日本)175.45
4 Nobunari ODA(日本)158.24
5 Jeremy ABBOTT(アメリカ)143.48
6 Alexei BYCHENKO(イスラエル)128.52

ビチェンコ
3T fall 4T-3T 3Lo 1A 3A 3Lz 2F-1Lo-3S shaky 2A
3Tの転倒で肩を打ったようですが大丈夫でしょうか。活動費を捻出するための大会で怪我をしてしまっては・・・中野さんのバンクーバーシーズンのJOが蘇る。うあああああああああああああ。フライングキャメルが遅くなりましたし、チェンジシットスピンは足換え後のポジションが高く、5回転ほどしかしていませんね・・・あああ・・・。2枠あるので間違いなくオリンピックには選考されるでしょうが、早くよくなりますように。ボレロなんてまた全部降りないとプログラムが成立しないような難しい選曲をして。

アボットくん
3F-2Lo 3Lo 3A hd 2A 1A-1Lo-3S 3Lz-2T 1A 1Lz
プロトコルのエレメンツの順番ゴチャゴチャやんけ。マイウェイからの君の瞳に恋してるではなく、マイウェイ1曲で滑り切りました。これはアマチュアスケーターでは滑られないプログラムですね。競技生活に別れを告げる演技となりました。お疲れ様でした。これからも美しくあり続けてください。

織田くん
4T-3T 4T 3A fall 3A hd 3Lz-1Lo-3S< df 3F 3Lo 2A
これがプロ競技での最後の演技。2本の4回転がきれいに入りました。今はコンビネーション跳び直していいんだよと思いつつ、スピンが続くところでスタミナが切れかかっていたのでそれを求めるのは酷ですね。4年間のブランクは大きく、現役選手のようなエネルギッシュな演技・緻密な構成とはいきませんでしたが、コーチやタレントをしながらもこれだけ出来るぞという一流の力を見せてもらいました。

なんですくん
4T 3S-2T 3A-2T 4S 3Lo 3A 3Lz 3F-1Lo-2S
4Sが3Sになり、コンビネーションで3Tを入れられなかった事とコンビネーションスピンでのトラベリングを除けば技術的にしっかりとした演技でした。滑りはシーズン後半のバキバキさはなく、JO用の仕上がりですね。それでもこれだけ出来るのが実力者ですよ。

ネイサン
4Lo 4F< fall 4Lz-2T 3Lz-3T 4T shaky 3F-2T-2T 2S 3A
最終的には5種6クワド予定?5種5クワド予定?どっちにしろ怖い。これだけ4回転の本数が多いと助走が多いので、ステップとコレオシークエンス以外がアレなんですけど、昨シーズンフィンランディア杯で見てそう思ったので、結局いい具合に仕上げてくるはず。この構成で最後までスピンの速度が落ちないのは異常。牛の胃みたいに心臓4つあるのかな?

昌磨
4Lo 4S df 3A 4F fall 4T 4T<< 3A-1Lo 3S
成功したクワドは4Loと4Tでした。あまり調子がよくないと試合前に語っていたので予想出来た内容です。それにしても3Aはハーフループまでつけてコンボを入れなかったのはなぜに。いけそうでしたけどね。後半の3Aが+REP扱いになり、コンボ0本になりました。175点が低スコアとされる時代。オーストラリアの物価ぐらいインフレしてるわ。

チーム順位
1 Team Europe 615.35
2 Team Japan 614.93
3 Team North America 572.95

BSの放送は15日なので録画予約お忘れなく!
2017
10.08

JGPバルティック杯 3日目 男子リザルト・アイスダンスリザルト

男子LP
1 Alexey EROKHOV(ロシア)143.06
2 Camden PULKINEN(アメリカ)140.83 PB
3 Conrad ORZEL(カナダ)134.98 PB
4 Koshiro SHIMADA(日本)130.99
5 Igor EFIMCHUK(ロシア)127.96 PB
6 Luc ECONOMIDES(フランス)124.92 PB
7 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)120.39
8 Aleksandr SELEVKO(エストニア)119.32
9 Mark GORODNITSKY(イスラエル)118.33
10 Matteo RIZZO(イタリア)118.28
11 Yan HAO(中国)116.92
12 Dinh TRAN(アメリカ)112.38 PB
13 Kai Xiang CHEW(マレーシア)110.12 PB
14 Nurullah SAHAKA(スイス)107.76 PB
15 Sunghoon PARK(韓国)105.68 PB
16 Kims Georgs PAVLOVS(ラトビア)100.20 PB
17 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)96.31
18 Erik MATYSIAK(ポーランド)95.39 PB
19 Artur PANIKHIN(カザフスタン)94.81
20 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)92.11
21 Ryszard GURTLER(ポーランド)90.43
22 Denis GURDZHI(ドイツ)88.14
23 Milosz WITKOWSKI(ポーランド)83.24 PB
24 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)82.34
25 Jakub KRSNAK(スロバキア)69.70
26 Alp Eren OZKAN(トルコ)63.24
27 Mikalai KAZLOU(ベラルーシ)61.91
28 Nikhil PINGLE(インド)42.20 PB

男子リザルト
1 Alexey EROKHOV(ロシア)221.89
2 Camden PULKINEN(アメリカ)209.35 PB
3 Conrad ORZEL(カナダ)196.05
4 Luc ECONOMIDES(フランス)195.96 PB
5 Igor EFIMCHUK(ロシア)194.44
6 Matteo RIZZO(イタリア)192.79
7 Koshiro SHIMADA(日本)190.46
8 Yan HAO(中国)182.56
9 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)181.52
10 Mark GORODNITSKY(イスラエル)175.29
11 Aleksandr SELEVKO(エストニア)174.27
12 Dinh TRAN(アメリカ)172.91 PB
13 Kai Xiang CHEW(マレーシア)171.93 PB
14 Nurullah SAHAKA(スイス)157.81 PB
15 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)156.61 PB
16 Sunghoon PARK(韓国)156.02 PB
17 Kims Georgs PAVLOVS(ラトビア)152.04 PB
18 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)147.70
19 Erik MATYSIAK(ポーランド)142.27 PB
20 Ryszard GURTLER(ポーランド)139.66 PB
21 Denis GURDZHI(ドイツ)137.92
22 Artur PANIKHIN(カザフスタン)137.03
23 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)130.54
24 Milosz WITKOWSKI(ポーランド)116.87 PB
25 Jakub KRSNAK(スロバキア)107.55
26 Alp Eren OZKAN(トルコ)100.19 PB
27 Mikalai KAZLOU(ベラルーシ)97.40
28 Nikhil PINGLE(インド)64.11 PB

島田
3S 3Lz-3T 3Lo 2A-2T-2Lo 3F 3S-2T 3Lz 2A
安定しています。横からのショットでも分かる3Fのアウトサイド踏み切りを除けば加点のもらえるジャンプが多くありました。ジャンプはいいので、スピンの出などにも曲想を損なわない工夫が欲しいところ。必須要素感がね。

イジー
3Lz-2T tano 2A 3F 3T-1Lo-3S 3Lz fall 2Lo-2T 3Lo 2A
3Lzの転倒は高く上がりすぎての失敗に見えました。ジャンプを跳ぶ前に構えが長いのは、ジャンプの質だけではカバーしきれない部分があるように思います。最後のスピンの前に両膝ついて転倒扱いになるもったいないミス。でも結構点数出た。

オーゼル
3A-2T 4T-3T 2A 3Lo 4T fall 2A so 3Lz-1Lo-3S 3F
昨日の6分練習で衝突をしてしまったオーゼル。今日は元通りになったようです。PCSがもらえないならTESぶっ放せばいいじゃない方式。2本目の3Aが抜けましたが2回転半回ってカナディアンをガード。楽譜をめくる振付のところ、ツバつけ過剰ですね。札数える商店街のおじさんレベル。ダンケシェーンセンキュージンクイエありがとうというドイツ語英語ポーランド語日本語という謎の言語チョイスでお礼。ロシア語でも言ってあげて!ロシア人いっぱい見てるから!

プルキネン
3Lz-1Lo-3S 3A-2T 2F-3T 3A shaky 3Lz 1Lo 3F 2A
3Fと3Loの抜けた分で10点弱のロスになります。抜けはコケよりなんとやらですが、滑りに対して影響を及ぼす失敗ではなかったので、PCSにはほとんど影響がなさそうです。

ヤンハオ
2A 3Lz-3T so 3Lo fall 2Lz 3F 3Lo shaky-1T 3S 2A-1Lo-2F
3Loの踏み切るタイミングがはやっ・・・ああああああああああ転倒。ジャンプの質がいい選手なのに、後ろ3本のジャンプの迫力が尻すぼみに。動きがこじんまりとしてしまって、彼の実力は出し切れなかったです。

エフィンチュク
3T 3A-2T 3A 1Lz 3Lo 3Lz 3F df 2A+2A
サム・スミスのボーカル入りに調教されきっているので、物足りなく感じます。頼りきりはいけないけれど、ボーカルの力を借りる事も大切です。ジャンプが続き、旋律が分からないから、演技の主題も見えにくく、失敗が続けば演技のもっさり具合が倍化していきます。むずかしい。

エコノミデス
3A fall 3Lz-1Lo-2S 3A hd-3T fall 3S-2T 3Lz fall 3F 3Lo so 2A shaky
3Aで手をつきオーバーターン。そこからほぼ垂直に踏み切ったので、回転が大幅に足りず、打ちつけられるように転倒しました。痛そう。ジャンプをこれだけ失敗しても、ステップでパッションパッション出来る精神力が素晴らしい。諦めない、心、素晴らしい、それ。

リッツォ
3Lz td 3A shaky 2Lz 1A 3F-1Lo-3S 3Lo-3T so 3A so 2A
2本の3Lzを同じ位置で、2本の3Aを同じ位置で失敗。3Lzは同じような軸の傾き方で失敗したので映像巻き戻ったのかと。後半は3-13を入れ、入れられなかった3Tコンボを入れ、抜けた3Aをもう一度跳ぶリカバリーでTESを取り戻しにきました。酷使疲れが出てきたでしょうか。表彰台には留まるかと思いましたがファイナル圏外まで落ちるとは。

エローホフ
4T-2T 4S fall 1A 4T shaky 3Lz-1Lo-2S 3Lo 3F-3T 3Lz
ジャンプジャンプジャンプ!見よジャンプを!ジャンプ!というジャンプ大正義。1本ぐらい抜けようが転倒しようが、3クワド大正義。

いやー荒れたー。

連勝のエローホフと1位+2位のプルキネンがファイナル確定。

次週は初戦2位のトルガシェフ、3位のヒワタシとムラショフ、5位の壷井とパブロフ、6位のリッツォ、初戦のサモイロフです。この顔ぶれで現在ポイント4位(1位+4位)の須本を3人以上が上回る組み合わせはないですね。という事で須本もファイナル確定。クラスノジョンと合わせて4人まで決まりました。

エローホフ(1位+1位)、クラスノジョン(1位+1位)、プルキネン(1位+2位)、須本(1位+4位)の次はイグナトフ(2位+3位 416.10)

トルガシェフは2位以内なら確定。3位と4位でも可能性はあります。
ヒワタシとムラショフは優勝なら確定。2位でも可能性はあります。
壷井とパブロフは優勝し、トルガシェフが4位以下、ヒワタシとムラショフが3位以下ならファイナルに進出出来ます。
初戦で6位以下の選手はファイナルに進出出来ません。
イグナトフは2戦の合計スコアが高いので、2位+3位で並ばれてもファイナルを逃すのは考えにくいです。進出パターンが多いです。
ジョセフ(4位+2位)は、トルガシェフが5位以下か192.02以下で4位かつ、ヒワタシとムラショフが3位以下かつ、壷井とパブロフが2位以下でファイナルに進出出来ます。

イグナトフが最も有利で、次がトルガシェフかな?

アイスダンスFD
1 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)86.15
2 Caroline GREEN / Gordon GREEN(アメリカ)75.80 PB
3 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)74.82
4 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)72.15 PB
5 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)69.40 PB
6 Olivia MCISAAC / Elliott GRAHAM(カナダ)68.96 PB
7 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)67.23
8 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)66.42
9 Wanqi NING / Chao WANG(中国)66.12 PB
10 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)63.50
11 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)62.02
12 Gaukhar NAURYZOVA / Boyisangur DATIEV(カザフスタン)60.55 PB
13 Natalie TASCHLEROVA / Filip TASCHLER(チェコ)59.28 PB
14 Olexandra BORYSOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)58.55
15 Sabrina BITTNER / Andrej LEBED(ドイツ)57.53 PB
16 Yohanna BROKER / Yann THAYALAN(ポーランド)57.08 PB
17 Gioia PUCCI / Kevin OJALA(エストニア)50.45 PB
18 Lorena BUBCSO / Alfred SOREGI-NIKSZ(ハンガリー)40.90 PB
19 Julia KIM / Shokhrukh SULTANOV(ウズベキスタン)26.62

アイスダンスリザルト
1 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)150.78
2 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)133.85
3 Caroline GREEN / Gordon GREEN(アメリカ)131.23 PB
4 Olivia MCISAAC / Elliott GRAHAM(カナダ)122.40 PB
5 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)122.19
6 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)121.31 PB
7 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)120.55 PB
8 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)114.58
9 Wanqi NING / Chao WANG(中国)114.41 PB
10 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)111.81
11 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)108.56
12 Natalie TASCHLEROVA / Filip TASCHLER(チェコ)105.33 PB
13 Sabrina BITTNER / Andrej LEBED(ドイツ)101.41 PB
14 Gaukhar NAURYZOVA / Boyisangur DATIEV(カザフスタン)100.47 PB
15 Olexandra BORYSOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)99.39
16 Yohanna BROKER / Yann THAYALAN(ポーランド)97.52 PB
17 Gioia PUCCI / Kevin OJALA(エストニア)87.67 PB
18 Lorena BUBCSO / Alfred SOREGI-NIKSZ(ハンガリー)73.59 PB
19 Julia KIM / Shokhrukh SULTANOV(ウズベキスタン)51.87

N代目ダリア・ポポワとアリョーシンが5分練習で衝突。多分大丈夫。この練習グループは衝突スレスレの場面が多くてヒヤヒヤでした。

ポポベリ
ローテーショナルリフトでベリコフのトゥピックが氷に引っかかって落下しました。その他にもムーブメントでモタついたり、リフトの下ろし方がスムースでなかったり、コレオリフト回し損ねたり男性のミスがかなり多かったです。

新グレアム組
骨太くんは顔がドンブー&オシェイだな。ストレートラインリフトは安定感がありました。女性の脚もきれいに上がっています。男性の顔の位置は笑えます。オンタリオの湖の近くで仲間たちとキャンプして、2人抜け出してイチャコラするカップルっぽいプログラムでした。イスラムのとーちゃん、ポルイスは元気ですか?

フダナザ
KHUDAIだからクダイじゃなくてフダイか。譜代大名さん。ダンススピンの入りで失敗して両足ついてしまったああああああああ。ストレートラインリフトの立派なしゃちほこ具合。さすが譜代大名ですね。外様とは違うのですよ。エモーショルな演技だけど、ゴーストプロのおもしろさにかけてはイリカツには勝てないですね。TES30.59アチャー。

スコアレ
この組は世界ジュニア優勝争いするはずだから厳しく見よう。ローテーショナル少し重いです。ここで軽快に回さないと序盤に勢いが出せません。ツイズル回り終えてから2人が軌道の中心に集まるのはGOOD。ステップはリズムを拾いきれてないです。ダンススピンの出できれいに持ち上げられなかったのもったいない。激情フィニッシュは素敵。もっと上手くなれよーロシアジュニア選手権気をつけろよー。あそこには魔物がいるよ。

グリーンズ
回転が乱れやすい時計回りのツイズルの方が美しくピッタリ揃いました。ステップで女性が大きくスタンブルをしました。かなり目立ちます。後半になるとどうしてもかわいらしさが出てきます。だったん人の踊りには若いですもの。アイスダンスの兄は頼りないものですけど、この兄は今回も頼りがいがありました。ジュニア年齢1年目で3位+3位は素晴らしい結果です。先生も誇らしいでしょう。

カレポノ、ラジュラガ、チェンコメンコに続きスコアレのファイナルが確定しました。これで4枠です。2位+3位でコンヤクとフダナザが並びました。ですがコンヤクの方が合計スコアが上なので現在5位です。最終戦でファイナルを狙えるのは初戦優勝のポリヴァクと3位のウシャネクのみです。ポリヴァクは4位以内で確定。ウシャネクは優勝か140.64以上で2位になればファイナル進出です。そう、どの順位になろうとも残り2枠はロシアなのです。露露露露米加が確定です。ロシアジュニアは7組もしくはそれ以上で世界ジュニア3枠を争うのかー。数年後はロシアの寡占にキリアコフチームが挑む構図になるのかもしれませんね。他の先生方も頑張ってください。

表彰式のBGMが笑えます。昨日は安い音源のWe are the champions、今日はライブバージョンのWe are the champions。常識に捉われない国、それがポーランドだ!

wa-i_20171008032620915.png

igainidekai.png


back-to-top