FC2ブログ
2018
08.17

2018-2019シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2018-19/gp-8/series-files-19/entries-2/17413-men-2018-19-all-6-events/file

8月16日付エントリー更新
マウリツィオ・ザンドロン(イタリア)→二重国籍を持ち、オーストリアへ所属を変更するため出場辞退。カンガルー国ではなくモーツァルト国。2018年2月初旬のソフィアトロフィーに出場したため、来シーズンのユーロにも出場できない。
デニス・テン(カザフスタン)→2018年7月19日に死去。
ヨリック・ヘンドリックス→辞退理由不明

スケートアメリカ
ナム・ニューエン(カナダ)
ケビン・レイノルズ(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
ジュリアン・ジー・ジェー・イー(マレーシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
キーガン・メッシング(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
TBD(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

グランプリシリーズ・フィンランド
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
TBD(フィンランド)
フィリップ・ハリス(イギリス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
アレクセイ・エローホフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

NHK杯
ケビン・レイノルズ(カナダ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
佐藤洸彬(日本)
宇野昌磨(日本)
TBD(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ジュンヒョン・リー(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)
アレクサンダー・ジョンソン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)NEW
キーガン・メッシング(カナダ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
パウル・フェンツ(ドイツ)
羽生結弦(日本)
友野一希(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
アレクセイ・エローホフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ロマン・ポンサール(フランス)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
TBD(フランス)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)

スケートアメリカは、USFSAがワンツーフィニッシュ狙っていますね。TBDはマイナーさん入らないかなあ・・・。初戦からヴォロノフ、ビチェンコさん、ミハルと、おっさんスケーター三連星。初戦からおっさんコールがはかどりそうです。おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!8月16日付エントリーでケビン・レイノルズが入りました。おっさんスケーターが増えました。おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!

スケートカナダには、昨年から引き続き昌磨が出場します。昨年の大会と半分の顔ぶれが同じなので、あまり変わり映えはしません。スケートカナダは特に同じ選手を招待したがる傾向にあるんですよね。カナダ拠点となったブラウンは移動が少なくて済みます。4A練習中のメッシングは、国の1番手として挑むシーズンとなります。表彰台に立てる力はつきました。楽しみです。

急遽加わったフィンランドの大会。フィンランドは3枠使い切らず、1枠のみTBDとしています。ドクターヴィルタネンのエントリーあるかな?ここには羽生が登場。ということはお分かりですね?会場は日本人と中国人で満員だ!ヘルシンキワールドの再現ですね。降り注ぐプーの雨。ボーヤンが世界選手権で19位になり、迷惑ノーシードになってしまったので、ここに出場。コリヤダもいますので、この大会が最激戦になるでしょう。アレクセイとアレクセイとアレクセイがいる。アサイン会議絶対遊びましたよね?フィリップ・ハリスは、実に29歳にしてグランプリシリーズ初出場。続ければいいことありますよ。続けるって大事。

日本からは昌磨と佐藤、そしてTBD。リュージュ?草太?それとも鈴木?昌磨、アリエフ、ヴィンセントの優勝争いになるでしょう。でも、昨年GPS史上最年長優勝を果たしたヴォロノフさんが、もう一度記録更新していいんですよ。NHK総合で観ている一般視聴者ポカーンでいいんですよ。昌磨はNHK杯初出場。羽生が世界選手権を欠場したので、出場機会が回ってきました。ヴァシリエフスが今年もNHK杯。つまりランビもやってくる。お前いつも日本にいるな。

ロステレコム杯は羽生が2戦目。羽生がGPSでNHK杯を選ばなかったので、テレ朝は万歳しているでしょうね。一国からは3人までしか出られませんが、実際にはロシア出身者で半分を占められているという。メッシングはアラスカ出身で、昔ロシアの土地だったから実質ロシア、羽生はプルシェンコに憧れてるから実質ロシア。つまり8/11がロシア(暴論)。

フランス連盟から鬼干され続けたポンサールですが、スケートアメリカに続き2戦目!さすがに世界選手権の出来を見れば、連盟も推さざるを得ないでしょう。優勝争いはボーヤン、アリエフ、ブラウン、ネイサン。なんてフレッシュなの・・・高原の採れたてレタスのようにフレッシュ。フランス勢はベテラン。
2018
08.17

2018-2019シーズン グランプリシリーズ ペアアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2018-19/gp-8/series-files-19/entries-2/17410-pair-skating-2018-19-all-6-events/file

8月16日付エントリー更新
ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー→解散
シャオユー・ユー&ハオ・ジャン→シャオユーの怪我
ウェンジン・スイ&ツォン・ハン→スイちゃんの怪我
フィンランド出場枠返上

スケートアメリカ
シャンニン・リー&ジョン・シエ(中国)
ミネルヴァ・ファビアン・ハーゼ&ノーラン・ジーゲルト(ドイツ)
アニカ・ホッケ&ルーベン・ブロマールト(ドイツ)
アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク(アメリカ)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ&ハーレー・ウィンザー(オーストラリア)
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)
カミーユ・ルーエ&アンドリュー・ウルフ(カナダ)
イブリン・ウォルシュ&トレント・ミショー(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)

グランプリシリーズ・フィンランド
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
シャンニン・リー&ジョン・シエ(中国)
テオク・リョム&ジュシク・キム(北朝鮮)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
須崎海羽&木原龍一(日本)
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
ディアナ・ステラート&ネイサン・バーソロメイ(アメリカ)

NHK杯
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
アニカ・ホッケ&ルーベン・ブロマールト(ドイツ)
須崎海羽&木原龍一(日本)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)
オードリー・リュウ&ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ)

ロステレコム杯
エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ&ハーレー・ウィンザー(オーストラリア)
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン(ロシア)
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク(アメリカ)
ディアナ・ステラート&ネイサン・バーソロメイ(アメリカ)

フランス国際
カミーユ・ルーエ&アンドリュー・ウルフ(カナダ)NEW
テオク・リョム&ジュシク・キム(北朝鮮)
ローラ・エスブラ&アンドレイ・ノボセロフ(フランス)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ミネルヴァ・ファビアン・ハーゼ&ノーラン・ジーゲルト(ドイツ)NEW
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)

サフマソが休養、デュハラドが引退。マルホタとストクリまで名前がありません。

さて、有力ペアが引退・休養・解散・怪我になりまして、GPF出場経験者はわずか3組になりました。必ずGPFに初進出する組が出てきます。解散させる予定だったペンジンがそのまま組んでいるのは、スイハンとユージャンが怪我で出られなくなるだろうといのが分かっていたからかもしれません。中国ってなんだかなあ。中国の2組は今シーズン全休を選んだとしても、次のオリンピックまでは最低2枠は戻せますし、3枠も可能でしょう。しっかり治してほしいです。ただ、中国連盟がゆっくり休ませてくれるか?と考えると、それはないですよね。

中国は有力ペアが途切れたことはなく、1996-1997シーズンからずっとGPFへ進出するペアがいます。ついにそれが終わってしまうのか?

ここまで有力ペアの名前がないと別競技のようです。結果的にタラモロ、ザビエン、モーマリ、シメクニ、デラモデル、ヴァネシプ、ペンジンがきれいに分散されたバランスのいいアサインになりました。GPF進出争いに関しては最終戦まで楽しめそうです。
2018
08.17

2018-2019シーズン グランプリシリーズ アイスダンスアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2018-19/gp-8/series-files-19/entries-2/17411-ice-dance-2018-19-all-6-events/file

8月16日付エントリー更新
村元哉中&クリス・リード→解散
ティナ・ガラベディアン&シモン・プルー=セネカル→解散?
コートニー・マンスロワ&ミハル・チェシカ→辞退理由不明

スケートアメリカ
カタリナ・ミュラー&ティム・ディーク(ドイツ)
ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン(イギリス)
シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)
ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)
ユラ・ミン&アレクサンダー・ガメリン(韓国)
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
アレクサンドラ・ナザロワ&マキシム・ニキーチン(ウクライナ)
マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)
ヘイリー・セールス&ニコラス・ワムスティーカー(カナダ)
キャロラーヌ・スシース&シェーン・フィルス(カナダ)
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
ロビン・トゥイーデール&ジョセフ・バックランド(イギリス)
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン(ロシア)
ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
オリヴィア・スマート&アドリアン・ディアス(スペイン)
マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)

グランプリシリーズ・フィンランド
セシリア・トルン&ユッシヴィレ・パルタネン(フィンランド)
TBD(フィンランド)
シャリ・コッホ&クリスチャン・ニュヒタン(ドイツ)NEW
シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)
ベティナ・ポポワ&セルゲイ・モズゴフ(ロシア)
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)
サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)
クリスティーナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ(アメリカ)
マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)
ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)

NHK杯
キャロラーヌ・スシース&シェーン・フィルス(カナダ)
シーユエ・ワン&シンユー・リウ(中国)
ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
小松原美里&ティム・コレト(日本)
アナスタシア・スコプツォワ&キリル・アリョーシン(ロシア)
ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
アレクサンドラ・ナザロワ&マキシム・ニキーチン(ウクライナ)
ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
レイチェル・パーソンズ&マイケル・パーソンズ(アメリカ)

ロステレコム杯
アンナ・ヤノフスカヤ&アダム・ルカッチ(ハンガリー)
ナタリア・カリシェク&マクシム・スポディレフ(ポーランド)
ソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン(ロシア)
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)
TBD(ロシア)
サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)
クリスティーナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ(アメリカ)
マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ(アメリカ)

フランス国際
パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)
マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)
ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)
TBD(フランス)
アリソン・リード&サウリウス・アンブルレヴィチウス(リトアニア)
ベティナ・ポポワ&セルゲイ・モズゴフ(ロシア)
ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
オリヴィア・スマート&アドリアン・ディアス(スペイン)
ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
レイチェル・パーソンズ&マイケル・パーソンズ(アメリカ)

テサモエアイスショー、ボブソロ休養、シブタニズ休養、カペラノよく分からん、ウィバポジェ休養、ペニコラいない、フルソレ移籍したてだから出場不可。その結果こうなりました。

スケートアメリカはハベドノが転倒複数回しない限りは優勝するでしょう。そしてまさかの引退しなかったギニャファブ。本当に出るのか分からないけれど嬉しい!もしギニャファブが引退したら、赤ゲレの2位がほぼ確実になるんですよ。それでもって、赤ゲレは派遣運が非常によくてですね。GPF進出もあるんです。赤ゲレは何かと運がいいのです。でも、移籍完了するまでがとにかく恵まれなかったので、その分ラッキーもらっても罰は当たらないでしょう。

スケートカナダにはハベドノ、パイポー、シニカツが固まりました。シニカツは赤ゲレの逆で、滑走順といい、衣装の問題やら怪我やら、派遣やら、とにかく運が悪い。天に見放されているんじゃないか?というレベル。ハベドノは最速でGPFを決めるでしょう。パイポーマジ頑張れ。パイポーは2戦ともシニカツと被ってしまって、これまたツイてない。分散すればよかったのに。スコアレがシニアデビューです。

フィンランドにはチョクベイ、ステブキ、ギニャファブが出場。ここでステブキがチョクベイ食うぐらいの活躍を見せてくれればおもしろくなるんですけどね。でも、チョックさんが手術して足がよくなったはずだから、負けてほしくないとも思います。ポポモズ、ウルハリの奮闘にも期待したいです。

NHK杯にはパパシゼが来てくれます。いやあ嬉しいですね。きっとパパダキスの素敵な絵も見られるんですよね?NHKのスタッフ分かってますよね?絵を描いてもらうんですよ。この大会は3位争いが楽しみです。ホワベイ、寿司酢組、赤ゲレ?NHK杯の恋人、ニキータ・カツァラポフさんはその職を罷免されたようです。

ロステレコム杯では、ステブキとチョクベイがフィンランドに続いて被る。おいISU!!!上位カップル少なくなったんだから、ちょっとは散らしてくれよ!もしかして、希望が偶然被ったのか?それならごめんな。

フランス国際はガチガチ本命のパパシゼ。2位争いはパイポーとシニカツ。アリソンの組はGPS初出場です。アリソンは、前のパートナーたちとも、GPSは出場していませんでした。

2戦連続1位が確実なパパシゼ、ハベドノ。よほどのことがない限りGPF進出できそうなチョクベイ、ステブキ。残るは赤ゲレ、ギニャファブ、パイポー、シニカツあたりの争い。カオスだなあ。今年はロシアのカップルがどれだけ伸びるかが一番の関心事です。5年目6年目なのだから、そろそろブレイクしてくれという希望に近いかも。

ウウウウウウウウウウウウウウカナクリイイイイイイイイイイイイイ。
2018
08.17

2018-2019シーズン グランプリシリーズ 女子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2018-19/gp-8/series-files-19/entries-2/17412-ladies-2018-19-all-6-events/file

8月16日付エントリー更新
ニコル・ライチョバー→辞退理由不明

女子!日本18枠、ロシア18枠。枠を使い切った大国の戦いです。

スケートアメリカ
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)NEW
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
本田真凜(日本)
宮原知子(日本)
坂本花織(日本)
エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
スター・アンドリューズ(アメリカ)
ブレイディー・テネル(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ラーキン・オーストマン(カナダ)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
ガブリエル・デールマン(カナダ)
樋口新葉(日本)
松田悠良(日本)
山下真瑚(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
ダビン・チョイ(韓国)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)

グランプリシリーズ・フィンランド
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
TBD(フィンランド)
TBD(フィンランド)
ニコル・ショット(ドイツ)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
本郷理華(日本)
坂本花織(日本)
白岩優奈(日本)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
カレン・チェン(アメリカ)

NHK杯
ガブリエル・デールマン(カナダ)
シャンニン・リー(中国)
三原舞依(日本)
宮原知子(日本)
TBD(日本)
ダビン・チョイ(韓国)
エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)
コートニー・ヒックス(アメリカ)
アンジェラ・ワン(アメリカ)

ロステレコム杯
ニコル・ショット(ドイツ)
樋口新葉(日本)
松田悠良(日本)
山下真瑚(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
ユンスー・リム(韓国)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
カレン・チェン(アメリカ)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)

フランス国際
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
TBD(フランス)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
本田真凜(日本)
紀平梨花(日本)
三原舞依(日本)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
マチルダ・アルゴットソン(スウェーデン)
ブレイディー・テネル(アメリカ)

日本とロシアが18枠ずつ使う。つまり、この2国だけでGPS全出場者の半分を占めているということ。表彰台もこの2国だけで独占する可能性がありますよ。

スケートアメリカには宮原と坂本が登場。スケアメにはメドベージェワもザギトワもいないので、日本勢が優勝するチャンスです。一番のライバルになりそうなのはツルスカヤです。開催地のエヴァレットは、真凜の練習拠点と同じ西海岸なので、移動による疲労は少なくて済みそうです。

スケートカナダの注目は新葉?いやいやメドベージェワ?いやいやいやデールマンですよ。彼女にかかるプレッシャーを思うと、応援せずにはいられません。めっちゃがんばれ!練習拠点をカナダに移したメドベージェワがスケカナに見参。エテリ国からはパネンコワがシニアデビューです。

カロリーナがここに派遣。続けるかどうかは定かではないですが、とりあえずという形ですかね。マサル氏の飼い主との対決です。シニア2年目。ここからが本当の戦いです。8月16日付エントリー更新で、フィンランドTBDが2枠に増えました。これは新パターンだわ。ヴィヴェカとペルトネンでしょうけど、他の辞退枠に入るのを待って2枠派遣にしたいのかな?

NHK杯には宮原。宮原はシニアデビューから6年連続でNHK杯出場の皆勤賞です。スケートアメリカと同じく、メドベージェワとザギトワと派遣が重なりませんでした。1位1位でGPF出場もありえます。三原はGPS初優勝のチャンス。いけいけどんどん。

ロステレコム杯には2戦目のザギトワが出場。新葉も2戦目です。厳しい戦いにはなるでしょうが、今年もGPFへと繋げてもらいたいです。そして!エントリーに嬉しい名前があります。グレイシー・ゴールドこのまま引退してしまうのではないかとモヤモヤしていました。おかえりなさい!元気な姿を見せてください。シニアデビューのユンスーはこの1戦のみ。2戦欲しかった。

最終戦のフランス国際。そういえば今年もグルノーブルなんですね。メドベージェワ、カロリーナ、三原の争い。シニアデビューの紀平はこの戦いに絡んでいけるでしょうか?注目選手ですし、全日本選手権の表彰台に上った彼女を1戦派遣ということはないと思うので、NHK杯のTBDは紀平のエントリーが濃厚かな。三原はNHK杯の結果次第で、GPF進出が見えてきます。

マジ日露戦争。アシュリーとミライがお休みするからアメリカ少ない。10年間GPSに出場してきたレオノワの派遣がついになくなりました。ポゴリラヤの派遣もありません。なんせ枠がいっぱいなもので。残るはロステレコム杯のTBD。
2018
08.16

ロンバルディア杯、USクラシックエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111602.htm

チャレンジャーシリーズは北米、ヨーロッパへ。

ロンバルディア杯
男子
1 Jiri BELOHRADSKY CZE 1
2 Petr KOTLARIK CZE 1
3 Daniel Albert NAURITS EST 2
4 Luc ECONOMIDES FRA 3
5 Adrien TESSON FRA 3
6 Philip WARREN FRA 3
7 Harry MATTICK GBR 4
8 Matteo RIZZO ITA 5
9 Kazuki TOMONO JPN 6
10 Shoma UNO JPN 6
11 Igor REZNICHENKO POL 7
12 Jaeseok KYEONG KOR 8
13 June Hyoung LEE KOR 8
14 Dmitri ALIEV RUS 9
15 Matthew SAMUELS RSA 10
16 Timothy DOLENSKY USA 11

今シーズンもロンバルディア杯に昌磨が出場します。テレ朝は映像を撮ってくれるでしょうか?ロシアのテストスケートが9月9日~ですが、ロシア勢はバッと飛んでくるのかなあ・・・大変だ。今シーズンからシニアフル参戦となるリッツォの演技が楽しみです。4T入れー。

女子
1 Michaela Lucie HANZLIKOVA CZE 1
2 Klara STEPANOVA CZE 1
3 Eva Lotta KIIBUS EST 2
4 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 2
5 Viveca LINDFORS FIN 3
6 Sofia SULA FIN 3
7 Sandra RAMOND FRA 4
8 Lea SERNA FRA 4
9 Nathalie WEINZIERL GER 5
10 Ivett TOTH HUN 6
11 Sara CONTI ITA 7
12 Micol CRISTINI ITA 7
13 Chenny PAOLUCCI ITA 7
14 Kaori SAKAMOTO JPN 8
15 Mako YAMASHITA JPN 8
16 Veronika SHEVELEVA KAZ 9
17 Elzbieta KROPA LTU 10
18 Greta MORKYTE LTU 10
19 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 11
20 Boyoung KIM KOR 12
21 Antonina DUBININA SRB 13
22 Valentina MATOS ESP 14
23 Anita ÖSTLUND SWE 15
24 Zahra LARI UAE 16
25 Amber GLENN USA 17

ロシア勢とカロリーナは出場しません。日本勢にとっては1、2フィニッシュのチャンスです。アンバー・グレンはシニアの国際大会では表彰台経験は一度もありません。そろそろメダルを取っておきたいでしょうね。

ペア
1 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 1
2 Coline KERIVEN / Antoine PIERRE FRA 2
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 3
4 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 3
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 4
6 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 4
7 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 5
8 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER USA 6

アジアンオープンのエントリーが少なく、チャレンジャーシリーズとしての要件を満たしませんでした。この大会は大丈夫そうです。デラモデル、ザビエンと上位勢が出場しますし、昨シーズンから伸びてくれとずっと願い続けているスペインのバルマエもいます。ボイコズもいますし、この大会は楽しみ。

アイスダンス
1 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 1
2 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS FIN 2
3 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET FRA 3
4 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 4
5 Hanna JAKUCS / Alessio GALLI HUN 5
6 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI ITA 6
7 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 6
8 Carolina MOSCHENI / Andrea FABBRI ITA 6
9 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 6
10 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 7
11 Victoria MANNI / Carlo ROETHLISBERGER SUI 8
12 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 9

イタリアはトップチームを派遣。対抗馬となるのがウルハリ。そして早くもシーズン3戦目になるパーソンズ。すげえ。ジュリア・ワグレとピエール・スーケが新カップルを結成しました。スーケは年上のアレッサンドリーニと組んでいる時は、若いツバメのようでしたが、次は引っ張る立場になります。雰囲気がどのように変わるのか注目いたしましょう。

USクラシック
http://www.isuresults.com/events/fsevent03111601.htm

ブログエントリー書いた次の日にエントリー出るじゃない?もうちょっと早く出しておいてくれればよかったじゃない?

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Andrew DODDS AUS 2
3 Jordan DODDS AUS 2
4 Nam NGUYEN CAN 3
5 Chih-Sheng CHANG TPE 4
6 Micah TANG TPE 4
7 Michal BREZINA CZE 5
8 Harrison Jon-Yen WONG HKG 6
9 Hiroaki SATO JPN 7
10 Yamato ROWE PHI 8
11 Yaroslav PANIOT UKR 9
12 Jimmy MA USA 10
13 Vincent ZHOU USA 10

ヴィンセントが出場します。そして全国8000万のドッズファンの皆さん、USクラシックにはドッズが欠かせませんよね?ソウダソウダー 北米拠点の選手を中心にエントリーが集まりました。最近タノクワドルッツを練習しているパニオットもいます。タノはなしにしても、試合で4Lzを入れられるレベルまでもってこられるでしょうか。

女子
1 Isadora WILLIAMS BRA 1
2 Gabrielle DALEMAN CAN 2
3 Eliska BREZINOVA CZE 3
4 Yi Christy LEUNG HKG 4
5 Satoko MIYAHARA JPN 5
6 Yuna SHIRAIWA JPN 5
7 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 6
8 Brooke TAMEPO NZL 7
9 Ye Lim KIM KOR 8
10 Eunsoo LIM KOR 8
11 Josefin TALJEGARD SWE 9
12 Karen CHEN USA 10
13 Courtney HICKS USA 10
14 Brynne MCISAAC USA 10
15 Akari NAKAHARA USA 10

ガチガチ日本人ダブルプロから、タンゴで進化を見せられるか宮原大先生。カナダからはデールマンが出場。デールマンはテンくんが亡くなった際に、人一倍彼への思いを述べて、突然の死を悲しんでいました。彼女は本当に心優しい女性なのだと思います。エントリーには関係ないですけどね。ユンスーや白岩はチャレンジャーシリーズ2戦目です。イサドラは、オリンピックシーズンとプレシーズンに大復活するパターンではなく、今シーズンも出場するのですね。嬉しい。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 2
3 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 3
4 Audrey LU / Misha MITROFANOV USA 3
5 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN USA 3
6 Nadine WANG / Spencer Akira HOWE USA 3

3カ国集まったので、チャレンジャーシリーズとしての要件を満たします。セーーーフ。アレウィンとルエウルが欠場してしまうと満たせないです。怪我なく9月を迎えてください。スペンサー・アキラ・ハウさん日本所属じゃないけど応援してますよ!

アイスダンス
1 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 1
2 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN 2
3 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 3
4 Emily Lauren MONAGHAN / Ilias FOURATI HUN 4
5 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO JPN 5
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO USA 6
7 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 6
8 Karina MANTA / Joseph JOHNSON USA 6

ハベドノだー!わーい。マリロマはFDが"ブルーノ・マーズメドレー"で、ベタベタな曲で固めてきました。滑り込みはまだまだで、いかにグルーヴィーに観客乗せられるかがカギになりそうですよ。日本の一番手になったココ夫妻。早くも2戦目です。かなクリが解散した時に頭の中をよぎったのは、世界選手権代表に選ばれたココが、ミスターサンデーに出演し、ミヤネ氏にゲスい質問を投げかけられる姿。がんばれコレト!妻を守るんだ!
back-to-top