2016
10.01

JGPタリン杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・女子リザルト

会場に赤ん坊連れてきたらあかんよ。

アイスダンスSD
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)65.54 PB
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)62.53 PB
3 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)52.49 PB
4 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)51.04
5 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)50.68 PB
6 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)50.44
7 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)50.23 PB
8 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)47.79
9 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV(エストニア)46.82 PB
10 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)44.36
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)44.30
12 Irina GALIYANOVA / Tommy TANG(カナダ)42.90 PB
13 Jenna HERTENSTEIN / Damian BINKOWSKI(ポーランド)41.53 PB
14 Katerina BUNINA / German FROLOV(エストニア)41.13 PB
15 Emily ROSE BROWN / James HERNANDEZ(イギリス)39.24 PB
16 Anastasia OZEROVA / Nicholas MCCREARY(オーストラリア)31.71 PB

ルイス&バイ
前半は丁寧にブルース。スウィングは股通しのツイズルから入りました。入りが難しいのか女性がバランスを崩し、3つツイズルのいずれも完璧ではありませんでした。ミッドライン中のツイズルで男性がバランスを崩し、それを立て直せないままエレメンツが終わりました。このカップルは男性が自分のことをやるのに必死で、女性をあまり見ることができていないと思います。

ドイツのシュベンディンガーさんの衣装はカーテン生地?サンゲツ?

スコアレ
君たち全然久しぶりじゃないね先週も見たね。2週連続とは思えないとても元気な演技でした。ロシアでは狭い試合間隔を乗り切る強靭な体力を持ち合わせないと生き残れませんからね。ミスのないとてもいい演技でした。パターンから出るときにスッといくから、繋ぎ目が気になりませんでした。アリョーシン見るの楽しい。

りかある
わさび味韓国のり食わされていた男性のサスペンダーがツイズル中に外れてきてしまいました。この状態でよく集中切らさなかったなって思います。ミッドラインは焦っていたかなというのは感じましたが。アブザル・ラキムガリエフ魂を継承したわけではないんですよね。マリパトもアグノエルもオータムクラシックの引率なので、今回はパスカル・デニスが引率でした。座り方も拍手もお手袋もおエレガントですわ。

イギリスのカップルのコーチ欄にバックランドが。クームスのリハビリ中はコーチ業かな?

ジュリア&マチュー
2週間ぶりの謎スカート。男さんがへっぴり腰でパターンダンスを滑るのが気になります。昔のボブロワよりも気になります。熱唱しながらパターン滑っていました。ここはがんばれ。ひぷほぷは得意なのが分かります。フランスのカップルがひぷほぷで生き生きするのはなぜ。オリ爺の服装が厚着になっていくことで、秋の深まりを感じる。

サラマリーヌ&ジョフリー
2週連続の男性の形状記憶スマイル。パターン1つ目のフリーレッグのスウィングで男性が足をついてしまいました。分かりやすい失敗でした。3曲あるうちの真ん中のブルースのところを、長崎は今日も雨だったに変えても違和感ない。レベル4がリフトだけなもったいない内容でした。普通にいけばメダル狙えるんですけどね。

ロボドロ
圧倒的にスキルが上。上手かったー。リンクのコーナーギリギリまで大きなパターンを描いて、方向を変えても女性のディープエッジでしっかりとコントロールしてキーポイントに入っていくのが気持ちいい。何も失敗させる要素が感じられないです。サーキュラーでレベル4を取るのはすごいですね。

ホワイトリー&グラハム
おしゃれミイラ衣装で覚えていたカップル。ブルースを滑るためにあるようなラナ・デル・レイ先輩の声を生かした気だるい表現でのパターンダンス。組体操の扇の外側のポーズからのひぷほぷ。そう、これはとにかく記憶に残るプログラム。

ロシアが強い。PCSで1項目1点の差があれば、FDでは5項目合計で6点引き離されます。この差を埋めるのは難しいでしょう。ロボドロとスコアレは、ロボドロにミスがないと逆転することはないでしょうが、仮に入れ替わってスコアレが優勝した場合はカレポノを抜いてファイナル進出が決まります。ロシアのファイナル出場を阻むのはロボドロなのです。去年の真凜と新葉と同じパターンのやつや。

ペアLP
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)102.28 PB
2 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)99.64 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)93.91
4 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)91.68
5 Gabriella MARVALDI / Daniel VILLENEUVE(アメリカ)85.42 PB
6 Hannah DAWSON / Christian REEKIE(カナダ)83.66 PB
7 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)83.01
8 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)82.37
9 Vanessa CHEN / Eric HARTLEY(アメリカ)80.07 PB
10 Yue HAN / Yongchao YANG(中国)78.84 PB
11 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)76.37 PB
12 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)74.93
13 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)67.66 PB
14 Dorota BRODA / Pedro BETEGON MARTIN(スペイン)64.26 PB

ペアリザルト
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)159.26 PB
2 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)156.95 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)150.25
4 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)147.80
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)147.14
6 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)132.74
7 Gabriella MARVALDI / Daniel VILLENEUVE(アメリカ)132.27 PB
8 Yue HAN / Yongchao YANG(中国)127.52 PB
9 Hannah DAWSON / Christian REEKIE(カナダ)126.07 PB
10 Vanessa CHEN / Eric HARTLEY(アメリカ)124.09 PB
11 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)122.83 PB
12 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)119.44 PB
13 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)105.59 PB
14 Dorota BRODA / Pedro BETEGON MARTIN(スペイン)99.59 PB

カナダのエヴリンさんとトレントさんは雰囲気が素敵だから、ペアとして継続して欲しいです。僕はパーマリも好きだったから、あそこと同じになりそうでなあ。

ハンヤン
パッション溢れる長靴を履いた猫。マスクオブゾロみたいな感じ。チャカチャカとしたスパニッシュの雰囲気を出せるところまでは行きませんが、SPと同じように笑顔で滑るのがいいです。スローは2本とも両足で、エレメンツには苦労しましたが、これからが楽しみです。

マルヴァルディ&ヴィルヌーヴ
レミゼ界にあるまじき、うるさくない音源でした。うるさくないレミゼだなんて信じられないです。ずっとヴァイオリンだけで、最後に合唱が入る構成でした。スローは両足ですし、アメリカペア共通のソロジャンプ問題はありますが、自分たちに出来ることを着実にやりました。エレメンツ中はBGMっぽいですが、物語の展開はトランジションの振付で演じて、ハッピーエンドを迎えたことは分かりました。

オガバル
やはり昨シーズンの方が上手かった。スローは投げるタイミングがおかしいし、リフトで一呼吸置かないと持ち上げられない降ろせない。いいところを見つけるのが難しいです。雰囲気が悪い(2日連続)。

チェルブラ
スロージャンプはいつものように膝が沈み込んで詰まってしまう失敗×2でした。ソロジャンプもそうですね。手を繋いで滑ると雰囲気がよくなりますが、離れて滑っているときは別々の演技をしているように見えます。美女と野獣というテーマがありますので、離れていても関係性を感じさせる雰囲気欲しいです。

アレクサンドロフスカヤ&ウィンザー
スローループで両足着氷にはなりましたが、3連続を含めてエレメンツの質が高かったです。ふわああああああああああああああああああああああああああ!!!これはリアルガチワールドレベルのオージーペアが!トランジションのスリーターンなどで音楽を表現しようとしているのは伝わりました。次はエレメンツで表現する段階に移行して欲しいです。

忍耐勝組
ソロジャンプは両方失敗でした。スローはSPよりもよくなりましたが、完璧ではありません。リフトはキャリーも含めてポジションもよかったです。致命的な失敗はソロスピンでした。女性がバランスを崩した上に、男性が女性に近寄ってくるから、女性が体勢を立て直せずに転倒しました。スコーピオンズなんて特に元気にシャープにかっこよく演じなければならないのに、今の状態では厳しいですね。まーだまだまーだまだシーズン後半で巻き返せます。

ウスボロ
美しいスローループからスタート。3T-2T-2Tは女性のセカンドが1Tでお手つきになったので、男性がセカンドでジャンプを止めたら、女性がサードまで跳んでしまうという食い違いが発生しました。こういうのはちゃんと打ち合わせしなきゃですね。2A、スロートゥループときれいに降りまして、ジャンプは得意なようです。ちょっと暗めのロシアペアっぽさがあって、なかなかよかったと思います。演技力はこれから身につけていってくれるでしょう。

アタスピ
普通にやれば優勝という中での最終滑走でした。3Fに挑戦しましたが転倒。これはよかったんです。ところがですよ、そこからミスの連続。ソロジャンプとスロージャンプとリフト、この全てで失敗するという大遭難っぷり。これはアカン。表彰台落ち・・・。

ということで、オーストラリアのアレクサンドロフスカヤ&ウィンザーがオーストラリアの選手史上初のジュニアグランプリシリーズの優勝、ペア選手史上初のジュニアグランプリシリーズのメダル(全カテゴリーのメダルとしては16年ぶり)、オーストラリアの選手史上初のISU主催大会での優勝という、輝かしい記録を作りました。これから先も活躍し続けてください。どうかアレクサンドロフスカヤさんが大きくなりすぎませんように。

最終戦にはミシミル(1位)、乳首弟組(1位)、ウスボロ(2位)、ボイコズ(2位)が出場します。このうち6位以下に落ちるペアが出ないと、アレクサンドロフスカヤ組のファイナルはありません。チェコ露露露露露になることが濃厚なのです。ふーーー!偏ってるう!あみスペは、女性が頭を打ってしまったそうですが、来週までによくなるでしょうか。また龍馬伝見たいですよ!
2016
09.30

オータムクラシック 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)77.72 PB
2 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)63.26 PB
3 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)62.70
4 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)59.36
5 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)56.10 PB
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)55.46
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)48.78 PB
8 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)47.30
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)46.76

マリロマ
年齢的にはシニアなのですが、シニアのカップルの中に入ると体つきの子供っぽさが際立ちます。ジュニアカップルがシニアに上がって見劣りするのは、そういうもあるんでしょうね。男性の首のクイックイッとした動きが素敵でした。パーシャルはリズムに合っていたかなあ。ツイストリフトに見せかけエントリーのローテーショナルは今シーズンも健在です。

ロブフェネ
テンポがゆっくりで少し気になるピンクパンサーでした。がおーポーズの後に入るアップサイドダウンのストレートラインリフトが素敵でした。男女の身長差が大きなカップルなので、女性の顔の高さに合わせて男性が背中を曲げたり、前傾になるところが気になりました。顔の高さを合わせることは上位のカップルもやりますが、上位のカップルは切り替えが早く、はいっ背筋伸ばして!はいっホールド!となるんですよね。隙がちょっとずつね。その積み重ねが点数に影響してくるのです。

スマディア
ディアスうま。キメキメにパターンとパーシャルやって、フリーレッグをカチッと止めて伸ばしてくれるから好き。ツイズルが崩壊してしまったけど、ノットタッチで向かい合わせになって、ボーンと爆発したように最後まで爆走していくのは気持ちがいいです。スマートさんのパーマをかけて、銀色のドレスを着た雰囲気とか大好きです。すげーいい。

テサモエ
テッサがトランジションで引っかかったようなところはありました。男性のキーポイントでも引っかかったように見えましたが、もう一度見るとキレよすぎて引っかかったように見えただけでした。カルメン以来の苦行カーブリフトは、軽そうに見えました。いやー圧倒的なダンススキルとスケーティング。スコットはこれでも100%ではないと思うんですよね。チェンジエッジのスムースさは健在ですが、本来はここにグロディープエッジが加わるので。スコットの髪型は寝起きみたいだから、もっときれいにしよ。それでも2年半ぶりの実践とは思えない滑りでした。点数はパーソナルベストですけど、ご祝儀みたいなものです。

トビトカ
The Weekendでヒップホップでした。まずThe Weekendはヒップホップか?ちがくない?そしてトカチェンコさんのミスが目立ったことと、プログラムが合ってないと思うのと、せっかくパンツ衣装なのにインパクトに欠けるところ。すごーーーーーくたくさんのことが気になりました。これからに期待ってことで。

フルソレ
演技中にシャツのボタンが1つ外れてしまい、ソレンセンがすごいエロい人みたいになりました。夏のローカル大会ではフルニエボードリーさんが絶好調でしたが、今回はソレンセンが調子を上げてきて、キレッキレでした。キレッキレでシャツのボタンが外れていたからこそ、余計にエロい人みたいになっちゃってねえ。今まで印象が地味だったので、こんなに弾けられることにびっくり。

寿司酢&フィルス
ハイリハイリハイリハイ。寿司酢さんが弾けて、フィルスが抑えるというスタイル。ショートカットでやけっぱちな感じで滑る寿司酢さんは、中島みゆきをかけて深夜の首都高飛ばしそうです。スカートプレイかっこいい。スタンブルもったいない。

ホワベイ
タンクトップのジャンリュックと、新人SM嬢のようなホワイエクさん。フィーリングッドって、つまりそういうことなのか。ミスのなくていい演技だったと思います。カメレンゴのところは生徒数が減ったから、力を入れて見てもらえるようになったのかな?すごくよかったです。全米トップ3狙ってきてますね。

テサモエはテサモエだった。
2016
09.30

JGPタリン杯 1日目 女子SP・ペアSP・男子SP

USクラシックとTHE ICEは感想を書くのを諦めました。リアルタイムで見ないと時間が取れません。今週からは見られないものはスルーしていきます。

女子SP
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)66.72
2 Mako YAMASHITA(日本)62.65
3 Elizaveta NUGUMANOVA(ロシア)62.41 PB
4 Tessa HONG(アメリカ)55.81 PB
5 Rin NITAYA(日本)54.22
6 Anita OESTLUND(スウェーデン)46.94 PB
7 Joanna KALLELA(フィンランド)44.97 PB
8 Laura BARQUERO(スペイン)42.59 PB
9 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)41.77
10 Nastasya EREMINA(エストニア)40.16
11 Julie FROETSCHER(フランス)38.97
12 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)38.94
13 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)38.73
14 Tina HELLEKEN(ドイツ)38.40 PB
15 Ellen YU(ノルウェー)38.10 PB
16 Danielle HARRISON(イギリス)38.00
17 Elif ERDEM(トルコ)37.87
18 Greta MORKYTE(リトアニア)36.19 PB
19 Emily BAUSBACK(カナダ)36.15
20 Amelia Scarlett JACKSON(オーストラリア)35.43 PB
21 Lu ZHENG(中国)34.48
22 Caya SCHEEPENS(オランダ)33.78 PB
23 Diana REINSALU(エストニア)33.47 PB
24 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)31.81 PB
25 Hanna PAROSHINA(ベラルーシ)30.28 PB
26 Nikola MAZGANE(ラトビア)29.95 PB
27 Jo-Wei FANG(中華民国)29.40 PB
28 Emilia Ros OMARSDOTTIR(アイスランド)27.91 PB
29 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)27.66
30 Cecilie Kongsbak DREIER(デンマーク)27.66
31 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)27.04
32 Tracy DANBROOK(ニュージーランド)24.06
33 Elisavet VOULGARI(ギリシャ)19.88 PB

ヌグマノワ
3Lz-3T 3Lo tano 2A tano
3Lzの軸が傾きましたが、3Tに繋げられました。このプログラムは間違いなく彼女に合っていますし、振付もとてもいいので点数は当然出ると思います。緩急のつけ方がよくて、レイバックスピンの速度の増加はPCSにまでいい影響を与えるのではないでしょうか。ステップの後半でラーラララララーというボーカルが入ってきてから、動きのシャープさが一層増し、空気を切るようにターンを踏むところがとてもいいです。そしてかわいい。

山下
3Lz-3T 3Lo 2A
ジャンプをしっかりと着氷しました。5項目中スケーティングスキルだけがヌグマノワより上という妥当な評価です。2Aの着氷から直接入るステップシークエンスの流れがよかったです。残念なのが、フリーレッグや上体を美しく張る箇所がとても少ないところ。つま先まで神経を行き届かせているとは言えないので、演技が小さく見えます。明るい曲ではありませんが、光を当ててこそ闇が際立つと思うので、ずっと静かなままなのは締まらないなあと。まだ若いですしね。

ツルスカヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
ツルスカヤの3Lz-3Tは高さと幅もさることながら、3Tの着氷で氷と水平になるまでフリーレッグを上げるんですよ。お尻のリフトアップをする筋トレのごとく。見るからに戦闘力高いです。スケート界の殺戮兵器3Lz-3T。昨シーズンの極端なフラットエッジスケーティングからは脱してきたと思います。あれはほんとに「あれれ~?様子がおかしいぞ?」となってしまうやつでした。上手いというより強い。ほんと強い。今週の引率はデュダコフ。ベイツさんの衣装みたいな服。

テッサ
3Lz-3T 3Lo 2A
アメリカンテッサじゃないですか。昨シーズンも見た覚えがある選手です。3Lzの助走がゆっくりだったので、これは3Lz-2Tで確実性を狙ってくるのだと思いました。それで3Tを繋げたのでマジかよ状態。あまりスピードの出せる選手ではないので、それを補うように振付けられていたと思います。ステップは移動距離や勢いをアピールするのではなく、ゆっくりとその場で演じるようなものでした。

近年のアメリカ女子はスケーティングを武器にできる選手がめっきり減ってしまったなと思います。やる子が減ってしまったのか、ジャンプ偏重になってしまったのか、若手の指導者で教えられる者がいないのか。大西先生のインタビューで、若手の指導者に基礎を教えられるようになって欲しいとの発言をしていたことを思い出しました。アメリカでも同じ問題を抱えているのかも。ダンサーにしてもロシア人ばかりですしね。

新田谷
3T-3T 2A 2Lo
3T-3Tはなんのストレスもなく成功でしたが、3Loが抜けました。2Loでもジュニアでは要素抜けではありませんので、1点ちょいはもらえますが厳しいですね。構えが長かったので、3Loを降りられていてもマイナスは食らっていたと思います。体型変化がきているように見えました。

会場のBGMで、この間「滑って欲しい9曲」で紹介したLPのLost on youが流れていました。音楽係気が合うな。友達になろ。

ヌグマノワは3Lzも3Tもアンダーローテーションでしたが、オールレベル4で踏みとどまりました。LPでは回転不足をどこまで抑えられるかですね。アメリカンテッサは無理のあった3Tがやはりアンダーローテーションでした。トップ5は全ジャッジが5.25以上を出しておりますが。6位以下の選手は、いずれかのジャッジが3点台以下の評価を下していました。かなりの力の差があります。

優勝争いはまだ分かりません。山下の逆転優勝でファイナル進出なるでしょうか。

ペアSP
1 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)64.79 PB
2 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)57.31 PB
3 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)56.98 PB
4 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)56.34
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)55.46 PB
6 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)50.37
7 Yue HAN / Yongchao YANG(中国)48.68 PB
8 Gabriella MARVALDI / Daniel VILLENEUVE(アメリカ)46.85 PB
9 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)46.46 PB
10 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)44.51 PB
11 Vanessa CHEN / Eric HARTLEY(アメリカ)44.02 PB
12 Hannah DAWSON / Christian REEKIE(カナダ)42.41 PB
13 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)37.93 PB
14 Dorota BRODA / Pedro BETEGON MARTIN(スペイン)35.33 PB

ハンヤン
ユエ・ハン&ヨンチャオ・ヤン略してハンヤン。ハンヤンwwwwwwwwwwwwww男性の2Aがよく上がるからアンバランスなことに。スロー3Tはちうごく安定の高さでした。少々の軸傾きなんぞカバーできます。ちうごくのペアは技術偏重で表現がいまひとつなことが多々ありますが、このペアは笑顔でかわいらしかったです。女の子はミヤビ・オオバにそっくり。

オガバル
点数を見たときは何事かと思いました。リバースラッソーが空中で停滞し、スピードがないガタガタのリフトに。これはマイナスがたくさんつけられそう。スローは2Tになってしまいました。昨シーズンと同じレースがテーマのプログラムですが、ステップに失踪感はなく、動きもバラバラでした。資金難でマシントラブルばかり起こして撤退寸前みたいな。

チェルブラ
名字では略せそうにないので名前で略すことにしました。とても不安定な女性の2Aが成功しました。スロートゥループはお手つき。アクセルラッソーがとてもよかったです。細くて長い脚をピーーーーンと張るから、基本のポジションがとても美しく決まります。音楽に合わせてフィニッシュするために焦り、よろけるジョンソンさん。演技が終わって暗殺者のような表情になるリュウさん。そんなに悪い出来じゃなかったと思いますよ。

ウスボロ
マッドマックスを選びました。マッドマックスて。マッドマックスて。マッドマックスて。2Aはオーバーターン。スロートゥループは美しくランディングしました。リバースラッソーも問題なかったです。ステップは2人の動きが相当ズレておりました。2テンポぐらいズレていたので、別のターンを踏んでいるのかと思いました。ジュニアのペアはみんなズレちゃいますね。シニアのトップが当たり前のようにやっているから麻痺しちゃいます。ヴォロディンさんは日本人顔だなー卓球部にいそう。

アレクサンドロフスカヤ&ウィンザー
1戦目でもこれだけエレメンツができるオージーペアが出てきたと思って驚いたんですけど、今回は1戦目よりも相当エレメンツの質が向上していました。驚くべきほど向上していました。正直スカイフォールは完全にBGMになってましたけど、これだけエレメンツが成功すれば点数出ますわ。チェルブラよりPCS上じゃないですかーすげー。

アタスピ
楽々ツイストとスロー。2Aも問題なしです。アタハノワさんがアヴァンギャルドな格好をしているのは、エキセントリック女になって男を誘惑するスパイさんだからです。でもこんな変な服だったかな。スピリドノフさんのベルトプラプラはドカタのおっちゃんかヤンキー中学生みたいだから止めよう。スピリドノフさんが今大会出場のペア男子の中では、スケーティングスキルが圧倒的に高いです。超スムースで気持ちいい。文句なしのハイスコアです。

忍耐勝組
1戦目は体調不良だったボリソワさん。今週は生命力に溢れていました。勝氏にはロミオの持つ思春期特有の危うさだったり、無鉄砲さがまったくなくて、頼りがいばかり感じてしまうので、この選曲が合うのかは疑問。でもニーノ・ロータとか、最近の映画のやつじゃなくてバレエのでよかったです。こっちの方がまだね。スローがでかすぎて勢い余ってボリソワさんがフレームアウトしました。コントロールできれば+2、3つきますね。

マーガレット・パーディがコーチに名前を連ねるカナダペアは、パーディマリナロにそっくりでいた。リフトに難ありでスローがとても上手という。女の子が大きいところも。

スペインのペアの女の子のフラメンコ衣装ガーリーでかわいい。ポーランド人なんですけどね。

オンドレイネペラの7%ぐらいしか見せてくれないのは日本人に「日本は時差があるからゆっくりおやすみよ」と言ってくれているようですね。これはさすがに感想が書けない。

男子SP
1 Vincent ZHOU(アメリカ)78.10
2 Alexander SAMARIN(ロシア)73.36
3 Roman SADOVSKY(カナダ)71.96
4 Koshiro SHIMADA(日本)70.48 PB
5 Graham NEWBERRY(イギリス)68.85 PB
6 Petr GUMENNIK(ロシア)68.27 PB
7 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)63.86
8 Aleksandr SELEVKO(エストニア)62.89 PB
9 Camden PULKINEN(アメリカ)60.44 PB
10 Yuheng LI(中国)55.04 PB
11 Samuel TURCOTTE(カナダ)54.89
12 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)54.18 PB
13 Basar OKTAR(トルコ)53.63 PB
14 Sunghoon PARK(韓国)53.47 PB
15 Ton CONSUL(スペイン)51.05 PB
16 Adam SIAO HIM FA(フランス)51.01 PB
17 Daniel TSION(デンマーク)49.48 PB
18 Mihhail SELEVKO(エストニア)48.02 PB
19 Yan TKALICH(ウクライナ)47.65 PB
20 Artur PANIKHIN(カザフスタン)46.44
21 Jegor ZELENJAK(エストニア)44.88
22 Matthew SAMUELS(南アフリカ)41.65 PB
23 Yauhenii PUZANAU(ベラルーシ)41.46
24 Micah TANG(中華民国)41.26
25 Glebs BASINS(ラトビア)39.29
26 Samuel MCALLISTER(アイルランド)37.32
27 Harrison BAIN(ニュージーランド)34.97 PB
28 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)31.35 PB

ヴィンセント
3A 3Lo 3Lz tano-3T
ニースライドからのキャメルスピン美しや。ステップ中のイーグルはイーグルそのもののポジションもさることながら、手の引き寄せ方もまたをかし。ジャンプの質は完璧ではないので、横浜ほどは伸びませんでした。タイムバイオレーションも取られました。入りの腕のヌオーンヌオーンが、もっとヌウォウォウォウォーーーーンってなったらいいのになあ。得体の知れない巨悪に立ち向かう感じをもっと出すんだー。

プルキネン
3A hd 3Lz-3T shaky 3Lo so
カンデン・プルキネンさん。関西電力?アメリカ人の大好きなラフマニノフを使いました。なんかもう、アメリカ人!って感じのラフマニノフでした。ドラマティックっぽく見せたいけれど、そこまで表現しきれていない。SPで使うには適さない曲だなー。

グメンニク
3Lz tano-3T 3Lo tano 2A
ジャンプに高さがあるように見えるのは、今大会のカメラが寄りすぎだからでしょうか。いや寄りすぎじゃなくてもきれいだったはず。この大会でもプログラム終了詐欺に、観客はまんまと騙されたようです。膝くるシットスピンフィニッシュいい。もちろん膝くるの頂点は膝くるフリップですがね。

サドフスキー
3Lo 3A fall 3Lz-3T
3A成功ならずでした。国際大会でなかなか決められません。3Lz-3Tもダメになりそうだったのに落ち着いて3Tを繋げられました。顔を背けるような振付が多いと思うんですけど、それが絵になるんですよね。なんかいいよ。すごくなんかいいよ。MUGO・ん...色っぽいよ。

島田
3Lz-3T 3Lo 2A
クリーンなジャンプでした。落ち着いた演技と表情で、シリアスな音楽表現に憑依するようになってきました。手が時々ヒトデになってしまうのが気になるかなというところ。天性の華、王子様という印象は受けません。本当に努力して努力して身につけたんだろうなって思います。

セレフコ兄
2A 3Lo 3F-3T shaky
線の細い弱弱しい弟と違って、ギラギラとしている兄。ギラギラした中3。後半に入れた3F-3Tはセカンドの回転が足りませんが、根性でグリンとしました。世界ジュニアから急に上手くなりましたがどうしたんですか?こういうイケイケなの好き。

マヨロフ弟
3Lo ot 3S-2T 2A
細いマヨロフ登場。兄と同じジャンプの跳び方、スピンの入り方、回り方。これは兄弟ですわ。兄のプログラムが変なのは選曲で、編曲はおかしくないのにこれはどうした。母のセンスは僕は結構好きだから、これはきっと父だ。

サマリン
3A so 3Lo 3Lz-3T
スクランブル交差点にペンキぶっかけた衣装から、音符つき紫衣装になりました。3Aを除けばよかったと思うのですが、転倒ありのサドフスキーよりもTESが低いという。これは取りこぼしパターンですね。ヴィンセントでは「シニアだな」と思わないけど、サマリンはシニアです。シニアだな。

イラクリ
3A 3Lz so 3Lo
3A降りるまではすごいことをやってくれそうな感じなんですけど、最初の20秒の印象を超えられない。肩をウイウイ~ってやる振付は一度やれば力の抜けている感じが出せますが、何度も出ると、深夜のドンキにエルグランドで来るあんちゃんっぽくなります。力強さがもっと欲しいです。コントロールも足りないです。

ニューベリー
3A 3Lz ot-3T 3Lo
うわああああああああああああああああああああああああああああニューベリーがジャンプ1個しかミスらないなんてえええええええええええええ軸がまともだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。スピンで1個ミスりましたが、いつもからは考えられないいい出来でした。おいどうした。どこかで軸購入してきました?

ヴィンセントはステップがレベル3でしたのでまだ点数を積めます。島田はGOEは全て0以上です。マイナスはありません。ニューベリーはスピンのGOEがマイナスですががんばりました。1人もステップレベル4を取れていないので、判定が厳しかったのかもしれません。

明日は男子なしの日です。オンドレイネペラは素直に諦めます。オータムクラシックは映るといいなー。視聴人数見るのが楽しみ。
Comment:3
2016
09.25

JGPリュブリャナ杯 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

その時歴史は動いた。

女子LP
1 Rika KIHIRA(日本)128.31 PB
2 Marin HONDA(日本)120.96
3 Eunsoo LIM(韓国)111.03 PB
4 Alina ZAGITOVA(ロシア)109.29
5 Alisa LOZKO(ロシア)99.81
6 Ashley LIN(アメリカ)97.37 PB
7 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)92.87 PB
8 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)92.36 PB
9 Sarah TAMURA(カナダ)89.99
10 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)83.93
11 Polina USTINKOVA(スイス)81.60 PB
12 Lucrezia GENNARO(イタリア)76.42
13 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)75.22
14 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)74.51 PB
15 Liubov EFIMENKO(フィンランド)74.32
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)70.98
17 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)69.36
18 Anna LITVINENKO(イギリス)68.65 PB
19 Daria JAKAB(ハンガリー)67.99 PB
20 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)64.93
21 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)59.90 PB
22 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)58.85
23 Nina POLSAK(スロベニア)58.37 PB
24 Lara GUCEK(スロベニア)57.01 PB
25 Leona ROGIC(セルビア)55.40 PB
26 Haley YAO(中華民国)53.22 PB
27 Elizabete JUBKANE(ラトビア)53.12
28 Natalie SANGKAGALO(タイ)51.64 PB
29 Marusa UDRIH(スロベニア)50.35 PB
30 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)47.92 PB
31 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)47.16
32 Joyce Selina CHAN(香港)44.88 PB
33 Xin Yi LOKE(シンガポール)44.53 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)32.26

女子リザルト
1 Rika KIHIRA(日本)194.24 PB
2 Marin HONDA(日本)178.75
3 Alina ZAGITOVA(ロシア)177.38
4 Eunsoo LIM(韓国)166.91 PB
5 Alisa LOZKO(ロシア)159.59
6 Ashley LIN(アメリカ)154.45 PB
7 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)142.13 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)141.41 PB
9 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)141.30 PB
10 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)127.65
11 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)125.87
12 Liubov EFIMENKO(フィンランド)123.94
13 Polina USTINKOVA(スイス)119.02 PB
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)116.69
15 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)115.93 PB
16 Lucrezia GENNARO(イタリア)110.37
17 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)110.27
18 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)109.53
19 Daria JAKAB(ハンガリー)106.58 PB
20 Anna LITVINENKO(イギリス)105.18 PB
21 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)93.87
22 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)92.60 PB
23 Nina POLSAK(スロベニア)90.78 PB
24 Haley YAO(中華民国)87.82 PB
25 Elizabete JUBKANE(ラトビア)86.17
26 Lara GUCEK(スロベニア)86.00 PB
27 Natalie SANGKAGALO(タイ)81.94 PB
28 Leona ROGIC(セルビア)81.43 PB
29 Marusa UDRIH(スロベニア)77.02
30 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)75.01
31 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)74.17 PB
32 Joyce Selina CHAN(香港)72.95 PB
33 Xin Yi LOKE(シンガポール)72.92 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)52.91
WD Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)

ユンスー
3Lz-3T fall 3F 3Lo 2A-3T 3Lz 3S 2A-2T
SPで壁への激突を避けて転倒した3Lz-3Tは、今度は堂々と激突していきました。フェンスが避けろや。3Lzが得意な正統韓国女子であります。手足が細くて流れるような動きが得意です。ミス・サイゴンのボーカルにも似合っていました。テッドからも「ユナっぽい」と言われました。ですよねーでも偉大な選手に似るって素晴らしいことですから。スパイラルのフリーレッグもっと上げてー!

リン
3F fall 2A 3Lo 3Lz 2A-3T 3F-1Lo-3S 3S-2Lo
マダムリーザの占いの館のテーマソングで滑りました。しかも超笑顔。占いの館に足踏み入れても悩みの1つもなさそう。出だしは悪かったのに転倒しても満面の笑み。ジャンプが高く上がって気持ちいいです。チャカポコとビート打つ音楽ももちろん入っていましたが、あれはマダムみたいではありませんでした。少し勢いを欠いたフィニッシュになりました。笑顔はすごくよかった。

真凜
3Lz 3F-3T so 2A-3T 3S 3Lo 3F 1A-2T-2Lo
緊張の面持ちのジュリエットさんでした。3F-3Tはステップアウトでした。ステップアウトの仕方かっこいいな。脚ピーンだから。後半の3Fは緊張して見る癖がついております。こちらは成功したのですが、また最後のジャンプが・・・ああ・・・あああ・・・。2週前に比べると少し元気がなかったです。うーん残念。

juliet.png

ohendan.png

紀平
3A 3Lz-3T 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo tano 3S 3Lz
ぴぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああついに決めたああああああああああああああああああああああああすげえええええええええええええええええええ!!!前半のほかの2つのジャンプは着氷が詰まるような形でした。3Aの成功で逆に緊張したでしょうか。後半はすべてきれいにランディング。ビールマンのポジションや、スピンの出など工夫すればまだまだ点数を伸ばせますね。他の選手とは2Aと3Aの基礎点分の差があるし、GOEの加点幅も違うので6点ぐらいのTESアドバンテージがあります。すげーなー。

rika3Akihira.png

yes!.png

ザギトワ
3Lz ot-3Lo df 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz fall 3S 3F tano 2A
前半は丁寧なんですよね、キャメルスピンなんかもとてもきれいですし。後半はジャンプでパンパンに詰まっているので、トランジションが粗くなってしまいます。ましてや今回のように1本目のジャンプで失敗してしまうと焦りも出るでしょう。でもそれを立て直す暇もなく、次のジャンプがきてしまう。よほどジャンプに安定感がないと、この構成はできません。見る方は「ジャンプ後半に7本て、ハハハー」と気楽に見ていますが、すごく大変ですね。PCSにも影響しますもん。ほげげげげげげげ・・・・・この時点で3位。回転不足かー。

chonyu.png

zagizagi.png

ロスコ
3Lz 3F tano 2A-3T-2Lo 3Lo-2Lo 3S 3F+2A 3Lo df
やはりのこのプログラムは、引退後スナックで雇われママをやるロスコ本人のプログラムだな。「あたし若い頃はスケーターやってたんだけど、外国の男とも燃えるような恋をしたもんさ」と、ほっそいタバコ吸いながら語る姿が容易に浮かびます。場末感は貴重。ジャンプの回転はまあ・・・なんですけども、どうにか改善できないものか。点数が出て悲しそうな表情も美しい。

紀平は3A認定です。心配したレイバックスピンにはマイナスが1つもつきませんでした。ザギトワは3Loと3Lzがダウングレード、3Fのコンボの3つ全てにアンダーローテーションがつきました。ハンズリコワは3Loで失敗しましたけど、ほとんどのジャンプをクリーンに降りてSPに続いていい演技。点数が出ての笑顔もかわいかった。さすがジュニアグランプリで結果を残す女。

すでに確定している坂本に加えて、紀平とザギトワもファイナルが確定しました。これであとは3枠です。

来週がツルスカヤ(1位)、山下(3位)、新田谷(3位)、ヌグマノワ(3位)。再来週がグバノワ(1位)、コンスタンティノワ(2位)、白岩(4位)、青木(4位)です。

ツルスカヤとグバノワは3位以内でファイナルが確定します。1戦目が3位の選手は優勝のみです。1戦目が4位の選手は優勝すれば可能性がわずかに残っています。コンスタンティノワは優勝か187.67以上をとって2位になれば真凜を上回ってファイナルが確定します。真凜がファイナルに行くには、ツルスカヤとグバノワのどちらもが優勝するというのが現実的な道です。

日日露露露露か、日日日露露露が濃厚で、来週山下か新田谷が優勝し、ツルスカヤが4位以下になれば日日日日露露もありえます。ツルスカヤの今の状態なら4位以下も可能性あります。ツルスカヤもグバノワも5位以下で、コンスタンティノワが3位以下なら日日日日日露もありますが、さすがにそれは。

さあさあ、紀平の報道が激化しますよースルースキルを身につけないといけませんよ。

アイスダンスFD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)89.16 PB
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)86.98
3 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)86.02
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)76.64 PB
5 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)73.62 PB
6 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)70.60 PB
7 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)68.78
8 Leticia MARSH / Anton SPIRIDONOV(イギリス)60.52 PB
9 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER(オーストリア)56.26 PB
10 Sarah Michelle KNISPEL / Maximilian VOIGTLAENDER(ドイツ)51.12 PB
11 Elvira NIKOLOVA / Ricards EVELINS(ブルガリア)48.22 PB
12 Marie Louise LEUPOLD / Christof Michael STEGER(スイス)46.64 PB
13 Ashley KLOTZ / Ilias FOURATI(ハンガリー)45.66 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)148.62
2 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)144.76 PB
3 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)143.78
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)127.70 PB
5 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)124.14 PB
6 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)117.02 PB
7 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)116.48
8 Leticia MARSH / Anton SPIRIDONOV(イギリス)102.92 PB
9 Sarah Michelle KNISPEL / Maximilian VOIGTLAENDER(ドイツ)90.68 PB
10 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER(オーストリア)86.56 PB
11 Elvira NIKOLOVA / Ricards EVELINS(ブルガリア)85.28 PB
12 Ashley KLOTZ / Ilias FOURATI(ハンガリー)81.00 PB
13 Marie Louise LEUPOLD / Christof Michael STEGER(スイス)78.72 PB

イギリスのサボジンの異父兄弟くんは、ザボジンより髪あるな!

ゴルブツォワ&ベロブロフ
水中を華麗に泳ぐ金魚の尾っぽのようなスカート素晴らしい。でもこれは金魚じゃなくてフラミンゴ。フラミンゴ・・・フラミンゴ?フラミンゴプロ?ちょっと意味分からないです。マリオの映画プロといい、選曲にエッジ効かせすぎですよ先生。

サラマリーヌ&ジョフリー
はいはいまたロックオペラねはいはい・・・え?デヴィッド・ギャレットメドレー?という裏切りを食らいました。うーーーーーんビート効いてる。ベートーヴェンの最後の夜プロのお決まり、音楽が最初に変わったところでツイズル。この振付は今までにも死ぬほど見ました。振付は裏切らない。リフト降ろすところがちょい荒い。コレオスピンで勢いつけすぎて、フィニッシュポーズ取れずにわなわなフィニッシュ。なんかワロタ。今日も男性の笑顔が形状記憶されていました。

ナターシャ&コレンタン
ちゃんとツイズルできるフランスン。上手にできたからか男さんが感激していました。コメディ映画のはずなのに、全然コメディ要素がないグッバイレーニンでした。音楽だけ借りてシリアス路線にしているとか?いや、それだけなら別の曲も混ぜればいいしなー分からないなーでも嬉しそうだからいいや。

ステアーズ&ロイヤー
かわいいヒッピーカップル。コレオスピンでピョコピョコ跳ねるのがかわいい。すごく変わったエレメンツをするわけではないですけど、自分たちに合った選曲なのがよかったです。超メジャー級の曲じゃないから、ビートルズに引っ張られすぎることもなかったですし。

hippi.png

ポリヴァク
ロミジュリの音楽からは想像できないほどワイルドな回転のツイズルでした。ポリシュチュクさんのフリーレッグの角度は男性よりも10%増しぐらいです。前にも後ろにもあげまくります。あたしを見て!ねえロミオあたしを見て!!!という執念深いジュリエット。あたしやったわ!というようなポリシュチュクさん。ポポワさんを継ぐ者が現れてしまった。演技中は男性ダンサーを見ることが多いのですが、ここは女性しか目に入らなかったです。男性の衣装がゲレイロに似てたのは、コーチがゲレイロのかーちゃんだから?

juriettosanndesuwa.png

kageki.png

スコアレ
昨シーズンのパパシゼのFDの衣装を引き裂いたようなお召し物。ロシアカップルが一度は通らなければならないパッションプログラムでした。今日はアリョーシンが高校生に見えました。成長シタナー。何を演じているかはよく分からなかったのだけれど。

skop.png

マクカー
セカンドツイズルでマクナマラさんがバランスを崩しました。ダイアゴナルの爆走感は嫌いではないんですけど、もう少し音楽に乗って欲しいです。いや音楽から外れているわけではないけど、調和が足りないと言うべきでしょうか。マクカーに要求されているものって、単に音楽に合ってきれいだねーって域のことではないので。TESがおクソ低い・・・レベル4少なすぎるうううううううううう。

bita-n.png

マクカーがファイナルを確定させました。来週がロボドロ(1位)、スコアレ(3位)。そして再来週がパーソンズ(1位)、シュピスミ(2位)、ウシャコワ&ネクラソフ(3位)、マリジョリ&ザカリー(4位)です。シュピスミは日本で2位になれていなかったら、ちょっと危なかったってこともないか。2位と3位でも出せる点数が他と違いますので。ダンスは素直にマクカー、カレポノ、アンルイス、ロボドロ、シュピスミ、パーソンズで決まりそうです。

dancepodium.png

serfiesan.png
自分の携帯電話とスコップさんの携帯電話で自撮り
ladies_20160925034524e51.png

joshimoserfie.png

あと2戦ですって。ジュニアグランプリ始まってもう1ヶ月ですって。
Comment:6
2016
09.24

ネーベルホルン杯 3日目 女子リザルト・ペアリザルト

女子LP
1 Mai MIHARA(日本)125.92 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)120.73
3 Gabrielle DALEMAN(カナダ)115.25
4 So Youn PARK(韓国)106.24
5 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)101.99
6 Amber GLENN(アメリカ)101.76
7 Loena HENDRICKX(ベルギー)94.07 PB
8 Lutricia BOCK(ドイツ)78.80
9 Karoliina LUHTONEN(フィンランド)76.94
10 Brooklee HAN(オーストラリア)76.73
11 Karly ROBERTSON(イギリス)75.68
12 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)74.09
13 Jeromie REPOND(スイス)62.70 PB

女子リザルト
1 Mai MIHARA(日本)189.03 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)185.93
3 Gabrielle DALEMAN(カナダ)175.40
4 So Youn PARK(韓国)161.95
5 Amber GLENN(アメリカ)157.68
6 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)154.68
7 Loena HENDRICKX(ベルギー)139.43 PB
8 Lutricia BOCK(ドイツ)129.62
9 Karly ROBERTSON(イギリス)126.79
10 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)123.96
11 Brooklee HAN(オーストラリア)121.26
12 Karoliina LUHTONEN(フィンランド)113.06
13 Jeromie REPOND(スイス)94.35 PB
WD Isadora WILLIAMS(ブラジル)
WD Emmi PELTONEN(フィンランド)

ロエヘン
3Lz tano 3F tano-1Lo 3F so 2A-2T tano 2A 3S-2T tano-1Lo 3S
ジョリヘン妹。うるさいボーカルのアダージョでたくさんタノりました。あまり2Aの質がよくなくてタノりまくるところがロシア女子っぽい。3Loを入れない構成でした。だからジュニアじゃなくてシニアに来たんですね。

サハノヴィッチ
3F tano-1Lo-3F tano 3Lz fall 2A 3S tano-3T fall 2A shaky 3Lo tano 3S tano-2T tano
2Aを除くジャンプはすべてタノです。タノがプログラム本体であるかのような様相を呈してきました。でもつけなくても安定しない。だったらつけとくかってことかな。3Fの3連コンボはかっけえな。

ソヨン
3Lz 2A-3T 3F 2A-2T 2S 3Lo 3S-2T-2Lo fall
体は軽そうですが、回転の足りなさそうなジャンプがいくつかありました。細さのカリスマ、ミンジョン・クァクさんがキスクラに座っているではありませんか。ミンジョンの教えて細くなっているのか?

グレン
3F-2T 3Lz 2A-3T 3Lo 3F 2S 2A
抜けた3S以外は降りました。スパイラルからの2Aはとてもよかったです。この明るいブロンドがあまり似合っていないような。3Fはどうしてもeがついてしまうので、3Lz2本入れられるなら、そうした方がよさそうです。

デールマン
3T-3T 3Lz tano 3F 3Lz fall 1Lo 2A 3S+2A
グレンと同じラプソディーインブルーで、その違いを見せるデールマン。ロケットのような3T-3Tは見事でした。パワーが桁違いです。SPはチャレンジでLPは確実に合うものを選択。そりゃねPCSも出ますよ。

三原
3Lz-3T 3F 2A 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
クリーンなジャンプを降りました。前半は正直なところシンデレラらしさが感じられず選曲ミスだと思ったんですけど、後半になるにつれて女性らしさが出てきました。スパイラルでバランスを崩したのがもったいないミスでした。本格シニアデビューをいい演技で飾れてよかったです。

リーザ
2A tano 3Lz-2T-2Lo 3F 3T-3T shaky 3Lz 3S-2T 2A fall
ロケットのようにぶっ飛ばしていたデールマン、びゅんびゅんとスピードを出していた三原と続けて見てしまうと、やや地味な印象を受けたプログラムでした。定番のクレオパトラとは使われている曲が違うので、バイアスをかけて見てしまうのかも。それにプログラムの性質としても、やたら飛ばせばいいわけではないですしね。元気なクレオパトラなんて、すごくバカそうですもん。衣装の胸元はそれでよろしいのでしょうか。ぷるるんすぎませんか?

三原はコレオシークエンスだけがマイナス評価でした。3Fはアテンションをもらったものの最終的なGOEはプラマイ0です。リーザはスピンのレベルは安定のレベル4でした。少し勢いがなかったのでジャンプのGOEは低め。デールマンは3T-3Tが+2.00でした。満点が+2.10なのでほぼ満点ということになります。3Lzも+1.40ですし、トップ選手かそれを超えるジャンプのGOEがもらえています。スピンやコレオシークエンスを強化すると日米露と戦えますよ。回転の怖かったソヨンのジャンプは3Sと2Loだけがアンダーローテーションでした。前半のトリプル怖かったけどセーフ。調子は上向きってことでOK?

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)128.80
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)118.42
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)104.64
4 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)98.00 PB
5 Erika SMITH / AJ REISS(アメリカ)92.64 PB
6 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)91.54 PB
7 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)73.30
8 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)72.04

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)203.04
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)184.40
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)162.38
4 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)150.40 PB
5 Erika SMITH / AJ REISS(アメリカ)148.84 PB
6 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)135.54
7 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)109.00
8 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)108.46

ケイン&ルデュク
ルデュクはリフトを上げるのは上手でした。スローはSPと同じく低いです。ルッツだけではなくサルコウもです。ソロジャンプは3S成功で、3Lo-2Tのファーストで男性が転倒。スパイラルは女子選手のように脚がピンと伸びていて美しかったです。まだ結成して浅いペアなので、ボーカル入りの音楽でエレメンツの完成度を優先するのは悪くないです。

スミス&ライス
3Sと2Aのシークエンスで転倒。スローは両足着氷と転倒で、ジャンプ系統は全滅でした。で割と高さはあるので期待はできそうです。リフトも降ろし方があれなだけで下手なわけじゃない。下手なわけじゃないけど、ちょいちょいミスが出ています。でもポテンシャルは感じます。マレフィセントのプログラムでしたが、男さんのちょんまげは、おとぎ話の中の王子様?王様なんでしょうか。それはならなんとか理解できます。

マリブロ
マリちゃんのソロジャンプの精度が次第に・・・。スロージャンプの高さも出ないです。この曲はボーカルがペラペラペラペラとうるさいので、フィギュアスケートで使いようがあるのかと思っていたんですけど、ペラペラとうるさいところでリフトを入れるのはとても合っていました。アクセルラッソーを途中で降ろしてしまいましたし、エレメンツが決まらないととっ散らかった印象だけが残ります。え?っていうタイミングで演技が終わりました。

イリモー
なんですかこのオシャレプロ。ダイナミックなスロールッツだかフリップで引き付けられました。リフトは3つとも工夫がありました。回転の速度が速くて移動がシャープになりましたし、スターリフトなんて男性の膝の上に立ってヘアカッターのようにエッジを掴んでから上がるんですよ。オシャレ変態リフト。変態的な難しさなのにまったく無理をしている感じはしません。スローループの女性の着氷と同時に、男性が膝をスライドさせるのもすげえ。イリモーはいろんなことに挑戦してくれていいのう。

サフマソ
ソロジャンプは3Sのシークエンスと3Tでした。レベルたけ。マッソーがダブりまくりましたけども。スローアクセルは転倒。アクセルラッソーは回転しながら上げる入りがキュルリーンとしていました。そう、キュルリーンとしているんです。スムースさが段違い。ワンハンドリフトもおかしいぐらいにスムース。スローサルコウ両足でエレメンツは終わり。リフトでフィニッシュです。このポーズもまたいい。大した音楽の起伏はないですが、一級品のものばかりを揃えているから、気になりません。サフ子の衣装が普通に素敵という緊急事態です。一体どうしたっていうんですか。結婚したから落ち着いちゃったんですか?ジャンプエレメンツが全滅なのに、演技が破綻していないという異次元っぷり。ペア競技の美しさの限界に挑戦していますわ。これがトップですよ。これが王者ですよ。

サフマソすごかったーーー。スイハンもヴォロトラもいないしGPSの楽しみをどこに見出せばいいかと思っていたんですが、ここにありました。イリモーのプログラムもいいし、セガビロもデニフレもいいし、中国ペアの奮闘にも期待したいし、タラモロは⊂二二二( ^ω^)二⊃だし。
Comment:2
back-to-top